国内には現在、様々な仮想通貨取引所があります。

どの取引所を選んでも、ビットコインなどの仮想通貨の売買ができます。ただし、取引所によってそれぞれ一長一短があります。

ビットフライヤー(bitFlyer)は国内でもっとも人気のある仮想通貨取引所です。メリットも多く、利用するにあたって様々な利点を享受できます。ただ、デメリットが存在しないわけではありません。

今回はビットフライヤーのメリットとデメリットをそれぞれ解説します。

ビットフライヤー(bitFlayer)とは

ビットフライヤー(bitFlyer)は金融庁より認可を受けている国内の仮想通貨取引所です。

取扱通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LISK)

7種類の主要仮想通貨を取り扱っています。

その他にもビットコインFXやビットコインの先物取引といったトレード方法もできる取引所で、ビットコインの取引量が国内ではトップクラスの人気取引所でもあります。

2014年1月に設立された取引所で、SMBCやMIZUHO、三菱UFJ、リクルートなどの大企業より出資を受けている企業です。

口座を開設するだけならば無料で行えます。開設後の維持費なども無料となります。

スマホ専用のアプリをインストールすれば、パソコンが無くても入金から仮想通貨の売買、さらには送金などが行えます。

将来的にはスマホでビットコインFXができるアプリも開発する予定とのことです。

ビットフライヤー(bitFlayer)のメリット

ビットフライヤーのメリットは6つあります。

  • 会社の信頼性
  • 流動性の高さ
  • ビットコインFXができる
  • ビットコインが無料でもらえる
  • 取引ツールの使いやすさ
  • 取扱通貨の豊富さ

会社の信頼性

第一のメリットは会社の信頼性が高いことです。

ビットフライヤーは確かに最近できたばかりの企業のため、その企業名を聞いたことがある人は少ないでしょう。

ただ出資元の企業は誰でも知っているような大企業ばかりです。国内の大手企業が出資しているビットフライヤーはそれだけでも安心感があります。

それに加え、ビットフライヤーの資本金は41億238万円と巨額です。資本金が高ければ高いほど破綻のリスクが低くなりますので、安心して利用できます。

セキュリティ対策も万全

セキュリティに関しても、コールドウォレットやマルチシグなど、万全のセキュリティ体制を敷いています。

このように、仮想通貨の取引をするにあたって、ビットフライヤーは安全性が非常に高く、信頼して利用できる取引所です。

流動性が高い

ビットフライヤーの2つ目のメリットは、流動性の高さです。

ビットフライヤーを利用すると、板取引でビットコインの売買ができます。このビットコインの取引量がビットフライヤーは国内では最大規模となります。

そのため、ビットフライヤーの板は常に厚くなりやすく、スプレッドが狭くなりやすいです。

スプレッドが狭いと、買値と売値の差が縮小されますので、常に有利な条件でビットコインの売買ができるようになります。

しかし流動性が高いビットフライヤーならば約定拒否になる心配がありません。そればかりか、注文を出せば通りやすく、約定率も安定しています。

板取引のデメリットといえば、約定率の悪さです。利用者が少なく、板が薄い取引所を利用すると、注文してもなかなか約定できないばかりか、場合によっては約定拒否になることもあります。

ビットコインFXができる

ビットフライヤーの3つ目のメリットは、ビットコインFXができる点です。

ビットフライヤーのビットコインFXの最大レバレッジは15倍となかなか高めの水準です。ビットフライヤーを利用すれば、いつでもハイリスクハイリターンな取引ができます。

リスクが嫌ならば、レバレッジを調整することでいつでもローリスクな取引に切り替えることも可能です。ビットフライヤーは15倍以外にも1倍、2倍、3倍、5倍、10倍など複数のレバレッジを用意しています。

ビットコインFXは現物取引と違って手数料が無料になります。ビットフライヤーは、ビットコインFXに限定すれば、国内で最もコストが低い取引所なのです。

ビットコインが無料でもらえる

ビットフライヤーの4つ目のメリットは、無料でビットコインを得る手段があることです。

ビットフライヤーの「ビットコインをもらう」のサービスを利用すると、ショッピングをしたり、サービスを利用するだけで、ビットコインをもらうことができます。

bitflayer

例えば、現在ならば、ビットフライヤーの「ビットコインをもらう」のサービスを介して「じぶん銀行」の口座を開設すると、1500円分のビットコインがもらえます。

このように、ビットフライヤーは無料でビットコインを入手できるサービスが豊富にあります。そのため、やり方次第では、お金を全くかけずに仮想通貨への投資を始められます。

