「ソーシャルレンディング」という投資方法が今、投資家たちの間で話題になっています。

クラウドファンディングの一種となり、

クラウドファンディングのメリット

①シンプルな仕組みなので初心者でも始めやすい

②利回りが安定している

③各事業所によって特徴が違うため、自分に合ったファンドを選ぶことができる

というメリットがあり、利用者数も年々増加しています。

現在、ソーシャルレンディングが普及し始めて、事業所も今現在(2018年9月)約20社までに増えています。

今回はその中からソーシャルレンディング業界の最大手である「maneo(マネオ)」の評判や特徴、手数料を詳しく見ていきましょう。

maneo(マネオ)とは?仕組みを解説

maneo

maneo(マネオ)は日本国内最初のソーシャルレンディング事業所となります。

国内事業や国内不動産などの事業者が、個人投資家から資金を集める仲介役を行うという仕組みになっています。

この仕組みはクラウドファンディングと呼ばれます。様々なプロジェクトの発案者が専用のインターネットサイトを通じて、不特定多数の人から資金を集めることができます。

ソーシャルレンディングというのは「融資型クラウドファンディング」に分類され、クラウドファンディングの一種となります。

第三者同士である企業と個人投資家をインターネットを通じて、結びつけられるのがソーシャルレンディングの最大の特徴です。

ソーシャルレンディングの仕組み

maneo

次に、ソーシャルレンディングの仕組みを見ていきましょう。

簡単に言うと「借り手」「貸し手」を結びつける仲介役が、ソーシャルレンディングの役割になります。

まずお金の「借り手」は、不動産業や再生エネルギー、成長期待国への融資などの事業を行っている「企業」です。そこに、お金を増やしたい「投資家」がいたとしましょう。

そして、ソーシャルレンディング事業所が専用のインターネット上で各サイトを運営し、個人投資家から資金を集めます。

その資金を企業に融資して、企業は毎月、決められた利率の利息をつけて個人投資家に返済を行っていきます。

この利息を個人投資家とソーシャルレンディング事業所が分け合うことができます。

投資家はお金を増やすことができ、事業所も利益を得られるというのがソーシャルレンディングの仕組みになります。

maneo

一般的に企業が資金を借りる場合、銀行から融資を受けます。しかし、実績がないベンチャー企業だと融資を受けられない、融資を受けるまでに時間がかかる、などの問題もあります。

ソーシャルレンディングなら、それぞれの事業計画に投資する価値があると判断されると、すぐに融資を受けることができるというのが大きな特徴です。

maneo(マネオ)の特徴

maneo

maneo(マネオ)はソーシャルレンディングを日本国内で最初に始めた事業所になります。

ファンドの成立金額はソーシャルレンディング事業所の中でも最も大きく、投資家からの信頼があることがわかります。

また、季節ごとにキャンペーンが実施されていることも特徴です。通常の案件よりも利回りが高い、運用期間が短いことがあるので、こまめにチェックしたほうがいいでしょう。

案件の種類 国内事業や海外不動産など
案件数 5件(2018年9月時点)
利回り 4.5~7.0%程度
手数料 振込手数料のみ
実績 1436億円
リスクや保証 案件による(担保、保証の有無)
最低投資額 1万円
運営会社 maneoマーケット株式会社
運用期間 6ヶ月~24ヶ月
使いやすさ スマホでも使いやすい

案件の種類

他のソーシャルレンディング事業所では、不動産や海外の案件などに特化していますが、maneo(マネオ)では国内事業や海外不動産など様々なテーマのファンドを取り扱っています。

案件数

募集案件数は多いですが、利回りが高い案件はすぐに募集が埋まってしまう傾向があります。

投資したい案件がある場合、口座開設と入金の手続きを済ませておきましょう。

平均利回り

maneo(マネオ)では約4.5%~7%の利回りとなっています。

他のソーシャルレンディング事業所では10%以上の案件があるため利回りが低く感じられます。

maneo(マネオ)は利回りよりも安全性に重視していることが理由としてあげられます。

手数料

手数料に関しては、口座開設、維持手数料、ファンドの取引手数料は全て無料です。

投資家が支払う手数料としては銀行振込の振込手数料のみです。

実績

成立ローンの総額が1400億円以上、登録ユーザー数が8万人を超えています。ソーシャルレンディング事業所の中でも圧倒的な実績なので、信頼している投資家も多いです。

リスクや保証

他のソーシャルレンディング事業所にも言えることですが、貸付先の具体的な社名がわからないことがデメリットとしてあげられます。

maneo(マネオ)ではそれぞれのファンドごとに

  • 貸付条件(担保、保証の内容)
  • 借り手の資料
  • 事業者の内容
  • 案件担当者からのコメント

などの投資先の情報が記載されています。

また、募集中のファンドにサイト上から直接質問を行うこともできます。

これらの情報の透明性が高いことがmaneo(マネオ)のリスクを減らしていることにつながっています。

※2018年7月6日、証券取引等監視委員会がmaneo(マネオ)に対して、行政処分をするように金融庁に勧告しています(参考:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32706290W8A700C1EA1000/

