Bitpoint

 

BITPoint(ビットポイント)で口座開設を行うと期間限定で3,000円分のビットコインがもらるキャンペーン実施中!

TATERU FUNDING(タテルファンディング)はデザインアパートなどの不動産ファンドに特化したソーシャルレンディングです。

ユーザー保護を優先した独自サービスを展開しており投資家からの評判も高くなっています。

そんなTATERU FUNDINGですが、他のソーシャルレンディングと比べてどこが優れているのでしょうか?

ここではTATERU FUNDINGの評判と口コミを徹底調査していきます。

TATERU FUNDING(タテルファンディング)とは?仕組みを解説

tateru-funding

クラウドファンディングのひとつ

クラウドファンディングとはネットワーク上で投資家と起業家を結びつける新しい資金調達プラットフォームです。

一般的に事業展開や製品開発するときは多額の資金が必要になりますが、信用力がない個人起業家などは満足にプロジェクトの資金集めができません。

しかしクラウドファンディングなら不特定多数の人から小口で資金をあつめるため、信用力がない人でも簡単に資金調達が可能です。

かつては欧米が中心でしたが最近ではアジアにシフトしており日本でも活発に利用されてきています。

クラウドファンディングの種類

クラウドファンディングは投資家への還元方法によって「投資型・融資型・購入型・寄付型」の4種類に分類されています。

クラウドファンディングの種類
  • 投資型
  • 融資型
  • 購入型
  • 寄付型

投資型は「事業利益」、融資型は「貸付利子」、購入型は「モノやサービス」というふうにリターンが投資家に分配される仕組みです。

また、投資型は純粋に事業利益を分配するファンド型、株式を提供する株式投資型に分かれ汎用的な資産運用が可能となっています。

寄付型は全額寄付としてプロジェクトに提供されるので投資家のリターンは全くありません。共感を重視するクラウドファンディングで震災復興の募金あつめなどに利用されています。

TATERU FUNDING(タテルファンディング)の種類

TATERU FUNDING(タテルファンディング)は一定の貸付利子を受けとれる融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)です。

高い配当実績をもつデザイナーアパートが中心に取り扱っており他のソーシャルレンディングのように貸金業法ではなく、不動産特定共同事業法の範囲内で業務を行っているのが特徴です。

キャピタル重視型のファンドを多く取り扱っているのでインカムゲインだけでなくキャピタルゲインも受けとることができます。

TATERU FUNDING(タテルファンディング)の特徴

案件数 61件(2018年9月19日現在)
手数料 入出金手数料以外は無料
平均利回り 4~5%前後
運用期間 3~6か月前後
実績 成立ローン額38億円以上(2018年9月19日現在)
リスクや保証 投資家が優先出資者になっている
最低投資額 1万円
運営会社 株式会社TATERU TATERU, Inc
使いやすさ 初心者にもおすすめ

案件数

TATERU FUNDING(タテルファンディング)の案件数は61件と多くありません。

かつてはインカムゲイン型ファンドが大半でしたが、最近はキャピタル重視型案件が主になってきました。案件数も2017年に比べると多くなっているので投資家からの評判も高くなっています。

手数料

TATERU FUNDING(タテルファンディング)で支払うのは入金に伴う振込手数料のみです。

出金手数料がかからないソーシャルレンディングは珍しく、振込手数料も工夫次第でおさえることが可能です。

平均利回り

TATERU FUNDING(タテルファンディング)の平均利回りは4~5%になっています。

決して高くありませんがその分だけ不動産投資リスクが軽減され、初心者でも気軽に投資できるのが特徴です。

実績

TATERU FUNDING(タテルファンディング)は成立ローン額が38億円、分配金は2,600万円を突破しています。運用期間も短い分、貸し倒れなどの報告もありません。

運営会社

TATERU FUNDING(タテルファンディング)は「株式会社TATERU TATERU, Inc」により運営されているソーシャルレンディングです。

東証一部上場企業により運営されているので資本金も豊富で投資家からの評判も高くなっています。

最低投資額

TATERU FUNDING(タテルファンディング)の最低投資額は1万円からになっており、他のソーシャルレンディングと比べても低めに設定されています。

業界内でも最低レベルの最低投資額なので資金の少ない個人の方でも利用可能です。

リスクや保証

TATERU FUNDING(タテルファンディング)は投資家が優先出資者、TATERUが劣後出資者になっているので不動産の売却益などが優先的に還元されるシステムになっています。

