gooddo(グッドゥ)は主要株主にセプテーニ・ホールディングスを有するgooddo株式会社が運営する、社会貢献性が高い寄付型クラウドファンディングです。

gooddoに掲載されているプロジェクトは無料で簡単に、支援に参加することができます。

こちらの記事ではグッドゥの特徴や評判などを丁寧に解説していきます。

gooddo(グッドゥ)とは?仕組みを解説

クラウドファンディングのgooddo(グッドゥ)は社会貢献を身近にするプラットフォームです。

誰でも、今すぐ、簡単にNPO、NGO団体などの社会貢献活動団体を支援することができます。現在100団体以上の社会貢献団体が登録しており、支援金総額は1億7千万円以上、支援先団体は758団体にも登ります。
※データは2018年8月時点

gooddo(グッドゥ)の特徴

gooddoを運営する企業情報

社名 gooddo株式会社
設立 2014年10月1日
資本金 25,000,000円
事業内容 社会貢献プラットフォーム「gooddo」の運営
非営利団体及び非政府組織に対する広報の支援およびコンサルティング
所在地 〒160-6111 東京都新宿区西新宿8-17-1 住友不動産新宿グランドタワー 11F
代表取締役 下垣 圭介
主要株主 株式会社セプテーニ・ホールディングス

gooddo(グッドゥ)が取り扱っているプロジェクトは下記が多いです。

取扱が多いジャンル
・国境なき医師団
・国連WFP協会
・動物保護
・芸術/スポーツ
・児童虐待防止
・介護/障害支援
・防災/被災地支援
・教育学校

基本的には社会貢献型のプロジェクトが取り揃えられており、社会に積極的に貢献されたい方にはとてもおすすめのクラウドファンディングです。

gooddo(グッドゥ)の特徴は無料でNPO/NGOへ支援することができ、比較的手軽に参加することが可能です。

また、下記の図の通りgooddoはサポーター企業の広告協賛費によって運営・支援金の支払いを行っている為、従来の寄付や 募金と異なり、ユーザに(支援者)支援金の負担はありません。

gooddo

支援方法は非常に簡単で、まずは支援したい団体(NPO/NGO)や動画をみつけます。

その後は支援したい団体のフェイスブックやTwitterをフォローする、gooddo(グッドゥ)経由で楽天でお買い物するだけで支援完了です。

gooddo経由で楽天でお買い物するだけで、購入額の0.5%~が支援金として団体に届けられます。

グッドゥ楽天

または毎月490円の会員サービス「みんなの優待 by gooddo」に入会することでも300円を支援することができます。

みんなの優待は120万件以上の割引優待サービスが使い放題の有料会員サービスです。入会者もお得になりつつ団体に支援できるのはとても嬉しいサービスですね。

みんなの優待の詳細はこちら
>>https://gooddo.jp/nf/premium-support/

gooddo(グッドゥ)の評判・メリット

・支援者は支援金を支払うことなく、団体を支援できることが素晴らしい!

・会員登録など必要なく簡単に支援できることが最高

などの評判が多かったです。

やはり、無料で簡単に共感を受けた団体に支援できることは最大のメリットではないでしょうか。

みんなの優待 by gooddoも活用して支援できるのも便利です。

gooddo(グッドゥ)で必要な手数料はいくらか?

gooddo(グッドゥ)では登録手数料、口座開設費・口座維持手数料などは一切必要ありません。

共感できるプロジェクトを見つけたら、Facebook・TwitterなどのSNSフォローやgooddo経由で楽天のお買い物をするだけです。

ただ、みんなの優待 by gooddoをつかった場合だけ毎月490円の会員サービスが必要になりますのでお気をつけください。

gooddo(グッドゥ)のまとめ

goodooは社会貢献性が高いプロジェクトに「簡単」「無料」で支援が出来るサービスです。

街角の募金に寄付するのが恥ずかしい人や、数多くのプロジェクトに簡単に支援されたい方、初めて寄付されたい方などには非常におすすめのサービスです。

簡単に使えるサービスですので、まずは1つのプロジェクトを支援してみてはいかがでしょうか。

記事がお役に立てたらいいねしてください♪

[email protected]でエアドロップ情報や限定情報を流します

友だち追加

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事