maneo(マネオ)は「グリーンインフラレンディング」社の依頼で約130億円を集めたが、事前の説明と異なる目的に流用していたことが発覚したとのこと。

これによってmaneo(マネオ)の管理体制の問題が発覚することになりました。

2018年8月には改善策が報告されており、maneo(マネオ)の運営は停止になっていませんが、今のところ、グリーンインフラレンディングのファンドの募集再開は無いとのことです。

最低投資額

最低投資金額は1万円からできますので、これから投資を始めようとする人に検討しやすい事業所と言えます。

運用会社

maneo(マネオ)はmaneoマーケット株式会社が2008年に運営を開始しています。

ソーシャルレンディング事業を始める前は、個人と個人同士をつなぐP2P(ピートゥーピー)レンディング事業を行っていましたが、その頃の日本ではあまり普及しませんでした。

その後、今のソーシャルレンディング事業に切り替えた結果、ソーシャルレンディング業界の最大手まで成長しています。

2016年10月にGMOクリック証券と資本業務提携をしており、maneoのローンファンドをGMOクリック証券で購入可能になっています。

さらにSMBCベンチャーキャピタル、モバイル・インターネットキャピタル株式会社などからも出資を受けており、将来性が見込まれていることがわかります。

運用期間

案件の運用期間は6ヶ月~24ヶ月とファンドによってバラツキがあります。

運用期間が早いものは流動性が高くすぐに再投資が可能ですが、長いものは運用期間中に資金が引き出せないため注意が必要です。

サイトのつくり

各ローンファンドの詳細な情報もわかりやすく、マイページからは運用予定表、運用実績、投資履歴がすぐに確認できます。

また、投資金額によって会員ステータスがあり「ダイヤモンド」から「レギュラー」に振り分けられて、特定の条件を満たさなければ投資ができないファンドもあります。

maneo(マネオ)の評判や口コミ

maneo(マネオ)の評判をまとめると

maneo(マネオ)の評判まとめ
  • 業界最大手の安心感がある
  • 案件数が非常に多い
  • 利回りは他のソーシャルレンディング事業所と比べるとやや低い
  • 担保なしの案件があるので注意

となり、実績と業界最大手の安心感から投資家からの信頼が大きいことがわかります。

担保なしの案件もあるので、初めて投資する場合、担保ありのファンドから選んだほうが良いでしょう。

利回りは他のソーシャルレンディング事業所より低いため、リスクを分散させるためにmaneo(マネオ)に投資するのも良いでしょう。

https://twitter.com/yukiusagi_nem/status/1037694784410771456

https://twitter.com/eno_tokyo23/status/1039000738628685824

maneo(マネオ)で必要な手数料はいくらか?出金手数料や運用手数料

maneoの口座開設費は無料(これは他の事業所でも同じ)です。口座維持手数料も無料なので、口座を開設してその後利用しなくてもお金はかかりません。

また、投資ファンドの取引手数料も無料となっています。
maneoの投資口座への入金には振込手数料がかかりますが、出金は無料のため、手数料が無料の銀行を利用するのがお得です。

maneo(マネオ)の投資口座からの出金手数料は投資家負担になり、以下の通りになります。

金額 三菱東京UFJ銀行 その他の銀行
銀座支店宛て 他支店宛て
3万円未満 54円 108円 324円
3万円以上 162円 216円 432円

まとめ

maneo(マネオ)はソーシャルレンディング事業所の中でも最大手で信頼と実績が高く、投資家からの口コミや評判も良いものばかりです。

GMOクリック証券をはじめとする出資者も多いことから今後の成長も期待されていることがわかります。

しかし、利回りは他のソーシャルレンディング事業所よりは低いため、maneo(マネオ)は利益を重視するよりもリスクを分散したい投資家向けのソーシャルレンディング事業所でしょう。

記事がお役に立てたらいいねしてください♪

[email protected]でエアドロップ情報や限定情報を流します

\友だち追加してもユーザー名は表示されません/

友だち追加

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事