今が旬の仮想通貨取引所ランキング
国内・海外の仮想通貨取引所おすすめランキングを紹介しています。

仮想通貨の投資というと、2017年までは現物取引が主流でした。というのも、それまでのビットコインというと、常に価格が上昇しており、購入して放置するだけで利益を得ることができたからです。

しかし、2018年以降、ビットコインに限らず、あらゆる仮想通貨の価格が不安定になりました。一時的に値上がりすることもあれば、急落して価格が落ち込むこともあります。

このような不安定な相場で儲けを出すためには、ただ仮想通貨を購入するだけでは不十分です。時には下降トレンドにも対応した投資手法が求められます。

ビットコインの価格が落ちている時、現物取引で利益を出すことはできません。

しかし、FXならば、価格が下落している最中であってもキャピタルゲイン(売買による利益)を狙うことができます。そればかりか、レバレッジをかけることで資金以上の利益を狙うことも可能です。

ここではビットコインFXの仕組みや取引方法について解説します。

ビットコインFXとは?

ビットコインFXとは、仮想通貨のビットコインを対象としたFXの取引のことを指します。

国内の取引所でFXをする場合、通貨ペアは主にビットコイン/円のみとなります。しかしDMM Bitcoinなど、一部の取引所ではビットコイン以外の仮想通貨の取引も可能なため、アルトコインFXができます

ビットコインFXを始めることで、レバレッジを活かしたハイリスクハイリターンな取引が行えるようになります。さらに、価格が上昇した時のみならず、下降トレンドが発生している時であっても、ビットコインFXならば儲けを出すことができます。

Lightning FX

引用:ビットフライヤー

もちろん、ビットコインFXで利益を出すためには、それ相応の知識が必要です。まだビットコインFXをやったことがないという方は、取引をする前にまず仕組みや取引方法などを調べておきましょう。

初心者でも稼ぐことができるか?

まず結論から述べると、ビットコインFXは初心者では、ほとんど稼げないです。もちろん、運が良く、たまたま勝つことはできるでしょう。ただ、そのようなビギナーズラックは長く続きません。

そもそも、FXで勝率100%を実現することはプロでも不可能です。始めたばかりの初心者が連勝することなどまずできません。

しかし正しいトレード手法を学ぶことで徐々に利益を出せるようになります。はじめは誰でも初心者ですので焦らずに少しずつFX取引に慣れていきましょう。

最低資金はどのくらい必要か

ビットコインFXに必要な最低資金は取引所によって様々です。ここではGMOコインを参考に最低金額を解説します。

GMOコインの最大レバレッジは10倍で、最小注文数量は0.01BTCです。

仮にビットコインの価格を1BTCあたり100万円とするとして、0.01BTCの取引をする場合、現物取引ならば1万円が取引に必要な金額となります。

この必要となる金額が、FXではレバレッジをかけた分だけ縮小されます。レバレッジを10倍に設定した状態でFXをするのであれば、1万円は必要な取引が1000円からでも取引できるようになります。

レバレッジが高く、さらに最小注文数量が低い取引所ほど、少額からの取引ができるということです。その反対で、レバレッジが低く、最小注文数量が高い取引所ほど、FXに必要となる最低金額は高くなります。

レバレッジを最大に設定すれば、どこの取引所であってもだいたい1万円もあればビットコインFXを始められます。

ビットコインFXの仕組み

ビットコインFXをするにあたり、まずその仕組みを理解する必要があります。

ビットコインFXとは要するにビットコインを対象としたFX取引のことなのですが、そもそもFXとはどのような取引なのでしょう?