仮に不動産価格が下落した場合も30%まではTATERUが負担する仕組みになっており投資家保護の意識がつよいのが特徴です。

また、貸金業法の適用を受けないので途中解約ができるようになっており、デフォルトリスクを最大限まで抑えることが可能です。

TATERU FUNDING(タテルファンディング)の評判や口コミ

tateru-funding

TATERU FUNDING(タテルファンディング)の評判は以下のようなものが多くありました。

TATERU FUNDINGの評判・口コミまとめ
  • 途中解約できるのがうれしい
  • キャピタル重視型ファンドが多い
  • 募集案件が少ない
  • 不動産市場を考慮しなくてはいけない
  • 上場企業なので安心感がある
  • 投資家保護がつよい
  • 改ざん問題後の対応に好感がもてる

TATERU FUNDINGの口コミや評判で悪いものはありませんでした。

TATERU FUNDINGは「途中解約」「クーリングオフ」が充実しているソーシャルレンディングで投資家からの評判が高くなっています。

仮に問題のあるファンドの運用が中止になったとしても途中解約やクーリングオフを利用することで投資資金をすべて取りもどすことが可能です。

預金残高データを改ざんする事件で信頼性が落ちかけましたが希望者に全額返金対応をとったことで事業撤退まで追い込まれていません。

東証一部上場企業が運営しているだけあってコンプライアンスの対応が早くユーザビリティが高いと評判です。

投資案件数が少ないのが難点ですが、デメリットがかすむほどのサービスを提供しているソーシャルレンディングといえます。

TATERU FUNDING(タテルファンディング)で必要な手数料はいくらか?出金手数料や運用手数料

手数料
口座開設費 無料
口座維持手数料 無料
入金手数料
(デポジット手数料)
振込手数料は投資家負担
ファンド運用手数料
(営業者報酬)
無料
ファンド取引手数料
(成約手数料)
無料
ファンド契約解除手数料 途中解約無料
払い戻し手数料(出金手数料) 無料

口座開設費

TATERU FUNDING(タテルファンディング)の口座開設費は無料になっています。

これは他のソーシャルレンディングでも同じです。手数料がかかることはないので口座だけでも開設しておくのがおすすめです。

口座維持手数料

TATERU FUNDING(タテルファンディング)の口座維持手数料は無料になっています。

TATERU FUNDINGの口座を一年間放置したとしても、1円もお金はかかりません。年会費が無料のクレジットカードと同様なので、投資する時期を自由に選択できます。

ファンド投資するときに必要な手数料

入金手数料(デポジット手数料)

TATERU FUNDING口座に入金するときは各種振込手数料を支払う必要があります。

TATERU FUNDINGは三菱UFJ銀行 青山通支店 、三井住友銀行 新橋支店 、みずほ銀行 外苑前支店 が取引口座になってますので、同一口座を用意することで手数料を安くすることが可能です。

もし用意できないなら振込手数料が無料なネットバンクにしてください。例えば、住信SBIネット銀行は振込手数料の無料枠が月に数回付与されておりデポジットに活用できます。

ファンド運用手数料(営業者報酬)

TATERU FUNDING(タテルファンディング)の運用手数料は無料になっています。

一般的なソーシャルレンディングでは期待利回りの数%が手数料として支払われていますので投資家からの評判が高くなっています。

ファンドの取引手数料(売買手数料)

TATERU FUNDING(タテルファンディング)の取引手数料は無料になっています。

取引手数料とは投資案件を紹介している対価として運営会社が投資家からいただくもので、大体1~3%の手数料設定になっているところが多いです。

その他の手数料

ファンド契約解除手数料

TATERU FUNDING(タテルファンディング)は不動産特定共同事業法によりファンドの途中契約が無料できるようになっています。

一般的なソーシャルレンディングは契約を一方的に解除することができませんが、TATERU FUNDINGなら途中契約やクーリングオフを利用して投資金額を満額とりもどすことが可能です。

払戻し手数料(出金手数料)

TATERU FUNDING口座から出金するときの振込手数料は無料になっています。他のソーシャルレンディングでは投資家負担にするところが多いので評判が高くなっています。

まとめ

TATERU FUNDING(タテルファンディング)の評判と口コミを調べてみました。TATERU FUNDINGは不動産ファンドを中心に扱っているソーシャルレンディングです。

貸金業法ではなく不動産特定共同事業法が適用されれるので途中契約が可能になっており、デフォルトリスクが大幅に軽減されているのが特徴です。

預金改ざん問題で揺れていますが今のところ返金対応などを誠実に行っているのでおすすめのソーシャルレンディングです。

記事がお役に立てたらいいねしてください♪

[email protected]で最新の投資情報や限定情報を配信します

\友だち追加してもユーザー名は表示されません/

友だち追加

【登録者急増中】ビットポイントに登録で3,000円GET

bitpoint

 

登録者急上昇中のBITPoint(ビットポイン)ならリップルやイーサリアムの取引手数料が無料です!面倒な税金の計算も自動で出力可能です。

 

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

bitbank

 

 

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事