Bitpoint

 

BITPoint(ビットポイント)で口座開設を行うと期間限定で3,000円分のビットコインがもらるキャンペーン実施中!

ロシアで5年に及ぶ運用実績があり、今最も勢いのあるマッチングアプリDenim(デニム)の開発チームのICO「DateCoin(デートコイン/DTC)」ご紹介します。

マーケティング戦略に優れ、2021年には世界23カ国で展開・ユーザー総数2,000万人達成すると掲げており、DateCoin(デートコイン)はICO格付けサイトで軒並み高評価を得ています。

今後のグローバル展開でユーザーが増加し、DateCoin(デートコイン)を利用することになれば、トークンの価値はグンッと上がることでしょう。

しかし日本では詳しく紹介しているサイトが少ないため知名度が低い状態です。

ここでは、セール中のトークン「DateCoin(デートコイン/DTC)」について

・仮想通貨としてのスペックや使い道

・プロジェクトの構想

を紹介し、将来性を分析します。

ICO格付けサイト「ICObench」での評判

DateCoin

DateCoin(デートコイン/DTC)は各種評価サイトでも高いスコアを出しています。

まずは利用者が多いICO評価サイト『ICObench』の評価を見てみましょう。

DateCoin

「意思決定についてのシステムを明確に提示していて、トークンの高い流動性を保証するシステムも分かりやすい。多くのICOは公開しない情報だ」

DateCoin

「すでに多数のユーザーがアプリを利用していること・チームで5年の経験を積んだことがこのプロジェクトの良い点だ。これらは企業の長期安定性に寄与する」

DateCoin

「2018年3月、ドバイのカンファレンスで会ってきた。このチームは管理・運用の両方において、高いレベルの才能を持っている。ビジョンが素晴らしい。近年の出会い系プラットフォームは新機能を提供していないがDateCoinは既存の機能のレベルを向上し、ユーザーにとって安全で透明性の高いものにするだろう」

