さくらソーシャルレンディングは2016年12月に設立された不動産に特化したソーシャルレンディングです。

一般的なソーシャルレンディングですが地域事業に特化した案件を豊富に扱っていることから投資家からの評判も高くなっています。

そんな、さくらソーシャルレンディングですが、他のソーシャルレンディングと比べてサービスに違いはあるのでしょうか?

ここではさくらソーシャルレンディングの評判と口コミを徹底調査していきます。

さくらソーシャルレンディングとは?仕組みを解説

sakura

クラウドファンディングのひとつ

クラウドファンディングとはcrowd(群衆)、funding(資金調達)を組み合わせた造語で、ネットワークを通して不特定多数の人から資金を集めることができる新しいプラットフォームです。

従来は銀行などの融資でしか資金を集めることができませんでしたが、インターネットの発達に伴って効率的に資金調達できるようになりました。

元々は欧米を中心に発展してきましたが今後はアジアにシフトすると言われており、日本でも人気の投資手法になっています。

クラウドファンディングの種類

クラウドファンディングは出資者へのリターンによって「寄付型・投資型・融資型・購入型」の4種類に分けられます。

クラウドファンディングの種類
  • 寄付型
  • 投資型
  • 融資型(ソーシャルレンディング)
  • 購入型

投資型は「事業利益」、融資型は「利子」、購入型は「モノやサービス・権利」がそれぞれ投資家のリターンに設定されています。

リターンの種類
  • 投資型…事業利益
  • 融資型…利子
  • 購入型…モノやサービス・権利

特に投資型は事業利益から配当されるファンド投資型、非上場企業の株式が配当される株式投資型など多様な資産運用が可能です。

寄付型は全額寄付という形で融資されるので投資家へのリターンがありません。そのため災害復興支援や難病支援などの共感型社会貢献事業で利用されています。

さくらソーシャルレンディングの種類

さくらソーシャルレンディングはファンドから一定の利子を受けとれる、融資型クラウドファンディングです。

地方創生を目的としており地域事業に根差した不動産ファンドを多く取り扱っています。

運用期間が12か月未満のものが多く満期一括(利払いは毎月)返済方式のものがほとんどです。

さくらソーシャルレンディングの特徴

sakura

案件数 532件(2018年9月24日現在)
手数料 入出金手数料以外は無料
平均利回り 7%前後
運用期間 8か月~10か月前後
実績 成立ローン額13億円以上(2018年9月24日現在)
リスクや保証 返還実績は優秀
最低投資額 2万円
運営会社 さくらソーシャルレンディング株式会社
使いやすさ 初心者にもおすすめ

案件数

さくらソーシャルレンディングでは2016年12月にサービスを開始してから現在まで500件以上の貸付を行ってきたソーシャルレンディングです。

大手と比べると決して多い案件数ではありませんが、ソーシャルレンディング事業者としての評価はたかく投資家からの評判も高くなっています。

手数料

さくらソーシャルレンディングでは入出金の振込手数料を支払う必要があります。振込手数料は同一口座を用いることで安くすることも可能です。

平均利回り

さくらソーシャルレンディングの平均利回りは7%前後になっています。他のソーシャルレンディングと比べても決して高くはない利回りですが、その分リスクヘッジが充実しています。

実績

sakura

さくらソーシャルレンディングは2016年12月にリリースされてから、成立ローン額が13億円を突破しているソーシャルレンディングです。

貸付案件に対する返還実績は7割近くになっており投資家からの評判も高くなっています。

返還遅延などの報告も見当たりませんので、現状は健全な運営をしているといえるでしょう。

運営会社

さくらソーシャルレンディングは「さくらソーシャルレンディング株式会社」により運営されているソーシャルレンディングです。

さくらソーシャルレンディングがファンドの組成と運営を行い、第二種金融商品取引業者のmaneoマーケット株式会社が投資家向けにファンドを募集するというスキームをとっています。

