Bitpoint

 

BITPoint(ビットポイント)で口座開設を行うと期間限定で3,000円分のビットコインがもらるキャンペーン実施中!

2018年4月にオープンしたばかりの仮想通貨取引所Fcoin(エフコイン)は、独自通貨「FTトークン(単位:FT)」を発行しています。

2018年6月現在、FTトークンホルダーに対して、Fcoin(エフコイン)が取引所として得た収益の分配が始まります。

まだ正式リリースではなくβ版でこの実力。今後のさらなる成長が楽しみですね。

ここでは記事の前半でFcoinのアカウント登録方法解説、記事の後半でFcoinの特徴やメリット・デメリット評判などを紹介します。

またFcoinと同様に配当系独自トークンを発行しているCoinpark(コインパーク)も注目されていますので興味のある方はチェックしてみてくださいね。

※1 Fcoinは現在β版のためスマホに最適化されておらず、スマホからの登録がし辛い状況です。
公式サイトを見てみるボタン押下後登録画面に遷移しますが画面を左側←にずらすと登録画面が現れます。
登録できない場合は、PCで当サイトを検索いただきPCでご登録ください。
ポイント
  • 仮想通貨取引所「Fcoin」の特徴
  • FTトークンのメリット
  • 登録方法~FTトークンの購入方法

Contents

Fcoin(エフコイン)の特徴とは

β版にもかかわらず他取引所を圧倒し取引高世界1位を達成

Fcoin(エフコイン)は2018年4月にオープン1ヶ月もかからず取引高世界1位になりました。しかも世界の大手取引所5社の合計1日取引高合計を上回りました。一時的なものとはいえ信じられない程の取引量です。

優れたマーケティングや各施策が素晴らしい結果を生んでいるのでしょう。

Fcoinは元Huobiの最高技術責任者が新しく作った取引所

中国の大手取引所であるHuobiの元CTO(最高技術責任者)Zhang JianがFCoin(エフコイン)を創設しました。1日7000億を超える取引高を問題なく処理できたのはHuobiで培った技術をFcoinに活かすことが出来ているからでしょう。

過去、世界の大手取引所Binanceですら、アクセス過多に陥った場合はサーバーがダウンして取引ができなくなっていました。それを考えると、β版にもかかわらず問題なく処理できたことは高く評価できます。

複数の強力なベンチャーキャピタルからの出資

Fcoin(エフコイン)はとても強力なVC(ベンチャーキャピタル)から出資を受けています。アメリカのDHVC (Danhua Capital)、8 Decimal Capitalや中国のNode Capitalなど国家を問わず数多くのベンチャーキャピタルが投資してます。

Fcoin VCベンチャーキャピタル

特に8Decimal CapitalはZilliqa、0x、kyberなどの有望なブロックチェーンプロジェクトに投資を行っており、総資産は3500万ドル以上を保有しております。

これらのベンチャーキャピタルは本当に有望な投資先にしか出資しないことで有名です。私達より多くの情報を元に出資判断をしているはずなので、今後も皆を驚かせるようなキャンペーンやサービスを展開するかもしれません。

世界大手取引所のBitForexにも強力なVCが投資しています。また、取引所独自通貨のBFトークンも特徴があり話題になっています。
参考:
【仮想通貨】BitForex(ビットフォレックス)取引所登録と使い方、BFトークンを解説

取引所利益の10%を活用しFTを市場から買戻し

Fcoin取引所利益の10%を活用し、市場からFTを買戻します(バーン)。(正確にはFCandyアセットプールに配置)

