トラストレンディングはエーアイトラスト株式会社が運営しているソーシャルレンディング事業所になります。

不動産の案件の他に、独自の西日本豪雨被災地支援プログラムを行っており、投資家からの注目が高くなっています。

ソーシャルレンディング事業所は約20箇所あるため、いざ投資するとなれば、どの事業所にするか迷う方も多いと思います。

この記事では、トラストレンディングのサービスと評判や口コミを紹介していきましょう。

トラストレンディングとは?仕組みを解説

クラウドファンディングのひとつ

クラウドファンディングは近年登場した新しい資金調達方法になります。インターネットを通じて不特定多数の人から広く資金を集めることができます。

クラウドファンディングの審査を通過することができれば、個人、企業を問わず、誰でも好きなプロジェクトを実施することができます。資金を提供する支援者の方も、今までの投資方法より簡単な仕組みで支援することが可能になっています。

また、TwitterやInstagramなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)とうまく組み合わせると、応援のメッセージを送ることができたり、人と人のつながりが深まるなど、より多くの支援者を募ることができます。

まさに今の時代に合った資金調達方法と言えるでしょう。

クラウドファンディングの種類

クラウドファンディングは

  1. 寄付型
  2. 投資型
  3. 融資型
  4. 購入型

の4種類に分けることができます。

寄付型クラウドファンディングは、調達資金は全額寄付になります。社会貢献を目的にしているため支援者にリターンは基本的に発生しません。

投資型クラウドファンディングは、資金の出資者にプロジェクトが出た利益の配当を受け取るという形でリターンを得ます。

融資型クラウドファンディングは、個人投資家から集めた資金を借り手である企業に融資するクラウドファンディングになり、「ソーシャルレンディング」と呼ばれています。

購入型クラウドファンディングは、支援者へのリターンとしてお金ではなく、応募したプロジェクトでしか手に入らない「モノ」や「サービス」が受け取れるのが特徴です。

購入型と寄付型のクラウドファンディングは金融商品取引法の規制対象外のため参入ハードルが低く、国内の運営サイトや資金調達が急増しています。

トラストレンディングの特徴

トラストレンディング

トラストレンディングは「融資型クラウドファンディング」になります。

各ソーシャルレンディング事業所が運営しているサイト上でファンドを募集し、投資家から資金を集めます。

企業はその資金で融資を受けて、決められた運営期間内で毎月、または一括で返済を行います。

企業はその返済の際に決められた数%の利率を加えて、ソーシャルレンディング事業所に返済します。

この増えた利息をソーシャルレンディング事業所が個人投資家に配分することで、投資家と事業所がそれぞれ利益を得ることができます。

また、企業への貸出利息と営業者報酬の取得率を公開していることがトラストレンディングの特徴です。

他のソーシャルレンディング事業所では公開しているところは少ないので、投資家からの信頼を得ています。

案件の種類

国内の不動産案件が多いですが、最近では大型船舶建造や燃料卸売事業に関する案件も募集されています。

ほとんどの案件に担保がついているため、元本割れに対するリスク軽減が行われています。

案件数

募集されている案件は少ないので、投資したい案件がある場合はこまめにサイトをチェックすることが大事でしょう。

利回り・分配金

平均利回りは約10%あります。この数字は他のソーシャルレンディング事業所の平均利回りが約8%なので、比較的高いことがわかります。

手数料

トラストレンディングでは「預託金口座」がありません。

したがって、投資を行う場合はトラストレンディングが指定する口座に各案件ごとに振り込まなければなりません。

投資口座へ入金する場合の手数料は投資家負担になります(金額は各金融機関によってっことなります)

