Bitpoint

 

BITPoint(ビットポイント)で口座開設を行うと期間限定で3,000円分のビットコインがもらるキャンペーン実施中!

Lisk(リスク/単位:LSK)は、扱いやすい開発言語・公平な報酬システムを特徴とする通貨です。2018年に入ってから、新規上場・ロゴリニューアルなどの良いニュースが続き、注目を浴びています。

最近Liskの保有を始めた人は、安全に保管できるウォレット・LSKの増やし方で悩みがちではないでしょうか。

この記事では、記事の前半で人気のデスクトップウォレット「Lisk Nano Wallet(リスクナノウォレット)についてご紹介し、記事後半でLISK(リスク)対応ウォレットをご紹介します。

Lisk Nano Wallet(リスクナノウォレット)はLisk公式サイトからダウンロードすることができます。

ポイント…

  • Lisk Nano Walletの特徴
  • 登録と基本操作方法
  • votingの注意点

Liskウォレットの種類

リスクを管理できるウォレットの種類は

  • デスクトップウォレット
  • モバイルウォレット
  • ペーパーウォレット

以上の3種類です。Liskを保管できるハードウォレットは、発売されていません(2018年4月現在)。

Lisk

ウォレット選びのポイントは、

  • 入出金をどのくらいの頻度で行うか
  • Vote(後述)に参加するか

以上となります。

仮想通貨取引所に預けておく危険性

取引所のセキュリティ体制も向上の傾向にあります。具体的には、指紋認証や二段階認証(携帯電話番号を使った認証方法)が導入されています。

Lisk

しかしこれは、私たちが利用するスマホ・パソコンに対するハッキング対策に過ぎません。取引所に不正アクセスされたり・あるいは資金繰りがうまく行かずに破綻してしまうと、持っているLiskを全て失います。

取引所に任せず・Liskの入出金操作を全て自己管理できるのが、ウォレットを使うことの最大の利点です。

LISK保有者ならではのメリット”Vote”とは

Liskには、ただ保有しているだけで増やせる仕組みがあります。ただしこの仕組みを利用するには、対応ウォレットでLiskを保管する必要があります。

Liskが増える仕組み

LiskではForge(鋳造)と呼ばれる取引承認システムを導入しています。ビットコインではマイニングに参加している人(マイナー/採掘者)が取引承認処理をしていますが、LISKでこの作業を出来る人は限られています。

Forgeでは、LSK保有者の投票によって選ばれた101人が承認作業を行えます。投票の際は1~4LSKを手数料として支払う必要がありますが、見返りに投票報酬がもらえます。

投票報酬はLSKで還元され、何度も投票を繰り返すうちにLSKがどんどん増えていくのです。これを”Vote”(投票)と呼びます。

Voteは

  • 対応ウォレットにLisk残高があること
  • 投票操作を行うこと

この2つの条件が揃っていないと、その報酬をもらうことはできません。仮想通貨取引所はVoteに対応していないため、せっかくのLiskを有効に運用できないというデメリットがあります。

Liskをウォレットで管理する利点のまとめ

ここでウォレットを使うメリットをまとめると、以下の通りです。

  • 高セキュリティ
  • (対応ウォレットのみ)Vote参加によりLiskを増やせる

Lisk Nano Walletの特徴

Lisk Nano Walletは、リスク開発陣がリリース・推奨している公式ウォレットです。

2018年2月にリニューアルしたばかりの「Lisk Hub」とウォレット情報を共有することが出来、別途オプションで2段階認証も設定できる優秀さが魅力です。

Lisk Nano Walletの基本情報…

  • 対応OS:Windows/Mac/Linux
  • 種類:デスクトップウォレット
  • セキュリティ:ウォレット作成時のパスフレーズ・2段階認証(有料オプション)
  • その他:パスフレーズだけでLisk Hubでもログイン可

