これからビットコインFXを始めるにあたり、まず何を勉強するべきでしょうか?

資金管理やダウ理論、チャートの分析方法、各取引所の違いなど、覚えるべきことは山積みです。ただ、専門用語を理解していないと、なぜこの知識が重要なのか、その中身を理解することが難しいです。

ここではビットコインFXを始めるにあたり、覚えておくべき専門用語と、その意味について解説します。

取引の種類

仮想通貨への投資というと、現物取引が一般的です。ただ、現物取引が唯一の取引方法というわけではないです。現物取引以外にも、信用取引や先物取引、そしてFXなどがあります。

現物取引とは?

現物取引とは、仮想通貨の現物を対象に売買をする取引のことです。仮想通貨はデジタルな通貨で実体は存在しないため、現物を取引できると言われても妙に思われるかもしれません。現物取引で購入した仮想通貨は購入者の所有物となります。

購入した仮想通貨をどのように使用するかはその人の自由です。値上がりするまで待っても良いですし、決済に用いても構わないです。慈善事業に寄付しても構いません。

投資以外の目的で仮想通貨を購入する場合は、現物取引を利用することになります。

信用取引とは?

信用取引とは、自分を信用してもらうことでお金を借り、資金以上の取引をすることを指します。

信用取引をはじめると、自己資金以上の高額の取引ができるようになります。では、この自己資金を超える分のお金はどこから来るのでしょう?

信用取引をする場合、証券会社や仮想通貨取引所などよりお金を借り、そのお金で投資をすることになります。

自分のことを信用してもらった上でお金を借り、そのお金で取引をするため、信用取引と呼ぶのです。

もちろん、信用といっても無条件でお金を貸してくれるわけではありません。信用取引をする際には資金を担保にお金を借りることになります。株式投資の場合、株式を担保にすることも可能です。

先物取引とは?

先物取引とは、将来の特定の期日までに特定の商品を、現時点の価格で取引をすることです。現物取引やFXと違い、期日があるという特徴があります。

さらに、FXと同じく差金の受け渡しとなりますので、売りから注文を入れることができます。

先物取引はFXと同じく、レバレッジを組み入れることができます。レバレッジをかけることで何倍以上もの高額の取引が行えます。

レバレッジ取引とは?

レバレッジ取引とは自己資産は少なくても大きな資金を動かすことができる取引のことを指します。そのため、先物取引も本来はレバレッジ取引に該当するのですが、仮想通貨の取引の場合はFXのことをレバレッジ取引と呼称するのが一般的です。

レバレッジとはレバレッジ取引における倍率のことを指します。例えば、レバレッジが10倍だと、証拠金の10倍の金額の取引ができるようになります。

レバレッジ取引は差金決済となりますので、現物の引き渡しは行われません。投資家は買い注文、もしくは売り注文を行い、取引によって生じた利益を得る、もしくは損失を被ることになります。

板とは?

板とは、現在の買い注文や売り注文の状況を示した表のことです。

仮想通貨のリアルタイムの価格を知りたい時に役立ちます。板の現在の状況を見ることで、売買の状況を知ることができます。さらに、売値と買値の差を見ることで、スプレッドも知ることができます。

買い板とは?

取引所の板は買い板と売り板の2種類に分けることができます。1つの板で買い板と売り板の両方を同時に見ることができます。

基本的に、売り板は板の上側、買い板は板の下側に表示されます。

買い板には、仮想通貨を買いたい人の情報が表で示されています。現在、仮想通貨をいくらで、どの程度の量を買いたいのかという情報が買い板には記載されています。

この買い板の価格に対して、仮想通貨を売りたいという人が現れた時に売買が成立します。

売り板とは?

売り板とは、仮想通貨を売りたい人の現在の状況を表で示した板のことです。

売り板の現在の価格と数量を見ることで、仮想通貨を売りたいという勢力の現在の状況を把握することができます。

この売り板の価格に対して、買いたいという人が現れた時、売買が成立します。

スプレッドとは?

