今が旬の仮想通貨取引所ランキング
国内・海外の仮想通貨取引所おすすめランキングを紹介しています。

ビットコインFXは、買えば儲かると言えるような簡単な取引ではありません。根拠がなく、感情に任せてた取引をすると、高確率で負けます。

それも、レバレッジがかかっている分、被る損失の額は現物取引の倍以上でしょう。たった一回の失敗で、資産の大部分を失ってしまうリスクがFXにはあります。

このように、ビットコインFXには高いリスクがつきものです。では、プロと呼ばれる人達はどうやってビットコインFXで利益を出しているのでしょう?

プロがビットコインFXで利益を出せる理由、それは正しいトレード手法を実践しているからです。

どれほど利益率の高いプロでも、FXを始めた当初は初心者でした。どれほど才能のある投資家でも初心者のうちは失敗するものです。しかし、正しい手法を学び、分析方法を習得することで、利益を出せるプロへと成長することができたのです。

ここでは、ビットコインFXで利益を出すためのトレード手法について紹介します。

初心者におすすめのトレード手法

今まで一度もFXをやったことがなく、取引経験がないのであれば、順張りのトレード手法を用いることをオススメします。

順張りとは、現在のトレンドに沿った形でエントリーポイントを探る手法のことです。

例えば、上昇トレンドが発生している最中は新規買い注文を入れる、下降トレンドが発生している最中は新規売り注文だけを入れる、といった具合です。

ビットコインFXは現物取引と違い、売りから注文を入れることができます。しかし、だからといって常に柔軟に相場に対応しようとすると、利益を増やすどころか、かえって損失を増やしてしまいかねません。

利益を増やすためには、正しい戦略が求められます。

順張りの手法を採用すると、常に高い確率で勝つことができるようになるので、初心者であっても利益を増やしやすいです。

順張りの手法といっても種類は豊富です。順張りに使えるインジケーターというと、

  • 移動平均線
  • 一目均衡表
  • ボリンジャーバンド
  • パラボリックSAR

これらがあります。

MACDとRSIはオシレーター系の指標であるのと同時に、トレンド系の指標としても使える指標なので、移動平均線などの併用すると効果を高めることができます。それは逆張り向きのインジケータ―も同様です。

ストキャスティクスやRCIは逆張りに使える指標ですが、順張りのエントリーポイントを探る上でも効果を発揮する指標でもあります。

指標を組み合わせることで、より精確な判断ができるようになりますので、トレードをする際にはそれぞれのインジケータ―についての理解も深めておきましょう。

ここではトレードの手法について具体的に紹介します。

移動平均線の短期線と中期線、長期線を使用した手法

特徴:移動平均線はFXでもっとも有名なテクニカル指標です。この手法では、長期線よりもローソク足が上にあったら上昇トレンド、ローソク足が長期線よりも下にあったら下降トレンドと判断します。

次に、短期線が中期線を下から上へ突破したらゴールデンクロスで買い注文を入れ、短期線が中期線を上から下に突破したらデッドクロスと判断して売り注文を入れることになります。

移動平均線の短期線と中期線、長期線を使用した手法の画像

新規注文を入れ、差益が生じたら利確、利益が出ずに短期線が中期線をクロスしたら損切りをしてください。

上昇トレンドが発生している最中のみ新規買い注文、下降トレンドが発生している最中のみ新規売り注文を入れるとルールを設定することで、トレンドフォローがしやすくなります。

MACDを使った手法

特徴:MACDはトレンド系にもオシレーター系にも対応できる便利な指標です。MACDを使用する場合、MACDのラインとシグナルのラインの位置をまず見ます。

MACDのラインが0より上ならば上昇トレンド、0より下ならば下降トレンドが発生しているとそれぞれ判断できます。

エントリーのポイントは、上昇トレンドが発生している最中にMACDがシグナルより上なら買い、下降トレンドが発生している最中にMACDがシグナルより下なら売りとなります。

MACDを使った手法

新規注文を出した後に、利益が生じれば利確、MACDが反転してシグナルをクロスしたら損益に関係なく決済となります。

トレンドラインと水平ラインを使った手法

特徴:トレンドラインを引くと、相場の現在のトレンドを把握することができます。トレンドを把握後にサポートラインとレジスタンスラインの水平線をそれぞれ引くことで、特定の期間における高値と安値を把握することができます。

この手法を使用する場合、上昇トレンドが発生している最中に、レジスタンスラインを越えたら新規買い、下降トレンドが発生している最中にサポートラインを割ったら新規売り注文を入れることになります。

