今が旬の仮想通貨取引所ランキング
国内・海外の仮想通貨取引所おすすめランキングを紹介しています。

ビットコインFXの売買手数料は現物取引と違って、どこの取引所であっても無料であることがほとんどです。

そのため、一見するとビットコインFXには費用が全く無いように感じられます。しかし、実際にはスプレッドと呼ばれるコストがビットコインFXには存在します。

スプレッドとは買値と売値の価格差のことです。このスプレッドの格差が広ければ広いほど、ビットコインFXのコストは高くなります。

ビットコインFXのスプレッドは、取引所によってそれぞれ異なります。また、どこの取引所もスプレッドは変動制となるため、絶対にここの取引所のスプレッドがもっとも狭いと断言はできません。

ただし、スプレッドが比較的狭い取引所や、スプレッドが広がり難い取引所などは存在します。

それぞれの取引所の特徴を踏まえた上で、今回はもっともスプレッドが狭く、安定した取引ができる仮想通貨取引所を紹介します。

ビットコインFXを始めるならスプレッドが狭い取引所を選ぼう

ビットコインFXをするにあたり、スプレッドは狭いに越したことはありません。できればスプレッドがもっとも狭い取引所を選びたいところです。

ではどこの取引所を選べば最も狭いスプレッドで取引ができるのでしょう?

まず前提として、どこの取引所を選んだところで、もっとも狭いスプレッドで常に取引ができるとは限りません。というのも、仮想通貨の取引所は基本的にどこも変動制で固定されていないからです。

これが外為の場合、スプレッドは基本的に固定されていることがほとんどのため、スプレッドを比較することでもっとも低コストなFX会社を選べます。

では、スプレッドに関してはどの取引所を選んでも大差はないのかというと、そんなことはありません。

まず、スプレッドが狭い取引所を選びたいのであれば、板取引ができる取引所を選びましょう。

例えば、bitFlayer(ビットフライヤー)Zaif(ザイフ)、bitbank(ビットバンク)などは、板取引ができる取引所です。販売所形式の取引所と比較すると、板取引ができる取引所のスプレッドは圧倒的に狭いため、低コストとなります。

販売所形式の取引所の場合、スプレッドが数千円以上開くことが常態化しています。価格変動が起きると、1万円以上スプレッドが広がることもあります。

その点、板取引ができる取引所の場合、スプレッドは数百円程度であることがほとんどで、たとえ相場が変動しても数千円ほどしか拡大しないです。

せっかくエントリーのチャンスがあっても、スプレッドが拡大してしまっては意味がありません。ビットコインFXを始める際には、スプレッドが常に狭い取引所を選びましょう。

ポイント
スプレッドを安くしたいなら「取引所」を選ぼう!

スプレッド比較表

スプレッド レバレッジ最大 追証
bitFlayer
(ビットフライヤー)
変動 15倍 80%
Coincheck
(コインチェック)
変動 5倍 なし
GMOコイン 変動 10倍 なし
BITPoint
(ビットポイント)
変動 25倍 なし
Bitbank
(ビットバンク)
変動 20倍 なし
Zaif
(ザイフ)
変動 25倍 なし
QUOINEX
(コインエクスチェンジ)
変動 25倍 なし

ビットコインFXにおすすめ仮想通貨取引所ランキングTOP3

ビットコインFXをするにあたり、どこの取引所を選べば、どこよりも狭いスプレッドで取引ができるのでしょう?

ここではスプレッドが狭いオススメの仮想通貨取引所トップ3を紹介します。

1位 bitFlayer(ビットフライヤー)

bitcoinfx

ビットフライヤーの特徴
  • 国内仮想通貨取引所で利用ユーザー数・取引量トップクラス
  • 高レバレッジ・低スプレッド
  • トレードが有利になる取引ツール多数

ビットフライヤーは国内でもっとも取引量が多く、なおかつユーザー数も国内で最大の仮想通貨取引所です。

日本でビットコインFXをやっているトレーダーというと、決まってbitFlayer(ビットフライヤー)を利用しているものです。

なぜビットフライヤーがランキング1位かというと、レバレッジが高く、使いやすく、そしてスプレッドが常に低く、安定しているからです。

ビットフライヤーのレバレッジは15倍と高く、ハイリターンな取引が行えます。さらに、取引ツールも充実しており、様々なテクニカル指標を使用することができます。

チャット機能も付いているため、他のユーザーの意見を随時聞けるなどのメリットもあります。

ビットフライヤーのビットコインFXの売買手数料は無料です。SFDと呼ばれる特殊な制度こそありますが、価格乖離率が10%を越えなければSFDを徴収される心配はありません。

ビットフライヤーの追証とロスカットの基準は、

  • 追証…80%
  • ロスカット…50%

となります。ロスカットの基準は厳しすぎず、緩すぎない程度のため、取引をするには申し分のない数字です。

そんなビットフライヤーのビットコインFXのスプレッドですが、非常に狭い水準です。平常時ですと、スプレッドが10円以下にまで縮小されることがあるため、どこまでもコストが安いです。

ビットコインの価格が荒れている時であっても、スプレッドが急拡大することは少ないです。絶対に急拡大しないとは言い切れませんが、他の取引所と比較するとビットフライヤーのスプレッドは安定しています。

