bitbank(ビットバンク)は、リップル(Ripple/XRP)の日本円建て取引高世界No.1の仮想通貨取引所です。操作が簡単で手数料も安く、この記事で売買方法をマスターできます。

  • リップルの売買手順
  • 取引手数料
  • 出金手順

売買の基本(取引画面の見方・板取引の解説)

まだビットバンクに口座開設していない人は、アカウント登録を済ませましょう。5分程度で完了します→リンク

XRPを売買するにあたって、まず取引画面の見方を学ぶ必要があります。

ビットバンクは前述の通り「取引所」を運営しており、ここでは板取引(=オーダーブック)でリップルが売買されています。

※ビットバンクに「販売所」はありません。

bitbank

取引画面の見方

パソコン・スマホアプリの両方で、ビットバンク公式サイトにアクセスした際の取引画面を解説します。

パソコン版の取引画面

bitbank

  1. 通貨ペア/保有資産数
  2. チャートの操作ツール(トレンドライン描画等)
  3. 注文・取引履歴一覧
  4. オーダーブック・仮想通貨の売買注文フォーム
  5. 入出金・アカウント情報メニューを表示

スマホアプリ版の取引画面

bitbank

  1. アプリトップ画面に戻る
  2. 通貨ペア一覧
  3. 入出金・アカウント情報メニューを表示
  4. チャートを表示
  5. オーダーブック・売買注文フォーム
  6. 注文・取引履歴
  7. 歩み値(直近で約定した売買注文一覧)の表示

オーダーブックの見方・読み方

bitbank

ここに表示されているのは、全て「いま出ている売り・買いの注文」です。上半分が売り注文一覧、下半分が買い注文一覧です。

中央の数字:現在の価格

…チャートに反映される仮想通貨の価格。高騰時は緑・下落時は赤で表示

売り注文一覧の最下部

XRP購入手続き(買い注文)の際、最優先で取引成立(=約定)する

買い注文一覧の一番上

XRPの売却手続き(売り注文)の際、最優先で取引成立(=約定)する

リップルを買う方法・売る方法

リップル(Ripple/XRP)売買の際、手続き(注文)方法は2種類あります。

指値注文(おすすめ) 成行注文
注文の際に決める事 売買希望「価格」 売買希望「枚数」
メリット 購入時:希望価格以下で買える

売却時;希望価格以上で売れる

(原則として)取引成立する
デメリット 別の投資家から自分の希望価格にあった注文が出るまで、取引成立(=約定)しない 購入時は想定を超える高い価格で・売却時は想定より安い価格で、取引成立(=約定)してしまう可能性がある

最も多く利用するのが「指値注文」です。次に、それぞれ購入手順を紹介します。

(おすすめ)「指値注文」で売買する方法

売買注文画面へのアクセス方法は次の通りです。

パソコン…

ビットバンク公式サイト → 右上の人型アイコンをクリックしてログイン → 左上で通貨ペアXRP/JPYを選択

bitbank

スマホアプリ…

アプリ起動 → 画面中央上の「銘柄一覧」または表示中通貨ペアをタッチ → 「XRP/JPY」を選択 → 「注文」

bitbank

注文画面の操作方法

ここからはパソコン・スマホ共通の操作方法です。

オーダーブック右に、注文フォームがあります。

bitbank

  • 「指値」を選択
  • 購入したい場合は「買い」・売りたい場合は「売り」を選択
  • 「価格」を入力
  • 「数量」を入力

予想欄には、入力した価格・数量で取引成立した場合のJPY価格が表示されます。

※あくまでも予想であり、実際の取引成立時の価格とは異なります。

最後に「注文」をクリック(タッチ)します。

「成行注文」で売買する方法

「指値注文」と同様の手順で、注文フォームを表示させます。

bitbank

  • 「成行」を選択
  • 購入したい場合は「買い」・売りたい場合は「売り」を選択
  • 「数量」を入力

最後に「注文」をクリック(タッチ)します

成行注文の場合、

XRPを買う場合:売り注文のうち最安値のものから取引成立

XRPを売る場合:買い注文のうち最高値のものから取引成立

このようになります。

売買履歴の確認方法(キャンセル可否も解説)

