ビットコインFXを始め、トレードが上手くいくと、どれほどの利益を得られるのでしょう?

外為の世界では、1日20pipsを稼げれば億万長者になれると言われています。外為の20pips分の値動きというのは、現在のビットコインの価格で算出すると、およそ2000円分の値動きとなります。

ビットコインは値動きが外為以上に荒いため、1日2000円の利益であったらそれほど無理なく稼げるでしょう。

100万円を証拠金として預け、ビットコインFXで1日あたり2000円分の利益を継続的に稼げるようになれると、年収で600万円から800万円は稼げるようになります。

ただ、ここまで利益が出ると、別の心配が生じます。それは税金です。

仮想通貨だろうと何だろうと、利益を得た以上、その所得に対して課税されることになります。果たしてビットコインFXで利益が出た場合、どれほどの税金がかかるのでしょう?

ここではビットコインFXの利益にかかる税金について解説します。

仮想通貨ビットコインFXにかかる税金の種類

税金の種類

国税庁によると、仮想通貨の投資によって得られる利益は雑所得に区分されることになります。そのため、ビットコインFXで利益が生じた場合、まず雑所得の計算方法に合わせて所得税を払うことになります。

さらに、住民税も支払うことになります。

ビットコインFXにかかる税金の種類というと、主にこの2つ、所得税と住民税となります。

FXの税金というと、本来であれば申告分離課税であるように思われます。申告分離課税の場合、FXでどれだけ利益が生じても、所得税は一律20%となります。

しかし、雑所得の場合、所得に応じて税率が高くなるため、稼げが稼ぐほど税金も上がります。

このように雑所得と申告分離課税では、税率に違いがあります。ただ、申告分離課税に該当する利益とは、国内のFX会社で取引をして得た利益のみです。

海外のFX会社を利用した場合や、仮想通貨取引所のビットコインFXを利用した場合は対象とならず、雑所得として扱われます。

そのため、ビットコインFXの利益は雑所得に区分されます。

所得税と住民税が発生する

ビットコインFXの税金は所得税だけではありません。住民税もあります。住民税と所得税は全く別の税金となりますので、必ず違いについて理解しておきましょう。

ビットコインFXの所得税は、雑所得の税率によって算出されます。

住民税は、FXで利益を得たその翌年に支払をすることになります。住民税の税率は所得に対して10%となりますので、所得税ほど高くはないです。

ビットコインFXの所得税の税率は、最大で45%となりますので、高額取得者の場合、住民税と所得税の二つを合計することで、最大で55%の税金を払うことになります。

雑所得の税率は、1800万円を超えると40%、4000万円を越えると45%と高くなります。そのため、1800万円を超えそうになったら、その年の取引を一旦止めた方が良いかもしれません。取引を止めて利益の拡大を防ぐと、利益が少ない分、節税することができます。

いくらから確定申告が必要?

雑所得の税率は次のようになります。

所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% --
195万~330万円 10% 97,500円
330万~695万円 20% 427,500円
695万~900万円 23% 636,000円
900万~1,800万円 33% 1,536,000円
1,800万~4,000万円 40% 2,796,000円
4,000万円以上 45% 4,796,000円

この税率にプラスして、住民税の10%が加算されるため、どれほど利益が低くても、税金は15%はかかるでしょう。

ただし、ビットコインFXの利益が無い、もしくは赤字の場合は確定申告の必要はないです。では、確定申告はいくらから必要になるのでしょうか?

現行の税法の場合、給与所得以外の雑所得、今回の場合ならビットコインFXの利益が年間で20万円以下の場合ならば確定申告する必要はありません。

要するに、利益が20万円を超えていたら確定申告をしましょう、ということです。

税金がかかるタイミングはいつ?利確したら課税対象

税金の課税対象

仮想通貨の投資の場合、仮想通貨を購入しただけでは課税の対象にはなりません。ビットコインを購入し、値上がりしてから売却して、はじめて課税の対象となります。

そのため、ビットコインを保有しているだけならば、課税の対象にはなりません。たとえビットコインが1円の時に購入し、100万円まで値上がりしたとしても、含み益の段階ではまだ課税対象とはならないということです。

このように、仮想通貨の取引の場合、決済をするまで課税の対象にはなりません。ただし、決済といっても円に戻すことだけが決済とは限りません。購入したビットコインを売却し、他のアルトコインに替えるという行為も決済に該当します。

例えば、1BTC100万円の時にビットコインを1枚購入したとします。その後、ビットコインの価格が上がり、110万円になった時に1BTCをイーサリアムと時価で交換すると、決済したとみなされ、課税対象となります。

他にも、ビットコインを使って商品やサービスを購入するという行為も決済に該当する行為とみなされ、課税の対象となります。

ビットコインを円に戻す、アルトコインと交換する、商品やサービスをビットコイン決済で購入する、これらの行為をしてはじめて課税の対象となります。

ビットコインFXの損益計算方法

確かにビットコインFXで利益が生じると、それは課税の対象となります。ただ、利益とはどこまでを利益と呼ぶのでしょう?

