8月に本田圭佑選手をCM起用したばかりのBitPoint(ビットポイント)には、スマホからでも登録できます。

  • クイック入金
  • 日本円と仮想通貨の出金

これらがいずれも手数料無料で出来る、お得な仮想通貨取引所です。知名度が上がれば今後ますます出来高が増え、安定した利益を出しやすくなります。

この記事では、空いた時間にスムーズに登録できるよう、手順を徹底解説します。

※現在、新規登録者向けに3,000円キャッシュバックキャンペーンが行われています。(~2018/9/30の16時まで)本人確認手続きに2~1週間ほど時間を要するため、早めに登録を済ませましょう。

PCからの登録手続きはこちらの記事で案内しています⇒

チェックBITPoint(ビットポイント)の登録・口座開設方法|仮想通貨取引所

チェック【スマホ版】BITPoint(ビットポイント)の登録・口座開設方法を解説|仮想通貨取引所

BITPoint(ビットポイント)の特徴

BITPoint(ビットポイント)は知名度こそ低いものの、資本金44億円と日本最大規模の仮想通貨取引所です。

アジア圏に広く展開しており、香港のマイニング事業者とも提携済みです。

BitPointの特徴
  • 取引手数料・クイック入金・出金手数料無料
  • 外貨建てのビットコイン取引が出来る
  • 電話サポート窓口を設置
  • MT4が使える(スマホ版あり)

BITPointの詳しい特徴はこちらの記事で紹介しています→

BITPoint(ビットポイント)のメリットとデメリット。評判を徹底リサーチ

後ほど解説するように、仮想通貨の入出金・現物取引ができる公式アプリもあります。

登録の流れ・登録に必要なもの

 ※口座に入金できるようになるまで、3日~1週間ほど時間がかかります。キャンペーン期間終了間近だと間に合わない可能性があるため、早めに登録手続きを開始しましょう。

ビットポイントへのアカウント登録・口座開設の流れは次の通りです。

①アカウント登録

…個人情報の入力・本人確認書類提出を含めて10分程度です。

③口座開設書類の受け取り

⑤初回ログイン設定・銀行口座登録

⑥2段階認証設定

⑥日本円の入金

登録に必要なもの

最初に次の2点を準備しましょう

  • iCloudやGmail等のスマホ用アドレス
  • 顔写真付きの本人確認書類(身分証明書)※

※各種健康保険証・福祉手帳(顔写真のない書類)を提出する場合:

合わせてもう1点、名前・住所が明記された発行3ヵ月以内の以下書類が必要です。

各種税金や社会保険料の領収書/住民票の写し(本籍地不要)/印鑑証明書/公共料金の証明書

※在留外国人の証明書:

「在留カード」または「特別永住者証明書」と、登録する銀行口座の通帳またはキャッシュカードのコピーを提出します。

アカウント登録・口座開設の方法・手順

まずは下のリンクから登録ページにアクセスします。

BITPointへの登録はこちら

手順1:氏名・住所等の入力

手続きを開始すると「アップロードする~本人確認書類の種類を確認してください」という画面が表示されます。

そのまま一番下までスライドすると「口座開設申し込み」というオレンジ色のボタンが表示されます。

bitopint

 

外国人PEPs(外国の重要な公人でないことの確約)を含めた8つの同意事項が表示されます。

全て確認しチェックを入れて「情報入力へ」へ進むと、氏名・住所等の入力画面が表示されます。

bitopint

ここで入力する情報は次の通りです。

氏名・フリガナ
国籍(外国籍の人は入力要)
米国納税者義務
…「米国居住者でない」にチェック

生年月日
住所
電話番号
メールアドレス
取引目的

最後に「確認へ」をクリックし、内容に誤りがなければページ一番下の「本人確認書類提出へ」をタッチします。

bitopint

手順2:本人確認書類(身分証明書)をアップロード

提出できる書類が表示されるので、手元に揃えている書類で手続き可能か確認しましょう。

問題なければ画面一番下の「アップロードへ」をタッチします。

bitopint

提出する身分証の表面・裏面のファイルを選択します。

健康保険証など顔写真無しの書類を提出する場合・在留外国人のかたは、画面下にスライドして追加書類をアップロードしましょう。

アップロードする写真のデータサイズは、それぞれ5MB以下に収める必要があります。

※iPhoneで写真のデータサイズを小さくする方法:
撮影後、そのままiPhoneの「メール」アプリを使って、自分宛に写真を添付して送信します。
受信したメール内の写真は自動的にリサイズされたおり、データサイズも小さくなっています。これをBitPointにアップロードしましょう。

アップロードが済んだら「総合口座開設申込の受付完了メール」が届きます。本人確認ハガキの到着を待ちましょう。

ハガキが届く日数・書類受け取り後の手続き(初回ログイン設定)

