ガイアファンディングは2015年7月10日に設立されたソーシャルレンディングです。

海外投資物件を多く扱っており返還実績もよいことから、投資家からの評判も高いのが特徴です。

そんなガイアファンディングですが、他のソーシャルレンディングと比べてサービスの質はどうなのでしょうか?

この記事ではガイアファンディングの評判と口コミを徹底調査しています。

ガイアファンディングとは?仕組みを解説

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとはインターネット上で、不特定多数の投資家から資金を集める方法です。

従来では銀行や自治体などから融資してもらうのが一般的でしたが、ネットワークを利用することでかんたんに資金提供が受けられるようになりました。

クラウドファンディングの基本的な方法は起業家と投資家で異なりますが、どこのサイトでも一緒なので汎用的な資金調達が可能です。

起業家は運営者と相談しながらプロジェクトを作らなければなりませんが、投資家はサイトで支援をするだけなので気軽に出資できます。

クラウドファンディングの種類

クラウドファンディングの種類は

  1. 寄付型
  2. 投資型
  3. 融資型
  4. 購入型

の4種類あり、状況に応じて変わってきます。

「寄付型」は投資家が資金を寄付する形になるので、リターンとして還元されることはありません。

残りの3種類は投資家にリターンが還元されるタイプで

  • 投資型は「利益からの配当」
  • 融資型は「一定の利子を償還」
  • 購入型は「モノやサービス・権利」

などがリターンに充てられます。

ガイアファンディングの種類

ガイアファンディングは不動産の売却利益を配当の原資にするので「投資型クラウドファンディング」に分類されます。

融資型のような元利均等返済ではなく、元本一括返済になるので月々のリターンを考える必要がありません。

株式投資型とは違って株式の取得ができず、価格の上昇によるインカムゲインもありませんが、利益から配当を受けるという点では同じです。

また、ファンド型はリスクが高いエンジェル投資ともいわれ、出資者が純粋にプロジェクトを応援したいという面が強いのが特徴です。

ガイアファンディングの特徴

案件数 785件(2018年8月31日現在)
手数料 入出金手数料以外は無料
平均利回り 8~10%前後
実績 成立ローン額8億円以上、分配金は約50億円。(2018年8月31日現在)
リスクや保証 返還実績は5割以上
最低投資額 1万円
運営会社 ガイアファンディング株式会社
使いやすさ エンジェル投資的側面がある

案件数

ガイアファンディングではアメリカの不動産案件に絞ったファンドを提供しています。

現在で785件の貸付件数を記録しており、大手ソーシャルレンディングと遜色ありません。

募集された投資資金はアメリカで建てられる住宅のリフォームに利用され、付加価値分の売却利益が配当に充てられます。

リフォーム案件は数千万~数億円と幅広く、高リターンも期待できるのが特徴です。

手数料

ガイアファンディングでは振込手数料とファンド運用手数料を投資家が負担することになりますが、販売手数料(成約時に払うコスト)は無料になっています。

案件ごとに支払う営業報酬を除けば、基本的なコストは振込手数料のみとなっており、お得に運用することが可能です。

平均利回り

ガイアファンディングの平均利回りは8~10%前後となっており、高い利回りを維持しています。

事業投資という側面があるので、リスクもありますがリターンも大きいのが特徴です。

実績

ガイアファンディングは2015年7月10日にリリースされてから、成立ローン額が8億円を突破しているソーシャルレンディングです。

貸付案件に対する返還実績が5割をこえており、投資家からの評判も高くなっています。

分配金総額は約50億円にものぼっており、ファンド投資型クラウドファンディングとしての評判が高くなっています。

運営会社

ガイアファンディング株式会社自身は、アメリカの不動産開発会社を管理しており、ファンド募集取扱いについては業界大手のmaneo(マネオ)に業務委託しています。

代表取締役のケルビン氏は、既にアメリカで「EQUIPOISE」という不動産開発ファンドを設立しており、知識と経験によるノウハウなどは高いものがあり、投資家からの評判も高くなっています。