FXとは外国為替証拠金取引のことで、為替レートの差を利用して儲けを出す取引のことです。例えばビットコインが100万円の時に買い、110万円まで上昇した後にビットコインを売れば、10万円分の差益を得ることができます。

ここまでは現物取引と同じなのですが、FXの場合は買いだけでなく、売りからでも注文を入れることができます。

例えば、ビットコインの価格が100万円の時に売り90万円まで下がった時に買い戻すことで、10万円分の差益を稼ぐことができます。

なぜFXでは、保有していないビットコインを売ることができるのかというと、それは取引所からビットコインを借りているからです。

ビットコインFXでは、取引所に証拠金を預け、レバレッジをかけることで、証拠金以上の取引が可能となります。例えば証拠金が10万円で、レバレッジが10倍ならば、最大で100万円分の売買ができるということです。

たとえ自身がビットコインを保有していなくても、取引所よりビットコインを借り受けることで、新規売り注文を出すことができます。

レバレッジをかけ、高額の取引をすると、現物取引で得られる以上の利益を獲得することができます。ただし、思惑を外すと、損失も倍になって跳ね返ってきますので注意してください。

普通のFXとビットコインFXの違い

ビットコインFXと普通のFX、つまり外為との違いはほとんどありません。

基本的な仕組みはほぼ同じのため、今まで外為をやっていた投資家がビットコインFXを始めるにあたり、注意する点はありません。

ただし、ビットコインFXは外為と違い、スワップポイントは基本的にマイナスです。ロングポジションだろうとショートポジションだろうと、時間の経過と共にスワップ手数料が発生します。

これが外為の場合、金利の高い通貨ペアのポジションを保有し続けると、スワップ収入を得ることができます。しかし、ビットコインFXにはスワップ収入がありませんので、注意してください。

ただし、ビットコインFXには外為にはない強みがあります。それは、土日や年末年始も取引できるという点です。

外為は土日と年末年始が基本的にお休みなのですが、ビットコインFXは土日も年末年始も取引可能です。そればかりか、FX会社と違って24時間一分の隙も無く取引できます。

これがFXの会社の場合、午前5時30分から午前6時00分まで取引できないなど、僅かですが取引できない時間帯が生じます。ビットコインFXの場合、メンテナンスなどを除き、取引できない時間は原則としてありません。そのため、24時間常に取引できます。

ただ、ビットコインFXは外為と比較して、スプレッドが大きいというデメリットがあります。日本のFX会社のスプレッドは海外と比較しても非常に狭く、投資家は常に低コストな取引が可能です。

その一方で、ビットコインFXはどの取引所であっても基本的にスプレッドが広いです。そのため、外為と比較すると、ビットコインFXはスキャルピングがし難いというデメリットを抱えています。

このように、外為とビットコインFXは仕組みこそ同じですが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

外為FXとの違い
  • ビットコインFXはスワップポイントによる収益が得られない
  • 年中無休でトレードができる
  • 外為と比較するとスプレッドが大きい

現物取引とビットコインFXの違い

現物取引とビットコインFXの違いというと、まずビットコインFXには新規売り注文があるため、価格が落ちている時であっても利益を出すことができます。

その一方で現物取引の場合、新規注文は常に買いからとなりますので、価格が上昇している時でないと差益を狙うことができません。

さらに、現物取引は資本金の範囲内でしか取引できませんが、FXはレバレッジをかけることで資金以上の高額の取引ができます。

このように、一見するとビットコインFXにはメリットが多くあります。ただ、デメリットもあるので注意しましょう。

例えば、ビットコインFXにはロスカットルールがありますので、唐突な価格の急変で高額の含み損を抱えると、取引所によって強制的にロスカットされてしまいます。

これが現物取引の場合、たとえ相場が急落したとしても、すぐに決済せず、長期にわたって保有し続けることで、ピンチを凌ぐことも可能です。しかし、FXの場合、ロスカットが発生すると問答無用で決済されるため、本人の意思に関係なく損失が確定するというデメリットがあります。

このように、FXには一長一短があるのです。

ビットコインFXのメリットと成功事例

ビットコインFXは現物取引と違い、売りから注文を入れることができます。そのため、ビットコインの価格が下落している時、例えば2018年5月に発生した下降トレンドなどは、まさにビットコインFXで儲けるにはうってつけのタイミングでした。

例えば、5月初旬のビットコイン価格が107万円だった時に新規売り注文を入れ、5月後半の80万円代の頃に決済をすれば、20万円以上の差益を得ることができます。

この時、たとえ資金が110万円しか無かったとしても、レバレッジを10倍にすると、1100万円ある前提で取引ができます。つまり、110万円しかなかったとしても10BTCの取引ができるということです。