ビットコインFXをやっている投資家の中には、スキャルピングやデイトレードのような、短期間にわたって複数回の取引をする人もいます。このような短期投資家の場合、利確することもあれば、損切りをすることもあります。

もしも利確した分の利益だけを課税対象とすると、税金の額が高額になる恐れがあります。そこで、ビットコインFXの課税対象となる利益とは、売上から損失を引いた額となります。

例えば、1年間のビットコインFXの売上が1000万円、損切りした金額が500万円だった場合、残った利益は500万円のため、500万円が課税対象となります。

FXの損益の計算方法は次のようになります。

FXの利益-FXの損失額=FXの粗利益

この粗利益に対して、FXの手数料やインターネット代などの経費を引くことで、ビットコインFXの所得を算出することができます。

確定申告では経費も認められるので、しっかりと経費も計算しましょう。

ビットコインFXで損しても雑所得同士なら利益と相殺可能

最近はビットコインのみならず、アルトコインのFXができる取引所も増えています。ビットコインFXだろうと、アルトコインFXだろうと、どちらも同じ雑所得となります。

そのため、ビットコインFXの利益が100万円、アルトコインFXの損失が100万円だった場合、お互いの損益を相殺することが可能です。この場合ならば、損益は0円となります。

ただし、これはあくまで雑所得の範囲内の話です。同じ仮想通貨の利益でも、マイニングのような事業所得に該当する利益との相殺はできないため、気を付けましょう。

資金に余裕があるなら税理士に相談するのがオススメ

fx-tax

もしもビットコインFXの利益が1000万円を越えるような場合は、できるだけ税理士に相談することをオススメします。

利益が高額になり過ぎると、それだけ税金も高額になります。

税理士に相談するメリットというと、まず手続きをプロにお願いすることができます。今まで一度も確定申告をしたことがないという方であっても、税理士に相談することで、確定申告の正しいやり方を教えてもらえます。

特に、取引が多い方の場合、取引の内容をすべて計算するのは面倒です。しかし、税理士にお願いすれば、プロが計算し、正しい納税額を算出してくれるので、手間が省けます。

税理士に相談する2つ目のメリットは、節税対策です。税理士は税金のプロということもあってか、節税するための知識やノウハウを熟知しています。

税理士から節税のやり方を教わることで、税金を安くすることができるでしょう。

納税は確かに国民の義務であり、脱税は犯罪です。しかし、節税は法律に則った行為なので、合法です。節税をする分には、いくらやっても問題はありません。

仮想通貨の節税対策というと、まず決済をせず、保有し続けることで、課税対象から逃れるという方法があります。もちろん、いつかは決済することになるでしょう。ただ、いきなりすべてを決済すると、多額の税金がかかります。

しかし、一部ずつ決済をするのであれば、利益も少ないので、納める税金も安くなります。

なにしろビットコインの税率は、利益が増えれば増えるほど高くなるのです。それならば、利益が小さくなるように、少額ずつ決済をすれば、節税することも可能となります。

他にも、税理士に相談することで、経費になりそうなコストを見つけることができます。

仮想通貨の投資で経費として認められそうなものというと、インターネット代や部屋代、電気代、取引に使用しているパソコン代やスマホ代などがまず考えられます。

他にも、投資の勉強のために購入した書籍代やセミナー代、イベントへの交通費、そして税理士に相談するのにかかった費用なども経費として認められやすいです。

今年だけでなく、来年もビットコインFXで稼ぐ予定ならば、個人事業主になるというのも、効果的な節税対策の一つです。

このように、仮想通貨の投資に対する節税対策は沢山あります。税理士に相談することで、様々な対策を知ることが出来るでしょう。

まとめ

ビットコインFXでトレードの手法を学び、利益が出ると、その利益は課税対象となります。

納税は国民の義務のため、絶対に払わないといけません。利益が出たら、税法に従って確定申告をし、納税しましょう。ただ、利益が高額だった場合は、税理士に相談しましょう。

税理士に相談することで、税金に関するアドバイスをもらうことができます。

記事がお役に立てたらいいねしてください♪

[email protected]でエアドロップ情報や限定情報を流します

友だち追加

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事