公式デスクトップウォレット第二弾となったLisk Hubは2018年2月に移行したばかりで、まだ動作が不安定との声もあります。

ウォレット情報の引継ぎが簡単なので、将来Lisk Hubへ移行したいと考えている人にも、Lisk Nano Walletはおすすめできます。

それでは、Lisk Nano Walletの使い方を解説します。

Lisk Nano Walletの登録・基本操作

ウォレット作成前には、

・印刷できる環境またはUSBメモリ(パスフレーズ保管用)

を用意しておきましょう。

ウォレット作成方法

まずはLisk公式サイトにアクセスします。

注意:メールや非公式サイトからではなく・公式サイトから以下の手順を進めてください。

開発側も「偽サイトが増加しているため、オフィシャルページから入手するように」と声明を出しています。

Lisk Nano Wallet

ページ最下部付近に「Lisk Nano」という段落があります。ここからダウンロードページ遷移します。次に、お使いのOSに合わせてダウンロードファイルを選びます(下キャプチャ)。

Lisk Nano Wallet

Windows;65.9 MB lisk-nano-win-1.3.4.exe
Mac:lisk-nano-mac-1.3.4.dmg または 47.8 MB lisk-nano-mac-1.3.4.zip

ダウンロードしたファイルをダブルクリックで起動、インストール後Lisk Nano Walletを起動します。起動したばかりの初期画面(下キャプチャ)で、「NEW ACCOUNT」をクリックしましょう。

Lisk Nano Wallet

人間の手でウォレット作成が行われていると確認するため、下の画面でマウスを動かし続けます。動かし方に規則はありません。大きくシェイクするようにポインタを動かします。

Lisk Nano Wallet

注意:ここから先の情報をなくしてはいけません!

青いゲージが満タンになると、ウォレット操作に必要なパスフレーズが出てきます。QRコードは生成されません。

パスフレーズをテキストファイルにコピー&ペースト(コピペ)し、印刷もしくはUSBメモリなどの安全なデバイスに移します。

Lisk Nano Wallet

右下の青いボタンをクリックすると、ウォレットが作成されます。次の画面で、いま記録したばかりのパスフレーズを使ってログインします。

パスフレーズは12個の英単語で構成されており、単語の前後の順番も決まっています。

ログイン時、1つの単語が隠された状態でパスフレーズが表示されます(下キャプチャ)。さきほど記録したものと照合し、隠された部分の単語のみを入力します。

Lisk Nano Wallet

右下のログインボタンを押せば、ウォレットのトップ画面に移ります。

Lisk Nano Walletの画面説明・基本操作

先の画面で無事ログインが出来れば、下のようなウォレットのトップ画面が表示されます。

Lisk Nano Wallet

  • SEND:Lisk Nano Walletから仮想通貨取引所/他ウォレットに送金
  • RECEIVE LISK:自分のウォレットアドレス(QRコード併記)を表示
  • TRANSACTION:(送金時)取引承認処理状況を見る
  • VOTING:voteに参加(詳しくは後述)

ログインしたままだと、覗き見や遠隔操作ソフトを使ったハッキングの懸念があります。

パソコンから離れるときは「LOGOUT」をクリックするか、×印でLisk Nano Walletを終了してください。

ログアウトせずに終了しても、ウォレットが異常動作することはありません。再度パスフレーズを使ってログインすることで、上のようなトップ画面になります。

2段階認証の設定方法

2段階認証を設定しない場合、Lisk Nano Walletにログインしている状態なら誰でも送金操作が出来てしまいます。

ここで設定するのは、送金操作をする際に随時必要となる「セカンドパスフレーズ(ウォレットログイン時に使うパスフレーズとは別のもの)」です。

より安全にLiskを保管したいかたにおすすめの機能です。

Lisk Nano Wallet

ログアウトボタンの横にある三点リーダーをクリックし、出てきたメニューの上から2つめ「Register seond passphrase」をクリックしましょう。

下のような画面になります。

Lisk Nano Wallet

記載されていますが、2段階認証の設定には5LSKの手数料がかかります。設定の途中で同意すると、Lisk Nano Walletの残高から自動的に手数料が引かれます。