スプレッドとは、買値と売値の価格差のことです。

仮想通貨の買値と売値との間には常に差が生じています。通常、売値は買値よりも安くなります。それは、仮想通貨を買いたいという人はできるだけ安く買いたいと考え、売りたいという人はできるだけ高く売りたいと考えているためです。

スプレッドの差が大きく開いていると、不利なレートで売買が成立することになるので、注意が必要です。その反対で、スプレッドの差が狭いと、買値と売値との差が少なく済むので、有利なレートで取引できます。

「建玉」、「ポジション」とは?

建玉もしくはポジションとは、未決済の約定済みの注文のことです。

例えば、ビットコイン/円の通貨ペアでFXをする場合、1BTCの新規買い注文を入れ、約定すると、1BTC/円の買建玉を保有することになります。

現物取引と違い、FXでは差金決済となりますので、買い注文を入れたからといって実際にビットコインを得ることはできません。あくまでビットコインを買ったという注文の記録が残るだけです。

建玉のことを投資の世界ではポジションとも呼びます。ポジションは決済しない限り、利益も損失も確定せず、含み益もしくは含み損を抱えたままとなります。

利益が生じた際には必ず現在有保中のポジションを決済し、利益を確定させましょう。

ロングとは?

ロングとは、FXの世界で買いを意味する単語です。

例えば、ロングポジションを保有しているとは、買い建玉を保有しているとも言い換えることができます。

今後、価格が上昇すると思うのであれば、ロングポジションを保有することになります。ロングの反対はショートとなります。

ショートとは?

ショートとは、FXの世界では売りを意味する単語です。

例えば、ショートポジションを保有するということは、売り建玉を保有するという意味になります。

今後、価格が減少する見込みが高い時にショートポジションを保有することになります。ショートポジションを保有した後に価格が上昇すると、値上がりした分だけ含み損を抱えることになるので注意してください。

買い注文とは?

買い注文とは、投資の世界では買い建ての注文を出すことを指します。

例えば、ビットコイン/円の通貨ペアを対象にFX取引をする場合、今後ビットコインの価格が上昇すると思うのであれば、買い注文を出すことになります。

買い注文が成立し、約定となると、ロングポジションを保有することができます。

売り注文とは?

売り注文とは、投資の世界では売り建ての注文を出すことを指します。

例えば、ビットコイン/円のFX取引で、今後ビットコインの価格が下がるという時に売り注文を出すことになります。

売り注文を出し、注文が成立し、約定となると、ショートポジションを保有することになります。

約定とは?

約定とは、売買が成立したことを意味する単語です。

販売所と違い、個人対個人で取引をする板取引の場合、注文を出したからといってすぐに売買が成立するとは限りません。

時と場合によっては、ビットコインを買いたいという注文に対し、ビットコインを売りたいという人が現れず、注文が不成立に終わることがあります。

ビットコインを買いたい人と売りたい人、お互いの条件が一致することで初めて注文が成立するのです。この注文が成立した状態を約定と呼びます。

注文の種類

FXには注文の種類が複数あります。成行注文や指値注文、逆指値注文の使い方を習得することで、よりパフォーマンスの高い取引ができるようになるでしょう。

成行注文とは?

成行注文とは、特に価格を指定せず、その場の成行に任せて行う注文方法です。今すぐ約定させたい時に役に立つ注文方法です。

メリットはすぐに約定できるため、スピーディな売買ができる点にあります。デメリットは、価格を指定しないため、本人が想定していたのとは異なる価格で注文が成立するリスクがある点です。

「指値注文」、「逆指値注文」とは?

指値注文と逆指値注文は、どちらも価格を指定する注文方法です。

事前に指定した価格にならない限り注文されないので、想定通りの価格で約定できるというメリットがあります。

指値注文とは?
指定した価格まで上昇したら売り注文を出し、指定した価格まで下落したら買い注文を出すという注文方法
逆指値注文とは?
指定した価格まで上昇したら買い注文を出し、指定した価格まで下落したら売り注文を出すという注文方法

例えば、現在のビットコインの価格が100万円で、80万円まで下落したら買い注文を入れたいという時は、80万円のロングの指値注文を出します。すると、ビットコインの価格が80万円まで下落した時に、買い注文が入ります。

次にビットコインの価格が90万円を割ったら売り注文を出したいという場合、90万円のショートの逆指値注文を出します。

逆指値注文を出した後、ビットコインの価格が100万円から90万円まで下落すると、ショート注文が入ります。

指値注文と逆指値注文では、ロングとショートが入れ替わるので注意しましょう。

決済注文とは?

