人気スマホゲームの制作会社が、自社コンテンツへの課金にも使える「ASOBI COIN(アソビコイン)」のプレセールを行っています。

開始から3日目の現在、すでにプレセール販売分の66%に到達しています。

7/4~16日まで行われる予定だったASOBI COIN(アソビコイン)のプレセールSTAGE1は好評につき早期終了しました。次回プレセール開始は2018年7月27日15時00分に決定しました。

プレセール STAGE2
開始日(JST) 終了日(JST) 単価 最低購入額 ボーナス
7/27 15:00 7/29 14:59 24%+ 5% 10,000円 1ABX=1
7/29 15:00 7/31 14:59 24%+ 3%
7/31 15:00 8/02 14:59 24%

※売り切れ次第早期終了となります。

asobi

  • わかりやすく・リスク予想もしやすいプロジェクト内容
  • 日本人投資家も参加できる仕組み

これらが特徴のASOBI COIN(アソビコイン)ICOを、ゲーマーでない投資家にも分かりやすく解説します。

ASOBI COIN(アソビコイン)ICOの概要

ASOBI COINは「デジタルコンテンツ保護・流通プラットフォーム」内で使用される仮想通貨です。

ここで言うデジタルコンテンツとは

  • ゲーム内アイテム(武器や防具・回復薬など)
  • 電子書籍(漫画・ライトノベル)
  • 音楽

これらを指します。

ASOBI COIN(アソビコイン)では売れなかったものが売れる

誰にでも、こんなことはないでしょうか。

  • マンガ・音楽を有料でダウンロードした
  • ゲームをやりこんで、沢山レアアイテムをゲットした

デジタルコンテンツに飽きてしまった・何らかの理由で処分の必要に迫られたときが問題です。紙の本・ディスク版のゲームなら中古品市場で売却できますが、電子データには現状リサイクル方法がありません。

ここで、ASOBI COIN(アソビコイン)プロジェクトが実現を目指している「ASOBI MARKET」の紹介動画を見てみましょう。

 

場合によっては、スマホ・PCのハードディスク容量を圧迫するだけの「不要な電子データ」について、ASOBI COINを媒介とした個人間取引(P2P)が出来るようになります。

漫画コレクターやゲーマーといった「オタク」層だけではなく、現代社会全体のニーズを満たしてくれるとも評せます。

デジタルコンテンツの“中古需要”

ホワイトペーパーでは、デジタルコンテンツを2種類に大別しています。

一次デジタルコンテンツ

ゲームメーカーや出版社などから、一般ユーザーが定価で購入するコンテンツ

二次デジタルコンテンツ

中古市場または一般ユーザー間で売買されるコンテンツ

asobi

「新品」つまり一次コンテンツの時点で、国家予算にも匹敵する約8.5兆円の規模です。その15%(約1兆円)が、「中古市場」つまり二次コンテンツの市場規模と予測されています。

限定販売品などのプレミア中古品市場を考えると、予測を大きく上回る規模に達する可能性もあります。

「アソビモ株式会社」とは

アソビモ株式会社は、ガラケーコンテンツ全盛期だった2003年創業の会社です。

MMORPG(多人数参加型RPG/ネットゲームの代表ジャンル)を中心に制作・運営しています。

代表的なゲーム

アヴァベルオンライン(iOS/Android

…ダウンロード数5,000万・200億円以上の売上実績を持つ、美麗グラフィックMMORPG。

 

イルーナ戦記Online(iOS/Android

…2008年から続く長寿RPG。現在も360万人以上のプレイヤーがいます。

asobi

アソビモ株式会社公式HP

スクウェア・エニックスの人気タイトル「Fantasy Earth(ファンタジーアース)」のスマホ版を共同開発した実績もあります。

Youtubeチャンネルでも、ゲームイベントや攻略法の配信を積極的に行っています。

ASOBI COINプロジェクトのコアメンバーである、アソビモ株式会社の役員を紹介します。

近藤 克紀 神戸大学卒業の起業家・実業家。

SNK株式会社・ポリゴンマジック株式会社を経てアソビモ株式会社を創業。

生原 優介 ソフトバンクにて国際営業部門の立ち上げに従事。

2013年からアソビモで事業開発を担当

大下 秀実 エレクトロニクス関連グループ企業・モバイル事業に従事し、およそ15年間モバイル関連企業を経営。

ゲームパブリッシャーの取締役を歴任

羅 鍾九 DeNA、KAKAO Groupの子会社を経営し、

2018年4月にアソビモに参加

技術チームには、ロシア・ドイツのメンバーが参加しています。

なかでも注目されているのが、次の人物です。

Benjamin Bilski(べンジャミン=ビルスキー)氏

NAGA Coin(ナガコイン/NGC)開発の中心メンバーであり。同社もASOBI COINプロジェクトに協賛。

ナガコインは「ビットコインの神様」ロジャー=バー氏が顧問を務めており、2018年初めに高騰しています。

他にも

  • 仮想通貨界のインフルエンサー・イケダハヤト氏
  • ワイモバイル創業者・千本倖生氏

のアドバイスを得て操業しています。

ASOBI MARKETは権利者にもメリットあり

「ASOBI MARKET」は電子データの個人間取引市場となることを述べました。ここで、市場の仕組みを紹介します。

asobi

チケットショップや中古商品販売店のように機能しますが、店舗による買取査定はありません。ここでは

  • ライブのチケット
  • 映画のチケット
  • 有料動画の視聴権
  • 音楽
  • マンガや小説
  • ゲーム本体データ・ゲーム内アイテム

これらの権利をユーザー同士が直接取引できます。これに使われる仮想通貨がASOBI COIN(アソビコイン)です。すでに用途が明確であること・需要が見込めることはメリットです。