※一部を意訳

チーム構成に対する賞賛が特に多く見られます。他の高評価ICOに比べてコメントが多く、注目度も高いことが分かります。

まずはICObenchでのコメントのほかに、ホワイトペーパーで評価できる点を挙げます。

本気で出会えるマッチングアプリ「DateCoin」の概要を解説

出会い系サイト・マッチングアプリの需要は高く、今後も市場規模の拡大が進むと考えられています。

DateCoin

ネットを通じて恋人を探すサービスの市場規模は、2017年に48.8憶ドルを記録しました。2019年にはおよそ58.9憶ドルにも成長すると言われています。

また、投資家や経営視点を持つ人々だけではなく、ユーザーにもメリットがあります。

2013年に米国で行われた調査によると、ネットで出会ったカップルのうち破局した組は5.9%でした。

現実でマッチングした組では7.6%という結果が出ており、「ネットで出会ったほうが将来性のある関係が築ける」という見方が出来ます。

参考:MarketWatch

出会い系サイト・マッチングアプリの問題点

DateCoin

しかし出会い系サイト・マッチングアプリには、依然として後ろ向きなイメージがあります。サービス内で発生する、以下のような問題が原因です。

問題点1:サクラやBotの存在

男性の有料サービス利用を促すため、サービス側で女性役を用意する例があります。

出会い系を利用する男性ユーザーにとって「サクラ・ボットゼロ」はクリアしたい最低条件にも関わらず、実現できているサービスはごくわずかです。

問題点2:好みの異性を探すのに手間がかかる

今や出会い系アプリの代名詞ともなっているTinder利用者の間では「Tinder疲れ」という言葉まで誕生しています。

現状だと、どのアプリでも何十人・何百人というユーザーの写真やプロフィールをチェックして、好みの相手を見つける必要があります。

問題点3:セキュリティ

不倫を助長するキャッチコピーで世界中から批判を浴びた出会い系サイト「アシュレイ・マディソン」は、2015年に抗議するグループに大規模ハッキングを受けました。

この事件では、約3,200万人のカード番号を含む個人情報が流出しています。

参考:AFPBB News

この事件が最も話題性のあるものでしたが、技術力の低い会社が運営するサービスで個人情報が流出することは多々あります。

身近な例だと、端末やアプリのロックを解除されて出会い系利用が露見し、家族間で大問題に発生するケースも後を絶ちません。

異性関係は誰にとってもセンシティブな情報で、セキュリティ性の低いサイトを利用するのは憚られます。

これらの問題を解決するために、ロシアで

  • AI技術者
  • ビッグデータの専門家
  • ブロックチェーン技術の専門家

などが集結しました。チームが実際に開発・運営するマッチングアプリ「Denim(デニム)」は、地元国でトップ5内のシェアを誇ります。今回のICOは、デニムでのプロジェクト内容の実現・世界進出のための資金調達目的です。

サクラ・Bot対策1:「ユーザーの信頼性を保証するブロックチェーン技術」

DateCoin

プロジェクトで開発するブロックチェーン上には、アプリ登録ユーザーの情報が保管されます。

マッチングの際、自分の情報や写真をもとにブロックが形成されます。

相手となる異性の情報もこのブロック内に含まれている状態です。相手が身元確認済みの「信頼できるユーザー」であり、かつこのマッチングにおいてトラブルがなければ、ブロックは承認されます。

こうすることで自分も「信頼できるユーザー」に昇格し、次のマッチングで相手の身元を確認する権限を得ることが出来ます。

連鎖的にユーザーの身元保証を行い、必然的にサクラやBotの存在を排除できるというのが、Denim(デニム)におけるブロックチェーンの活用方法です。

サクラ・Bot対策の2:「ニューラルネットワークによる認証」

2018年の夏までに日本版アプリがリリースされることが発表されました。

そのアプリに登録する女性ユーザーには、以下のようなセルフィ―の撮影が義務付けられる予定です。

DateCoin

アプリ内で発行される番号とともに「自撮り」した写真で、登録認証を行います。

加えて、女性ユーザーがマイページに写真を追加する度、登録認証時のセルフィ―写真と同一人物か自動判定されます。

その情報がブロックチェーン上に保管され、ユーザーが「本物の女性」であることの証明となります。

この写真の判定を行うのが、プロジェクトが独自に開発したニューラルネットワークです。

人工知能(AI)を活用した「スピーディな最高の出会い」

プロジェクトで開発される人工知能(AI)は「インテリジェントアルゴリズム」と呼ばれており、以下の目的で活用されます。

  • ユーザーの「理想のパートナー」を自動検索
  • 女性の顔認識(前項参照)