100万円の時に10BTCの新規売り注文を入れ、80万円の時に決済をすると、20万円(差益)×10(レバレッジ)=200万となりますので、わずか一ヶ月で200万円もの利益を獲得できた計算になります。

たとえ資金が10万円少々しかなかったとしても、レバレッジを10倍にし、新規売り注文を入れて差益を獲得すれば、20万円もの利益を得ることができた計算となります。

このように、ビットコインの下落は現物取引をしている投資家からするとピンチな展開ですが、ビットコインFXをしている投資家からするとチャンスとなる場面なのです。

それも、レバレッジをかけることで、倍以上のリターンを狙える大きなチャンスでもあります。

ビットコインFXのデメリットと失敗事例

確かにビットコインFXは思惑通りに進めば、短期間で高額のリターンを狙える取引です。しかし、思惑を外すと、レバレッジがかかっている分、損失も大きくなります。

例えば、5月は大きな下降トレンドが発生した月でしたが、もしもここでビットコインの価格が上がると思い込み、ロングポジションを入れた場合、どうなったでしょう?

ビットコインの価格が100万円の時に10BTCのロングポジションを保有し、80万円まで下落すると、200万円もの大損を被ることになります。

これが現物取引ならば、たとえ200万円の損失を抱えることになったとしても、長期間保有し続けることで、価格が回復するまで待つという戦術を取ることができますが、FXではそれができません。

なぜならFXにはロスカットルールがあるからです。ロスカットとは、一定額以上の損失が発生すると、取引所が強制的に決済をし、損失を確定させる行為のことです。このロスカットルールがある限り、損失を放置するという選択肢はFXにはありません。

例えば、GMOコインのロスカットの条件は、証拠金維持率が75%を下回った時です。仮にレバレッジを10倍に設定するとして、その状態でBTCの価格が100万円の時に10BTCの取引をするためには、証拠金は最低でも100万円必要です。

この場合、100万円の証拠金があってはじめて証拠金維持率は100%となります。しかし、ポジションを保有した後に相場が急変し、含み損を抱え、証拠金維持率が75%を割ると、GMOコインはロスカットルールを発動させることになります。

今回の場合ならば、証拠金が75万円を割った段階でロスカットルールが発動し、強制決済となります。

このロスカットルールがあるため、たとえ思惑を外したとしても、ロスカット以上の損失が発生することは原則としてありません。

そのため、確かに今回の事例では一見すると200万円もの大損を被りそうなのですが、実際にはロスカットルールがあるので、強制ロスカットの水準以上の損害は受けないでしょう。

ただし、ロスカットルールの基準が緩い取引所を利用すると、壊滅的な大損を迎えるまで、強制的に決済してくれない恐れがあります。特に、サーバーが不安定な取引所を使用すると、強制ロスカットの発動までに時間がかかり、損失が拡大するリスクがあるので注意しましょう。

FXでもし思惑を外したらどうしようと悩んでいるのであれば、ロスカットルールが厳しい取引所を選びましょう。ロスカットルールが厳しい取引所ならば、大損する手前で取引所が強制的にロスカットし、損失を食い止めてくれます。

ロスカットルールが厳しい取引所というと、Bitpoint(ビットポイント)DMMBitcoinがあります。

ビットポイントのロスカットの基準は100%と厳しい水準です。DMMビットコインは80%と、やや厳しめですが、取引には支障のない水準です。

ロスカットルールが厳しい取引所
  • Bitpoint(ビットポイント)
  • DMMBitcoin

ビットコインFXを始める前に知っておくべき用語集

FXをこれから始めるのであれば、

  • スプレッド
  • レバレッジ
  • ロスカット
  • 建玉

の4つの用語を覚えておきましょう。

スプレッド

スプレッドとは、買値と売値の価格差のことです。ビットコインの価格は買値と売値との間に差があり、それをスプレッドと呼びます。

買値はASK、売値はBIDとも呼びます。このスプレッドが広い取引所を選ぶと、取引をする毎にスプレッド分のコストがかかりますので、常に不利なレートを強いられます。取引をするなら、スプレッドは狭いに越したことはありません。