ここで持ち上がるのが、中古品市場ならではの問題です。

「取引される物品の元々の権利者(制作会社や著者)に利益が入らない」

「無断転載や権利侵害のリスクがある」

と指摘できますが、これには解決策があります。

スマートコントラクトで版権元の収益&権利も保証

プロジェクトの革新的な構想は、パブリッシャー(=版権元、つまりゲーム制作会社や本の著者)に対して還元があることです。

asobi

これまでの中古市場だと

  1. 発売からの時間経過に伴い、中古市場に大量に商品が出回る
  2. 加速度的にパブリッシャ―の収益が減る…中古品取引による権利収入は限りなくゼロなのに、出回る商品数は増える一方
  3. 新作のための資金が準備出来ない

という問題がありました。ASOBI COINに解決できることは、他にもあります。

RMT(リアルマネートレード)の健全化

ゲーム内データを個人間取引できる場は、実はすでに存在します。それはRMT(リアルマネー・トレード)と俗に呼ばれています。

セーブデータやレアアイテムを法定通貨(フィアット)で取引することの問題点は、

  • プレイヤー間の不平等(お金で強さが買えてしまうため)
  • マネーロンダリング等の犯罪の温床となってしまう

    これらが挙げられます。

    asobi

    ASOBI MARKETには、ゲームアイテム取引に特化したプラットフォームもあります。ここにはICO実施元のアソビモ株式会社だけでなく、他のゲームメーカーも参加できます。

    こうすることでゲーム会社が直接RMTに関与でき、

    • プレイヤー間の不平等をなくす
    • 犯罪組織を排除できる

    といった健全化が期待できます。

    ASOBI COINの価値が上昇するシステム

    デジタルデータのリサイクルに役立つASOBI COINですが、ホルダーを増やして流動性を守る仕組みはどのようになっているのでしょうか。

    市場が活性化する仕組みは、3つ用意されています。

    仕組み①ゲームへの課金に使える

    アソビモ株式会社が運営するオンラインゲーム4タイトルでASOBI COINが使えるだけでなく、AppStore・Google Playストアの半額で遊べるように設定されます。

    asobi

    他社ゲームでも使えるようになるのがポイントです。

    スクエニから再びビッグタイトルがリリースされれば、さらにASOBI COIN需要が急上昇する可能性があります。

    これだけでなく、開発中タイトルも対応予定です。

    asobi

    社会現象にもなったNintendo Switch・PlayStation4、一時仮想通貨決済に対応していたSteamでも発売予定です。

    これらコンシューマー機(家庭用のゲーム専用機)でもASOBI COINによる課金に対応すると、トークンホルダーの数は無限大に増えることが予測されます。

    仕組み②同人誌・個人製作ゲームの販売にも使える

    ASOBI COINは、権利収入の保証・海賊版防止のために、スマートコントラクトで権利の所在を明確にします。

    加えて、誰でも簡単に・個人レベルでプラットフォームに参加できます。

    asobi

    つまり、使用済みのゲーム・動画・音楽だけではなく

    • 同人ゲーム
    • コミックマーケット(コミケ)等で販売される同人誌

    これらの販売にも活用できます。

    オタクと呼ばれるサブカル系ユーザー・クリエイターを広く取り込める仕組みです。

    仕組み③「オンラインゲームのサーバーメンテナンスが不要になる」

    スマホ・PCや据え置き型ゲーム機問わず、一度でもゲームをプレイしたことのある人なら

    「メンテナンスでサーバーが落ちてプレイできない」

    という体験があるのではないでしょうか。

    従来のオンラインゲームでは、運営会社が用意するサーバーにプレイヤーがアクセスします。しかしこれでは、定期メンテナンスが必要なのはもちろん、ハッキングリスクもありました。

    asobi

    プレイヤーが使うスマホ・PC・各種ゲーム機にプレイデータを分散管理することで、「サーバー落ち」と呼ばれる不満要因を解消します。

    サーバー落ちやハッキング耐性がそのままゲームの評価に繋がる昨今、好評を得るための重要な仕組みです。口コミでプレイヤーが増えるほどプレイの安定性が増し、

    「今がプレイのチャンスだから課金しよう」

    という動機でASOBI COINを購入する人の数が増えると見込まれます。

    ASOBI COINの評価ポイントと上場予定

    ASOBI COINが将来有望である理由は次の通りです。

    • ヒット作を多数抱える老舗ゲームメーカーが実施していること
    • 権利収入の保護スキームが明確であること
    • ソシャゲ課金という高需要の使い道があること

