bitbank(ビットバンク)は

  • 高度な投資テクニックが使える
  • リップル(Ripple/XRP)をはじめとした活発なアルトコイン取引

が特色です。

しかし、いざ登録してみると、初心者なら画面の複雑さに戸惑うのではないでしょうか。

ここでは、

  • 仮想通貨と日本円の入金・出金方法
  • 仮想通貨の購入方法

この2点を徹底解説します。

bitbank(ビットバンク)に登録する

まずはビットバンクに登録する必要があります。この時注意したいのは、ビットバンクには2つの取引所が存在することです。

  • bitbank.cc:ビットコインとアルトコインの現物取引
  • bitbankTrade(ビットバンクトレード):ビットコインのFX&先物取引

各国銀行と提携を進めているリップル(Ripple/XRP)を購入するなら、bitbank.ccに登録しましょう。

登録方法はこちらで詳しく解説しています。

bitbank(ビットバンク)への入金方法

ビットバンクで取引するには、日本円もしくはビットコインの入金が必要です。特に

  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(Litecoin/LTC)

この2種類の仮想通貨の購入は、ビットコインのみ対応しています。

日本円の入金

日本円の入金方法は「銀行振込」のみです。即時反映されるクイック入金・コンビニからの入金には対応していません。

日本円入金のポイントを最初にまとめると、

  • 銀行口座の登録は不要
    • 「振込依頼人名義」に所定内容の記述が必要

    この2点です。順を追って解説します。

    手順1:振込先の確認方法

    bitbank.ccにアクセスし、ログインしましょう。ページ右上の隅にある人型マークのアイコンをクリックすると、メニューが表示されます。

    ここで「入金」をクリックします。

    bitbank

    ビットバンク内の日本円・仮想通貨の各残高が確認できます。一番上の日本円の項目で「入金」をクリックしましょう。

    bitbank

    この先で振込先の口座情報を確認することができます。

    注意事項を含めて、次のステップで解説します。

    手順2:振込先口座・入金番号を確認する(注意事項あり)

    前項で「入金」をクリックした先では、ページ下に銀行・口座種別などが表示されています。

    ※アカウントごとに異なる可能性があるため、必ずご自身の入金ページで確認しましょう。

    bitbank

    各金融機関から振り込む際、必ず

    • 入金番号
      • 氏名(カタカナ)

      上記2点を「振込依頼人名義」項目に記述しましょう。これを忘れると入金が反映されません。入金番号は、振込の都度確認してください。

      仮想通貨の入金(ビットコインで解説)

      各ウォレット・他取引所から仮想通貨を送金(ビットバンクへ入金)するため、アドレスを確認しましょう。

      日本円の入金と同様の手順で進み、こんどはビットコインの「入金」メニューを開きます。

      bitbank

      日本円のすぐ下にビットコインの残高が表示されているので、「入金」をクリックします。

      ウォレットアドレス(QRコード)が表示されるので、送金元のウォレット・取引所アプリ等で読み込みましょう。

      画面下に「預入履歴」が表示されます。

      手続をしてもなかなか入金が反映されないときは?

      送金元で「トランザクションID」を確認し、ビットコインの場合は以下のサイトで検索してみましょう。

      BLOCKCHAIN.com

      bitbank

      仮想通貨の購入方法

      ビットバンクは「販売所」に対応していません。ビットコイン・アルトコインともに、全て「取引所(板取引)」で売買します。

      取引所(板取引) 販売所
      特徴 投資家同士が「直接」売買取引をする 販売所(=仮想通貨取引所の運営企業)と仮想通貨の売買を行う
      仮想通貨の購入方法 オーダーブックに出ている売り注文のなかから、希望条件に合うものを選んで買う 買いたい枚数を決めて、販売所の提示する価格で購入する

      初心者トレーダーがビットバンクで仮想通貨を買う場合、

      • オーダーブックの見方
      • 2つの注文方法(成行・指値)

      これらを最初に押さえる必要があります。

      オーダーブックの見方

      「オーダーブック」がどれにあたるのか見てみましょう。

      bitbank

      ここに表示されているのは、全て「いま出ている売り・買いの注文」です。上半分が売り注文一覧、下半分が買い注文一覧です。

      取引が成立した注文は消えるため、実際に見ると流れているように見えます。

      bitbank

      売り注文・買い注文共に、上から「高価→安価」の順で並んでいます。この後説明する2種類の購入方法いずれにおいても、売り注文のうち一番安いもの(もっとも下にあるもの)を優先的に購入することになります。

      2種類の購入方法の解説

      ビットバンクで仮想通貨を購入するときの前提は

      「他の投資家が提示している売り注文情報のなかから、自分の希望条件(価格/枚数)に合うものを選ぶ」

      ということです。

      希望条件の決め方には、指値・成行の2種類が存在します。

      指値注文(おすすめ) 成行注文
      買い注文の際に決める事 購入したい仮想通貨の

      「価格」

      購入したい仮想通貨の

      「枚数」

      メリット より安く買える (原則として)すぐに欲しい枚数が買える
      デメリット 指定した価格以下の売り注文が出るまで、購入できない 想定を超える高い価格で購入してしまう可能性がある