決済注文とは、保有中のポジションを決済するための注文のことです。

この決済注文を出さない限り、ポジションを保有し続けることになります。FXには期限がないため、決済注文を出さない限り、いつまでもポジションは残ります。

ただし、各取引所が定めるロスカットルールの条件が満たされると、決済注文を出さずとも、強制ロスカットが行われ、決済されるので気を付けましょう。

ロスカットとは?

ポジションを決済する方法は決済注文だけではありません。ロスカットでも決済ができます。

ロスカットとは、含み損が一定の水準を超え、取引所が定める証拠金維持率を割った場合、これ以上の損失の拡大を防ぐべく、取引所が強制的に決済を行う措置です。

ロスカットが発生すると、本人の意思に関係なく決済が行われ、損失が確定することになります。

証拠金とは?

ビットコインFXの取引をするためには、証拠金が必要となります。

証拠金とは、取引所に預けるお金のことで、投資家はこの証拠金を入金することで、はじめてFX取引が行えます。

証拠金の額は、レバレッジとその時の通貨の価値、そして取引数量によって異なります。

例えばビットコインの価格が100万円の時、レバレッジ10倍で、1BTCの取引をする場合、必要となる証拠金は10万円となります。計算式は次のようになります。

100万(BTC価格)×1(BTC数量)÷10(レバレッジ)=10万円(証拠金)

証拠金維持率とは?

証拠金維持率とは、ポジションの保有に必要な証拠金に対して占めている純資産額の割合のことです。

例えば、1BTCの価格が100万円で、レバレッジが10倍、取引数量が1BTCの場合、取引に必要な証拠金の最低額は10万円となります。

この状況下で、ビットコインFXの口座に10万円入れた状態で1BTCのポジションを保有すると、ポジション必要証拠金が10万円で、純資産額も10万円となりますので、証拠金維持率は100%となります。

証拠金維持率は次の式で計算できます。

証拠金維持率の計算方法
時価評価総額÷ポジション必要証拠金×100=証拠金維持率

FX取引をする場合、証拠金維持率が100%以上になるように入金することになります。

余剰金とは?

余剰金とは本来は余っているお金のことを指します。

FXの余剰金とは、純資産から証拠金を引いて残った金額のことを指します。

例えば、ビットコインFXの口座に100万円入っているとします。この時、証拠金が10万円ならば、余剰金は90万円となります。

この状況下で、価格が変動し、10万円の含み益が発生すると、余剰金は100万円まで増えます。その反対で、10万円の含み損が発生すると、余剰金は80万円まで減ります。

含み損が膨れ上がり、余剰金が無くなると、証拠金維持率が100%を割るので注意しましょう。

追証とは?

追証とは、追加証拠金のことです。

FXで含み損が発生し、証拠金維持率が100%を割ると、必要となる証拠金よりも純資産の方が少なくなります。この不足分に対して追加すべきお金のことを追証と呼びます。

例えば、純資産が10万円で証拠金が10万円だったとします。この時点では証拠金維持率は100%です。その後、5万円の含み損が発生した場合、証拠金維持率は50%となり、5万円分の追証が発生します。

もしも追証が発生した場合、期限内までに入金し、追証を解消する必要があります。追証が解消できない場合、ロスカットルールが発動します。

トレードに関する知識

ビットコインFXのトレーダーは、トレードで利益を出すための手法を知っています。そのトレードの手法さえ知っておけば、FXが初めてという方でも、損失を最小限に抑えつつ、利益を伸ばすことができます。

これからはじめてビットコインFXをやるのであれば、損切りやテクニカル分析などのトレードのための知識を習得しましょう。

損切りとは?

損切りはビットコインFXでもっとも重要なテクニックです。

損切りとは、損失が発生した時に決済注文を出し、損失の拡大を未然に防ぐテクニックのことです。損切りができないと、損失が拡大し、やがては取り返しがつかないほどの大損を被ることになります。そうなる前に、必ず損切りをしましょう。

テクニカル分析とは?