地方創成を目的にした地域事業ファンドを多く取り扱っており、成長地方都市である福岡県に本社を構えています。

最低投資額

さくらソーシャルレンディングの最低投資額は2万円になっているので、資本金が少ない個人投資家にもおすすめです。

気軽に手元の余剰資金を資産運用に回すことができるので初心者投資家でも利用できます。

リスクや保証

さくらソーシャルレンディングは不動産ファンドに買取債券や株式質権などの保証担保が設定されており、保全性を高める工夫がされています。

また、融資金額を不動産評価額の6割程度を上限としていることもリスクヘッジとしては有効です。

さくらソーシャルレンディングの評判や口コミ

さくらソーシャルレンディングの評判は以下のようなものが多かったです。

サクラソーシャルレンディングの評判・口コミまとめ
  • 地方創生に貢献できる
  • 返還実績が高い
  • 短期案件が多い

さくらソーシャルレンディングの口コミや評判で悪いものはありませんでした。

さくらソーシャルレンディングは地方と都市の経済的ギャップを埋めるための不動産ファンドが多いので、地方創生に貢献したい投資家からの評判が高まっています。

日本全国を8つの地域に分けることで地方企業と密なパートナーシップを結び、地方の資金ニーズに応えられる環境を整備していることが評価の対象になっているようです。

さくらソーシャルレンディングはリスクの高いチャレンジ資金の提供ではなく、不動産の将来価値を考慮した事業性資金の側面がつよいので投資家を担保するファンドが多いのが特徴です。

クラウドファンディングでは貸し倒れリスクが最も懸念されていますが、さくらソーシャルレンディングでは投資資金の保全が第一に設定されています。

少額投資も可能で返還実績も悪くないことから初心者にもおすすめなソーシャルレンディングです。

あいれこ
平均評価:  
 1 レビュー
by はたの
地方創生に興味があるなら

地方創生に興味があるなら登録しておきたいソーシャルレンディング業者。投資することでちょっと貢献した気になれる

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

さくらソーシャルレンディングで必要な手数料はいくらか?出金手数料や運用手数料

手数料
口座開設費 無料
口座維持手数料 無料
入金手数料(デポジット手数料) 振込手数料は投資家負担
ファンド運用手数料(営業者報酬) 無料
ファンド取引手数料(成約手数料) 無料
ファンド契約解除手数料 基本的に途中解約禁止
払い戻し手数料(出金手数料) 振込手数料は投資家負担

口座開設費

さくらソーシャルレンディングの口座開設費は無料になっています。ソーシャルレンディングに興味あるだけでお試しに口座開設することも可能です。

口座維持手数料

さくらソーシャルレンディングの口座維持手数料は無料になっています。初心者投資家のかたは投資する時期を自由に選択できるのでおすすめです。

ファンド投資するときに必要な手数料

入金手数料(デポジット手数料)

さくらソーシャルレンディング口座に入金するときに支払う手数料になります。

利用する口座によって手数料が変わってくるので入金の際にはご確認ください。

さくらソーシャルレンディングは三井住友銀行新橋支店になっていますので、同一口座を利用することで振込手数料を安くすることができます。

もし用意できないなら振込手数料が無料なネットバンクにしてください。例えば、住信SBIネット銀行は振込手数料の無料枠が月に数回付与されておりデポジットに活用できます。

ファンド運用手数料(営業者報酬)

さくらソーシャルレンディングではファンド運用手数料が無料になっています。一般的には期待利回りの数%を支払う必要がありますので、他のソーシャルレンディングと比べてもお得です。

ファンドの取引手数料(売買手数料)

さくらソーシャルレンディングの取引手数料は無料になっています。

取引手数料とは投資案件を紹介している対価として運営会社が投資家からいただくもので、大体1~3%の手数料設定になっているところが多いです。

基本的にファンド運用手数料を設定しているので無料になっています。

その他の手数料

ファンド契約解除手数料

さくらソーシャルレンディングはファンドの契約を一方的に解除することができません。

基本的にソーシャルレンディングは投資したファンドを途中解約することができませんので、「1社or1案件に過剰に集中しない」といったリスクヘッジをすることになります。

払戻し手数料(出金手数料)

さくらソーシャルレンディング口座から出金するときはデポジットの時と同様に振込手数料がかかってきます。

さくらソーシャルレンディングは三井住友銀行新橋支店に口座をもっているので、同一口座を用意することで安く利用することも可能です。

まとめ

さくらソーシャルレンディングの評判と口コミを調べてみました。

さくらソーシャルレンディングは地域事業に即した不動産ファンドを専門的に取り扱っている融資型クラウドファンディングです。

資産運用はもちろん、地方と都市部の経済ギャップを埋める地方創生に貢献できるので投資家からの評判も高くなっています。

それぞれの地域に根差した事業パートナーにより健全な評価額をつけられた不動産を多く扱っているので貸し倒れのリスクも軽減されています。

最低2万円からの少額投資に対応しているので資金の少ない個人投資家にもおすすめです。

記事がお役に立てたらいいねしてください♪

[email protected]で最新の投資情報や限定情報を配信します

\友だち追加してもユーザー名は表示されません/

友だち追加

【登録者急増中】ビットポイントに登録で3,000円GET

bitpoint

 

登録者急上昇中のBITPoint(ビットポイン)ならリップルやイーサリアムの取引手数料が無料です!面倒な税金の計算も自動で出力可能です。

 

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

bitbank

 

 

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事