インターネットの普及した昨今で、一攫千金を夢見て海外のブックメーカーに参加されると言う方も多いでしょう。

しかし、このブックメーカーと言うものは日本の法律に触れるものなのでは?と心配される方もいます。

海外と日本では当然法律が違いますので、安易に手を出したツケが余りに痛いものだと目も当てられません。

そこで今回はブックメーカーが違法行為に当たるのかどうかと言うことをご説明します。これから海外のブックメーカーに参加しようとお考えの方は是非参考にして下さい。

日本の法律ではブックメーカーは合法か?

日本には賭博罪と言うものがあり、刑法 第185条では「賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。」と定められています。

ブックメーカーはこの賭博罪に当たるのでは?とお思いの方もいらっしゃることでしょう。

しかしながらこの賭博罪を適用するにはブックメーカーは少々難しいところがあります。

賭博罪は必ず複数人の人間が関わる「必要的共犯」と言うものがあります。

簡単に言うと胴元と参加者と言う関係が必然的に出来ると言うものになり、これを対向犯と呼んでいます。

政府などから賭博をして良いと言う承認を貰っていないとこの賭博罪に問われることになりますが、ブックメーカーを運営しているサイトは厳しい基準をクリアし、しっかりと政府からライセンスを貰っています。

つまり政府から承認された合法的なギャンブルになります。

このため、胴元を取り締まることは出来ませんので、「必要的共犯」が成り立たなくなります。

胴元、参加者の両方が違法ならば賭博罪は適用されますが、片方が合法のため賭博罪は適用されません。

ブックメーカーに対する弁護士の見解は?

bookmaker

現役弁護士で賭博罪に詳しい京都グリーン法律事務所代表の津田岳宏弁護士の見解によると、「自宅でこっそり参加する分には、公然性は皆無です。また、上記のように違法かどうかも明確でないので、いきなり逮捕される可能性はほぼゼロといっていいでしょう」とのことです。

しかし、日本国内から海外のブックメーカーのサイトを利用する場合でも、日本国内にいる人が取りまとめて場代を取ったり、勝ち分を現金で渡すなどしてしまうとその限りではありません。

これは事実上胴元の役割を果たしていることになり、その胴元役は賭博開張図利罪で処罰され、参加した客も逮捕されます。

大事なのは安全性の高いブックメーカーのサイトを利用することになります。

安全なブックメーカーを選ぶ基準

ある程度の知識があれば誰でもブックメーカーのサイトを提供することが出来ます。

しかし、前述のように賭博開張図利罪などが適用されてしまう場合もあるので、ブックメーカーのサイトはしっかりと選ぶ必要があります。

基本的にブックメーカーを運営しているサイトはライセンスがありますので、まずはそのライセンスの有無を確認しましょう。

仮にライセンスのないサイトを利用してしまうと賭博罪以外にも配当金が払われないなどの思わぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。

ライセンスの有無はサイト最下部にライセンス発行元のロゴが掲載されていることが多いです。

まずはこのロゴを確認し、ライセンスの発行元ページから登録しようとしているブックメーカーの名前が掲載されているかを確認して下さい。

優良ブックメーカー一覧

優良ブックメーカーサイトとして知られているものには以下のようなものがありますので、参考にして下さい。

サイト名 取得ライセンス
BET365 (ベット365) イギリス領ジブラルタル島ライセンス
PINNACLE (ピナクル) オランダ領キュラソー島ライセンス
WilliamHILL (ウィリアムヒル) イギリス領ジブラルタル島ライセンス
NetBet (ネットベット) マルタ共和国ライセンス
SBO Bet (エスビーオーベット) マン島ライセンス
bwin (ビーウィン) イギリス領ジブラルタルライセンス
Marathonbet (マラソンベット) オランダ領キュラソー島ライセンス
10Bet (テンベット) オランダ領キュラソー島ライセンス
Paddy Power (パディーパワー) マン島ライセンス
M88.com (エムハチハチドットコム) フィリピン共和国カガヤンライセンス

まとめ

このように正しく承認を得たライセンスを持っているブックメーカーのサイトを利用する分にはなんら問題はありません。

しかし、聞いたことのないようなサイトを利用してしまうとその限りではありません。

ブックメーカーをご利用の際には正しくライセンスが発行されているサイトをご利用下さい。

記事がお役に立てたらいいねしてください♪

[email protected]でエアドロップ情報や限定情報を流します

友だち追加

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事