テクニカル分析とは、FXの分析手法の一つです。

経済指標など、基礎的な指標を読むことで将来の価格を予想するファンダメンタルズ分析と異なり、テクニカル分析では過去の価格や出来高、チャートの動きなどを見て、将来の価格を予想します。

テクニカル分析の手法は複数あります。例えば、フィボナッチを使った手法などがあります。

フィボナッチとは?

フィボナッチとは、フィボナッチ数列のことです。

フィボナッチ数列とは、自然界でよくみられる数学的な現象のことです。例えば、花びらの枚数はフィボナッチ数列になることが多いとされています。

自然現象でよくみられる法則ならば、FXでもきっと使えるだろうと考え、チャートに導入したのがフィボナッチです。

例えば、フィボナッチ・リトレースメントでは、フィボナッチ数列を基準に比率を設定し、抵抗帯と支持帯を引くことになります。この抵抗帯と支持帯を見て、今後の価格を予測することになります。

出来高とは?

出来高とは、売買が成立した取引の総数のことです。

例えば、ビットコインを100枚買いたい人と、ビットコインを100枚売りたい人がいたとして、この取引が成立すると、出来高はビットコイン100枚となります。

出来高はあくまで取引の総数となりますので、出来高が多いからといって、ビットコインの価値が上がるというわけではありません。むしろ、売りの勢いが強い時に出来高が増えると、出来高に比例してビットコインの価格が下落することになります。

出来高を見ても仮想通貨が上がるか下がるかは基本的にわかりません。

ただ、出来高が増えるとういことは、取引が活発になっている証左でもあります。出来高が増えると、大きな価格変動が発生する可能性が高くなります。

ファンダメンタルズ分析とは?

ファンダメンタルズ分析は、過去の価格や出来高を参考に将来の価格を予測するテクニカル分析とは対称的な分析手法です。

ファンダメンタルズ分析とは、経済の基礎的な要因を分析することで、将来の価格を予測する手法のことです。

ファンダメンタルズ分析をする場合、国の経済状態や企業の財務諸表などを対象に分析を行います。

例えば、特定の国家の経済状況が悪化し、インフレが進んでいる場合、法定通貨の価値が下がるので、その代替通貨としてビットコインの価値が将来的に上がるだろうと予測することができます。

経済の基礎的な要因を分析するという手法のため、経済に対する専門的な知識と経験、そして洞察力が求められる分野です。

売買手数料とは?

売買手数料とは、取引をする毎に発生するコストのことです。

仮想通貨の取引をする場合、Taker・Makerと呼ばれる手数料が発生します。

Taker・Maker手数料とは?

Taker・Maker手数料は、板取引をする時に発生する手数料のことです。

Taker手数料は、既に注文板にある価格で注文をしたときに発生する手数料のことです。要するに成行注文をする時に発生する手数料のことです。

次にMaker手数料とは、注文板に価格を並べる時に発生する手数料のことです。要するに、指値注文もしくは逆指値注文を行う際に発生する手数料のことです。

注文といっても、約定しなければ手数料は発生しません。これらの手数料は約定してはじめて発生します。

Taker手数料もMaker手数料も、どちらもコストは同じであることがほとんどです。ただ、取引所によっては手数料が異なるケースも存在します。

まとめ

ビットコインFXには専門用語が多く存在します。最初は何を言っているのか理解し辛いかもしれません。

しかし、一旦専門用語を習得し、その意味を理解できるようになると、どうすればビットコインFXで利益を出せるようになるのかを学びやすくなります。

専門用語を学ぶことで、はじめてビットコインFXの仕組みやメリット、デメリットを深く理解することができるのです。

記事がお役に立てたらいいねしてください♪

[email protected]で最新の投資情報や限定情報を配信します

\友だち追加してもユーザー名は表示されません/

友だち追加

【登録者急増中】ビットポイントに登録で3,000円GET

bitpoint

 

登録者急上昇中のBITPoint(ビットポイン)ならリップルやイーサリアムの取引手数料が無料です!面倒な税金の計算も自動で出力可能です。

 

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

bitbank

 

 

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事