理想のパートナーの検索は、顔や体形の好み・会話の傾向・趣味などのその他プロフィール情報を元に行われます。

アプリ利用者のビッグデータを活用し、外見・内面ともに「好みの異性」を探してきてくれるシステムです。

「今すぐ会える人」「近くにいる人」といったニーズにも合うよう設計されており、時間のロスや面倒な駆け引きを避けたい人には吉報です。

このプロジェクトが、デニムの世界展開を可能とする根拠にもなっています。

トークン価値が上昇する仕組み

プロジェクトはDateCoin(デートコイン/DTC)の流動性を「80~120%」としており、その根拠として

  • 独自の流通システム
  • 取引所への上場予定

の2つを挙げています。

アプリ内でデートコインを使う際の価格表(一例)は、以下の通りです。

DateCoin

前項で挙げたAIによる自動マッチングサービスも、有料で提供される予定です。

こうしたユーザー垂涎の機能は「法定通貨(USドルなど)」と「DateCoin(DTC)」のいずれかで支払いが出来るよう設定されます。

価格はそれぞれ異なり、DateCoinで支払うと法定通貨価格の25~50%割引となるよう調整されます。

アプリユーザーにとっては常に「DTCで支払ったほうがお得」であり、トークンの需要は必然的に高まります。

これら有料サービスの対価として支払われたDTCはバーン(焼却処分)されます。

すでに述べたようにDateCoin(DTC)は全て発行済みであり、市場に存在する総枚数は時間経過とともに減っていきます。

DateCoin

「需要は伸びるが供給量は減る」という状態を維持できるため、トークン価値の下落を防げるという仕組みになっています。

市場に残っている最後の1DTCがバーンされるときには十分な利益を上げており、これを使って次のビジネスモデルを提案していくという方針も明示されています。

こういったトークン価値維持のビジョンを明確にしているプロジェクトは少なく、後述するICO評価サイトでも好印象を持つ意見が見られます。

この後紹介するように、セール終了後の6月には市場で流通する予定となっており、Bittrex(ビットトレックス)上場との噂もあるようです。

DateCoin(デートコイン/DTC)の基本情報

ブロックチェーン技術を活用する世界初のマッチングアプリ「Denim(デニム)」で使用されるのが、DateCoin(デートコイン/DTC)です。

まずはデートコインの基本的な仕様を紹介します。

DateCoinの発行枚数やトークン価格表

DateCoin(デートコイン/DTC)はイーサリアムベースで開発されています。ICO期間中に上限量の全てが発行され、ロックアップ枚数についても明確に説明されているのが特徴です。

 

DateCoin(デートコイン/DTC)の基本スペック
トークン名 DateCoin(デートコイン)
単位 DTC
発行上限量 466,153,846DTC
トークン発行の形式 ERC 20
価格 0.00025ETH/DTC(価格変動あり)
購入可能な通貨 ビットコインまたはイーサリアム
公式サイト リンク
アプリ Denim(iOS/Android
その他 DTCホルダーはマッチングアプリ内で信頼性診断の対象となる(後述)

調達した資金の用途・開発グループや財団によるロックアップやバーンについては、以下の通りです。

DateCoin

発行上限量のうち20%が1年間・10%が6カ月間ロックアップ(=凍結)され、市場に流通しません。「発行上限量の引き上げはしない(セール終了後の新規DTC発行はしない)」とも明言されています。

あらかじめ流通量を正確に決めているのは、将来性予測の上で好印象です。

ICOスケジュールやボーナス情報

2018年3月末~5月末までがプレセール期間となっており、5月20日現在はシーズン4のセール中です。

ICOステージごとのトークン販売情報
(最低購入価格:0.1ETH)
ICOステージ(6段階) 各ステージの販売数(DTC) 価格/DTC(割引率)
ステージ1 9 500 000 0,0001875 ETH(25%)
ステージ2 19 000 000 0,0002 ETH(20%)
ステージ3 28 500 000 0,0002125 ETH(15%)
ステージ4 38 000 000 0,000225 ETH(10%)
ステージ5 47 500 000 0,0002375ETH(5%)
ステージ6 142 500 000 0,00025ETH(0%)

購入数に応じたトークンボーナス付与は

  • 1~3 BTC:+3%
  • 3~5 BTC:+5%
  • 5 BTC以上:+7%

となっています。

すでにソフトキャップは達成しており、ハードキャップ2,000万ドルに到達した時点でICOは終了・売れ残ったDTCは全てバーン(焼却処分)されます。

購入したDTCはICO終了直後に付与され、すぐに

  • 大手取引所上場予定(2018年6月)
  • 日本向けアプリリリース(同年7月)