バイナンスやHoubiなどと類似した仕組みが追加されたことで、さらなるFT価値の向上が見込めます。

毎日Fcoin取引所の収益を公開

Fcoin(エフコイン)では毎日の取引所収益を公開しています。公開している理由は取引所運営の透明性とFT保有者への取引所利益配当額を示すためです。

取引所の利益を毎日公開し通貨毎の配当を掲示している取引所は現時点ではFcoinだけです。

日々の利益額はこちらから確認できます。
>>https://www.fcoin.com/distribution.html

Total Revenuesが取引所の利益、Distributed Revenuesが取引所利益の内FT保有者に対する配当総額になります。

Fcoinの通貨上場廃止条件が明確

Fcoinでは取引所に上場されている通貨の上場廃止条件が明確に決められており、通貨運営者側・取引所ユーザーともに通貨が上場維持条件を満たしているかを確認することが出来ます。

通貨運営側は取引高が減少し上場廃止条件に近づくと、取引キャンペーンなどを実施して上場を維持する可能性もありますし、ユーザー側も廃止条件に近づいている通貨には手を出さないなどの取引ルール決めができそうです。

下記に通貨の上場廃止条件をまとめました。

Fcoinの通貨上場廃止条件

・プロジェクトチームが解散する、またはプロジェクト運営チームが積極的に上場廃止を要求する
・プロジェクトに重大な法的問題がある
・重大な技術的またはセキュリティ上の問題が時間内に解決されない
・1日の取引量は15日間連続して100,000米ドル未満
・情報漏洩の深刻な逸脱
・取引を継続する必要性を満たさないその他の項目

上場廃止を決定するプロジェクトの場合、FCoinは5日前に上場廃止告知を発行し、ユーザーは30日以内に資産を財布から取り除くことができます。

取引所独自通貨のFCoinToken(FT)がある

Fcoin(エフコイン)には取引所の独自通貨であるFcoinがあります。

FcoinToken保有者には大きく3つの権利があります。

  1. 取引所収入配当
  2. 意思決定権
  3. 選挙権/監督権

その中でも取引所収入配当は取引所利益の80%をFT保有者に配当する事になってます。

当初FTが30億枚新規発行されるまで配当報酬は100%でしたが、7/24現在、FT総発行数は約40億枚となり、配当報酬は80%に戻っています。
2018/7/19追記

Fcoinに新たな独自通貨「FCandy」が誕生しました。FCandyの詳細を解説してますのでご覧ください

仮想通貨 FCandy(エフキャンディ)とは?将来性や特徴、メリットを解説

※1 Fcoinは現在β版のためスマホに最適化されておらず、スマホからの登録がし辛い状況です。
公式サイトを見てみるボタン押下後登録画面に遷移しますが画面を左側←にずらすと登録画面が現れます。
登録できない場合は、PCで当サイトを検索いただきPCでご登録ください。

Fcoin内で保有されているデジタル資産のリスト化

ここはまだ詳細がわかりませんが、保有されている仮想通貨(顧客分も含む)の総計金額などをいつでもわかるように取引所に公開するのではないかと予想されます。

不正無く正しく取引所を運営しているか、セキュリティに問題がないかなどユーザーが確認することが出来るので透明性が高い取引所運営に繋がります。

2018/7/20追記
取引所利益の10%で毎日取引所通貨のFTトークンを買い戻し、FCandyプールに配置する仕組みが追加されました。
通貨バーンに近い対応と考えられます。参考:
仮想通貨 FCandy(エフキャンディ)とは?将来性や特徴、メリットを解説

FcoinTokenの詳細についてはこちらの記事で解説してます

Fcoin(エフコイン)の登録(口座開設)手順

それではFcoinの登録(口座開設~本人確認)方法を解説します。

必要なものは受信可能なメールアドレス(GmailまたはPCメール)のみとなっています。

FcoinはPC・スマホの両方に対応しているため、どちらから登録を始めても構いませんがスマホには最適化されていません。

登録できない場合はPCから登録してください。

手順1:登録(口座開設)までの方法

最初にFcoin公式サイトにアクセスします。

Fcoin

画像左上のSign upをクリックし、ログイン画面左下のアカウント作成へと進みます。

Fcoin

上から、

  • ユーザー名(好きな名前でOK)
  • ログイン用メールアドレス
  • 任意のパスワード※
  • 確認のためもう一度パスワードを入力

の順で入力しましょう。次にI agree to~左横のチェックボックスをオンにしてSign Upへと進みます。

パスワードの注意事項
パスワードは8~32文字で大文字、小文字、数字、記号([email protected]#$%^&*()_+)を最低1文字以上含める必要があります。これらを含めてないと登録できずやり直しになってしまうので注意してください。
パズル合わせによる認証がありますので、カーソルをドラッグで右にずらしパズルを穴に合わせてください。

