今が旬の仮想通貨取引所ランキング
国内・海外の仮想通貨取引所おすすめランキングを紹介しています。

仮想通貨の税金は個人だと原則、雑所得に該当するため最大55%もの税金がかかります。

大きなリスクを抱えながら勝ち取った貴重な利益が55%も無くなると考えると絶望しか無いですよね。

そんな絶望的状況を回避するために早めに法人口座を開設して仮想通貨取引をされている方が増えてきました。
※個人口座で取引中のものは法人の利益に含めることが出来ないので、法人口座開設をお考えの方は早めの行動をおすすめします。

こちらの記事では法人口座が開設可能な仮想通貨取引所のご紹介と必要書類等をご説明し、記事後半では法人口座で取引するメリット・デメリットも解説します。

法人口座開設におすすめ仮想通貨取引所

仮想通貨取引所は法人口座と個人口座の開設方法が若干異なります。必要書類はもちろんのこと、開設までにかかる時間なども異なってきます。

必要書類なども含めて各仮想通貨取引所をご紹介します。

FISCO(フィスコ)

株式会社フィスコ仮想通貨取引所が運営するFISCO(フィスコ)仮想通貨取引所です。

Zaifを事業譲渡したこともあり、勢いのある仮想通貨取引所です。FISCO仮想通貨取引所独自のトークンとセキュリティが強いことが特徴です。

顧客資産管理には外部のネットワークからはアクセスできない「コールドウォレット」を使用しているため、資産を安全に預けることができます。

FISCO(フィスコ)法人口座開設までの流れ

FISCO(フィスコ)公式サイトにアクセスして【新規ご登録はこちら】をクリック

フィスコ仮想通貨取引所

メールアドレスとチェックボックスにチェックを入れて登録します。

フィスコ仮想通貨取引所 法人口座開設方法

登録したメールアドレスにURLが添付されますので、クリックして【本人確認手続き】をクリック。

フィスコ仮想通貨取引所 法人口座登録方法

ユーザー登録画面で利用規約についてのチェックボックスをチェックしてパスワードを入力します。

フィスコ仮想通貨取引所

本人確認画面に移行しますので、チェックボックスの【法人】をクリックして法人情報を入力します。

フィスコ仮想通貨取引所 法人口座開設方法

ここで法人情報に誤りがあると次に進めませんので、正しく入力するようにしてください。

続いて

  1. 取引に使う銀行口座情報を入力。
  2. SMS認証を行います。携帯電話番号を入力して届いた認証コードを入力します。
  3. 法人確認書類をアップロードします。
  4. 後日登録した住所にハガキが郵送される。

上記の手順を踏んで最後にハガキを受け取れば法人口座開設完了です。

FISCO(フィスコ)法人口座開設必要書類
  • 登記簿謄本(発行日時がわかるもので3ヶ月以内)
  • 登録した担当者および代表者の本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカードなど)
  • ※担当者と代表者が異なる場合は委任状と印鑑証明が必要になります。
    ⇒委任状のダウンロードはこちら

顔写真なしの場合は、以下の組み合わせで計2点
● 公的証明書(健康保険証、住民票)+ 公共料金の明細書(電気・ガス・水道料金、固定電話の領収証書)
※ 健康保険証に関しては、住居の記載があるもの
※ 公共料金の明細書に関しては、氏名・住所・発行日が確認できるもの
※ 有効期限のない書類に関しては、発行から3ヶ月以内の書類のみ有効

BitBank(ビットバンク)

bitbank

Bitbank(ビットバンクは)ビットコインやリップル(XRP)、イーサリアムなどのアルトコインが取引できる国内最大級の仮想通貨取引所です。

リップルやイーサリアムなどを取引したい方や初めて口座開設される方は迷わず登録することをおすすめする取引所です。

Bitbank法人口座の基本的な流れ
1.Bitbank個人口座を開設(既に開設済みの場合不要)
2.基本情報と各審査書類のアップロード
3.個人口座アカウント(今回開設が必要な方のみ)
4.フォームへの回答
5.委任状の提出(法人の代表者と取引担当者が異なる場合)
6.住所確認
7.口座開設完了

