仮想通貨が注目される前、マイニング(採掘)は一部のPCマニアが趣味として行っていました。コンピュータの専門用語が飛び交う世界には、なかなか入りづらいのではないでしょうか。

パソコンを自作した経験がある人にとっても、パーツごとの収益性を調べるのは大変なことです。

 初心者のうちに自分に合う採掘法を選択しておけば、手持ちの資金額に合わせて・楽しくマイニングすることが出来ます。

ポイント
  • 4つのマイニング方法
  • おすすめの仮想通貨/PCパーツ/マイニング業者紹介(採掘方法別)

初心者におすすめのマイニング方法

仮想通貨のマイニング(採掘)方法は、大別すると4つあります。

  1.  GPUマイニング
  2. CPUマイニング
  3. ASICによるマイニング
  4. クラウドマイニング

 ①と②は自分のパソコンで、③は「マイニング専用機(ASIC)」を使って採掘する方法です。

④の場合、仮想通貨の採掘そのものはマイニング業者に任せます。この業者に投資する代わり、配当として各種仮想通貨をもらいます。

 それぞれの特徴を表にすると、以下の通りになります。

 

  GPU CPU ASIC クラウド
必要なPCパーツまたは設備 グラフィックボード(グラボ) CPU(どのPCにも搭載されているもの) ASIC(マイニング専用集積回路) 特になし
電気代の負担 有(大) 有(中~大) 有(業務レベル) なし
設備投資 有(7~20万円) (0~7万円) 有(8~60万) 有(2,000円~)
マイニング中の音 中~大 なし
PC知識レベル 中~上級者レベル 初心者~中級者レベル 中~上級者レベル 不要
採掘できる仮想通貨の種類 ほぼ全種類 ほぼ全種類

(現実的にはCryptnightなど一部のハッシュアルゴリズムのみ)

ASIC耐性のない通貨のみ 業者による

(1~6種類程度)

資金回収期間 6カ月~1年 3ヵ月~1年

(初期投資金額が大きいほど回収期間も短くなる)

リスク 電気代や初期投資による赤字 元本割れ(赤字)

マイニング業者へのハッキング

詐欺業者に投資してしまう可能性

▶横にスクロールできます▶

4つの方法のなかで特に初心者におすすめ出来るのが、CPUマイニング・クラウドマイニング2種です。

これらに加えて、ただウォレットに入れておくだけで配当を得られる仮想通貨も存在します。

こうした配当型仮想通貨はLISK(リスク/LSK)を含む一部の仮想通貨では「フォージング(鋳造)」や「VOTING」とも呼ばれています。

 CPUマイニング・クラウドマイニング・配当型(PoS)仮想通貨のそれぞれについて、以下で解説します。

CPUマイニングにおすすめのPCパーツ&仮想通貨

miningPCはもちろんスマホやタブレットにも、人間に例えるなら「脳」に当たるパーツが存在します。これをCPUと呼びます。

つまり、今この記事を閲覧しているパソコンで、すぐにマイニングを始めることが出来ます。

CPUマイニングにおすすめの仮想通貨

採掘方法に関わるのが、それぞれの仮想通貨で決められているハッシュアルゴリズムです。

CPUGPUそれぞれに適したアルゴリズムが存在します。なかでもCPU向けなのが、以下のアルゴリズムです。

Yescrypt

おすすめの仮想通貨:BitZeny(ビットゼニー/ZNY

…CPUマイニング専用アルゴリズムとして開発されたものです。現在はGPUASICによるマイナー(採掘者)も出現していますが、依然としてCPU向けの性質を持つアルゴリズムです。

CryptoNight

おすすめの仮想通貨:

Monero(モネロ/XMRBytecoin(バイトコイン/BCN

Fantomcoin(ファントムコイン/FCNAeon(イーオン)

投資家ではない一般マイナーを強く意識した、採掘しやすいハッシュアルゴリズムです。性質上、GPUよりもCPUで採掘したほうが初期投資の採算がとりやすくなっています。

 利回りから採掘する仮想通貨を選ぶ方法として、最も簡単なのは

MinerGateSmart Miner modeを利用することです。

mining

パソコンにインストール・メールアドレス登録までの手順を踏めば、ワンクリックでマイニングを始められます。

採掘する仮想通貨を人力で比較検討する必要はなく、MinerGateが対応する仮想通貨のなかからリアルタイムで収益性の高い種類を選んでくれます。 

次に、おすすめのCPUを紹介します。

CPUを買い替える場合…RyzenとIntel、どちらがおすすめ?

