海外で認知度の高いDeribit(デリビット)は、レバレッジ最大50倍でビットコインの先物・オプション取引専門の仮想通貨取引所です。

チェック仮想通貨取引所おすすめランキング【2018年最新版】国内と海外取引所まとめてご紹介

8月現在ではビットフライヤーを超える出来高があり、最大手BitMEX(ビットメックス)に次ぐ流動性があります。

デリバティブ取引の概要をざっくり理解することで仮想通貨トレードの知見が大きく広がります。

苦手意識を持つ方が多いかもしれませんが、デリバティブ取引についても分かりやすく解説していますので是非読んでみてくださいね。

デリバティブ取引初心者でも安心して投資できるDeribitの特徴・登録方法・使い方を、易しく解説します。

Deribit(デリビット)の特徴・メリット

Deribitは海外で先物取引所として知名度が高く、海外最大手取引所6カ所の現物取引(Bitstamp・Gemini・Bitfinex・Itbit・Gdax・Kraken)の現物価格を取得しています。

 

サイトは一部日本語対応しており、iOS版アプリ(リンク)もリリースされました。

Deribit

※アプリはiPhoneのみ対応。Android版はリリース日未定です。

現物取引のチャート予測・リスク分散に使える

Deribit(デリビット)のチャート情報をチェックしておくだけで、現物価格の予測に役立ちます。

損益の仕組みが分かれば、現物と同時に注文を入れ・チャート変動による損失リスクを分散しながら手堅く利益を出すことも出来ます。

その理由は、投資上級者・大口投資家の動きにあります。

チャートは「デリバティブ取引→現物」の順で動く

十分な資金のある投資家は、次の順で注文を入れるのがセオリーです。

①デリバティブ(先物やオプション)

②現物取引

言い換えれば、ビットコインのチャートは「デリバティブ取引→現物」の順で動きやすいのです。特にDeribitのような大きな市場は、精度の高い判断材料となります。

※チャート予測に必要な知識は、記事後半で先物取引画面を紹介しながら解説します。

デリバティブ初心者におすすめ出来る「損失引当金」システム

「デリバティブ取引を実際にしてみたい」と考える初心者のかたにも、Deribitはおすすめできます。Deribitは清算取引手数料(一律0.1%)を原資に、損失引当金“Insurance fund”を積み立てています。

Deribit

損失額が一定以上になると投資家の取引機能を停止し、損失を引き当てることで、投資家の個人資産に影響が及ぶのを防いでくれます。

また、アカウント登録後にデモ口座を利用することも出来ます。まずはデモで練習してみることをおすすめします。

Deribit(デリビット)へのアカウント登録・口座開設の手順

Deribit登録にあたって、KYC(本人確認/顧客確認)は不要です。PCまたはスマホのメールアドレスを準備しましょう。

手順1:メールアドレス・パスワードを登録

登録リンクをクリックすると次の画面になります。

Deribit

  1. メールアドレス
  2. 任意のユーザーネーム
  3. 任意のパスワード(アルファベット大文字・小文字・数字の組み合わせ)
  4. 確認のためパスワードをもう一度入力
  5. 国を選択(Japan)

最後に同意事項にチェックを入れて「SUBMIT」をクリックします。

アカウント作成に成功した場合、次の画面に移ります。

Deribit

手順2:確認メールからリンクを開く

登録したアドレス宛に確認メールが届きます。記載のURLをクリックすると、ログイン画面に移ります。

Deribit

2段階認証の設定方法

ログイン後左メニューの「Account」から「Security」へ移ります。

Deribit

アプリによる2段階認証を設定できます。未設定の場合はステータス欄に「Disabled」と表示されています。

「ENABLE TWO-FACTOR~」(緑のボタン)をクリックすると、設定を開始できます。

2段階認証に必要なアプリ

Deribitの2段階認証設定には「Google Authenticator(iOS/Android)」が必要です。

iPhoneはこちら → リンク(AppStore)

Androidはこちら → リンク(GooglePlayストア)

2段階認証の設定手順

スマホにインストールしたGoogle Authenticatorを使い、QRコードを読み取りましょう。

Deribit

①スマホアプリでQRコードを読み取る(スマホ側の画面はこの後説明)