・Bitbank個人口座を開設
bitbank(ビットバンク)の登録・口座開設方法と所要時間を徹底解説

・個人口座開設後、法人口座を開設

法人様口座開設の受付については下記手順にて、お手続きをお願いいたします。

1. アカウントの登録
https://bitbank.cc/app/register

アカウントのご登録は、下記2つの口座開設をお願いしています。

法人口座アカウント
貴社情報のご入力をお願いしております。
記入方法は、下記『2. 基本情報と各審査書類のアップロード』をご参考ください。
まずは、上記URLよりbitbank.ccにご登録下さい。
ご担当者様の個人口座アカウント
個人口座アカウントのご登録には、法人口座とは別のメールアドレスが必要です。
ご担当者様が既にbitbank.cc口座をお持ちの場合、今回の口座開設はご不要です。

メール認証を終えた後ログインが完了次第、「2.下記フォームへの回答」にお進み下さい。
2. 基本情報と各審査書類のアップロード
法人口座アカウント
基本情報は下記例をご参考頂き、貴社情報についてご入力をお願いいたします。
また貴社の履歴事項全部証明書(= 登記簿謄本)をアップロード下さい。
書類のご提出は、『登録情報』ページにございます、『本人確認書類』でアップロードをお願いします。
※書類は6ヵ月以内に発行された原本をご用意ください。

Bitbank法人1

個人口座アカウント ※今回開設が必要な方のみ
担当者様の基本情報、本人確認書類をアップロードしてください。
運転免許証やパスポート等、ご担当者様のご本人様確認書類のアップロードをお願いしております。(表面、裏面ともアップロードをお願いいたします)

Bitbank法人2

・フォームへの回答

アカウントを登録後、下記申込フォームに回答してください。
https://goo.gl/forms/1HEdr7Rrcl9adip43

上記申込フォームに回答後、順次、Bitbank側での書類審査が進みます。
(実質的支配者の記載がない場合法人口座の開設ができません。)

・委任状の提出(法人の代表者と取引担当者が異なる場合)
委任状が必要な場合はビットバンクから連絡後、『委任状』および『印鑑登録証明書』のご提出が必要です。提出先は、法人口座アカウントの『登録情報』ページにてアップロードください。
Bitbank指定の委任状フォーマット

・住所確認
書類審査が通過後、Bitbankから会社住所、および取引担当者のご登録住所宛に住所確認の郵便物が送付されます。

・口座開設完了
ビットバンクからの郵便物を2通受け取り後、住所確認が完了次第、法人口座が開設されます。
※既に個人口座をお持ちの方は、1通のみ送付いたします。

Bitbank法人口座開設必要書類
・履歴事項全部証明書(= 登記簿謄本)
・担当者の本人確認書類
・委任状、印鑑登録証明書(法人の代表者と取引担当者が異なる場合)

BitBank Trade(ビットバンクトレード)

bitbankTradeでは法人口座のサービス提供がありません。

bitbankにて法人口座を開設後、アカウントを連携して利用できます。

bitbanktradeは法人で登録することはできますか

参考:
bitbankTrade(ビットバンクトレード)FXの特徴と使い方。レバレッジ取引手数料を解説

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

QUOINEX

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は数多くの仮想通貨(アルトコイン)と抜群のセキュリティーを誇ったアジア最大級の取引所です。

キャッシュ(QASH)という取引所独自トークンが使えるオリジナルティのある仮想通貨取引所です。

QUOINEX法人口座の基本的な流れ
1.口座開設申し込みページに入力
2.メール認証を行い本登録完了
3.本人確認書類アップロード
4.本人確認書類の確認後に書類送付

まずは口座開設無料はこちらをクリック

コインエクスチェンジ01

次へを押下

コインエクスチェンジ02

口座種別で「法人」を選択

コインエクスチェンジ03

その後はフォーマットの指示に従って入力してきます。

QUOINEX法人口座開設必要書類
・発行から6ヶ月以内の履歴事項全部証明書(必須)
・発行から6ヶ月以内の印鑑登録証明書(必須)
・取引担当者の本人確認書類(必須)
・委任状(取引担当者と会社代表者が異なる場合はのみ必須)

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は各種取引手数料が0円で取引高も非常に多い取引所なので、はじめて法人口座開設される場合はとてもおすすめできる仮想通貨取引所です。