Fcoin

 

すると以下のような確認メール送信完了画面が出てきます。登録したメールアドレス宛にメールが届きます。

 

Fcoin

メールが届かない場合は「Resend」をクリックしましょう。

 

Fcoin

メールの内容は上記の通りです。中央にある緑のボタンをクリックします。

 

Fcoin

「Sign In」をクリックします。

 

Fcoin

先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力します。

 

Fcoin

再度パズル合わせをしてログインに成功すると、Fcoinへの登録は完了します。

ログイン後の画面は以下のようになっています。

 

Fcoin

ここまでの作業は5分以内で終わるのでサッと済ませておきましょう。

手順2:2段階認証の設定

続いてセキュリティを高めるために2段階認証を設定します。自分の資産を守るためにも最初に設定しておきましょう。

 

Fcoinトレード画面の右上、アカウント情報の右にある「三」マークをクリックすると上の画像のようになりますので「Setting」をクリック。

 

Fcoin

Google Authenticationと書いてある下の緑のボタンをクリックします。

 

Fcoin

2段階認証に必要なアプリをインストールしてQRコードを読み取ってください。アプリに出てくる6桁の数字を入力すると設定完了になります。

まだ2段階認証アプリをインストールしてない方はこちらからどうぞ。

Android・・・Google 認証システム 【ダウンロード】
iOS・・・Google Authenticator 【ダウンロード】

手順3:KYC登録。身分証明書(本人確認証)をアップロード

Fcoinでは1度に2BTCまたは20ETH以上入出金する場合はユーザーに身分証明書(本人確認書類)の提出を義務付けています。

大きな金額を入出金しない場合はまだ設定しなくても大丈夫です。

ここからは書類の提出方法について解説します。ログイン後の画面で、右上のユーザーネームをクリックしましょう。

左からメニューが出てくるので、Setting(設定)へと進みます。

Fcoin

ここがアカウントの各種設定画面となります。

左上ユーザー名横の“KYC Veriffication~”へ進みます。

Fcoin

Country~でJapanを選択し、

  • First name:名(アルファベット)
  • Last name:姓(アルファベット)
  • Passport:アップロードする書類記載の番号

…パスポートなら旅券番号、運転免許証なら表面記載の登録番号

をそれぞれ入力します。

アップロードする画像は、それぞれ

  • 身分証の表面
  • 身分証の裏面
  • 身分証の表面(顔写真が入っている方)と一緒に撮影したセルフィ―画像

の3種類です。

FCoin

最後にSubmitをクリックすると、身分証明書(本人確認書類)の提出は完了です。

本人確認が完了しているアカウントは、Setting(設定)画面が以下のように変化します。

Fcoin

FTトークンの購入方法

次に、Fcoinの目玉である「FTトークン」の購入方法を解説します。

トークンを購入できる通貨は以下の3種類です。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • テザー(Tether/USDT

ここでは、イーサリアムで解説します。

手順1:イーサリアム(ETH)の入金

FCoin

ログイン後の画面で右上のユーザーネームをクリックし、Financeへと進みます。

Fcoin

ここでは、Fcoinで取扱いのある仮想通貨の入出金ができます。

 

仮想通貨が一覧で表示されています。Fcoinのイーサリアム入金用アドレスを表示させるには、ETHのDepositをクリックします。

 