②ログイン時も2段階認証を有効にしたい場合、チェックを入れる

…デフォルトではビットコイン出金時のみ有効です。

③ワンタイムキーを入力し「ENABLE」

注意:QRコード・テキストコード・ワンタイムリカバリーコードについて

スマホの機種変更・故障修理の際、2段階認証の再設定や解除に必要です。スクリーンショットをとるか、手動設定キーをメモしておいてください。

設定が終わると、2段階認証のステータスがENABLEに変わります。

 Google Authenticator でQRコードを読み取る方法

QRコードをアプリで読み込む際は、次のように画面右上の+マークをタッチしてください。

Deribit

ビットコインの入金・出金方法

Deribitの手数料・証拠金は全て、ビットコインで支払います。取引開始前に入金しておきましょう。

ログイン後、左メニューの「Account」から入出金できます。

Deribit

Withdraw:出金

Deposit:入金(預入先アドレス表示)

出金手数料

Deribitの出金には5つのメニューがあります。それぞれトランザクション承認速度が異なり、早く出金できるメニューは手数料も高くなります。

Deribit

Insane(送金が最も早い):0.0012BTC

Estremely high:0.0009BTC

Very high:0.0007BTC

High:0.0006BTC

Medium(手数料最安):0.0004BTC

先物取引(Future)の解説・手数料

先物取引は「事前に売る/買う約束をし、将来やってくる期日に約束した値段で決済する」という性質のものです。初心者は次の3点を押さえておきましょう。

①手持ちBTCがなくても売り注文から入れる

②売り注文は「チャートが下落すると儲け」

③決済期日(限月)がある

「先物で売って・現物取引で買う」という注文を出すと、BTC価格が下がったときの現物の損失を、先物の期日清算時の利益で埋めることが出来ます。

先物取引画面での現物チャート予測方法

オーダーブックの右上にある「premium」という値が重要です。

Deribit

premiumの数値がプラス:「先物プレミアム」

…先物が直物(FX&現物)より高い状態です。直物市場の見通しが明るく、上昇トレンドになりやすい状態です。

premiumの数値がプラス:「先物ディスカウント」

…先物が直物(FX&現物)より安い状態です。直物市場が悲観視されています。

※仮想通貨市場はまだ成長中のため、この法則が当てはまらない場合もあります。

先物取引の売買最終日・レバレッジ倍率・手数料

先物取引の手数料は、市場に流動性を提供するメイカーならマイナス手数料です。

売買最終日:毎月18日(土日の場合は翌月曜日)

レバレッジ倍率:50倍

メイカー:マイナス0.02%

テイカー:0.075%

決済(清算)手数料:0.15%

国内最大手のbitFlyer Futureでは、0.04%/日のスワップ手数料支払い+現物との価格乖離を埋めるための手数料(SFD)が発生します。

比較すると、Deribitの手数料の安さが分かります。

オプション取引の解説・手数料

オプション取引では「売買する権利」そのものを売り買いします。権利を買う側はいつでも放棄することが出来ますが、権利を売る側は大きく損失を出す可能性があります。

「買う権利」をコール・「売る権利」をプットと呼び、それぞれオーダーブックがあります。

Deribit

コール(買う権利の板):表の左半分

プット(売る権利の板):表の右半分

手数料

オプション取引の手数料は、注文価格の0.04%または0.0004BTCです。ただし、注文価格の20%までと決められています。

Deribit(デリビット)デモ口座の開設方法

デモ口座の開設はこちらから出来ます。

※マイページからはFAQの“Is there a demo account~”の項目にURLが記載されています。

Deribit

「CREATE ACCOUNT(アカウント作成)」から再度メールアドレスを登録すると、デモ取引が出来るようになります。

まとめ

Deribit(デリビット)はビットコイン・デリバティブ市場のなかでは最大手で、現物価格の予想に役立ちます。

  • レバレッジ50倍
  • 先物取引手数料が安い
  • 損失引当金の積み立てもあり

    これらの特徴から、デリバティブ初心者~既に日経225先物等で経験済の上級者に、広くおすすめできます。

    本人確認不要で取引できるので、まずは気軽に登録・チャートの確認やデモ取引から始めてみましょう。

    記事がお役に立てたらいいねしてください♪

    [email protected]でエアドロップ情報や限定情報を流します

    \友だち追加してもユーザー名は表示されません/

    友だち追加

    リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

    日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

    記事がお役に立てたら
    いいねしてください!

    エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

    おすすめの記事