出金手数料、口座開設費、口座維持手数料は全て無料です。

実績

累計応募額が76億円を突破しており、成立したファンドも60本を超えています。現在貸し倒れになった案件がなく、信頼できる事業所と言えます。

リスクや保証

トラストレンディングが募集している案件は担保付きであることがほとんどです。

担保の価値が急激に下がった場合、担保割れが発生します。その場合、投資家が損失を被る可能性もあります。

また、不動産の案件を取り扱っているため、市場が値下がりした場合、トラストレンディングの案件にも影響が出る場合があります。

1つの案件に集中投資するのではなく、分散投資を行うことをおすすめします。

運営会社

トラストレンディングはエーアイトラスト株式会社によって運営されています。

軍地用担保ローン事業や金融機関向けの債権管理システム、資本提携、M&A支援など、さまざまな事業を行っています。

ソーシャルレンディング事業のサービス開始は2015年からとまだ日が浅いですが、経営面では黒字を続けているため、さらなる成長が見込めます。

また、財務状況を公開しているのも特徴です。

財務状況を公開していないソーシャルレンディング事業所も多いので、投資を行う際の判断基準にもつながります。

最低投資額

トラストレンディングの最低投資額は10万円とやや高めの設定になっています。

運用期間

11ヶ月~24ヶ月と運用期間が長い案件が多く、一度預けた資金は案件の運用が終わるまでは、引き出すことができないので注意が必要です。

サイトの特徴

被災地支援プログラムを行っており、社会貢献につながる投資を行えることが特徴です。

募集している案件に営業者報酬などの詳細な情報が記載されていることも、我々投資家にとっては好材料と言えるでしょう。

トラストレンディングの評判や口コミ

トラストレンディングの評判や口コミは以下のようなものが多い印象でした。

  • 利回りが高い
  • 被災地支援プログラムなどのキャンペーンが行っている
  • 案件が少ないので投資ができない

案件が少なく投資できないことがややマイナスな面ですが、利回りが高いのが魅力です。

被災地支援プログラムや投資初心者向けのキャンペーンや定期的にセミナーを行っており、ソーシャルレンディング事業を積極的に発信していることに好感が持てます。

最低投資額が10万円とやや高いので、投資に慣れている中級者以上におすすめのソーシャルレンディングと言えるでしょう。

また、誕生日にQUOカードが送られてきますので、投資家を第一にしており、好感が持てます。

あいれこ
平均評価:  
 1 レビュー
by イースト
遅延が心配

マネオ、SBIが遅延するなか高利回りのトラストレンディングも遅延しそうで怖い

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

トラストレンディングで必要な手数料はいくらか?出金手数料や運用手数料

口座開設費、口座維持手数料、会員登録料は全て無料です。投資した案件がなくても口座開設だけ行うのも良いでしょう。

運用手数料

投資した案件で収益が発生した場合、営業者報酬として運用手数料が引かれます。

入金手数料

投資口座への入金は投資家負担になります。手数料は各金融機関によって異なります。

払戻し手数料(出金手数料)

トラストレンディング預託金口座がないため、分配金は自身の口座に直接振り込まれます。

他のソーシャルレンディング事業所では出金手数料がかかる場合がありますが、トラストレンディングでは無料となっています。

まとめ

トラストレンディングの評判や口コミは、良いものばかりで、悪いものはなかった印象です。

また、トラストレンディングは不動産に関する案件が多かったですが、被災地支援、大型船舶建造や燃料卸売事業など新しい分野にも投資を始めています。

黒字経営を続けているので、これからの成長にも期待できる事業所になります。

案件が少ないことや最低投資額が10万円とソーシャルレンディング初心者にとっては、ややハードルが高くなります。

しかし平均利回りが高く、さまざまなキャンペーンを行っているので、とりあえず登録をしておいたほうが良い事業者と言えるでしょう。

記事がお役に立てたらいいねしてください♪

line@で最新の投資情報や限定情報を配信します

\友だち追加してもユーザー名は表示されません/

友だち追加

【登録者急増中】ビットポイントに登録で3,000円GET

bitpoint

 

登録者急上昇中のBITPoint(ビットポイン)ならリップルやイーサリアムの取引手数料が無料です!面倒な税金の計算も自動で出力可能です。

 

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

bitbank

 

 

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事