Fcoin

入金先アドレスが表示されるので、自分のウォレットや仮想通貨取引所口座からイーサリアムを送金しましょう。

イーサリアムの最低送金額は0.01ETHとなっています。

手順2:FTトークンの購入方法

右上ユーザーネームをクリックし、Exchangeへ進みましょう。

Fcoin

Fcoinで取扱いのある仮想通貨を、オーダーブックで購入することが出来ます。

 

FCoin

左上の通貨ペアをクリックし、ここではFT/ETHを選びます。

 

FCoin

  • LIMIT:指値注文(自分の希望する価格を指定)
  • MARKET:成行注文(現在売りに出されている価格で購入)

のいずれかの方法でFTトークンを購入することが出来ます。

Fcoin“GPM”の仕組み・2つのメリット

GPMとは、“Growth Project Market”(成長プロジェクト事業)の略です。ブロックチェーン事業の早期開発支援を目的とした、Fcoinのサブブランドです。

投資家視点でまとめると、

  • Fcoinが認定した有望な仮想通貨に、いち早く投資できる取引所

と表現できます。

※オープン直後は、ユーザー投票による上場通貨決定ルールが運用されていました。これは7/24現在、すでに廃止されています。現在のルールは後述します。

参考:公式ブログ

GPM新規上場のルール・条件

GPMに上場する仮想通貨・トークンは、以下の条件を満たす必要があります。

  • ERC20規格であること
  • 1500 ETHまたは300万FT※以上の資金調達を終えていること
  • 上場1時間前までにコイン発行価格が決まっていること
  • Fcoinの審査に合格すること

    GPMオープン当初、イーサリアムネットワークが混雑するという現象が起きました。こうした混雑回避のために、随時上場ルールが変更されています。

    メリット「情報収集なしで投資できる」

    GPMで上場する仮想通貨・トークンは、急成長中の仮想通貨取引所「Fcoin」に上場することで、一気に高騰する可能性を秘めています。

    Fcoinがどれほどの規模の取引所か、データで確認しましょう。

    gpm

    参考:CoinMarketCap 2018/7/24の出来高ランキング(直近24時間)

    Fcoinの取引量は、最大手のバイナンス・ビットメックスに到達していると分かります。

    この規模の取引所に上場するコインは、必然的に注目され・価値上昇の機会を得ることになります。

    新興コインについて情報収集しなくても、GPM新規上場のたびに売買するだけで、高い利益を得られる可能性があります。

    Scam(詐欺)・価格操作対策もあり

    ここで気になるのが、ブロックチェーン事業関係者による不正のリスクです。

    • Scam(詐欺)コインの開発元による大量投票
    • 上場後の価格操作や、価値大暴落の可能性

      Fcoinはこれを踏まえて、上場廃止ルールを運用しています。

      gpm

      引用:公式ブログ

      上場廃止の条件を意訳すると、次の通りです。

      • 詐欺・その他犯罪の疑いがある場合。
      • Fcoinに対し、事業進捗報告書の提出を2回以上怠った場合。
      • コイン発行価格の50%を下回る状態が30日以上継続した場合。(15日目で警告)
      • 取引量100 ETH未満/日を下回る状態が、30日間継続された場合。(15日目で警告)

        詐欺コインと明確にわかるものだけでなく、価値が暴落するものは早期に上場廃止となります。

        GPMの基本仕様(売買できる通貨・手数料・上場時間)

        GPMの主な仕様

        売買できる通貨 イーサリアム(ETH)

        Tether(テザーコイン/USDT)

        FTトークンによる売買も実装予定(時期未定)

        取引手数料 買い注文:無料

        売り注文:0.2%

        ※投票時の入金は無料

        上場時間 毎日23時(日本時間)に集計、当日中に上場

        (公式ブログにて上場時間告知あり)

        上場廃止ルール あり(廃止が決まった際は告知あり)