トレンドラインと水平ラインを使った手法

新規注文を入れた後に利益が出れば利確、価格が反転して水平ラインへと戻ったら損益に関係なく決済をしてください。

アービトラージを活用した手法

アービトラージといえば、取引所間の価格差を利用して儲けるという手法です。アービトラージが成功すると、確実に利益を出すことができます。

ビットコインの価格はどこの取引所であっても基本的に同じなのですが、時と場合によっては価格差が生じることがあります。

例えば、取引所Aのビットコイン価格が100万円、取引所Bの価格が110万円ならば、取引所Aで買い、取引所Bで売却すれば、確実に10万円分の利益を得ることができます。

ただし、ここまで顕著な価格差が生じることは滅多にないです。だいたい数百円から数千円程度でしょう。そのため、資金が少ないトレーダーがアービトラージに挑戦したところで、得られる利益は少ないです。

アービトラージは資金が豊富な大口の投資家向きの手法です。少額の取引で利益を得たいなら、FXの方が良いかもしれません。

両建てを使った手法

FXは現物取引と違い、実際に仮想通貨の受け渡しを行うことはありません。そのような事情もあってか、FXでは買い注文と売り注文を同時に抱える、いわゆる両建てを行うことができます。

例えば、ビットコインの価格が100万円の時に、1BTCの新規買い注文と1BTCの新規売り注文を同時に出すと、1BTC分のロングポジションとショートポジションの両方を同時に保有することができます。

両建てが発生しているこの状況下でビットコインの価格が大暴落し、100万円から50万円まで下がると、1BTCのロングポジションは50万円の含み損を抱えることになります。そのため、本来であればロスカットの対象となる事案です。

しかし、両建てをすると、ロングポジションと同時にショートポジションも保有することになります。つまり、暴落したことで1BTCのショートポジションは、50万円の含み益を獲得することになるため、ロングポジションの含み損とショートの含み益で相殺することができます。

このように、両建てをすると、ロングポジションとショートポジションの損益が常に相殺されるため、相場がどれほど激変しても、ロスカットを防げるという効果を生み出すことができます。

両建てを使った手法というと、まずロングポジションとショートポジションの両方を保有し、両建てを行います。

その後、ビットコインの価格が暴落し、底をついたらまずショートポジションを決済し、利確します。その後、ビットコインの価格が回復し、元の水準にまで戻ったら、ロングポジションも決済します。

この場合、ロングポジションによる利益は期待できませんが、ショートポジションによる利益は期待できます。

両建てを使った手法

ただ、この手法を実現するためには、相場に対する高度な洞察力が求められるため、かなり難易度が高いです。初心者は両建てを活用したトレード手法は採用しない方が賢明です。

ちなみに、両建てをしている限り、ロスカットの危険はありません。ただし、スワップ手数料はかかります。そのため、両建てをし続けると、スワップ手数料が高くなるので気を付けましょう。さらに、両建てをするとスプレッド分の損失が必ず発生します。

買値と売値の価格が大きく開いているような場面では、決して両建てはしないでください。

初心者におすすめなのは移動平均線を使った手法

理由:FXの経験がまだ無いのであれば、移動平均線を使った手法がオススメです。その理由は、見やすいからです。

FXには様々な手法が存在しますが、複雑な手法ならば勝てるというものではなりません。むしろ、手法はシンプルでわかりやすいほど良いです。

投資家の中にはトレンドラインやサポートライン、レジスタンスラインを自分で引いた方が良いと言う人もいます。ただ、精確なトレンドラインを引くためには、FXの経験が不可欠です。

既に何年もFXの取引をやってきた経験があるトレーダーならば、問題なくトレンドラインや水平ラインを引けるでしょう。ただ、まだ取引経験のない未経験者ともなると、手元が狂いやすいです。

その点、移動平均線ならばコンピュータが自動で計算してチャート上に線を引いてくれるので、非常に便利で簡単です。何より既に引かれているラインの動きをチェックするだけなので、シンプルでわかりやすいです。

ちなみに、移動平均線はプロも多用している指標です。わかりやすいからといって使えないということはないです。むしろ、経験豊富なプロほど、シンプルでわかりやすい移動平均線を愛用しているものです。

