coinexchange

CoinExchange(コインエクスチェンジ)は草コイン(単価の安い銘柄)の取引をしている人におすすめの取引所です。ちなみに同じ読み方をする日本のQUOINEXとは無関係です。

本拠地や運営会社などの詳細は明らかになってはいませんが、取り扱いコインが600種類とトップクラスに多くICO直後の銘柄がすぐに上場することから高い人気を誇っています。

この記事ではCoinExchange(コインエクスチェンジ)への登録方法について、画像つきで説明していきます。

チェック暗号資産(仮想通貨)取引所おすすめランキング【2018年最新版】国内と海外取引所まとめてご紹介

登録・口座開設に必要なもの

CoinExchange(コインエクスチェンジ)に登録するために必要なものは以下の通りです。

メールアドレス

アカウント登録したり、問い合わせするためにメールアドレスが不可欠です。

スマホからでも登録することもできますが、海外のIPアドレスから送られてくるのでキャリアやプロパイダメールを利用するとちゃんと届かない場合があるようです。

スマホ

二段階認証を設定してセキュリティを高めるために、スマホと二段階認証アプリが必要です。

CoinExchange(コインエクスチェンジ)は身分証を用いた本人確認をしないので、かならず設定しておきましょう。

ウォレット / 暗号資産(仮想通貨)

CoinExchangeは海外の取引所のため、日本円の入出金に対応しておりません。そのため取引をするためには暗号資産(仮想通貨)と、ウォレットが必要になります。

ウォレットを利用していない場合は取引所のアカウントを利用することもできますが、ハッキングが起こった場合などを考慮して事前にウォレットを用意しておくといいでしょう。

登録・口座開設手順

CoinExchangeの公式サイトへアクセスします。

CoinExchange

「Register now」という緑のボタンをクリックして、登録ページへ移動します。以前は英語表示のみでしたが、現在は部分的に日本語表示に対応しているようです。

とはいえページによっては英語表示しかされないので、読みにくかったらGoogle chromeからアクセスして日本語翻訳すると見やすくなります。

CoinExchange

このように、メールアドレスなどを登録する記入欄に切り替わるのでアドレス・ユーザー名・パスワードを記入して登録ボタンをクリックします。

先ほどのフォームで記入したアドレス宛に、コインエクスチェンジからメールが来ているので本文中のURLをクリックするかブラウザにペーストしましょう。

CoinExchange

もしもしばらく待ってもメールが届かなかったら、迷惑メールフォルダを確認するか記入したアドレスに不備がないか確認してください。

メール確認が終わったら、アカウント登録の最初のステップは完了です。設定ページから暗号資産(仮想通貨)の入金メニューが選べるので、まずはアカウントの設定をすませましょう。

CoinExchange

2段階認証の設定

2段階認証は一定時間ごとに切り替わる認証コードを、IDとパスワードの他に認証に用いる確認方法です。時間によって文字列が変わるので、ハッキングや不正アクセスに強いとされています。

ネットバンキングを利用している人は、専用の端末に表示されるワンタイムパスワードを入力することがあると思いますが、ほぼ同じ仕組みです。

コインエクスチェンジでは「Account Settings & Security」をクリックしたら、セキュリティ設定に自動で切り替わるのでManage Google Authenticator(認証システムを管理する)というボタンをクリックします。

CoinExchange

画像内の真ん中の白いボタンを選択すると、このようにQRコードと秘密鍵が表示されます。

CoinExchange

アプリを起動して、QRコードを読み取るとアプリ上に6桁の数字が表示されるので入力欄へ記入します。QRコードの下に表示されている秘密鍵は、コピーしてテキストファイルでオフライン環境で保存しておきましょう。

CoinExchange

入力して設定し、「二段階認証を有効にしました!」というページに切り替わったら設定完了です。

2段階認証に必要なアプリ

二段階認証を設定するためには、専用のアプリが必要です。普通のQRコードを読み取れるアプリを利用しても表示されません。APPストアやGoogle playで二段階認証と検索すると、設定できるアプリが表示されます。

コインエクスチェンジでは、他の取引所と同様にGoogleの認証アプリを採用しているようです。Googleのアプリは同じQRコードをまとめて読み取れば、複数の端末で同時利用することもできるので使い勝手がいいです。

Android・・・Google 認証システム 【ダウンロード】
iOS・・・Google Authenticator 【ダウンロード】

その他の登録・設定

パスワードの変更

ログインパスワードを変更したい、もっとセキュリティ強度が高いものにしたいという場合はトップページから「Seting(設定)」ページへ移動して手続きをしましょう。

CoinExchange

設定メニューの「Change password(パスワード変更)」ボタンをクリックします。

CoinExchange

するとこのように記入フォームが表示されるので、今のパスワードと新しいものを入力して変更しましょう。

CoinExchange

内容に間違いがなければ「パスワードの変更」を選択して変更を完了させましょう。もしもパスワードを失念してログインできなくなったら、トップページのsupportメニューを利用してください。

入金の方法

取引を行う前に、アカウントへ入金をしておきましょう。トップメニューの「Balances」をクリックします。

CoinExchange

すると、下図のとおりコインエクスチェンジで取り扱っている銘柄一覧が表示されるので、入金したい銘柄の「Action(動作)」メニューから、deposit(入金)を選択しましょう。

CoinExchange

この記事内ではビットコインを例にして説明します。ちなみに、草コインを利用している人の中では小額ずつ購入できるDOGECOINが人気だそうです。

CoinExchange

入金メニューをクリックすると、このようにウォレットアドレスとQRコードが表示されるのでアドレスをコピーして取引所やウォレットから任意の数量を送金しましょう。

出金の方法

コインエクスチェンジから出金したい場合は、通貨一覧から銘柄を選び「Withdraw(出金)」を選択してください。

CoinExchange

下のようなページに切り替わるので、送金したいコインの量とアドレス・パスワード・二段階認証コードを入力して申請をしましょう。

CoinExchange

このとき、数量に間違いがないか・送金手数料の金額を確認してから申請してくださいね。コインエクスチェンジは出金先のアドレスを登録できないので、その都度コピペする必要があります。

アカウントロック

他の取引所ではあまり見受けられない機能として、アカウントロックすることができます。一定期間取引をしない場合や、不正アクセスなど予期せぬトラブルが起こった場合に簡単なステップで設定できます。

CoinExchange

アカウント設定ページの一番下の「Lock Account」をクリックすると、下のような注意画面が表示されます。

注意書きには「下のボタンを1度クリックするとアカウントがロックされ、サポートセンターにメールで問い合わせるまで使用再開はできません。」と記載されています。

CoinExchange

急ぎのときにはすぐに設定できるのが便利ですが、誤って設定してしまうことも考えられるので設定ページを表示するときは気をつけてくださいね。

まとめ

この記事ではCoinExchange(コインエクスチェンジ)への登録方法をステップごとに解説いたしました。本人確認が必要ないので、10分もあれば登録から取引開始まで設定できるのが便利です。

取り扱い銘柄が多いだけあってここでしか買えないコインもたくさんあるので、おすすめの取引所のひとつです。

人気草コイン投資とは?将来有望な草コインの選び方とおすすめ取引所

【登録者急増中】ビットポイントに登録で3,000円GET

bitpoint

 

登録者急上昇中のBITPoint(ビットポイン)ならリップルやイーサリアムの取引手数料が無料です!面倒な税金の計算も自動で出力可能です。

 

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

bitbank

 

 

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

おすすめの記事