レバレッジ

レバレッジとはFXにおける倍率のことです。レバレッジが高いと、証拠金が少なくても、より高額の取引ができます。

レバレッジが10倍だと証拠金の10倍の資金がある前提で取引できます。レバレッジを上げれば上げるほど、一回の取引で得られる利益が大きくなります。同時に、損失も倍になりますので注意してください。

ロスカット

ロスカットとは、含み損が特定の額に達した時に、取引所が強制的に決済をし、損失を確定させることです。

ロスカットがあれば、相場が急変したとしても、取引所が強制的に決済をしてくれるので、助かります。ただし、ロスカットの基準が厳しすぎると、ちょっと含み損を抱える度にロスカットが発動し、勝手に決済されるため、面倒です。

ロスカットは厳しすぎず、緩すぎない程度がちょうど良いでしょう。

建玉

建玉とは、新規注文を入れ、約定したモノのうち、まだ決済されていないモノのことを指します。買い注文の建玉は買い建て玉、売り注文の建玉は売り建て玉と呼びます。

建玉を保有し、価格変動によって利益が生じたら決済をしましょう。決済注文が完了後、差益を得ることができます。建玉は、ポジションとも呼びます。

ビットコインFXの始め方

ビットコインFXを始めるためには、ビットコインFXができる取引所の口座が必要になります。

取引所といっても様々ですが、安全性を考えるならば金融庁より認可を受けている国内の取引所を選びましょう。

取引所の口座は、運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなど、身分を証明できる書類があれば、すぐにでも口座を開設できます。

口座の開設が完了後、取引に必要なお金を入金すれば、いつでもビットコインFXを始められます。

ビットコインFXが使いやすい仮想通貨取引所に登録する

これからビットコインFXを始めるのであれば、チャートや取引ツールが使いやすい取引所がオススメです。

国内でFXができる取引所は複数あるのですが、その中で特に初心者にオススメの取引所というと、DMM BitcoinGMOコインの2社です。

この2社はFX会社としての実績やノウハウが豊富な取引所ということもあってか、初心者でも使いやすい取引ツールが揃っています。ロスカットの基準も可もなく不可もない水準となりますので、初心者であっても安心してFXに専念できるでしょう。

この2社が提供する取引ツールのクオリティは非常に高く、特にスマホで取引できるアプリが使いやすく、オススメです。このアプリさえあれば、パソコンがなくてもビットコインFXができるほどです。

取引ツールが使いやすく、スマホツールも充実しているDMM BitcoinとGMOコインは、まさに初心者ほどオススメの取引所です。

初心者にオススメ取引所
  • DMM Bitcoin
  • GMOコイン

DMM BitcoinでFXのやり方を解説

ここではDMM Bitcoinを参考に、ビットコインFXのやり方を解説します。

DMM Bitcoinといえば、大手FX会社のDMM.com証券と同じDMM.comグループの取引所です。FX会社としての経験が豊富ということもあってか、取引ツールはとても使いやすく、チャートも親切なデザインで見やすいです。

さらに、販売所ということもあってか、約定率が高く、注文が通りやすいです。決済の注文もやりやすいので、ビットコインFXをするにはうってつけのトレード環境があります。

DMM BitcoinでFXの取引をするためには、まず新規注文を入れる必要があります。

新規注文を入れる場合、まず数量を入れます。次に、価格が上がると思うなら「買Ask」、価格が下がると思うなら「売Bid」をクリックします。これで注文は完了です。

DMM Bitcoin 注文が成立すると、ポジションを保有することができます。ポジションを保有後、利益が出たら決済の注文を入れましょう。そうすることで差益を得ることができます。

取引の流れは、新規注文を入れる、その次に決済をするという手順となります。決済をしないと利益も損失も確定しません。相場が急変するとロスカットの対象にもなるため、取引を終える際には未決済のポジションがないか、しっかりと確認しておきましょう。

法人口座開設におすすめの仮想通貨取引所はこちらで紹介しています。

自分に合ったトレード手法・チャート分析を探す

FXの手法といっても一つではありません。プロのトレーダーの数と同じくらい、FXの世界には数多くの手法があります。手法に正解はありません。もっとも使いやすい手法とは、自分との相性が良い手法です。