といった予定を控えています。

これにより、短期間で多額の保有利得・売却益を得られる可能性があります。

上場予定は6月。ロードマップを確認

DateCoinプロジェクトの創業者・開発メンバーが運営するマッチングアプリ・Denim(デニム)は、すでにユーザー数80万人を達成しています。

プロジェクトのロードマップは以下の通りです。

DateCoin

構想実現は

ブロックチェーンによるユーザー認証システム:2019年3月

人工知能(AI)によるマッチング:2019年6月

と遠くない未来に設定されています。

気になる世界展開予定は

2018年:日本/中国/韓国/ドイツ/イギリス/スペイン

2020年:アメリカ/フランス/イタリア/ブラジル/アルゼンチン/ノルウェー

2020年:スウェーデン/シンガポール/カナダ/オランダ/ポルトガル/オーストリア/メキシコ/ポーランド/ベルギー/オーストリア/チェコ共和国

とのように、3年越しで計画されています。

仮想通貨ホルダーの集中する日中韓の3国・政府が仮想通貨と法定通貨を平等に扱うと発表したドイツで先行展開するのが、興味深い点です。

これらのアプリ展開が行われる国々で、ユーザーの需要に応えるべく大手取引所に上場するであろうことが予測できます。

ここで、日本向けアプリのイメージ画像も確認してみましょう。

DateCoin

DateCoin

電話番号なし・アプリ内で気軽にボイス/テキストチャットが出来る機能は、日本でのローカライズでも提供される予定です。

国内ではこれまでにない・出会い系に対する抵抗感を低くする、画期的な機能です。

DateCoin(デートコイン)の強み。80万人を超えるアクティブユーザーを保有

kuchikomi

DateCoin(デートコイン/DTC)はアクティブユーザー800万人以上のアクティブユーザーを保有しているサービスをローンチしており、実力と実績がある開発メンバーがいること一番の強みです。

ICObenchで高く評価された開発メンバー

DateCoin(デートコイン/DTC)のICO評価が高い理由として、公式サイトでのコアメンバー紹介が行き届いていること・技術者中心で構成されていることが挙げられます。

CEO:ニキータ=アヌフリエフ(Nikita Anufriev)

ロシアで昨年大ヒットした今最も勢いのあるアプリ、Denim(デニム)・シンデレラプロジェクトの2つのサービスの創業者です。他にもWebサービス関連会社をいくつも経営しており、ヒュンダイ(現代)・ニューバランスといった大企業を顧客として迎えたこともあります。

ICOの公式ブログ(Medium)の更新・投資家の疑問への回答を積極的に行い、顧客との繋がりを強く意識している人物です。

共同創業者&投資マネージャー:アレクシー=シニツィン(Aleksey Sinitsin)

地元ロシアで起業家として知られている人物です。

名門であるモスクワ物理学技術院を卒業し、ビッグデータ処理に通暁しています。保険や財務に15年間携わっており、現地メガバンクの重要ポジションを委任されたこともあります。

CTO:マキシム=コズロフ(Maksim Kozlov)

税関管理用の自動文書作成技術に携わり、IT技術に関する論文発表・書籍発刊実績が多数あります。Denim(デニム)サービス開始から責任者を務めており、現場に必要な知識と経験を備えています。

他にも、2000年代初頭からウェブサービスに携わってきたロシアの重鎮が多数在籍しています。AI・ビッグデータ解析にブーム前から携わっていた人物が多く、ビジョンの実現力が期待できます。

イベント参加やメディア紹介歴

DateCoin

現在は英語版のみ提供されているDenim(デニム)アプリ内のニュースを含め、ICOに関する情報は様々なWebメディアで報道されています。

ニューヨーク・タイムズ

プレイボーイ(ロシア版)

CryptCurrencyNews(CCN)

イベント参加の主要なものは

2018年1月:ドバイインターナショナルブロックチェーンサミット

2018年3月:Teamzビジネスサミット

2018年4月:中露ブロックチェーン会談

これらが挙げられます。3月のイベントでは、プロジェクトCEOであるアヌフリエフ氏が「ビットコインの神様」ことロジャー=バー氏と東京で面談しました。

バー氏はその後DateCoinホルダーになったとICO公式サイトで伝えられています。

市場分析・ビジョン提示が明確

DateCoin(デートコイン/DTC)は市場規模の大きさを将来性の根拠としています。

実際にマッチングアプリ全体の消費支出を見てみると、2017年には前年度比95%増(約2倍)を記録しています。iOS・Androidの各ストアのダウンロード数ランキングを見ても、上位5位がマッチングアプリであるというデータが出ています。

