リップル(Ripple/XRP)は高騰が期待できる有望コインです。今年に入ってスーパーマーケットチェーン「ウォルマート」と提携し、最近では三菱UFJファイナンシャルグループに送金能力を評価されました。

BITPoint(ビットポイント)は、同じくXRP/JPYを扱う出来高No.1の取引所と比較しても遜色ない使いやすさが特徴の取引所です。

初めての人でもすぐに取引できるよう、リップルの買い方・売り方を徹底解説します。

リップル(Ripple/XRP)取引の基本情報・手数料・スプレッド

BITPoint(ビットポイント)は、仮想通貨の取引&出金が完全無料の取引所です。

リップル(Ripple/XRP)取引の基本情報
通貨ペア XRP/JPY
販売形式 取引所(板取引)のみ

「販売所」は取扱いなし

売買取引対応ツール
  • マイページの「リッチWeb取引ツール」または「BITPoint Advance」(PC/スマホ)
  • BITPoint Lite(スマホアプリ)
XRP入出金対応ツール
  • マイページ(PC/スマホ)
  • BITPoint wallet(スマホアプリ)

※2018年9月現在

ビットポイントの詳しい特徴は他の記事で詳しく解説しています。

チェックBITPoint(ビットポイント)のメリットとデメリット。評判を徹底リサーチ

リップル上場済み大手取引所との比較

アプリが2種類あること・それぞれ機能に制限があるのはネックですが、他のXRP/JPYを扱う取引所と比較するとお得感があります。

XRP/JPYを取り扱う国内大手取引所との比較
BITPoint(ビットポイント) Bitbank GMOコイン
販売形式 取引所(板取引)のみ 取引所(板取引)のみ 販売所

(取引所はビットコインのみ)

スプレッド 0~3% ほぼ0% 9~10%
入金手数料 投資家が振込手数料を負担
出金手数料 日本円・仮想通貨ともに無料 日本円:540~756円

リップル:0.15 XRP

日本円・仮想通貨ともに無料
クイック入金 無料 ×(未対応) 無料

出金手数料が一切かからないこと・クイック入金ができることの2点において、XRP/JPY出来高No.1のbitbankに勝ります。

リップル投資のサブ取引所として・長期保有(ガチホ)する人のメイン取引所として、ビットポイントはおすすめできます。

日本円の入金方法(PC・スマホ)

日本円の入金方法は次の2つです。PC・スマホの両方で、公式サイトのマイページにログイン後「入出金・振替」メニューに進みましょう。

BITPoint

PC版(左)/スマホ版(右)

①通常入金(銀行振込):最短30分で反映

(ジャパンネット銀行であれば即時)

②即時入金サービス(クイック入金):5~10分程度で反映

※公式アプリ2種(Lite/Wallet)は、いずれも日本円の入出金に対応していません。

ジャパンネット銀行・住信SBIネット銀行・イオン銀行のいずれかに口座のあるかたは、即時入金サービスを利用できます。

入金手順・入金時間については別の記事でも詳しく解説しています。

チェックBITPoint(ビットポイント)の入金手順と入金時間を徹底調査|安く、早く入金する方法

日本円の入金方法①「通常入金(銀行振込)」

銀行振込による入金は、次の順で手続きします。

銀行振込

①「入出金・振替」→「入金先口座情報」

②「お客様専用口座」(ジャパンネット銀行)の情報を確認

③ネットバンキング・ATMから振込

BITPoint

ここに表示されている「お客様専用口座」の情報は、アカウントごとに異なります。必ずご自身のマイページ内で確認してから振り込みましょう。

日本円の入金方法②「即時入金サービス(クイック入金)」

即時入金の際は「入出金・振替」「即時入金」の順で進んでください。

BITPoint

※画像はPCの画面です。スマホ版でも同じ操作方法です。

即時入金サービス

①3つの銀行のなかから選択してチェックを入れる

②入金したい金額を入力

③「確認画面」へ進む

小さな画面が出てくるので、金融機関・金額に誤りがないか確認しましょう。

BITPoint

本人確認ハガキが届いた際に決めた「取引暗証番号(数字4桁)」を入力します。「入金依頼」をクリックすると各銀行のネットバンキングが開くので、銀行のログイン情報を使って手続きを進めましょう。

リップル(Ripple/XRP)の入金方法(PC・スマホ)

リップルの預入先アドレスは、マイページまたは決済専用&ウォレットアプリ「BITPoint wallet」から確認できます。

BITPoint

※取引専用アプリ「BITPoint Lite」は仮想通貨の入金に未対応です。

リップル(Ripple/XRP)の売り方・買い方

ビットポイント公式サイトには「リッチWeb取引ツール」「BITPoint Advance」の2種類の取引画面があります。

リップルの購入は、注文機能が充実している「リッチWeb取引ツール」がおすすめです。売買に慣れてきたら「BITPoint Advance」を使ってみましょう。

スマホアプリ「BITPoint Lite」でも、機能は限られているものの取引可能です。

成行・指値・逆指値注文の解説

リップルの購入・売却手順の解説前に、基礎知識として注文方法を紹介します。

BITPoint(ビットポイント)で使える売買注文方法
注文の種類 指定条件 注文の執行条件
成行注文 取引したい仮想通貨の希望枚数 価格は無視して希望枚数まで売る/買う

(とにかく早く売買を成立させたいときに使用)