        取引手数料はFTトークンで還元を受けることが出来ます。FTは配当型の仮想通貨で、保有しているだけで増えていく性質のものです。

        新興コインだけでなく、FTにも投資できるという一石二鳥の特徴があります。

        GPMに上場したコインの買い方

        まずはFcoinにアカウント登録し、購入に必要な仮想通貨を入金しましょう。

        アカウント登録・口座開設・入金方法はこちらで詳しく解説しています。

        1:ログイン後、GPMページにアクセスします。Fcoin取引画面からは、左上のロゴをクリック → ページ上部「GPM」に進みます。

        gpm

        2:USDTまたはETHのトレードゾーンから、欲しい仮想通貨を選びます。右端のマークをクリックすると、取引画面に移動します。

        gpm

        3:指値・成行のいずれかを選び、注文します。

        gpm

        ※指値注文・成行注文

        指値:希望価格を指定し、指定価格以下になると購入できます。

        成行:希望枚数を指定し、最安値の売り注文から希望数に達するまで自動購入します。

        GPMに入金する方法・手順(投票に必要)

        公式ブログで新規上場情報が出たら、Fcoinに入金していつでも売却できるようにしましょう。

        入金先アドレスは、ウォレットからGPM上場通貨を選択して表示させます。

        入金先アドレスの表示方法

        まずはFcoinのウォレットページにアクセスしましょう。

        1:公式サイトでログインし、右上のユーザーネームからメニューを表示させて「Finance」へ移動します。

        gpm

        2:「GPM」タブを開きます。

        gpm

        3:入金したい仮想通貨を選び「Address」をクリックします。

        gpm
        最低入金単位は「1.0」となっています。

        新サービス「Fone(エフワン)」も開始

        GPMの進化型サービスとして、7/21に「Fone」の開始が予告されました。GPMのユーザー投票制を中止したのも、Fone開始に備えるためだったとしています。

        今後、現在運営中のGPMからFoneへとサービス移行する可能性があります。

        gpm

        Fone公式サイト→リンク

        24日までに出ているFoneの詳細情報は、次の通りです。

        Foneサービス開始予告記事→リンク

        以下意訳

        • FoneはFcoinが認定した組織(=ブロックチェーン事業者)によるサブブランド取引所
        • 認定組織は、Fcoinの定める規則に従って自プロジェクトの仮想通貨を上場させ、取引板の運営をすることが出来る
        • 事業者からの審査を受付中

          その後出た新情報は次の通りです。

          Fone運営ルール→リンク

          • 売買手数料は現在運用中のGPMと同じ(買い注文無料/売り注文0.2%)
          • 投資家が払う取引手数料は、FTトークン※で全額キャッシュバックされる
          • 有望なコインは、BTCやETHが取引できるメインボードに移動する
          • 最初にFoneに参加する認定組織数は5社以下
          • ERC20トークン※のみサポート

          運用中のGPMと同様の手数料体系で、かつFTトークンによるキャッシュバックを受けられるのがメリットです。

          続報に期待が寄せられています。

          Fcoin(エフコイン)の評価/評判

          取引所Fcoin(エフコイン)の評価や評判についてを記載いたします。価格上昇の影響からか現時点ではポジティブな意見が多かったですが、少数ですがネガティブな発言もありました。

          楽観的なときこそネガティブな意見も重要です。

          ・ポジティブな意見

          ・ネガティブな意見

          ポジティブ・ネガティブな意見共に高配当に関する内容が書かれています。たしかに、この高配当がいつまで続くかは不明ですし、もし長期的に続くことがあれば、取引所ユーザーも増え続ける可能性があります。

          Fcoin(エフコイン)のメリット/デメリット

          Fcoin(エフコイン)のメリット

          FcoinTokenの仕組みが強力

          FcoinToken(FT)保有者へのインセンティブの仕組みが非常に魅力的です。FTを買いたいとの理由でFcoinを使う方はとても多いと思います。

          世界の大手取引所5社以上の取引高でもサーバーが落ちない

          取引高が多すぎるとサーバーがダウンして取引不能となる取引所はとても多いです。日本の取引所は頻繁に落ちますが、以前はBinance(バイナンス)ですらサーバーがダウンして取引ができないことがありました。