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINT01

BITPoint(ビットポイント)はキャンペーン期間なしで全ての売買手数料が無料です。

また、国内で唯一MT4が使える仮想通貨取引所です。

なお、11月末まで口座開設キャンペーン中で3000円相当のビットコインがもらえます。開設して損は無いため、絶対登録しておきましょう。

BITPOINT法人口座の基本的な流れ
1.PDFに必要事項を入力しダウンロード
2.必要書類を同封してBitpointに郵送

今すぐ口座開設を押下

Bitpoint02

法人のお客様はこちらを押下

Bitpoint03

PDFに入力後、印刷し必要書類を同封してBITPOINTに郵送

BITPOINT法人口座開設必要書類
・ダウンロードしたPDFの1~5ページ
・法人の履歴事項全部証明:原本(発行から3ヶ月以内)
・法人の印鑑証明書:原本(発行から3ヶ月以内)
・法人代表者・取引責任者2名の本人確認書類
・委任状(取引責任者と法人代表者が異なる場合)

BITPoint(ビットポイント)MT4使用希望者の方は登録必須ですね!

Zaif(ザイフ)

Zaif

Zaif(ザイフ)は国内大手の仮想通貨取引所です。ビットコインだけでなく、独自トークンのZaifトークンやモナコインなどが取引可能です。

Zaif法人口座の基本的な流れ
1.電話番号認登録後にSNS認証
2.基本情報登録時に法人を選択し必要事項を入力
3.本人確認書類を提出し登記簿及び免許証をWEBでアップロード
4.郵送で本人確認のハガキが到着、本人確認コードの入力

まずはメールアドレスを登録

Zaif

メール認証後に再度ログインし、アカウントを選択。

基本情報画面で「法人」を選択し以降はフォーマットにしたがって入力

Zaif法人口座開設必要書類
・登記簿謄本(発行日時がわかるもので三か月以内)
・個人の本人確認書類
→担当者と代表者が同じ場合: 代表者個人の本人確認書類が必要
→担当者と代表者が異なる場合:担当者個人の本人確認書類が必要
・委任状(担当者と代表者が異なる場合)

Zaif(ザイフ)は口座開設者数が急増すると、口座開設までにかなりの時間を要するようになります。(2ヶ月位待たされることもあり)

早めの口座開設をおすすめします。

bitflyer(ビットフライヤー)

bitflyer

bitflyer(ビットフライヤー)は国内最大級のBTC取引高を誇る取引所です。セキュリティ面でもコールドウォレットおよびマルチ・シグネイチャを活用しており、安全性高く運用されています。

bitflyer法人口座の基本的な流れ
1.メールアドレス登録後メール認証
2.取引時確認
→法人情報登録
→取引責任者情報登録
→実質的支配者登録
→登記事項証明書の提出
→書留郵便の受取
3.携帯番号登録後SMS認証
4.銀行口座登録
5.本人確認書類と自分が一緒に写った写真の提出
6.住所確認ハガキの受取

始めに法人口座を選択
※スマートフォンでは法人登録ができません

ビットフライヤー法人01

OKを選択

ビットフライヤー法人02

メールアドレスを入力し無料アカウント作成を押下

ビットフライヤー法人03

登録したメールアドレスにメールが届くので、メール認証し本登録を行う。

取引所ページ右下付近にある、取引時確認確認で赤ボタンになっている箇所を押下して処理を進める

ビットフライヤー法人04

bitflyer法人口座開設必要書類
・発行日から6ヶ月以内の登記事項証明書・登記簿謄(抄)本の原本
・取引責任者の本人確認資料

bitflyer(ビットフライヤー)はBTCを大量に売買したいときやFXも行えますので、かなりの方が口座開設されている取引所です。

BTCBOX(BTCボックス)

BTCBOX

BTCボックスも法人口座の登録が可能です。

BTCBOX法人口座開設必要書類
・法人の登記簿謄本
・代表者の本人確認書類

当サイトでBTCBOXの法人口座開設を行っていないため、口座開設次第追記いたします。

法人口座が開設できない仮想通貨取引所

coincheck(コインチェック)

現在は新規の口座開設を停止しています。進展あり次第追記します。

DMM BITCOIN(DMMビットコイン)

DMMビットコインは2018年5月16日時点で法人口座開設対応してません。

DMMビットコイン法人

GMOコイン

GMOコインも残念ながら法人口座開設対応していません。
https://support.coin.z.com/hc/ja/articles/115004732108-%E6%B3%95%E4%BA%BA%E3%81%AF%E5%8F%A3%E5%BA%A7%E9%96%8B%E8%A8%AD%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%99%E3%81%8B-

