Bitpoint

 

BITPoint(ビットポイント)で口座開設を行うと期間限定で3,000円分のビットコインがもらるキャンペーン実施中!

ここでは地域創生に特化したプロジェクトを専門で取り扱うクラウドファンディングサイト『FAAVO(ファーボ)』の評判や口コミ、手数料についてご紹介します。

各地域を盛り上げるプロジェクトは「ふるさとクラウドファンディング」と呼ばれています。

筆者が住んでいる地域のご当地キャラを作りたい!というプロジェクトも見つかりました。

FAAVO(ファーボ)に掲載されているプロジェクトを見るだけでも楽しいので、是非一度チェックしてみてくださいね。

FAAVO(ファーボ)とは?仕組みを解説

社名 株式会社CAMPFIRE(キャンプファイヤー)
設立 2011年1月14日
資本金 116,000万円
所在地 〒150-0002  東京都渋谷区渋谷2丁目22-3渋谷東口ビル 5F東京都
代表取締役 家入 一真
事業責任者 斎藤 隆太

FAAVO(ファーボ)は日本のクラウドファンディング大手CAMPFIRE(キャンプファイヤー)が運営しています。

2018年4月に株式会社サーチフィールドから事業譲受しました。

FAAVO

FAAVO(ファーボ)特定の地域を盛り上げるために起案されたプロジェクトを専門で取り扱う購入型クラウドファンディングです。

例えば自分が住んでる地域のプロジェクトを見たいという場合でもすぐに検索して見つけることができます。

FAAVO

購入型クラウドファンディングとは、掲載されているプロジェクトに対して資金提供するリターンとして、そのプロジェクトが作り出した商品やサービス、権利書などをもらうことができるクラウドファンディングの形式です。

クラウドファンディングの種類は

  • 購入型
  • 寄付型
  • 投資型
  • 融資型(ソーシャルレンディング)

これら4つに分類され、購入型はそのうちの1つになります。

日本では国や地方時自体が企業に購入型クラウドファンディングでの資金調達を支援していることもあり、市場規模は年々上昇しています。

FAAVO(ファーボ)の特徴

FAAVO

FAAVO(ファーボ)は「地域のらしさを誰もが楽しめる社会をつくる」ことをキャッチコピーとして掲げ、全国各地に根ざした団体と提携しエリアオーナー制度という独自制度を作っています。

エリアオーナーは現地で直接、プロジェクト起案者にアドバイスをしたりPR活動の支援をしたりすることで、地元を盛り上げたいけどお金がなくて困っている人が気軽にクラウドファンディングで資金調達できる環境を整えています。

今までクラウドファンディングはネットリテラシーの高い人しか活用できていませんでしたが、FAAVO(ファーボ)のエリアオーナー制度のおかげで幅広い年齢層の方にもクラウドファンディングが利用されるようになるでしょう。

FAAVO(ファーボ)取扱ジャンル一例
  • 観光・まちおこし
  • コミュニティ・場所づくり
  • ご当地キャラ・アイドル
  • お祭り・ローカルイベント
  • 伝統・名所
  • 当地食材・料理・グルメ
  • 災害支援

FAAVO(ファーボ)の評判・メリット

クラウドファンディング大手のCAMPFIRE(キャンプファイヤー)にFAAVO(ファーボ)が事業譲受されたことを受け、ユーザーが増加することにより

「地域に特化したプロジェクトの資金調達をクラウドファンディングでするならFAAVO(ファーボ)一択だよね!」

というユーザーの評判や口コミが多かったです。

各プロジェクトが発信しているTwitterの反応を見ても他のクラウドファンディングのプロジェクトよりも全体的にRTやリプといった支援者の反応がいいと感じられました。

FAAVO(ファーボ)で必要な手数料はいくらか?

FAAVO(ファーボ)ではプロジェクト支援者が支払う手数料はありません。

融資型(ソーシャルレンディング)や投資型クラウドファンディングと違ってサイト内で口座を作る必要がないからです。

FAAVO(ファーボ)で資金提供するには、メールアドレスとTwitterやFacebookといったSNSアカウントがあれば簡単に登録できますよ。

そのため

  • 口座開設費
  • 口座維持手数

これらの手数料がかからないのです。

一方、プロジェクト起案者は資金調達額の20%をFAAVO(ファーボ)に支払う必要があります。資金調達方法は2種類あります。

ALL or Nothing方式

募集期間内に目標金額に達しない場合、支援金を受け取ることはできません。

目標金額に達しなかった場合、支援者に全額返金されます。成立した場合は達成金額から20%が手数料として支払われます。(クレジットカード決済手数料を含む)

ALL In方式

起案時点で実行が確約されているプロジェクトのみ行える形式で、募集期間内に目標金額に達しない場合でも支援金を受け取ることができます。

募集期間が終了した時点でプロジェクトは成立し、達成金額から20%がプロジェクト起案者に支払われます。(クレジットカード決済手数料を含む)

どちらの場合も資金調達額が確定した時点で達成金額から20%を手数料として支払います。

クレジットカード決済手数料がプロジェクト起案者負担になるので、支援する側としてはありがたいですね。

まとめ

FAAVO(ファーボ)は町おこしや地域創生プロジェクトの資金調達をするなら最適なクラウドファンディングサイトだという評判や口コミが多く、Twitterでもプロジェクトのツイートに対する反応がいいように感じられました。

地元のプロジェクトを支援したいという方は手数料もかからないので、地域貢献のためにも一度試してみてはいかがでしょうか。

記事がお役に立てたらいいねしてください♪

[email protected]で最新の投資情報や限定情報を配信します

\友だち追加してもユーザー名は表示されません/

友だち追加

【登録者急増中】ビットポイントに登録で3,000円GET

bitpoint

 

登録者急上昇中のBITPoint(ビットポイン)ならリップルやイーサリアムの取引手数料が無料です!面倒な税金の計算も自動で出力可能です。

 

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

bitbank

 

 

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事