取引ツールの使いやすさ

ビットフライヤーの5つ目のメリットは、取引ツールの使いやすさです。

特に、ビットフライヤーの「bitFlyerLightning」のチャートツールは非常に使いやすく、テクニカル分析をするにあたって重用したいツールです。

ビットフライヤーのbitFlyerLightningを使用すると、様々なテクニカル指標を使用することができます。そればかりか、複数の指標を同時にチャート上に表示させることが可能です。

そのため、「ボリンジャーバンド」「一目均衡表」を組み合わせることで、チャート上に「スーパーボリンジャー」を表示させることもできます。

bitflayer

このように、ビットフライヤーのチャートツールはカスタマイズ性に優れているため、テクニカル分析をしたい投資家にとって都合の良い環境が揃っています。

ビットフライヤーは他にも、APIを使用することでFXの自動売買ができるなど、システムトレードがしやすい環境が用意されています。

このように、ビットフライヤーは裁量トレードからシステムトレードまで、様々な取引に対応できるだけの取引ツールが充実しています。

取扱通貨の豊富さ

ビットフライヤーの6つ目のメリットは、取扱っているアルトコインの豊富さです。

ビットフライヤーが取り扱っている仮想通貨の種類は、取引所全体で比較すると多い方です。

国内でリスク(LISK)を取り扱っている取引所というと、ビットフライヤーぐらいでしょう。(2018年6月22日時点)

このように多様なアルトコインを扱っているビットフライヤーを利用すれば、ビットコインだけでなく、他にも様々な仮想通貨に投資をすることができます。

ビットフライヤーは現物取引をしたいという方から、FXでトレードをしたいという方まで、様々な投資家にとって相性の良い取引所なのです。

ビットフライヤー(bitFlayer)のデメリット

ビットフライヤーのデメリットはサーバーが不安定なことです。

ビットフライヤーはユーザー数が多い人気取引所ということもあってか、アクセスが集中しやすく、時と場合によってはサーバーが不安定になって取引し難くなるというデメリットを抱えています。

現在はサーバーの環境が改善されているため、取引できないほどサーバーが不安定になることは滅多にないです。ただ、それでもたまにサーバーが不安定になり、注文ができなくなるという事態がたまに発生します。

万が一サーバーが不安定になり、取引が難しくなったら、一旦取引を中断しましょう。ビットフライヤーのサーバーは、だいたい1時間も様子見をすれば復旧し、元の安定したサーバーに戻ることが多いです。

デメリットにさえ注意すれば、ビットフライヤーはメリットの多い魅力的な取引所です。

ビットフライヤー(bitFlayer)の評判と口コミ

ビットフライヤーを実際に利用しているユーザーは、ビットフライヤーをどのように評価しているのでしょう?

こちらではTwitterより、ビットフライヤーの評価を抜粋しています。

ビットフライヤーは人気のある取引所ということもあってか、やはりトラブルやデメリットが発生すると批判的な評価が多く噴出します。特にサーバーに関する不満が多いようです。

ただ、最近はサーバーの環境を改善しているということもあってか、以前よりも良くなっているという評価もあります。

約定率に関して不満を抱えているユーザーもいますが、これは板取引をしている以上、ある程度の約定率の悪さは仕方がないものでしょう。

ビットフライヤーに対する不満というと、

  1. サーバーの不安定さ
  2. 板取引ならではの約定の遅さ

上記の2つに集約される傾向があります。

まとめ

ビットフライヤーは、板取引ができる取引所の中では、流動性がもっとも高い取引所ということもあってか、国内では最も使いやすい取引所となります。

特にスプレッドの狭さに関しては業界では最狭水準となるでしょう。FXにいたっては手数料も無料になるので、どこよりも低コストなビットコインFXができる取引環境がビットフライヤーにはあります。

ただ、サーバーの不安定さに対して不満を持っているユーザーが多く、この点はビットフライヤーの唯一の欠点と言えるでしょう。

流動性が高く、スプレッドが狭いビットフライヤーは総合的に評価すると、国内で板取引をするならば最もオススメできる取引所となります。

記事がお役に立てたらいいねしてください♪

[email protected]でエアドロップ情報や限定情報を流します

\友だち追加してもユーザー名は表示されません/

友だち追加

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事