voteをやってみよう

Voteとは

1、取引承認をしてほしい人(鋳造者候補)に投票し
2、その報酬として、Lisk Nano Walletでの保有枚数に応じた額を受け取る

以上の手順を踏んでLiskを増やす、この仮想通貨ならではのシステムです。Voteに参加できるのは、Lisk Nano Walletを使う最大のメリットでもあります。

投票のための初期費用

仮想通貨取引所で購入したLiskを使ってVoteを始めるには、最低費用として

・取引所からLisk Nano Walletへの送金手数料(0.1LSK)
・投票手数料(1~4LSK)

以上2点で、計1.1~4.1LSK必要です。投票手数料は、投票する人数によって決まります。
投票できる上限人数は101人で、33人ごとに1LSKかかります。

投票手数料の例…

  • 33人に投票:1LSK
  • 34人に投票:2LSK
  • 99人に投票:3LSK
  • 100人に投票:4LSK

99人・100人の違いに注目してください。99人目までは、1LSK支払う度に追加33人に投票できました。99人を超えて投票する場合、100人目・101人目のたった2人分で1LSKかかる計算になります。

2018年4月28日現在、およそ1200円/LSKと高騰しています。投票報酬の額はLisk Nano Walletの残高に比例し、手数料で赤字になる可能性もあります。

保有LSK枚数が少ない人は、投票を99人に留めて節約しましょう。

voteの手順

実際のvoteの手順を見てみましょう。前項「Lisk Nano Walletの画面説明・基本操作」で見たウォレットトップ画面から、「VOTING」タブをクリックします。

Lisk Nano Wallet

表示されている上位候補者にチェックを入れる・お気に入りの候補者をNameで検索する、いずれの方法でも構いません。

チェックを入れると、同じ手数料で投票可能な残り人数が表示されます(下キャプチャ)。

Lisk Nano Wallet

投票したい人数分チェックを入れ終わると、右の「vote」ボタンを押します。再度手数料を確認しましょう。

Lisk Nano Wallet

投票による報酬は、お持ちのLisk Nano Walletのアドレスへ自動入金(払い出し)されます。
以下のサイトで、払い出しされていない報酬額を確認できます。

Lisk Pending

報酬は1~2LSK程度プールされ(報酬払い出しの詳細設定は不可)、払い出しの都度送金手数料の0.1LSKを差し引いた額がLisk Nano Walletに届きます。

自分がvote立候補者になることも出来る

Lisk Nano Walletには、自分自身が取引承認役として立候補する機能もあります。

Lisk Nano Wallet

上キャプチャ内の「Register as delegate」から登録することができますが、2段階認証用の「セカンドパスワード」が必要です。

ここで、Lisk Nano Walletで自分に投票してもらうための初期費用を紹介します。

  • 立候補するための費用…25LSK
  • 2段階設定するための費用…5LSK

合計:30LSK

さらに言えば、多数の投票が集まって見事Forge(鋳造者の意/取引承認を行う人)に選出されるためには、以下いずれかの条件をクリアする必要があります。

  • なるべく多くのLiskを保有する ※LSK枚数にして万単位を保有しなければならないのが現状です
  • 頑張って投票数稼ぎをする

Lisk購入資金がない場合、投票数稼ぎをする他ありません。自分で自分に投票することも可能ですが、この手法でForgeの座を獲得するのは極めて困難です。

Forgeに当選すれば大量のLiskをもらえますが、それにはLisk保有者のなかでもトップクラスの資金力を求められるのが現実です。

Lisk Wallet Sponsored by GDT

ここからはLisk Nano Wallet(リスクナノウォレット)以外のウォレットのご紹介を行います。

Lisk Wallet Sponsored by GDT(iOS/Android)はVote参加可能なモバイルウォレットですが、こちらは非公式です。2017年末にリリースされたばかりで、レビュー数の少なさが気になります。