最低投資額

ガイアファンディングの最低投資額は1万円からになっており、資金の少ない投資家でも参加できるようになっています。

基本的に2万円前後のものが多く、案件数も豊富なので初心者投資家の方にもおすすめです。

他のソーシャルレンディングでは最低投資金額が6~10万円というところもあるので、投資しやすい環境といえます。

リスクや保証

ガイアファンディングは全てのファンドに不動産担保がついていますので、万が一のリスクに対する保証がしっかりとしています。

ただし、アメリカの不動産は為替変動の影響を受けるので、為替リスクについても考える必要があります。

使いやすさ

最低投資金額が低いので、資金の少ない初心者でも事業投資できます。

運用歴は1年以上のものが多く、基本的に長期保有することになりますので、短期間で運用したときは他のソーシャルレンディングを使うとよいでしょう。

ガイアファンディングの評判や口コミ

ガイアファンディングの評判は以下のようなものが多いです。

  • 少額投資なので案件が選びやすい
  • 全ての案件い担保がついている
  • 分配金はきちんと支払われている
  • 返還実績が高い

ガイアファンディングの口コミや評判は、悪いものが見当たりませんでした。

ガイアファンディングでは全ての案件に不動産の担保を設定しているので、万が一の貸し倒れリスクに対応できる保証がついており、投資家からの評判が高くなっています。

返還実績についても、2017年7月末の返還済みファンドの割合も5割でしたので、2018年8月現在でも安定した運営ができていることが分かります。

代表取締役のケルビン氏はウォールストリートの大手金融会社に勤めた経験を持ち、不動産投資ファンドの経験とノウハウを持っていることから、今後も安定したファンド投資が予想されます。

日本人投資家向けに不動産案件を紹介したいという思いが強いので、これからも優良なファンドを紹介してくれるでしょう。

ガイアファンディングで必要な手数料はいくらか?出金手数料や運用手数料

費用名 手数料
口座開設費 無料
口座維持手数料 無料
入金手数料
(デポジット手数料)
振込手数料は投資家負担
ファンド運用手数料
(営業者報酬)
商品ごとに異なる
ファンド取引手数料
(成約手数料)
無料
ファンド契約解除手数料 基本的に途中解約禁止
払い戻し手数料
(出金手数料)
振込手数料は投資家負担

口座開設費

ガイアファンディングの口座開設費は無料になっています。これは他のクラウドファンディングと同様ですので、お試しに口座開設するのもよいでしょう。

口座維持手数料

ガイアファンディングの口座維持手数料も無料です。年会費などがかからないので、口座をもっているだけでも構いません。

口座維持する必要がないので、いつでも好きな時にファンド投資可能です。

ファンド投資するときに必要な手数料

入金手数料(デポジット手数料)

イアファンディング口座に入金するときは一定の手数料を支払わなくてはなりませんが、これは利用している銀行口座の振込手数料にあたり、銀行によっては安いコストで済む場合があります。

例えば、ガイアファンディングは「三井住友銀行」が入金口座になっているので、同じ銀行にすることで手数料を安くできます。

難しい場合でも「住信SBIネット銀行」なら振込手数料の無料枠が付与されますし、他行宛てでも比較的安く入金することが可能です。

ファンド運用手数料(営業者報酬)

運用手数料はガイアファンディングの報酬にあたるもので、期待利回りの数%が手数料として支払われます。

案件ごとに異なるのが一般的なので、投資家はファンドごとに確認する必要があります。

ファンドの取引手数料(売買手数料)

ガイアファンディングの取引手数料は無料になっています。

取引手数料とは投資案件を紹介している対価として運営会社が投資家からいただくもので、大体1~3%の手数料設定になっているところが多いです。

ガイアファンディングはこれが無料ですので、他のところよりお得に運用できます。

その他の手数料

ファンド契約解除手数料

ガイアファンディングはファンドの契約を一方的に解除することができません。

基本的にソーシャルレンディングは投資すると途中解約することができませんので、「1社or1案件に過剰に集中しない」といったリスクヘッジが必要になります。

払戻し手数料(出金手数料)

ガイアファンディング口座から出金するときも、各種払い戻し手数料がかかってきます。

ガイアファンディングは三井住友銀行深川支店だと、他支店宛てよりも5割引きで出金することが可能です。他行宛てだと400円以上違ってくるので、できるだけ同じ銀行口座を利用してください。

まとめ

ガイアファンディングの評判と口コミを調べてみました。

ガイアファンディングはアメリカの不動産案件を担保付きで提供している、優良なソーシャルレンディングです。

ファンド投資になるので利益追求というにはリスクが大きい傾向にありますが、そのだけ配当が大きくなる可能性があり、投資家からの評判が高くなっています。

高利回りの案件が多く最低投資額も低いので、初心者投資家の方も気軽に利用できます。

ファンド実績も5割以上をキープしており不動産担保もついているので、リスクが低減されているのも特徴です。

手数料も基本的に振込手数料以外は考える必要はないのでお得に利用できる、おすすめなソーシャルレンディングです。

あいれこ
平均評価:  
 1 レビュー
by しましま
不動産好きなら

アメリカの不動産案件が多いので不動産に興味かあるなら登録してもいいかも

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

記事がお役に立てたらいいねしてください♪

[email protected]で最新の投資情報や限定情報を配信します

\友だち追加してもユーザー名は表示されません/

友だち追加

【登録者急増中】ビットポイントに登録で3,000円GET

bitpoint

 

登録者急上昇中のBITPoint(ビットポイン)ならリップルやイーサリアムの取引手数料が無料です!面倒な税金の計算も自動で出力可能です。

 

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

bitbank

 

 

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事