GMOコインはこれまで仮想通貨の売買を販売所形式やFXで行ってきました。

しかし8月9日に行われた「2018年12月期中間決算の決算説明会」にて取引所サービスを今年8月15日に開始する計画であることを発表しました。

ここではGMOコイン取引所について分かっている情報、サービス内容について紹介していきます。

GMOコイン取引所の取扱銘柄

GMOコインでは販売所形式で現在

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)

上記5種類のアルトコインを取扱っているため、取引所サービスでも売買できるようになると予想されます。

また日本で人気のアルトコインのネム(NEM)やモナコイン(MONA)も取引できるようになるのかに注目していきたいですね。

GMOコイン取引所の手数料

gmo

GMOコインが提供している販売所サービスは手数料無料を謳っています。

しかし販売所が提示している売値は取引所形式で現物を買うよりも販売所の価格は高めに設定されいます。

そのため手数料無料の販売所形式より取引所で個人間で売買したほうが手数料が安くなります。

GMOコインの取引所サービスの詳細な手数料が分かり次第追記していきます。

GMOコイン取引所の評判

https://twitter.com/btcscalper225/status/1027563056325255168

Twitterでは早くもGMOコインの取引所サービス開始のニュースが話題になっています。

GMOコイン取引所まとめ

8月15日に取引所サービス開始を計画していることが発表されたGMOコイン。

取扱銘柄や手数料、評判など、新しい情報が入り次第追記していきますね。

記事がお役に立てたらいいねしてください♪

[email protected]でエアドロップ情報や限定情報を流します

友だち追加

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事