グリーンインフラレンディングは2016年9月に設立された、ソーシャルレンディングサービスです。

再生可能エネルギーに特化した国内唯一のクラウドファンディングで、成立ローン額も多く投資家からの評判も高いのが特徴です。

そんなグリーンインフラレンディングですが、他のソーシャルレンディングと比べてサービスの質はどうなのでしょうか?

この記事ではグリーンインフラレンディングの評判と口コミを徹底調査していきます。

グリーンインフラレンディングとは?仕組みを解説

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとはインターネットを通じて、投資家から資金を集める新しいプラットフォームです。

創業間もない起業家は資金調達で苦労を強いられますが、クラウドファンディングを利用することで不特定多数の方から効率的に資金を集めることが可能です。

特にスタートアップベンチャーはスピード感が重要になるので開発当初から多額の資金が必要になります。

銀行からの融資が期待できない以上、インターネットを使ったスピーディな出資は必要不可欠です。

投資家にとっても自宅に居ながら案件を探すことができるので、資金を遊ばせることなく提供できるというメリットがあります。

クラウドファンディングの種類

クラウドファンディングは大きく分けて「寄付型・投資型・融資型・購入型」の4つに分類されています。

購入型は「モノやサービス・権利」、投資型は「利益からの配当」、融資型は「一定の利子」がそれぞれ投資家に還元されます。

「寄付型」は集めた資金を寄付という形で提供するのでリターンがありません。共感をもとに資金をあつめるだけなので、他のクラウドファンディングとは大きく目的が違います。

また、投資型にはファンド投資と株式投資の二種類があり、ファンド投資は事業のプロジェクトを対象にしますが、株式投資型は未上場の株式の取得が目的です。

基本的にソーシャルレンディングと呼ばれるのは「融資型クラウドファンディング」のことだと思ってください。

グリーンインフラレンディングの種類

グリーンインフラレンディングは再生可能エネルギー案件を中心とした、「融資型クラウドファンディング」です。

平均利回りが10%を下回ることがない、大手クラウドファンディングサービスとして知られ、投資家からの評判も高いのが特徴です。

共感という意味での投資は期待できませんが、「投資した資金の返済」や「利益の分配」がスキームとして組み込まれているので、報酬として一定のリターンを受けとることができます。

また、扱っている案件の内容から社会貢献としての側面も強いソーシャルレンディングです。

グリーンインフラレンディングの特徴

案件数 1000件以上の案件数
手数料 入出金手数料以外は無料
平均利回り 12%前後
実績 成立ローン額200億円以上
リスクや保証 投資資金不正利用、変換地帯により募集停止
最低投資額 6万円
運営会社 株式会社グリーンインフラレンディング
使いやすさ 資金が多いと使いやすい

案件数が多い

グリーンインフラレンディングでは「太陽光発電事業・バイオマス発電事業・海外の小規模水力発電事業・海洋温度差発電事業」などの、自然エネルギー案件に融資するファンドを多く取り扱っているのが特徴です。

現在のソーシャルレンディングでは不動産ファンド以外の分散投資は多くないので、リスクヘッジとしても評判が高くなっています。

それだけでなく再生可能な自然エネルギーの分野は、社会貢献としての魅力もたかく、発展途上国における都市インフラの開発やネットワークづくりに貢献することができます。

手数料が安い

グリーンインフラレンディングでは振込手数料とファンド運用手数料を支払う必要がありますが、販売手数料(成約時に払うコスト)は無料になっています。

基本的な手数料が入出金手数料だけなので、お得に利用できるのが特徴です。

平均利回りが高い

グリーンインフラレンディングの平均利回りは12%前後になっており、投資家からの評判が大変よくなっています。

ほかのソーシャルレンディングの平均利回りは5%~8%前後ですので、10%を下回らない利回りは驚異的といえるでしょう。

実績が高い

グリーンインフラレンディングは2016年9月にリリースされてから、成立ローン額が200億円(2018年8月29日現在)を超えています。

再生可能エネルギーのファンドを多数扱っていることから、分散投資先としての活用も多く、投資家からの評判も高くなっています。

運営会社

グリーンインフラレンディングは「 株式会社グリーンインフラレンディング」により運営されていますが、 第二種金融商品取引業者であるmaneoマーケット株式会社がファンドを募集するスキームになっているので、業界でも信用が高いのが特徴です。

