Bitpoint

 

BITPoint(ビットポイント)で口座開設を行うと期間限定で3,000円分のビットコインがもらるキャンペーン実施中!

ブックメーカーはイギリスが発祥で、スポーツなどを使った賭け事になります。

試合の結果などを予測し、的中させれば賭け金以上のお金を受け取ることができるのです。

近年はオンラインで利用できるブックメーカーが増えていて、気軽に賭けを楽しむ手段としても注目されています。

そもそもブックメーカーとは?

もともとはイギリスが発祥で、1790年ごろには競馬場で誕生したと言われています。

胴元が賭けを管理し、賭けたい人はお金を支払い、結果を的中させられればお金を受け取ることができます。

1960年にはイギリス政府の公認となり、手続きを経て許可を受ければスポーツなどを賭けの対象として成立させられるようになったのです。

イギリス以外にもブックメーカーは進出していて、アジアやヨーロッパ各地で政府が公認するケースが増えています。

政府が公認することで収益の一部を税収として確保できるため、積極的に受け入れる国なども増えているのです。

また、インターネットの発展によりブックメーカーはオンライン方が主流になっていて、世界各地から利用できるようになっているのもポイントです。

ブックメーカーで賭けられる種類はスポーツだけじゃない!天気や政治も

bookmaker

ブックメーカーで賭けられる種類はスポーツだけではなく、特定地域や政治の結果なども賭けの対象になっています。

何を賭けに対象にするかはブックメーカーによって異なるため、自分が当てられそうなものを選んでいくのも一つの方法です。

種類が豊富になっているのは国によってブックメーカーに許可される範囲が異なるためです。法律の関係で賭けを新設しやすい国も存在するのです。

ブックメーカーは投資対象としても魅力的なのか?

ブックメーカーを闇雲に利用しても投資の対象にならないことに理解が必要です。

ただし、統計などのデータをもとに利用すれば、立派な投資対象になる場合もあります。これは様々な相場と同じく、法則性を掴むことで収益化が可能なケースがあるためです。

ブックメーカーを取り仕切る胴元に投資してしまうという方法もありますが、情報量が少ないためしっかりと調べる必要が出てきます。

健全な経営ができているか、運営する国の法律をしっかりと守っているかなど、調べなければならない情報は多いのです。

日本でブックメーカーを運営しても法解釈の関係上グレーゾーンになる可能性もあります。ただし、運用の形式によっては違法になる可能性があるほか、うまく調整を行っても明確に合法とは言えないのがポイントです。

どの国で、どのような法律に基づいて運用されているかはやはり重要なのです。

ブックメーカーは危険?賭博は違法ではないのか?

bookmaker

日本は賭博に関する法律が厳しく、ブックメーカーを作れば違法になる可能性があります。

しかし、各国の法律に従った海外のブックメーカーを利用する場合は話が別になります。

あくまで利用する国の法律が重要になるため、日本の法律が適用されなくなるのです。

重要なのはブックメーカーが開かれた国で合法かどうかです。法律に適合したブックメーカーでなければ突然閉鎖されてしまうなど様々なリスクも考えられます。

安全に利用するためには老舗のブックメーカーを利用するなど、リスクを避けるための工夫や下調べが重要になります。

ブックメーカーでどのくらい儲かるのか?

ブックメーカーでどのくらい儲かるのかは賭けの対象によって大きく変わります。

倍率が高い賭け事であればそれだけ一度に設けられる金額が増えますが、賭けを外すリスクが高まってしまうのがポイントです。

基本的に胴元が儲からなければブックメーカー自体がなりたたなくなるため、賭ける側の人間はある程度不利になることに理解が必要です。

しかし、スポーツに詳しい人であれば試合結果の的中率が高まるように、知識の量や勘などで収益をあげることは不可能ではないのです。

ブックメーカーのおすすめサイト

ブックメーカーはそれぞれ特徴があり、好みによって使いたいサイトも変わってきます。今回は特にメジャーなブックメーカーサイトを紹介させていただきます。

BET365

ライブストリーミングが充実しているブックメーカーです。映像を見ながら賭けを楽しむことができるためリピーターが多いのが特徴です。

ピナクルスポーツ

オッズが高いブックメーカーとして知られています。しかし、ライブストリーミングはBET365に劣るため、事前に自分で情報を収集して賭ける必要が出てきます。

21Bet

日本語対応が行われている他、賭けの対象にできるスポーツの幅が広いことから人気のブックメーカーです。

まとめ

ブックメーカーはスポーツを賭けの対象にできるのが特徴で、オンライン化が進んだことで様々な国のブックメーカーにアクセスすることが簡単になっています。

日本の公営のスポーツ賭博などは選択肢が少なく、物足りなさを感じがちです。

ブックメーカー経由であれば様々な国のスポーツや、それ以外の物事に賭けることが可能で、法律上の根拠があるため安心して楽しめるのです。

記事がお役に立てたらいいねしてください♪

[email protected]で最新の投資情報や限定情報を配信します

\友だち追加してもユーザー名は表示されません/

友だち追加

【登録者急増中】ビットポイントに登録で3,000円GET

bitpoint

 

登録者急上昇中のBITPoint(ビットポイン)ならリップルやイーサリアムの取引手数料が無料です!面倒な税金の計算も自動で出力可能です。

 

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

bitbank

 

 

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事