たとえ優秀なトレーダーが勧めている手法だからといって、自分との相性が悪いならば、その手法は使わない方が良いでしょう。

例えば、できるだけ低リスクで、安全な取引をしたいならトレンドフォロー系の手法を採用すると良いでしょう。

逆張りと違い、順張りは一回あたりに獲れる利益は小さいかもしれません。しかし、トレンドに乗ることで、常に高い勝率を維持することができます。

ただ、順張りを主軸に取引をするのであれば、それに相応しいチャートを使用する必要があります。トレンド系の指標というと、単純移動平均線や指数平滑移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表などがあります。

テクニカル指標は他にも様々あります。ただ、取引所によっては、扱っているテクニカル指標の数や種類に違いがあります。取引所を選ぶ際には、どのようなチャートツールがあるのか、事前にチェックしておきましょう。

自分が勝ちやすい手法やチャートツールを見つけ、実践することが、利益を増やすための堅実な方法となります。

勝てない理由はマインドにある。大損しないための心得

FXでは絶対にやってはいけないことがあります。それは感情的な取引です。

例えば、なんとなく上がりそうだから買う、もしくはなんとなく下がりそうだから売るなど、根拠が薄弱で、感情に任せたトレードをすると確実に負けるので絶対に止めましょう。

特に、負けている時ほど人は感情的になりやすく、失敗を重ねやすいです。もしもトレードに失敗し、損失を出してしまった時は、一度取引を止め、冷静になりましょう。

どれほど優秀な手法を使っていたとしても、感情的になっていると、手法は効果を発揮できません。取引をする時は、常に冷静でいてください。

トレードをする際には、なぜ価格が動くと思うのか、根拠をもって取引してください。

ポイント
  • 根拠のない感情的な取引はNG!
  • また根拠のあるトレードだったとしても、負ける確率は必ずある

FXの世界で勝率100%は不可能です。どれほど勝率の高い手法であっても、負ける確率がある以上、トレーダーは常にトレードに失敗した時の行動を想定しておくべきです。

新規注文を入れたものの、これぐらいの損失が発生したら負けとみなし、決済をするなど、損切りのためのルールを必ず作っておきましょう。

売買のルールを一旦決めたら、必ずその売買ルールの通りに行動しましょう。

ルールを作ったものの、やっぱりここは上がりそうだから買うなど、ルールを無視した行動を取ると、負ける確率が大幅にアップします。

しかし、ルール通りに行動をしている限り、損失は常にルールの範囲内で済みますので、損失を最小限に抑えられます。

トレードをする際には自分の感情で判断せず、売買ルールや手法に則って取引をする、これがFXで負けないための心得です。

正しいルールを遵守すること、これができないとFXで儲けを出すことは難しいです。

利益が出たら税金を払おう

ビットコインFXの取引によって生じた利益は現行法によると、雑所得に区分されます。利益が出たら、必ず税法に従って税金を払いましょう。

もしも税金の支払いが遅れたり、確定申告を怠ると、無申告加算税延滞税が加算され、本来払うべき金額以上の税金を支払うことになります。場合によっては、利益がほとんど残らない可能性すらあります。

そもそも納税は国民の義務です。利益が出たら、必ず納税しましょう。

まとめ

ビットコインFXには現物取引にはないメリットがあります。レバレッジをかけることでハイリスクハイリターンな取引ができる他、新規売り注文を入れることで下降トレンドが発生時であっても利益が出るなど、様々なメリットがあります。

もちろん、ビットコインFXにはデメリットもあります。ロスカットルールがあるため、一定額以上の損失が出ることはないのでしょうが、それでもレバレッジがかかっている分、思惑が外れた時の損失は現物取引の倍以上です。

もしも取引に失敗すると、再起不可能なほどの大損を抱えることになりかねません。それだけに、FXを始める際には必ず利益が出やすい手法や売買ルールを習得しましょう。

感情的にならず、冷静に正しいトレード手法に則って取引をしている限り、大損することはありません。それどころか、適切に資産を管理できれば、現物取引以上の利益を得られるでしょう。

記事がお役に立てたらいいねしてください♪

[email protected]でエアドロップ情報や限定情報を流します

友だち追加

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事