指値注文 枚数・価格 指定価格以上なら売る・指定価格以下なら買う
逆指値注文 枚数・価格 指定価格以上になると買う・指定価格以下になると売る

同じくXRP/JPYのペアを取り扱う人気取引所・bitbank(ビットバンク)は、逆指値注文に対応していません。

取引方法①「リッチWeb取引ツール」

「仮想通貨取引」へ進み、通貨ペア「XRP/JPY」を選択しましょう。

BITPoint

PC版だとページ右側・スマホ版だと下にスライドすると注文フォームが出てきます。

BITPoint

リッチWeb取引ツールの特徴は、価格指定不要の「ストリーミング注文」と手入力指定可能な「シングル注文」「逆指値注文」を使い分けられることです。

それぞれのタブの使い方・売り方&買い方を解説します。

ストリーミング注文の使い方

注文フォームにリアルタイムで売値・買値が表示されており、値を指定しなくても現在の価格で売買できるフォームです。

BITPoint

ストリーミング注文の使い方

①取引したいXRP枚数を選択

②成行・指値のいずれかを選択

(指値注文の場合でも、価格指定は不要です。④のボタンに表示されている現在価格が自動指定されます)

③取引暗証番号を入力

④「売る」または「買う」をクリック

以上で仮想通貨の売買注文は完了です。

シングル注文(通常の成行・指値注文)の使い方

ストリーミング注文に対し、価格を手入力で指定して注文する方法です。

BITPoint

シングル注文の使い方

①「売る」または「買う」を選択

②取引したいXRP枚数を入力

③成行・指値のいずれかを選択

(指値注文の場合、価格を手入力指定)

④取引暗証番号を入力

最後に「注文する」をクリックします。

逆指値注文の使い方

前述の通り、買い増し・損切りに役立つ便利な注文方法です。

BITPoint

逆指値注文の使い方

①「売る」または「買う」を選択

②取引したいXRP枚数を指定

③条件となる価格を指定

④取引暗証番号を入力

最後に「注文」をクリックします。

チャートが指定した価格に接触すると、注文が成立(約定)します。

取引方法②「BITPoint Advance」

リリースされたばかり「BITPoint Adcande」では、希望価格を自分で指定することは出来ません。成行・指値・逆指値ともに、買い注文時はリップルの現在価格が自動指定されます。

BITPoint

BITPoint Adcandeの使い方

①成行・指値・逆指値いずれかの注文方法を選択

②購入したいETH枚数を指定

③取引暗証番号を入力

④「売る」または「買う」ボタンを押す

リッチWeb取引ツールの「ストリーミング注文」とほぼ同じように、簡単・スピーディに買い注文が成立します。

取引方法③公式アプリ「BITPoint Lite」

公式アプリ「BITPoint Lite(iOS/Android)」でもリップルを取引することが出来ます。

BITPoint Lite

iPhoneはこちら:リンク

Androidはこちら:リンク

注意:BITPoint Liteでは取引希望価格を指定できず、成行注文しか対応していません。想定以上の高値で購入(安値で売却)してしまう可能性があります。

アプリでログインし、左上の三本線マークをタッチして「仮想通貨取引」メニューへと進みます。

BITPoint

XRPを選んで「購入」タッチします。

BITPoint

BITPoint Liteの取引方法

①取引したい枚数を入力

②取引暗証番号を入力

以上を入力し「注文」ボタンをタッチすると購入完了です。

リップル(Ripple/XRP)の出金方法

はじめの表の通り、リップルの出金手数料は無料です。

出金はPC・スマホからマイページにログインするか、決済専用&ウォレットアプリ「BITPoint wallet」から可能です。

※取引専用アプリ「BITPoint Lite」は仮想通貨の入出金に未対応です。

出金方法①マイページから

「入出金・振替」メニューから「送金(送付)」へ進みます。

BITPoint

仮想通貨出金ページをスクロールすると、各指定をする項目が出てきます。

BITPoint

リップルの出金方法

①XRPを選択

②出金先のアドレスを入力

③出金するXRP枚数を入力

④青い「認証番号取得」をクリックし、メールもしくはSMSで届いた番号を入力

⑤取引暗所番号を入力

仮想通貨の出金の際は、④⑤の2重の認証が必要です。最後に「確認画面」をクリックし、手続きに誤りがないか確認しましょう。

出金方法②「BITPoint wallet」から

頻繁にリップルの購入・出金をする場合は「BITPoint wallet(iOS/Android)」の使用をおすすめします。

BITPoint walletダウンロード

iPhoneはこちら:リンク

Androidはこちら:リンク

初期設定では英語表示なので、アプリ画面下部メニューの“Setting”から日本語表記に変更します。ログイン後「送金(送付)」へ進みます。

ここからは公式サイトのマイページと同様に操作します。

BITPoint

BITPoint wallet使い方

①XRPを選択

②送付先アドレスを入力(カメラマークをタッチするとQRコード読取へ)

③指定方法

…JPYを選択すると、指定した金額相当の枚数を送金できます。各コインの単位指定のままで問題ありません。

例:JPYで10,000円指定(50円=1XRPのとき)→200XRPを送付

④XRP枚数または日本円で金額指定

あとは2段階認証・取引暗証番号の入力を済ませて「確認画面」をタッチします。

まとめ

BITPoint(ビットポイント)はまだ知名度こそ低いものの、リップルをお得に取引できるお得な取引所です。初めて使う人は、PC・スマホの両方からアクセスできるマイページで売買取引してみましょう。

既にほかの取引所でリップル投資をしている人も、これを機にビットポイントも利用してみてください。

記事がお役に立てたらいいねしてください♪

[email protected]で最新の投資情報や限定情報を配信します

\友だち追加してもユーザー名は表示されません/

友だち追加

【登録者急増中】ビットポイントに登録で3,000円GET

bitpoint

 

登録者急上昇中のBITPoint(ビットポイン)ならリップルやイーサリアムの取引手数料が無料です!面倒な税金の計算も自動で出力可能です。

 

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

bitbank

 

 

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事