売買履歴の確認はこちらから行います。

パソコン…

ビットバンク公式サイト → 右上の人型アイコンをクリックしてログイン → 左上で通貨ペアXRP/JPYを選択 → チャートすぐ下の「注文一覧」または「取引一覧」に表示

bitbank

スマホアプリ…

アプリ起動 → 画面中央上の「銘柄一覧」または表示中通貨ペアをタッチ → 「XRP/JPY」を選択 → 「履歴」をタッチ

bitbank

「注文履歴」に残っているものはキャンセル可能

履歴が2種類に分かれていますが、その違いは次の通りです。

注文履歴:約定(=成立)していない取引

取引履歴:約定した取引

指値注文に限り、(原則)注文は即時成立しません。成立するまで、「注文履歴」に残ります。注文履歴に残っている間は、キャンセル可能です。

最低~最大発注数

リップルの1注文あたりの売買数には、制限があります。

最低発注数量 0.0001 XRP
最大発注数量 100,000 XRP

売買手数料

2018年7月現在、キャンペーンにより売買手数料は「いずれも無料」です。キャンペーン期間は9月末までとなっています(延長または短縮の可能性あり)。

まだ口座開設していない人は、ぜひアカウント登録しましょう→リンク

リップルの出金手順

まずは仮想通貨・日本円の出金メニューへ移動します。

パソコン…

ビットバンク公式サイト → 右上の人型アイコン → 「出金」

bitbank

スマホアプリ…

アプリ起動 → 右上の三本線マークをタッチ → 「出金」

bitbank

出金先アドレス・数量を指定

ここからはパソコン・スマホ共通の手順となります。

まずはリップルの残高表示欄で「出金」を選びましょう。

bitbank

  • アドレスを選択

※初めて出金する場合は「アドレスを追加」から送金先を登録する

  • 引出数量

この2点を入力し「引出内容を確認」をクリックします。

この画面下にある「引出履歴」には、ビットバンクから出金した過去の履歴が表示されます。

「出金を審査中」とは?

ビットコイン・アルトコイン問わず、仮想通貨を出金する際は、一旦ビットバンク内で数分~数時間にわたって保留されます。

このとき、引出履歴に「審査中」と表示されます。

多額の出金を試みた際、不正出金の可能性についてビットバンクで調査するため、「審査中」ステータスの時間が延びる傾向にあります。

出金手数料

一旦XRPを売却して出金した場合を考慮して、日本円の出金手数料を紹介します。

リップル(XRP) 日本円
0.15 XRP

(およそ8円/2018年7月現在)

3万円未満:540円

3万円以上:756円

リップルが銀行間送金をコンセプトとする仮想通貨ということもあり、手数料の安さが際立ちます。

まとめ

bitbank(ビットバンク)は、リップル(Ripple/XRP)を保有するなら必ず口座開設しておきたい仮想通貨取引所です。

  • キャンペーン期間中につき取引手数料無料
  • 通貨ペアXRP/JPYの取引量世界一
  • 売買投資向けの「指値取引」が出来る

リップルに興味のある人・お得に購入したい人はアカウント登録しましょう。

 

bitbank(ビットバンク)の記事一覧

こちらではbitbank(ビットバンク)を使いこなすための情報を紹介しています。

記事がお役に立てたらいいねしてください♪

[email protected]で最新の投資情報や限定情報を配信します

\友だち追加してもユーザー名は表示されません/

友だち追加

【登録者急増中】ビットポイントに登録で3,000円GET

bitpoint

 

登録者急上昇中のBITPoint(ビットポイン)ならリップルやイーサリアムの取引手数料が無料です!面倒な税金の計算も自動で出力可能です。

 

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

bitbank

 

 

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事