      スマホゲーム、いわゆる「ソシャゲ」市場は年々拡大しており、2018年の調査によると国内ゲーム市場の7割を占めています。

      参考:アキバ総研

      asobi

      プレイヤー1人の平均年間課金額は約2万円、界隈で「重課金兵」と呼ばれている人は50~100万円に及びます。

      事業コンセプトの中心である「電子データのリサイクル」はもとより、ゲーム関連の取引で大きくシェアを伸ばすことが考えられます。

      ゲームイベントでエアドロップも実施

      アソビモ株式会社はゲーム対戦イベントも実施しており、ここでは賞金としてASOBI COINを配布する予定です。

      このように、プレイヤーのASOBI COINへの関心を積極的にひいています。定期的に実施するゲーム内キャンペーンでも配布、つまりプレイヤーに向けたエアドロップがあります。

      ASOBI COIN(アソビコイン)の疑問点

      ここで持ち上がるのが、

      • 日本国内でICOを実施することに問題はないのか
      • 仮想通貨取引所に上場するのか

      これらの疑問です。

      法律問題を回避するため予定未発表

      ASOBI COINは「ゲームの課金アイテム」という扱いになっています。現時点ですでに、アソビモ提供のゲーム内で有料アイテムとの交換に使えます。

      asobi

      こうすることで、ICO規制を回避しています。

      取引所への上場が発表されていないのも、これが理由と考えられます。しかし、中国・台湾の企業と提携していることを鑑みると、海外取引所で上場する可能性は十分にあります。

      ASOBI COINのロードマップ

      asobi

       

      2018年
      • ゲーム内アイテムの流通プラットフォームSwitex Japanのサービス開始
      • ASOBI MARKET内でASOBI COINや他の仮想通貨を、ゲームで利用可能にする
      2019年
      • 分散型セキュリティシステムのサービス提供
      • 電子書籍/音楽/映画/各種チケットの流通プラットフォーム提供開始
      2021年 分散型サーバーを利用したゲーム「DApps-MMORPG」の提供開始

      ASOBI COINの詳細・トークンの概要

      ASOBI COINの基本スペックは以下の通りです。

      単位 ABX
      規格 ERC20
      発行上限 30億ABX
      価格 1ABX=0.5USD
      購入可能通貨 ビットコイン(BTC)

      イーサリアム(ETH)

      ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)

      USD(ドル口座から銀行振込)

      最低購入価格 100USD
      ハードキャップ(USD) 5,000万USD
      ソフトキャップ(USD) 1億USD

      セール情報

      プレセール詳細 期間 ボーナス
      Presale 48H Special 7/4 15:00から48時間 30%
      Presale STAGE1 7/6 15:00~7/16 14:59
      (好評につき早期終了)
      25%
      Presale STAGE2 7/20 15:00~ 未定

      ※日本時間

      プレセール STAGE2
      開始日(JST) 終了日(JST) 単価 最低購入額 ボーナス
      7/27 15:00 7/29 14:59 24%+ 5% 10,000円 1ABX=1
      7/29 15:00 7/31 14:59 24%+ 3%
      7/31 15:00 8/02 14:59 24%

      ※売り切れ次第早期終了となります。

      ASOBI COINのICO参加方法

      まずは公式サイトにアクセスし、トップページからアカウント登録が必要です。「サインアップ/プレセール購入」をクリックしてください。

      asobi

      次に

      • メールアドレス
      • 任意のパスワード
      • コード

        を入力します。

        asobi

        同意事項5点がでてくるのでチェックの上、登録しましょう。

        asobi

        この画面が出てきたら、届いたメールから「Eメール確認」をクリックしましょう。

        ASOBI COINの購入方法

        ログイン後、購入方法を選びます。

        asobi

        「購入コイン数」を入力しましょう。必要なBTC/ETH/BCH枚数と、ボーナスが表示されています。

        「支払先アドレスを確認してください」から送金先を確認し、指定の枚数を送りましょう。

        ASOBI COIN(アソビコイン)ICOまとめ

        ASOBI COINのICOは「電子書籍やゲームデータのリサイクル事業」という、現代社会で広く需要のあるコンセプトが特徴です。

        しかし、もっとホワイトペーパーを読み込むと、ソシャゲユーザーを強く意識していることが分かります。

        • ASOBI COINの使い道が明確
        • ゲームプレイヤーの課金意欲を刺激して、流動性を高める分かりやすい仕組み

        これらから、今もっとも有望なICOだと言えます。

        記事がお役に立てたらいいねしてください♪

        [email protected]でエアドロップ情報や限定情報を流します

        \友だち追加してもユーザー名は表示されません/

        友だち追加

        リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

        日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

        記事がお役に立てたら
        いいねしてください!

        エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

        おすすめの記事