最低投資額が高め

グリーンインフラレンディングの最低投資額は6万円からになっており、資金が少ない投資家にとっては使いづらいところもあるようです。

他のソーシャルレンディングでは1万円前後のところが多いので、初心者の方は慎重に判断する必要があります。

リスクや保証

グリーンインフラレンディングは太陽光発電事業を多く扱っているので、国の買取価格の変動によりリスクが増減します。

このように投資家がコントロールできない側面があるので、買取価格の情報は常にキャッチしておく必要があります。

最近では、2018年6月には投資資金の不正使用が発覚し、8月現在では返済遅延をおこすなど、クラウドファンディングとしてのサービスが提供できていません。

リスクのある経営が浮き彫りになってきており、評判が落ちているのが現状です。

グリーンインフラレンディングの評判や口コミ

魅力的な投資ファンドを多く扱い評判が高かったグリーンインフラレンディングですが、経営の悪化により信頼性が揺らいできています。

2018年6月29日には、資金を不正に利用したとしてファンド募集が停止され、新規投資家登録もできなくなりました。

同年7月31日には全ファンドの返済遅延が発生し、投資家からの評判も悪くなっています。

今回の騒動での被害額は投資家によって様々で、今後のグリーンインフラレンディングの対応によっては、訴訟に発展する事態も考えられます。

この問題は投資家の間でも話題になっていますが、現状では様子見というスタンスをとる方が多いです。

ブログなどでも情報が飛び交っていますが、個人の見解という側面がつよいので、判断材料にするのはリスクがあります。ツ

イッターでは時々、返金対応されている方も見られるので、現状では公式の情報を待つほうが賢い選択でしょう。

投資資金の不正使用についての公式発表

全ファンド返済遅延についての公式発表

グリーンインフラレンディングで必要な手数料はいくらか?出金手数料や運用手数料

手数料
口座開設費 無料
口座維持手数料 無料
入金手数料(デポジット手数料) 振込手数料は投資家負担
ファンド運用手数料(営業者報酬) 商品ごとに異なる
ファンド取引手数料(成約手数料) 無料
ファンド契約解除手数料 基本的に途中解約禁止
払戻手数料(出金手数料) 振込手数料は投資家負担

口座開設費

グリーンインフラレンディングの口座開設費は他のところと同様、無料になっています。

高利回りだからといって手数料がかかることはないので、お試しに口座開設するのもよいでしょう。

口座維持手数料

グリーンインフラレンディングの口座維持手数料は無料になっています。

グリーンインフラレンディングの口座を一年間放置したとしても、1円もお金はかかりません。年会費が無料のクレジットカードと同様なので、投資する時期を自由に選択できます。

ファンド投資するときに必要な手数料

入金手数料(デポジット手数料)

グリーンインフラレンディング口座に入金するときは、銀行の振込手数料を支払わなくてはなりません。

銀行によっては安いコストで済む場合がありますので、各種提携銀行の所定の手数料を確認してください。

例えば、「住信SBIネット銀行」なら振込手数料の無料枠が付与されますし、他行宛てでも比較的安く入金できます。

ファンド運用手数料(営業者報酬)

運用手数料はグリーンインフラレンディングの報酬にあたるもので、期待利回りの数%が手数料として支払われます。

案件ごとに違っているのが一般的なので、投資家は商品ごとに支払う手数料を確認しておく必要があります。

ファンドの取引手数料(売買手数料)

グリーンインフラレンディングの取引手数料は無料になっています。

取引手数料とは投資案件を紹介している対価として運営会社が投資家からいただくもので、大体1~3%の手数料設定になっているところが多いです。

グリーンインフラレンディングはこれが無料ですので、他のところよりお得に運用できます。

その他の手数料

ファンド契約解除手数料

グリーンインフラレンディングはファンドの契約を一方的に解除することができません。

基本的にソーシャルレンディングは投資すると途中解約することができませんので、「1社or1案件に過剰に集中しない」といったリスクヘッジが必要になります。

払戻し手数料(出金手数料)

グリーンインフラレンディング口座から出金するときもデポジット手数料と同様に、各種払い戻し手数料がかかってきます。

銀行支店ごとでも料金が違ってくるので、しっかりと確認しておくことが必要です。例えば、みずほ銀行の小舟町支店では無料ですが、他支店では最大432円の手数料がかかってきます。

まとめ

グリーンインフラレンディングの評判と口コミを調べてみました。

グリーンインフラレンディングは再生可能エネルギーのファンド案件が多く、平均利回りが非常に高く設定されているので、投資家からの評判が高いのが特徴です。

しかし2018年6月からの一連の事件によって、信頼がなくなり新規募集も停止されています。

いまだ資金を変換されていない投資家も多いので、今後の対応によっては最悪の事態も想定されます。

しかし、融資案件としては非常に魅力的だったこと、返還遅延になってから日が浅いということから、「待つ」という選択をとる方が多い印象です。

今後のグリーンインフラレンディングの対応をしっかり確認しておきましょう。

あいれこ
平均評価:  
 1 レビュー
by 金なし
信頼できん

maneoグループは信用できない

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

記事がお役に立てたらいいねしてください♪

[email protected]で最新の投資情報や限定情報を配信します

\友だち追加してもユーザー名は表示されません/

友だち追加

【登録者急増中】ビットポイントに登録で3,000円GET

bitpoint

 

登録者急上昇中のBITPoint(ビットポイン)ならリップルやイーサリアムの取引手数料が無料です!面倒な税金の計算も自動で出力可能です。

 

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

bitbank

 

 

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事