      最も多く利用するのが「指値」注文です。次に、それぞれ購入手順を紹介します。

      指値注文の手順(おすすめ)

      ビットバンクでチャート画面を開くと、左側に注文メニューが表示されています。メニュー上に「指値」「成行」と表示されているので、「指値」をクリックします。

      bitbank

      「指値」タブの下が「買い」になっていることを確認しましょう。

      ここで入力するのは

      • 価格
      • 数量

      この2点です。手入力することも出来ますが、オーダーブックに表示されている注文をクリックすると自動入力されます。

      「予想」欄には、約定(=取引が成立して購入完了すること)時の予想額が自動的に表示されます。あとは注文をクリックすれば完了です。

      指定する価格は、相場を下回っていても構いません。その場合、指定価格以下の売り注文が出るまで、約定せずに下の画面に出てきます。

      ここに指値注文の履歴が残っていれば、キャンセルすることが出来ます。

      成行注文の手順

      前項の注文メニューで、「成行」タブを開きましょう。ここで指定する項目は次の通りです。

      ここでは成行タブを開きます。すると次のようなメニューが表示されます。

      入力するのは数量だけです。「予想」欄に価格が自動入力され、あとは注文をクリックするだけです。

      成行注文の場合、指値とは異なりすぐに約定(購入完了)します。このとき、オーダーブックに載っている売り注文のうち、安い順に希望数量に達するまで自動購入されます。

      仮想通貨の出金(送金)方法

      ビットバンクから各種ウォレット・他取引所に仮想通貨を送る(出金)する方法を解説します。

      出金(送金)の際は、ビットバンク指定の手数料がかかります。

      手数料一覧
      ビットコイン(BTC) 0.001BTC
      イーサリアム(ETH) 0.005 ETH
      ビットコインキャッシュ

      (Bitcoin Cash/BCC)

      0.001 BCC※
      ライトコイン(Litecoin/LTC) 0.001 LTC
      リップル(Ripple/XRP) 0.15 XRP
      モナコイン(Monacoin/MONA) 0.001 MONA

      ※ビットコインキャッシュはビットバンクでは「BCC」と表記されています。

      日本円の出金方法

      日本円出金の際の手数料は、以下の通りです。

      • 3万円未満:540円
      • 3万円以上:756円

      ※すべての金融機関で同額です。振込手数料はビットバンク負担

      最初に銀行口座の登録を行います。

      銀行口座の登録方法

      入金と同様に出金メニューまで進み、日本円残高の項目で「出金」をクリックします。

      bitbank

      口座登録があれば、プルダウンから選択できます。今回は初めて出金するので、「銀行口座の登録」から進みます。

      • 金融機関名
      • 支店名
      • 口座番号

      これらを入力して登録します。

      ゆうちょ銀行を指定する場合の注意

      ゆうちょ銀行を登録する場合、支店名・口座番号の入力に注意しましょう。

      キャッシュカードや通帳に記載されていないことが多いため、ゆうちょ銀行公式ウェブから調べてください。

      支店名:漢数字で入力します。0(ゼロ)の場合は”O”(アルファベット大文字の「オー」)と入力します。

      bitbank

      続いて口座番号の入力です。人によってケタ数が異なるため、以下のルールで入力します。

      • 口座番号が6ケタ以下:先頭にゼロを足す
      • 口座番号が8ケタ:最後の一文字を抜いて入力

      スマホアプリ(iOS/Android)もあり

      2018年4月、ビットバンクのスマホアプリがリリースされました。

      日本円や仮想通貨の入出金・売買取引に完全対応しています。

      bitbank

      スマホアプリの登録方法はコチラで詳しく解説しています。

      まとめ

      ビットバンクでは、BTCはもちろんアルトコインも指値注文できるのがメリットです。

      オーダーブックの基本的な見方をマスターする
      1. 上半分が売り注文・下半分が買い注文
      2. 注文は上から高値→安値の順で並んでいる
        イーサリアム・ライトコインは日本円で購入できない

        ビットバンクで購入したい場合、BTCを入金しておくこと

        この2つのポイントを押さえましょう。

        bitbank(ビットバンク)は国内仮想通貨取引所の中でも手数料が安い取引所です。投資家なら手数料が安い取引所でトレードすることは基本ですので早めに使い方を覚えておくといいでしょう。

         

        bitbank(ビットバンク)の記事一覧

        こちらではbitbank(ビットバンク)を使いこなすための情報を紹介しています。

        記事がお役に立てたらいいねしてください♪

        [email protected]でエアドロップ情報や限定情報を流します

        友だち追加

        リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

        日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

        記事がお役に立てたら
        いいねしてください!

        エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

        おすすめの記事