なかでも業界最大のアプリ「Tinder」は、ゲーム系でないアプリとしてNetflix(ネットフリックス)に次ぐ2位の消費支出を誇っています。

参考:App Annie

近年の日本国内の婚活市場も確認してみましょう。

結婚相談所・婚活パーティの成婚率が横ばいなのに対して、マッチングサイト・アプリをきっかけに結婚した人の割合は、2016年までの1年間で倍以上にもなっています。

参考:婚活実態調査/プライダル総研

こうしたことから、DenimCoinプロジェクトが参入しようとしている市場規模が極めて大きい事・いま最も将来性に期待できることが分かります。

DateCoin(デートコイン)の購入方法・買い方

ここでは

  • MyEtherWalletのアドレス
  • 本人確認書類(運転免許証/パスポート/マイナンバーカードのいずれか)

の2点を用意し、スマホ等で撮影できる準備も整えてください。まず、公式サイトトップページから「クラウドセールに参加」へと遷移します。

DateCoin

アカウント登録をします。メールアドレスを入力後、それぞれの規約を参照してください。読み終えたら4か所にチェックして「次へ」をクリックします。

DateCoin

届いたメールから「メールアドレスを認証」へと進みます。

DateCoin

パスワードを設定すると、アカウント登録は完了です。

「2ファクタ認証」を有効にした場合、以降マイページログインの度に自動送信メールによる2段階認証が求められます。

ログイン後、本人確認を済ませる必要があります。

マイページで左メニュー「ウォレット」へと進み、緑の「KYCを完了する」をクリックします。

次の画面から

  • MyEtherWalletのアドレス
  • 氏名
  • 住所

を順に入力すると、本人確認書類のアップロード画面に移ります。

DateCoin

プルダウンでJapanを選択し、アップロードする書類の種類を選びましょう。

  • Passport:パスポート
  • Driving License:運転免許証
  • ID card:マイナンバーカード

スマホ等で撮影した画像をアップロードします。

身分証明書を持った自撮り写真(セルフィ―)は、次の画面でアップロードします。24時間以内に担当者がチェックし、送信した個人情報・身分証明書に問題なければトークン購入が可能になります。

トークンを購入するときは、ダッシュボードまたは画面右上にある「トークンを買う」ボタンから手続きします。

DateCoin

表示されている送金先アドレスにイーサリアムを送るか、ビットコインで購入したい場合は「アドレスを取得」をクリックしてBTC送金先を表示させましょう。あとはICO終了後のトークン付与を待つだけです。

画面上部はシミュレータになっており、ETHまたはBTCの枚数を入力すると、購入できるDTCの数を自動計算してくれます。

DateCoin(デートコイン)の評価。運営実績がある実力派ICOプロジェクト

DateCoin(デートコイン/DTC)プロジェクトは、5年間の運営実績をもとに、これまであった出会い系サービス(マッチングアプリ)の問題点を解決しようとしています。

ブロックチェーン技術と人工知能(AI)を活用し

・サクラ&Botゼロ

・信頼できるユーザーのみ利用できる仕組み

・ぴったりの相手を自動サーチしてくれる効率的な出会い

これらを実現・男性ユーザーのニーズを満たすサービスを叶えます。

市場の競争率は激しいものの、急成長中の業界です。より早く革新的なサービスを提案するDateCoinプロジェクトの将来性は計り知れません。

トークンの流動性・価値保証に関するスキームが明確に示されているのも、投資家にとっては朗報です。

現状において技術偏重ではなく・明確なビジネスモデルを持っているのが、DateCoin高評価の理由です。

トークンセールが5月で終わってしまうのでICO参加希望の方はKYCだけでも済ませてしまいましょう。

デートコインと類似ICOとしてANGELIUM(エンジェリウム)があります。こちらはアダルトに特化したマッチングアプリとなっています。
記事がお役に立てたらいいねしてください♪

[email protected]で最新の投資情報や限定情報を配信します

\友だち追加してもユーザー名は表示されません/

友だち追加

【登録者急増中】ビットポイントに登録で3,000円GET

bitpoint

 

登録者急上昇中のBITPoint(ビットポイン)ならリップルやイーサリアムの取引手数料が無料です!面倒な税金の計算も自動で出力可能です。

 

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

bitbank

 

 

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事