DMM BitcoinはNEM(ネム)やXRP(リップル)といった日本で人気のアルトコインのレバレッジ取引ができる数少ない仮想通貨取引所です。

これらの通貨は海外よりも情報が入りやすく取引を有利に行えます。

チャンスを逃さないためにもDMM Bitcoinに登録してレバレッジ取引をすぐに行える準備を整えておきましょう。

この記事ではユーザーが評価しているメリットやデメリットも紹介します。DMM Bitcoinが自分にあったサービスを提供しているのか確認してください。

DMM Bitcoinとは?

DMM Bitcoinは2016年に「東京ビットコイン取引所」として設立され、2017年12月12日に社名を現在のものに変更しました。

それに合わせてシステムとサービス内容も新たにし、2018年1月11日から口座開設受付を始め、仮想通貨取引サービスに本格参入をしました。

DMMグループは以前から金融系サービスを取り扱っており、特にDMM FXは日本でFX口座数が1位の最大手でもあります。そのグループが仮想通貨に参入するということで大きな注目を浴びました。

DMM Bitcoinへの登録方法は?

DMM Bitcoinへの登録は4ステップです。一つずつ細かく開設します。

口座開設ボタンを押す

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinの口座開設ボタンを押すと、メールアドレスを登録する画面になります。

DMM Bitcoin

登録すると、そのアドレスにDMM Bitcoinからのメールが届きます。メールを開き記載されているリンクをクリック、ログインパスワードを設定します。

DMM Bitcoin

この時登録するアドレスはGoogleのサービスであるGmailやYahoo!の提供しているYahoo!メールなどフリーメールで構いません。反対に携帯キャリアによるメールアドレス(@以降がsoftbank、docomo、auのもの)はメールが届かない可能性があるので、避けましょう。また、登録したアドレス以外に通知メールを送るよう設定することも可能です。

本人確認に使える書類は2種類

銀行口座同様にどのような内容の口座なのかを確認してから、氏名や生年月日など基本情報の登録を行います。

dmm bitcoin

その後、本人確認書類をアップロードと携帯電話番号にてSMS認証をします。DMM Bitcoinの本人確認書類で使えるものは2種類に分けられます。

顔写真付き確認書類は1セットだけでOK

一つ目は顔写真付き確認書類で、これらであれば一セット提出するだけで済みます。例えば、運転免許証、住民基本台帳カード、在留カードは両面で1セット、パスポートなら顔写真ページと所持人記入欄で1セットです。全て有効期限内のものに限ります。

  • 運転免許証
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • パスポート

顔写真がないものは2種類の書類提出が必要

顔写真のないものは2つ以上を提出する必要があります。例えば各種保険証、住民票の写し、年金手帳、印鑑登録証明証、などです。その他の官公庁から発行・発給されたものを利用したい場合は本人確認書類として使えるのかを、DMM Bitcoinに確認する必要があります。

  • 各種保険証
  • 年金手帳
  • 印鑑登録証明証
  • その他官公庁から発行された書類

また本人確認書類に関し、非常に重要な注意点はマイナンバー(個人識別番号)が記載されていると使えないことです。

つまりマイナンバーカードは顔写真付きで官公庁の発行したものですが使えません。同様にマイナンバー通知カードやマイナンバーが記載された住民票も使えません。どうしてもマイナンバーが記載されたものしか用意できない場合はマイナンバーを塗りつぶして提出します。

DMM Bitcoinが審査

提出された情報を元にDMM Bitcoinが口座開設の審査をします。審査に通ると口座開設手続きが完了した旨の郵便物が届きます。

メールアドレス登録からここまで、最短で2日です。しかし、郵便事情や登録情報の不備などがあった場合それ以上の時間がかかります。

認証コード入力で登録が完了

DMM Bitcoinから送られてきた郵便物には認証コードが記載されています。マイページにログインし、コードを入力すると手続きは完了です。

DMM Bitcoin

日本円を入金するか、DMM Bitcoin宛に仮想通貨を送ることで取引を始めることが可能です。

現物取引 レバレッジ取引
取引手数料 無料  
レバレッジ手数料 建玉金額の0.04%/日が

ロールオーバー時に発生

日本円の入出金 振込手数料:無料(銀行手数料はユーザー負担)
クイック入金手数料:無料
出金:無料  
仮想通貨の入出庫 入庫時:無料(マイナーへの手数料はお客様負担)
出庫時:無料(マイナーへの手数料はお客様負担)