市場で流通しているメーカー製・BTOパソコンの大半は、インテル製CPUを搭載しています。これに対してRyzen(ライゼン)製は

  •  ゲームや動画編集向けの性能
  • グラフィック機能はなし

 2つを特徴とし、自作PC市場ではインテルに比肩する人気CPUです。

20185月現在の各メーカー売れ筋CPUを確認してみましょう。

引用;価格.com(5月27日現在)

 1位のRyzen7-2700X4位のCorei7-8700はいずれもハイエンドCPUで、ベンチマークスコアも同等です。

mining

参考:UserBenchmark

 処理能力においてはRyzen7-2700Xのほうが上で、計算スピードはCorei7-8700に軍配が上がります。

他にも、「オフィスソフトを使いながら動画視聴する・デュアルディスプレイを使う」といったことはintelCPUのほうが得意です。

一方、マイニング専用機として考えた場合、同価格帯なら処理能力が優れることの多いRyzen製のほうが有利です。

 現在流通している一般向けハイエンドCPUなら、Ryzen7-2700Xがおすすめです。

クラウドマイニングにおすすめの2社紹介

クラウドマイニング業者の提示したプランに合わせてお金を支払うと、最短で翌日からマイニング報酬を出金できます。

知識不要・資産運用する感覚でマイニングできるのが人気の理由で、どの業者もプラン在庫切れが頻発しています。ここでは、人気業者3社を紹介します。

GenesisMining(ジェネシスマイニング)

mining

GenesisMining(ジェネシスマイニング)は香港のマイニング業者で、ビットコインを含む以下6種類の仮想通貨を採掘しています。

  1.  ビットコイン(BTC
  2. イーサリアム(ETH
  3. ライトコイン(LTC
  4. ダッシュコイン(DASH
  5. ZCash(ジーキャッシュ/ZEC
  6. Monero(モネロ/XMR

ビットコインのプランは、マイニング期間に制限なし・一度契約すると永続的に採掘してくれます。(その他通貨は2年契約)

採掘できる仮想通貨の種類も他業者に比べて豊富で、基軸通貨がビットコインから他へ変わった後のことを見据えたい人にも、おすすめできます。

HashFlare(ハッシュフレア)

mining

HashFlareは、報酬を再投資する運用法を選べることで人気があります。

マイニングできる仮想通貨は以下5種類です。

  1.  ビットコイン(BTC
  2. イーサリアム(ETH
  3. ライトコイン(LTC
  4. ダッシュコイン(DASH
  5. ZCash(ジーキャッシュ/ZEC

ハッシュレートを自分で細かく設定して投資できるため、少額から投資してみたい人におすすめできます。

おすすめの配当型(PoS)仮想通貨

現状のマイニングには、「より高性能なパソコン・ASICを導入した人が報酬を独占してしまう」という問題が指摘されています。

これを受けて、PoW(プルーフ・オブ・ワーク)からPoS(プルーフ・オブ・ステーク)へと移行する仮想通貨が増えてきています。

 PoSを導入している仮想通貨だと、指定のウォレットに入金しておくだけで配当がもらえます。「報酬目当ての採掘者ではなく、通貨ホルダーの貢献度を高く評価しよう」という試みのひとつです。

 代表的な配当型仮想通貨は、以下の通りです。

仮想通貨の種類 配当対応ウォレット 配当計算ツール 配当の条件
NEO(ネオ) Neon Wallet含む各種公式ウォレット NEOTOGAS 対応ウォレットで保有
LISK(リスク/LSK Lisk Nano Wallet

Lisk Hub

Lisk Wallet Sponsored by GDT(iOS/Android)

 

なし 投票(Voting)または鋳造(Forging)
QTUM(クアンタム) Qtum Wallet Staking Calculator For QTUM 対応ウォレットで保有・ステーキング(Staking)の初期設定をする
OKCash(オーケーキャッシュ/OK OK wallet 計算式(フォーラム) 対応ウォレットで保有

 ▶横にスクロールできます▶

これらのほか、カルダノ(またはエイダコイン/ADA)もステーキング実装の準備に入っています。20184月末日までテストに参加するADAホルダーを募っており、同年7月以降にテスト開始・段階的に正式リリースするとしています。

miningカルダノステークプール登録

まとめ

コンピュータ知識のない初心者でも、今からマイニングで利益を出すことは十分可能です。自分で仮想通貨を採掘するのではなく、業者に代行してもらう「クラウドマイニング」という方法もあります。

 ・初期投資額にあった方法を選ぶ

・コンピュータ知識を仕入れる時間もコストに含まれる

 無理にGPUASICマイニングを始めても、マシンの勉強時間という別の形のコストがかかります。

まずは気軽にCPUで採掘してみたり、マイニングではなく配当型(PoS)仮想通貨をホールドするという方法も検討してみましょう。

記事がお役に立てたらいいねしてください♪

[email protected]でエアドロップ情報や限定情報を流します

友だち追加

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事