簡単に操作できるFX系取引所は法人口座登録対応していないところが多いですね

法人口座の海外仮想通貨取引所開設可否

海外の取引所は法人口座が開設できるかは非常に難しい判断です。ただ、一部取引所では法人口座窓口を開けている取引所が存在します。

HUOBI(フォービー)

huobi

海外の大手仮想通貨取引所Huobiでは法人口座を受け付けています。

Huobi法人口座開設必要書類
・企業、機関の名称&国家
・申請人の名前
・申請人の連絡先
・UID
・取締役、株主及び最終的な受益者の身分証明書
・申請人の身分証明書
・企業、機関の営業許可証又は他の公式の登録証明書
・取締役、株主関係を表明できる公式証明資料
・取締役会決議
・承諾書
・授権委託書

提出書類が非常に多いです。

詳細に関してはこちらをご確認ください
>>Huobi法人口座について

ただ、税法上の問題やその他法規制の問題でリスクが非常に高いです。

仮想通貨取引に強い税理士に相談の上、対応することをおすすめします。

仮想通貨取引所法人口座登録のメリット・デメリット

仮想通貨を法人口座で取引する場合にももちろんメリット・デメリットがあります。法人口座で取引したほうが税金がかからない!!とお考えの方も多いですが、個人で取引したほうがオトクな場合もあります。

法人口座で取引するメリット

・利益額によっては個人より税金が抑えられる
法人も会社の規模によって税額が変わります。今回は中小法人(東京都)の実効税率を元に解説します。

中小法人(東京都)の実効税率
所得金額400万以下
実効税率:21.421%所得金額400万超~800万以下
実効税率:23.204%所得金額800万円超
33.585%
個人の所得税・法人税
個人の税金も所得金額によって異なります。
一覧にまとめました。仮想通貨法人口座税額所得税に+住民税が加算されます
住民税は課税所得金額に関わらず一律で10%となり、さらに均等割の4,000円が加えられます。課税所得金額が4000万円を超える場合は55%の税金がかかります。

課税所得金額が1800万円を超える場合は法人に移行したほうが税額上は有利になる可能性があります。しかし、法人で取引する場合は個人に給与を渡すイメージになります。この給与にももちろん所得税や法人税がかかるため、一律にお得とは言いにくいです。

詳細点や不明点は税理士さんに相談することを強くおすすめします。

法人口座で取引するデメリット

・審査が厳しく開設出来ない可能性あり
銀行口座も同様ですが、金融関係の口座を新しく作る場合は審査がとても厳しいです。下記に当てはまる場合は審査NGとなり口座登録できない場合もあります。

・新しく作った法人
・会社の住所が賃貸マンションやレンタルオフィス、バーチャルオフィスなど
・資本金が少ない
・固定電話がない
・自社のWEBサイトが無い

審査NGを極力へらすために対策をとっておきましょう

・コストがかかる
法人設立にお金がかかることはもちろん、毎期の決算書作成や税理士さんとの契約、会社のオフィス契約など様々なコストがかかってきます。

設立後は簡単に解散(会社を倒産させること)することも面倒になります。

・含み益にも税金がかかる
個人の場合は「利益確定」した場合に課税対象となりますが、法人の場合は毎期仮想通貨の評価額を値洗いし、「前期と今期の含み益」に対して課税されます。

そのため、税金支払用の現金を確保していない場合に大問題となってしまいます。

法人口座開設は審査厳しい・時間かかるので早めの行動が必要

法人口座開設は審査も厳しく、開設までの時間もかかります。仮想通貨を買いたかった時に買えない、大きなチャンスを逃してしまう等の事態を避けるために法人口座開設をお考えの場合は早めの行動が必須になります。

国内大手取引所のQUOINEX(コインエクスチェンジ)bitflyer(ビットフライヤー)Zaif(ザイフ)は最優先で口座開設申し込みを行っておきましょう。

通貨の保管をする場合はハードウェアウォレットの購入保管もお忘れなく
>>仮想通貨保管用ハードウェアウォレットの仕組みとおすすめのハードウェアウォレット

記事がお役に立てたらいいねしてください♪

[email protected]で最新の投資情報や限定情報を配信します

\友だち追加してもユーザー名は表示されません/

友だち追加

【登録者急増中】ビットポイントに登録で3,000円GET

bitpoint

 

登録者急上昇中のBITPoint(ビットポイン)ならリップルやイーサリアムの取引手数料が無料です!面倒な税金の計算も自動で出力可能です。

 

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

bitbank

 

 

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事