DMM Bitcoinは手数料が安いことが大きな魅力です。ほとんどの手数料が無料で、特に日本円の出金が無料というのは珍しいことです。

DMM Bitcoinの評判をリサーチ

kuchikomi

DMM Bitcoinの評判をメリットデメリットに分けて紹介します。

DMM Bitcoinのメリットは使いやすさと安全性

アプリが使いやすい

DMM Bitcoin

多くの人がアプリの使いやすさをメリットに上げていますが、理由は主に3つです。シンプルで理解しやすい画面、動作が軽くサクサク動く、急な変動にも素早く対応可能な「一括決済ボタン」です。

初めて仮想通貨アプリを利用する人でも分かりやすく、ストレスなく使えるので高評価を得ています。

トレード画面が使いやすい

DMM Bitcoinはグループ内でFX参入経験があるため、トレード画面が見やすいと評判です。特にカスタマイズのしやすさには定評があり、ユーザーの好みに合わせて欲しい情報を入手しやすくできています。

アルトコインがレバレッジ取引できる

レバレッジ取引とは購入時に対価の全額を支払うのではなく、対価の一部である証拠金を支払い、それにレバレッジ倍率を掛けた金額で取引する方法です。

日本国内では今までビットコインとイーサリアムのみがレバレッジ取引に対応していました。しかしDMM Bitcoinでは下記の7銘柄でレバレッジ取引が可能です。人気の高いアルトコインがレバレッジ取引できるため、注目度されています。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ネム(XEM)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサ クラッシック(ETC)
  • ビットコイン キャッシュ(BCH)

DMM Bitcoinのレバレッジ倍率は5倍です。

セキュリティの高さ

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinはセキュリティに最新の注意を払っている点でも評価を得ています。二段階認証はもちろんのこと、会社の資産とユーザーの資産は分けて管理している上、仮想通貨はコールドストレージによるオフライン保管がなされています。

オンラインで管理する危険性はコインチェックによる事故で実証されていますので、DMM Bitcoinは必要な対策を取っていると言えます。

ユーザーサポートは年中無休

土日祝日関係なく、24時間365日お客様サポートセンターが対応してくれます。ユーザーの「困った」に休日はないのでとても助かります。またLINEで問い合わせることも可能で、電話をかけたりメールフォームに入力する手間が不要です。

DMM Bitcoinのデメリットは取扱銘柄数とスプレッド

DMM Bitcoinはいくつかのデメリットもあります。利用を始める前に理解しておきましょう。

現物取引銘柄が少ない

DMM Bitcoinが現物取引しているのはビットコインとイーサリアムだけで、レバレッジ取引に力を入れていると言えます。それがDMM Bitcoinの特徴とも言えますが現物取引もしたい人には向きません。

レバレッジ取引のスプレッドが広い

スプレッドとはレバレッジ取引時の売値と買値の差額のことで、実質的な手数料として考えられています。

DMM Bitcoinではスプレッドが広く設定されている上、状況に合わせて変動するため最終的に支払う手数料が高額になってしまうこともあるのです。

販売形式が「販売所」

仮想通貨を取引できる場所には「販売所」と「取引所」があります。

販売所では販売者から直接購入することができます。取引所は仮想通貨をプールしておく場所で売りたい人は取引所に渡し、購入したい人は取引所から買います。

このようなスタイルで問題になるのは手数料です。

販売所では販売元が多くの手数料を上乗せしていることがあり、金額が高くなります。実際に仮想通貨の価格をDMM Bitcoinと他の取引所で比べるとDMM Bitcoinの方が高いことがほとんどです。

しかし、その分DMM Bitcoinに支払う手数料は無料ですので、一概に損をしているとは言い切れません。

まとめ

DMM Bitcoinは全体的に高評価を得ていると言えます。特にアルトコインをレバレッジ取引でデイトレードしたいと思っている人には大変向いています。

日をまたがないデイトレードであれば手数料が完全に無料になるので、始めてみる足がかりにちょうど良いのではないでしょうか。

[email protected]でエアドロップ情報や限定情報を流します

友だち追加

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事