Bitpoint

 

BITPoint(ビットポイント)で口座開設を行うと期間限定で3,000円分のビットコインがもらるキャンペーン実施中!

インターネットの普及した現代では、国内に限らず海外のブックメーカーなどに家に居ても参加することが可能になりました。

様々なブックメーカーがあり、そのどれもに参加出来るとなると一攫千金の夢が広がりますね。

しかし、そんなブックメーカーですが気をつけなければならないことがあります。

実はブックメーカーの配当金には税金が課せられているのです。黙っていればバレないだろうと高を括ると痛い目を見ます。

ここではブックメーカーの税金と確定申告についてご紹介します。

ブックメーカーの税金は確定申告しなければバレない?

ICOのデメリット

海外のサイトを経由しているから日本国内の税務署には黙っていればバレないのでは?とお思いの方もおられるでしょう。

しかし、海外のブックメーカーのサイトから自身の口座へ送金される時に履歴が残ってしまいます。

この振込み履歴を元に税務署にバレてしまう可能性はありますので、後々痛い目を見ないためにも少しでも配当金が出た場合には確定申告をしておく必要があります。

ブックメーカーで得た利益は何に分類されるのか?

ブックメーカーで得た利益は一時所得か雑所得のどちらかに分類されます。

雑所得には、クイズの賞金、競馬の払戻金などが該当し、一時所得は反復継続でない取引から生じる儲けと言う定義になっています。

税務署に申告する場合はどちらでも構いませんが、一時所得にすると儲けから50万円引いたものが税金の対象となります。

そのため一時所得で申告した方が良いでしょう。

ブックメーカーの利益がでたら、いくらから確定申告をするのか?

一時所得で申告される場合には、最高50万円まで特別控除があります。
年間50万円以下の一時所得では税金はかかりません。

雑所得で申告される場合には、サラリーマンの場合だと20万円までは申告する必要がありません。

これらは決して見つからない、バレないと言ったものではなく、あくまで申告する必要がないと言うだけですので注意して下さい。

会社に副業がバレることがあるのか?

ico presell

所得税の申告が会社にバレることはありません。

しかし、会社から源泉徴収される住民税が会社の予想していたものと違うと思われてしまうことはあります。

話のネタで振られることはあるかもしれませんが、会社側が精査して追及すると言ったことはありません。

高額な医療費控除があった可能性などもありますので、厳密に会社にバレることはありません。

この点で一点注意したいことが、扶養になります。

仮に奥様が専業主婦として、年額38万円を超えると少しずつ控除額が減っていきます。あまりに稼いだ額が大きくなると扶養から外れる可能性もありますので、詳しくは税務署でご確認する必要があります。

まとめ

ブックメーカーで得た収益に対する説明をしました。

確定申告はその年の1月1日~12月31日までの得た利益に対して2月16日~3月15日までにしなければいけません。

この間に配当金が50万円を超えていない方はうるさく言われることはありませんが、50万円を超えて配当金を貰った方は税務署から催促がくる可能性があります。

仮に50万円の配当金が年収のすべてとし、38万円を引いて税率5%を掛けたものが所得税になります。

この計算ですと、6,000円ほどになります。

50万円の配当金に対して6,000円を渋ると非常に痛い目に会いますので、申告はしっかりとしておきましょう。

記事がお役に立てたらいいねしてください♪

[email protected]で最新の投資情報や限定情報を配信します

\友だち追加してもユーザー名は表示されません/

友だち追加

【登録者急増中】ビットポイントに登録で3,000円GET

bitpoint

 

登録者急上昇中のBITPoint(ビットポイン)ならリップルやイーサリアムの取引手数料が無料です!面倒な税金の計算も自動で出力可能です。

 

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

bitbank

 

 

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事