Lisk

Lisk Wallet Sponsored by GDTの特徴…

  • 非公式ウォレット
  • 種類:モバイルウォレット(iOS/Android)
  • アプリ価格:無料
  • ログイン方法:任意のパスワード
  • Vote参加可否:可

入出金だけに特化したシンプルなアプリです。ウォレット作成後、指紋認証を設定することもできます。

自分のアドレスをQRコードに書き出す・あるいは送金先アドレスのコードを読み取るといった機能はありません。よくLISKのやりとりをするアドレスを登録しておけるので、仮想通貨取引所との資金移動に向いています。

Lisk Wallet by Freewalletをおすすめできる人…

・スマホからVoteに参加したい人
・自分の持っているウォレット/取引所口座間で頻繁に入出金を繰り返す人

Lisk Wallet by Freewallet

Lisk Wallet by Freewallet(iOS/Android)にはVote参加機能はなく、入出金に特化したスマホアプリとなります。ビットコインやイーサリアム・モネロのモバイルウォレットもリリースしているデベロッパーの製品です。

Lisk

Lisk Wallet by Freewalletの特徴…

  • 非公式ウォレット
  • 種類:モバイルウォレット(iOS/Android)
  • アプリ価格:無料
  • ログイン方法:携帯電話番号/Facebookアカウント/Googleアカウント※
  • Vote参加可否:不可
  • その他:簡易チャート機能あり

ログイン方法として記載した3種類のうちいずれかでウォレットが作成でき、Eメールアドレスによる二段階認証も設定できます。一方で、指紋認証機能はありません。

前項のLisk Wallet Sponsored by GDTに勝る点として、QRコード読み取り・作成機能がついていることが挙げられます。

Lisk Wallet by Freewalletをおすすめできる人…

・売買取引メインでLiskを保有している人(Vote参加はあまりしない)
・多数のウォレット/口座間で資金移動する人
・個人間決済にも利用する人(QRコードが利用できるため)

Lisk Paper Wallet

Lisk Paper Walletは非公式のペーパーウォレットです。Voteには参加できず、セキュリティ性を最重要視したものとなります。

Lisk

Lisk Paper Walletの特徴…

  • 非公式ウォレット
  • 種類:ペーパーウォレット
  • ログイン方法:公式サイトに秘密鍵入力(印刷または画像保存したウォレットから)
  • Vote参加可否:不可

利便性を犠牲にしており、ウォレット残高表示機能もありません。頻繁に資金移動する人には、他ウォレットとの併用をおすすめします。

Lisk Paper Walletをおすすめする人…

・セキュリティを最優先したい人
・ウォレット操作に慣れていて、長期保有用のサブウォレットを探している人

Liskウォレットのまとめ

公式ウォレットLisk Nano Walletとその他対応ウォレットについてご紹介しました。
特にLisk Nano Walletはセキュリティに対する格別の配慮・Vote参加機能が特徴です。

利用する上でのポイントとして、

  • ログインに必要なパスフレーズを紛失しない
  • 2段階認証は設定手数料がかかる
  • Vote参加は手数料による赤字に注意する

以上が挙げられます。

あなた好みのウォレットを使って安全便利にLISKを保管しましょう。

記事がお役に立てたらいいねしてください♪

[email protected]で最新の投資情報や限定情報を配信します

\友だち追加してもユーザー名は表示されません/

友だち追加

【登録者急増中】ビットポイントに登録で3,000円GET

bitpoint

 

登録者急上昇中のBITPoint(ビットポイン)ならリップルやイーサリアムの取引手数料が無料です!面倒な税金の計算も自動で出力可能です。

 

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

bitbank

 

 

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事