儲けるために抑えておきたいチャート分析とパターン

ビットコインFXで儲けるためには、まず儲けやすいチャートと、儲けにくいチャートがあることを知ってください。

チャートというのは大きく大別するとトレンド相場とレンジ相場の二種類に分類できます。そして、稼ぎやすい相場はトレンド相場、稼ぎ難い相場はレンジ相場となります。

スキャルにしろデイトレードにしろスイングトレードをするにしろ、この原則に違いはありません。特にビットコインFXは外為と違ってスプレッドが広いため、逆張りを利用したスキャルピングはかなり不向きです。

ビットコインFXで利益を出すなら、デイトレードやスイングトレードのような、トレンドを読みやすい手法の方が良いでしょう。

どれほど優秀なトレーダーであってもレンジ相場で利益を出すことは難しいです。その反対で、トレンド相場は初心者であっても利益を出しやすいです。

例えば、2017年のビットコイン相場は常に上昇トレンドにありました。そのため、投資の経験がない初心者や未経験者であっても、ただビットコインを買うだけで利益を出すことができました。

FXで儲けるためには、この儲けが出やすいチャートのパターンを理解することが必要不可欠です。ただ闇雲にエントリーしても、稼ぐことは難しいでしょう。

しかし、しっかりとチャートのパターンを分析し、現在の動向を知ることができれば、常に高い勝率を実現することができます。

FXとは、この稼げるパターンがチャート上に出るまで待つ仕事でもあります。パターンが出ない時はエントリーせず、様子を見ましょう。パターンが生じ、エントリーポイントが出てからが本当の勝負の始まりです。

「三角持ち合い」、「ダブルトップ・ダブルボトム」とは?

「三角持ち合い」、もしくは「ダブルトップ・ダブルボトム」とは、投資の世界でよくみられるチャートのパターンです。

三角持ち合いとは、価格の変動幅がだんだんと小さくなり、三角形を形成していく状態のことを指します。

例えば、こちらはビットコイン/円の5分足のチャートで、三角持ち合いが形成されています。

三角持ち合い解説画像

当初こそ、ビットコインの価格は大きく変動しているのですが、時間の経過と共にその幅が縮小しています。この三角形のラインの中に入っている状態はレンジ相場となり、方向感が掴めません。

やがてビットコインの価格は三角形のラインから飛び出し、上昇します。エントリーポイントは、この三角のラインを飛び出したポイントとなります。

ダブルトップとは、二つの高値と、その間に生じる安値で構成されている、二つの山のような形を描いたチャートのパターンのことです。ダブルボトムは、ダブルトップの反対の概念です。

以下の画像は5分足のビットコイン/円のチャートです。ダブルトップが生じると、次の画像のような形がチャート上に形成されます。

ダブルトップ解説画像

ダブルトップが発生すると、二つ目の山が過ぎた後に大きく下落することがあります。谷が生じた際に、安値の部分にネックラインを引きます。このネックラインを価格が割ったら、エントリーのサインとなります。

ダブルボトムの場合、ダブルトップと反対のパターンがチャート上に表示されます。次の画像を見ると、大きく下落した後に一度上昇し、その後に再び下落、その後にまた上昇することで、Wの形がチャート上に出現しています。

ダブルボトム解説画像2

ダブルボトムでは、二つ目のボトムが発生した後に強い上昇が発生しやすいです。エントリーのポイントは、ネックラインを越えた時点となります。

ダブルトップとダブルボトムは、相場が転換する時に発生しやすいです。そのため、これらのパターンが生じた際には、トレンドの転換に気を付けましょう。

ダブルトップが発生したからといって、必ずしも二つ目の山を越えた後に落ちるとは限りません。チャートパターンにはもう一つ、山が三つでるトリプルトップというパターンもあります。そのため、ネックラインを割れるかどうかをよく見極め、騙しに遭わないように注意しましょう。

まとめ

ここで紹介したトレード手法を参考にすることで、初心者であっても勝率の高い取引ができるようになります。

ただし、勝率が高いからといって、絶対に勝てるというものではありません。あくまで、何も知らないでトレードをするよりかは、確率的に勝ちやすくなるというものです。

相場には騙しがつきものです。騙しのない相場などありません。チャートパターンにハマったからといって、必ずしも勝てるとは限りません。

普段はチャートパターン通りに取引をし、利確をしましょう。そして、もしも騙しに引っかかったら、すぐに決済して損切りをしましょう。

勝つ確率を上げ、負けた時の損失を減らす、これがFXで利益を増やすコツです。今回は、勝率を高めるための手法を紹介しました。

記事がお役に立てたらいいねしてください♪

[email protected]でエアドロップ情報や限定情報を流します

友だち追加

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事