          Fcoinは世界の大手取引所5社合計以上の取引高を処理したにもかかわらず、サーバーが落ちることがほとんどなく安定運営を行っておりました。

          欲しい時・売りたい時に変えるのはメリットとして非常に大きく、今後も一歩進んだ技術面でユーザーを驚かしてくれるのではないかと期待できます。

          取引手数料100%バック

          Fcoin内で支払った取引手数料はFcoinToken(FT)の形で100%返還されます。

          ただ、通常登録した場合は50%の返還で当サイトあいれこ経由の場合に100%返還となります。

          >>Fcoinの手数料100%還元を受ける

          Fcoin(エフコイン)のデメリット

          ・β版のため上場通貨が少ない

          Fcoinはまだβ版のため上場通貨が非常に少なく、下記画像に添付している通貨しか取引ができません。
          ※画像は2018年6月11日現在

          Fcoin上場通貨

          徐々に増えてはいますが、正式版がリリースされるまでは少ない銘柄数での取引になることが予想されます。

          マイナー通貨の上場が難しいかも

          Fcoinの上場廃止条件で1日の取引量は15日間連続して100,000米ドル未満が設けられています。

          時価総額が大きい通貨の場合はこの条件を満たすのは簡単ですが、ICO後に新規上場した通貨やマイナーな通貨はこの条件を満たすのは難しいと考えられます。

          そのため、有名所や時価総額が大きい通貨しか上場できず、通貨の取扱種類はHuobiやOKEXには敵わない可能性があります。

          ・2018年7月20日追記

          Fcoin内で有望だが時価総額および流動性が低い通貨を扱う取引所GPMが新設されています。

          Fcoin GPM

          現時点で既に90銘柄も上場されており、これからも更に上場通貨が増えていきます。

          GPMではFcoinのデメリットである上場廃止基準も緩く設定されており、Fcoinのデメリットを克服しています

          FcoinGPMはこちら
          https://www.fcoin.com/gpm.html

          全トークン数の51%を払出後は取引マイニング(手数料返還キャンペーン)終了

          FTトークンの総発行枚数100億枚のうち、51億枚が発行されると売買手数料の還元キャンペーンが終了します。

          7/24現在、発行枚数は約40億枚になりました。FTトークンをもらうなら早めに登録して取引をしておきましょう。

          Fcoin(エフコイン)の将来性

          Fcoinの将来性は非常に高いと考えられます。β版にもかかわらず素晴らしい結果を残しており、公式版が出たら更にユーザーが増えるのではないでしょうか。

          ただ、FcoinTokenの配当率減や手数料返還キャンペーンの終了など取引量が大幅に減る可能性は残っています。

          Fcoin(エフコイン)のまとめ

          この記事ではFcoin(エフコイン)取引所の特徴や評価評判、メリットなどをお伝えしました。FcoinTokenの仕組みの素晴らしさや技術面での素晴らしさなどがお伝えできたと思います。

          まだまだ、成長余地が大きい取引所ですので今後の動きが楽しみです。

          ※1 Fcoinは現在β版のためスマホに最適化されておらず、スマホからの登録がし辛い状況です。
          公式サイトを見てみるボタン押下後登録画面に遷移しますが画面を左側←にずらすと登録画面が現れます。
          登録できない場合は、PCで当サイトを検索いただきPCでご登録ください。
          記事がお役に立てたらいいねしてください♪

          [email protected]で最新の投資情報や限定情報を配信します

          \友だち追加してもユーザー名は表示されません/

          友だち追加

          【登録者急増中】ビットポイントに登録で3,000円GET

          bitpoint

           

          登録者急上昇中のBITPoint(ビットポイン)ならリップルやイーサリアムの取引手数料が無料です!面倒な税金の計算も自動で出力可能です。

           

          リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

          bitbank

           

           

          日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。