ビットフライヤーのスプレッドが100円を超えることは滅多になく、1000円まで拡大することはかなり稀です。

もちろん、ビットコインの価格が激動している時は流石にスプレッドも拡大するでしょう。ただ、そのような価格が荒れている時であっても、ビットフライヤーならば比較的狭い水準のスプレッドで取引できます。

スプレッドは出来高が減ると、それに反比例して拡大していきます。つまり、参加者が少ない取引所ほどスプレッドは拡大しやすいということです。

もしも将来、取引量が減ってしまうと、スプレッドも拡大する恐れがあります。しかし、ビットフライヤーは日本で最も取引量が多く、ユーザー数も多い人気取引所です。

取引量がもっとも多いビットフライヤーならば、今だけでなく、今後の将来にわたっても狭いスプレッドを維持したまま取引できるでしょうから、末永くビットコインFXを利用できることでしょう。

2位 Zaif(ザイフ)

zaif

Zaifの特徴
  • 最大25倍の高レバレッジ
  • 使いやすい取引ツール
  • ロスカットルールが緩い

ザイフはビットフライヤーと並んで人気のある仮想通貨取引所です。レバレッジも高く、最大25倍という、国内でも最大のレバレッジで取引できる取引所でもあります。

金融庁の規制もあってか、国内の取引所はレバレッジを25倍までしか上げられないという制約があります。そのため、25倍は国内では最大のレバレッジとなります。

人気のある取引所のため、ザイフを利用するユーザー数はとても多く、取引量も多いです。取引ツールも使いやすく、様々なインディケーターを使用できるなどの強みがあります。

ザイフのビットコインFXの売買手数料は無料のため、スプレッドを除くと特にコストはかからないです。追証はなく、ロスカットの条件は30%となります。

ザイフのロスカットルールは非常に緩いため、かなり大胆な取引ができます。追証もないため、一時的に証拠金維持率が100%を下回っても、ロスカットルールさえ発動しなければ、継続してポジションを保有し続けることが可能です。

そのため、ザイフはスイングトレードやポジショントレード向きの取引所でもあります。中長期にわたってポジションを保有したいという投資家ほど、ロスカットルールの緩いザイフは相性が良いでしょう。

肝心のスプレッドに関しても、ザイフは出来高が多い取引所ということもあってか、狭いことが多いです。平常時ですと、ザイフのスプレッドは10円まで縮小されます。

相場が荒れ始めると、数百円ほどスプレッドが拡大します。相場が激変する際には、1000円以上スプレッドが拡大することもあります。

相場が激動する時のような一部の例外さえ除けば安定した取引がザイフならばできます。

3位 bitbank(ビットバンク)

bitbank

bitbankの特徴
  • 世界最大規模の出来高
  • スプレッドが狭く安定している
  • 追証なし、ロスカットルールが緩い

ビットバンクは金融庁より認可を受けている取引所の一つです。ただ、FXの取引先はOKEX.comとなりますので、厳密にはビットバンクで取引をしているわけではありません。

ビットバンクは、OKEXとの間を取り次いでいるだけです。

ただ、OKEXといえば、Binanceなどと並んで規模が大きい海外の仮想通貨取引所として有名です。世界規模の取引所となりますので、出来高も非常に多いです。その影響もあってか、ビットバンクのスプレッドは非常に狭く、常に安定しています。

ビットバンクはレバレッジも20倍と高く、ハイリターンな取引環境があります。取引ツールも使いやすく、テクニカル指標が豊富なため、チャートを分析したいトレーダーほど相性が良いでしょう。

使いやすいチャートツールがあるビットバンクですが、売買手数料がかかるので注意しましょう。ビットバンクの売買手数料は、新規で0.01%、決済は0%となります。これとは別に、キャピタルゲインフィーと呼ばれる手数料があります。

キャピタルゲインフィーは、決済時の利益に対して0.2%が手数料として発生します。

ビットバンクは手数料がかかる取引所ですが、その一方でロスカットルールが緩い取引所としても有名です。

追証はなく、ロスカットの基準は20%と非常に緩く設定されています。ロスカットルールの水準が緩い取引所のため、相場の急変で多額の含み損を抱えることになったとしても、証拠金維持率が20%を割らない限りロスカットされることなく継続してポジションを保有することができます。

そのため、長期保有を前提に取引をする長期投資家ほどビットバンクは相性が良いでしょう。

ビットバンクのスプレッドについてですが、業界最狭と呼べるほど狭いわけではないです。平常時でだいたい数十円から数百円ほどの開きがあります。相場が急変するとさらに拡大し、1000円まで開くことがあります。

ビットフライヤーやザイフほど狭くはありませんが、他の取引所と比較すると狭く、安定した取引ができます。

まとめ

取引所を選ぶ時、売買手数料のみならず、スプレッドにも注目しましょう。せっかく売買手数料が無料の取引所を選んでも、スプレッドが広いとコストが高くなります。

しかし、スプレッドが狭い取引所ならば、常に低コストな環境で取引ができます。ビットフライヤーは、全取引所の中でも特に低コストな取引ができる取引所です。

国内でもっとも取引量が多いビットフライヤーならば、現在だけでなく、将来もスプレッドを狭くした状態で取引ができるでしょう。スプレッドの狭さで取引所を選ぶなら、ビットフライヤーがオススメです。

記事がお役に立てたらいいねしてください♪

[email protected]でエアドロップ情報や限定情報を流します

友だち追加

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事