ハガキが届くのは、書類発送メールを受け取ってから3日~1週間程度です。

書類記載のID・パスワードを使ってBITPoint公式サイト(リンク)でログインし、画面に従って次の4点の手続きをします。

  • ログインパスワードの変更
  • 取引暗証番号の設定
  • 銀行口座登録(日本円の出金用)
  • 勤務先の登録

    ここまで終わると、FX・現物取引と入出金制限が全て解除されます。

    レバレッジ取引をする場合の手続き

    現物取引と合わせてビットコインFXをしたい場合、別途申込手続きが必要です。

    前項の口座確認書類受け取り~初回ログイン設定が終ってから行いましょう。

    口座種類の解説

    ビットポイントでFX取引を行う場合、2つの口座種別があります。

    レバレッジ取引口座
    通貨ペアBTC/JPYのみ取扱い。申込みのみ・専用ツールなしで取引開始できる
    ビットポイントFX口座
    BTC/JPYに加えて、米ドル・ユーロ・香港ドルとのペアでも取引可能。取引するには、申込みに加えて「MT4(MetaTrader4/メタトレーダー4)」のインストールが必要

    ビットポイントFX口座は、3通貨間の高難易度アービトラージ(価格差を利用した投資法)に用いられます。

    申し込み手続きの開始方法

    初回ログイン手続き後、マイページトップで「資産状況」までスライドします。

    bitopint

    それぞれ「申込み」から手続きしましょう。この際、次の項目を入力します。

    • 契約締結前交付書面への同意
    • 勤務先
    • 年収・資産額
    • 米国納税者義務
    • レバレッジコース(2・5・10・25倍のいずれかから選択)

      ビットポイントによる審査が終わり次第、お知らせメールが届いてビットコインFXが出来るようになります。

      2段階認証の設定

      ビットポイントの2段階認証は、メール認証・SMS認証・Google Authenticator(アプリ)による認証の3種類です。

      アカウント操作別に認証の有無を設定できます。

      認証用アプリのダウンロードリンク

      Google Authenticator(iOS/Android)による2段階認証を設定する場合、事前にアプリをダウンロードしておく必要があります。

      iPhoneはこちら → リンク(AppStore)

      Androidはこちら → リンク(GooglePlayストア)

      手順1:設定画面にアクセス

      マイページトップからメニュー(左上)→「ユーザー設定」の順で進みます。

      bitopint

      手順2:2段階認証を有効にする操作を選ぶ

      2段階認証を有効にする操作を全て選び、3種類の認証方法のいずれかを選択します。

      bitopint

      ログイン・ウォレットアプリを使った送金・出金・取引用暗証番号の4つの操作で有効化できますが、すべて有効にしておくことをおすすめします。

      最後に画面下部の「登録」をクリックし、メールまたはSMSで届く認証番号を入力すると、設定完了です。

      Google Authenticatorによる認証を選んだ場合の設定方法

      アプリ認証を選んだ場合、前項までの手順を終えたあと、QRコードの表示されたページに移ります。

      注意:QRコード・設定キー・バックアップキーについて

      スマホの機種変更・故障修理の際、2段階認証の再設定に必要です。スクリーンショットをとって保存してください。

      bitopint

      ①クリックして設定キーをコピー

      …アプリを起動し、右上の+マーク→「手動で入力」から設定

      ②アプリに表示された6ケタのワンタイムキーをタッチでコピー

      ③ワンタイムキーをペーストして「確認」

      設定が終わると、アプリによる2段階認証が有効になります。

      日本円の入金方法

      ※3,000円分のビットコインがもらえるサマーキャンペーンは、2018/9/30の16時までに5万円入金しておくことが条件となります。

      日本円の入金方法は2通りあります。いずれも入金手数料は無料ですが、振込手数料の有無に違いがあります。

      • 指定口座への銀行振込:振込手数料は投資家負担
      • 即時入金(クイック入金):振込手数料は無料

      即時入金にあたって、ジャパンネット銀行・住信SBIネット銀行・イオン銀行のうちいずれかの銀行口座が必要です。

      入金手続きの際は、マイページトップからメニュー(左上の三本線マーク)をタッチして「入出金・振替」を開きます。

      bitopint

      ①通常の銀行振込による入金(振込先口座情報の表示)

      ②即時入金(クイック入金)

      ③日本円の振替(ビットコインFXの際に必要な手続き・後述)

      レバレッジ取引・FXの各証拠金の入金方法

      レバレッジ取引・FX取引に必要な日本円の入金は、

      • 総合口座に入金
      • 総合口座→各取引口座への資金振替

      の順で行います。

      上の画像の手順で入金したあと「入出金・振替メニュー」から「資金振替指示」へ進みましょう。

      仮想通貨の入金方法

      ビットポイントに仮想通貨を入金する場合、次の手順でウォレットアドレスを表示させます。

      bitopint

      「入出金・振替」から「受金(預入)」

      各仮想通貨の入金用アドレス(QRコード)が表示されるので、銘柄を間違えないようして他取引所口座・各種ウォレットから送金しましょう。

      まとめ

      BitPoint(ビットポイント)はスマホのブラウザからでも簡単に登録出来ます。

      最初にメールアドレス登録~書類提出までまとめて手続きするので、本人確認書類の準備をしてから手続きを始めましょう。

      キャンペーン終了は間近なので、早めに登録開始することをおすすめします。

      口座開設書類受け取り後、初回ログイン登録・日本円の入金を忘れず行ってください。

      記事がお役に立てたらいいねしてください♪

      [email protected]でエアドロップ情報や限定情報を流します

      \友だち追加してもユーザー名は表示されません/

      友だち追加

      リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

      日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

      記事がお役に立てたら
      いいねしてください!

      エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

      おすすめの記事