SmartMesh/SMT airdrop参加方法

取引所エアドロップ

0.Gateの口座開設(最短2分で終わります)

1.Gateの公式ツイッターをフォロー
https://twitter.com/gate_io

2.Gate公式ツイッターの下記Tweetをリツイート
https://twitter.com/gate_io/status/995952420789280769

3.フォームに従って入力

※トークンはランダムで配布されます

エアドロップ通貨をもらったはいいけど、どこで売ったらいいか分からない
みなさんが抱えるお悩みだと思います。実際私もエアドロップ通貨をどこで売ったらいいか分からないと数多くの質問をいただきました。

そこで、今回エアドロップ通貨を売るためのオススメ取引所を記事にまとめました売り時を逃さないように早めの取引所登録をおすすめします。

LINE@でもエアドロップまとめや参加オススメのエアドロップ、その他記事では紹介しきれなかったお得な情報を紹介しております。
定期的にLINEお友達限定プレゼントキャンペーンなども行っております♪
お気軽にお友達登録をどうぞ!
※PCで登録ボタンを押下いただくとQRコードが表示されます
友だち追加

SmartMesh/SMTとは?詳細や将来像など

SmartMeshは、物事のインターネットのブロックチェーンベースのプロトコルです。SmartMeshにはブロックチェインライトノードが内蔵されており、RaidenとLightning Networksの第2層アーキテクチャーネットワークプロトコルが拡張され、インターネットフリーのデジタル決済とトランザクションが可能です。

ブロックチェーンベースのトークンインセンティブを利用して、SmartMeshテクノロジーは、自己修復可能で、標準的なインターネット接続よりも高い近接場速度と帯域幅を持つ、機敏で分散されたメッシュネットワークの形成を可能にします。SmartMeshを使用すると、ブロックチェーンがインターネット境界を突破し、すべてのものが接続されているIoT(インターネットのもの)とIoE(インターネットのすべて)の時代に入ることができます。

スマートメッシュエコシステム

スペクトラム

スペクトラムは分散プラットフォームです。スマートメッシュの生態系機器とインターネットのためにカスタマイズされた新しいコンセンサスメカニズムと新しいブロックインセンティブシステムを採用しました。

SmartRaiden

SmartRaidenのオープンソース技術は、分散型、リアルタイム、安全、便利、低料金、オフラインおよびオフライン暗号化転送とトランザクションを実現することができます。SmartRaidenはさまざまな主流プラットフォームと互換性があります。

SmartMeshプロトコル

SmartMeshはブロックチェーンベースのIoT基盤プロトコルです。SmartMeshにはブロックチェーンのライトノードが組み込まれており、Raiden Networkや他のブロックチェーンのセカンダリアーキテクチャネットワークプロトコルの機能を拡張して、インターネット以外の暗号化/マイクロペイメントを実現します。

自己形成ネットワーク

ユーザは、マルチホップ機能を備えたアドホック無線メッシュネットワークを形成することができる。これは、「ラストマイル」問題を解決し、範囲外のノード間のギャップを埋める重要なネットワーク技術の1つです(ノードBは、ノードAとノードCがインセンティブを与えられた「ブリッジチャネル」として機能し、お互い)。

トークンインセンティブ

誰かがSmartMesh技術によって確立されたメッシュネットワークを介してデータを接続して送信する場合、データが通過するノードのコントリビュータには、相当量のSMTが報われます。

ネットワークエコシステム特性

SmartMeshは、インテリジェントなハードウェア、ソフトウェア、プロトコルに基づいて国際的なインターネットに並行して動作するP2Pメッシュネットワークを構築します。これにより、データトラフィックが中央サーバを通過せず、メッシュネットワーク内にローカルに留まります。これにより、資源が節約され、漏れが少なくなり、電力の無駄がなくなります。SmartMeshは、スマートデバイスがインターネットやテレコムサービスなしで相互に接続できるようにするブロックチェーンベースのプロトコルです。

SmartMesh/SMT公式サイト:https://bytom.io/

line@でも1日のエアドロップ情報まとめなど流します

友だち追加

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事