Lisk(「リスク」単位:LSK)は、2018年1月にビットフライヤー(BitFlyer)に上場したことが記憶に新しい仮想通貨です。

コインチェックに始まり国内外仮想通貨取引所のハッキング騒動が起きたことをきっかけに仮想通貨を自分が管理するウォレットに移すことの重要性が叫ばれています。

Lisk(リスク)の場合、特定のウォレットに保管しておくことでLiskを増やすことができます。ここではLisk対応のおすすめウォレットをご紹介します。

目的に合うウォレットで保管し・少しでもリスクを低減してみませんか。

この記事のポイント…

・Liskを管理できるウォレットの種類
・3種のウォレットの特徴解説

Liskウォレットの種類

リスクを管理できるウォレットの種類は

  • デスクトップウォレット
  • モバイルウォレット
  • ペーパーウォレット

以上の3種類です。Liskを保管できるハードウォレットは、発売されていません(2018年4月現在)。

Lisk

ウォレット選びのポイントは、

  • 入出金をどのくらいの頻度で行うか
  • Vote(後述)に参加するか

以上となります。

仮想通貨取引所に預けておく危険性

取引所のセキュリティ体制も向上の傾向にあります。具体的には、指紋認証や二段階認証(携帯電話番号を使った認証方法)が導入されています。

Lisk

しかしこれは、私たちが利用するスマホ・パソコンに対するハッキング対策に過ぎません。取引所に不正アクセスされたり・あるいは資金繰りがうまく行かずに破綻してしまうと、持っているLiskを全て失います。

取引所に任せず・Liskの入出金操作を全て自己管理できるのが、ウォレットを使うことの最大の利点です。

LISK保有者ならではのメリット”Vote”とは

Liskには、ただ保有しているだけで増やせる仕組みがあります。ただしこの仕組みを利用するには、対応ウォレットでLiskを保管する必要があります。

Liskが増える仕組み

LiskではForge(鋳造)と呼ばれる取引承認システムを導入しています。ビットコインではマイニングに参加している人(マイナー/採掘者)が取引承認処理をしていますが、LISKでこの作業を出来る人は限られています。

Forgeでは、LSK保有者の投票によって選ばれた101人が承認作業を行えます。投票の際は1~4LSKを手数料として支払う必要がありますが、見返りに投票報酬がもらえます。

投票報酬はLSKで還元され、何度も投票を繰り返すうちにLSKがどんどん増えていくのです。これを”Vote”(投票)と呼びます。

Voteは

  • 対応ウォレットにLisk残高があること
  • 投票操作を行うこと

この2つの条件が揃っていないと、その報酬をもらうことはできません。仮想通貨取引所はVoteに対応していないため、せっかくのLiskを有効に運用できないというデメリットがあります。

Liskをウォレットで管理する利点のまとめ

ここでウォレットを使うメリットをまとめると、以下の通りです。

  • 高セキュリティ
  • (対応ウォレットのみ)Vote参加によりLiskを増やせる

ここからは、各ウォレットの紹介を行います。

Lisk Nano Wallet

最初に紹介するのは、公式ウォレットであるLisk Nano Wallet(リスクナノウォレット)です。

Lisk

Lisk Nano Walletの特徴…

  • 公式ウォレット
  • 種類:デスクトップウォレット
  • 対応OS:Windows/Mac/linux
  • ログイン方法:12個の単語からなるパスフレーズ(秘密鍵)
  • ※2段階認証あり(有料オプション/5LSK)
  • Vote参加可否:可

Vote参加可能かつ使いやすいインタフェースが特徴です。後述するLisk Hubがリリースされるまで、公式デスクトップウォレットとして唯一のものでした。
リリースから何度もアップデートを繰り返されており、動作の安定性・軽快さは随一です。

Lisk Nano Walletをおすすめできる人…

・長期保有がメインの人(入出金はあまりしない)
・動作の軽快さを重視する人
・MacOSでデスクトップウォレットを使いたい人

Lisk Hub

Lisk HubはかつてWebウォレットという位置づけでしたが、セキュリティ性向上を目指してリニューアルされました。2018年2月にリリースしたばかりで、前項のLisk Nano Walletに次ぐ公式デスクトップウォレットです。

Lisk

Lisk Hubの特徴…

  • 公式ウォレット
  • 種類:デスクトップウォレット
  • 対応OS:Windowsのみ
  • ログイン方法:12個の単語からなるパスフレーズ
  • (Lisk Nano Walletから引継ぎ可)
  • Vote参加可否:可

前項のLisk Nano Walletをすでに利用している人は、作成済みのウォレットをLisk Hubに引き継ぐことが出来ます。
Lisk Nano Walletとの違いは

  • 対応OS(Lisk HubはMac非対応)
  • 簡易チャート表示機能あり(LSK/BTC)

以上の2点です。Lisk Hubはリリースされたばかりで、まだWindowsにしか対応していません。指定の取引所のみ表示するといった複雑な機能はないものの、簡単なチャート機能が使えるのはLisk Hubならではの特徴です。

現状のデメリットとして、ビジュアルが動的な分Lisk Nano Walletより動作がもたつくことが挙げられます。

Lisk Hubをおすすめできる人…

・長期保有がメインの人(入出金はあまりしない)
・デスクトップPC(Windows搭載)で利用する人

Lisk Wallet Sponsored by GDT

Lisk Wallet Sponsored by GDT(iOS/Android)はVote参加可能なモバイルウォレットですが、こちらは非公式です。2017年末にリリースされたばかりで、レビュー数の少なさが気になります。

Lisk

Lisk Wallet Sponsored by GDTの特徴…

  • 非公式ウォレット
  • 種類:モバイルウォレット(iOS/Android)
  • アプリ価格:無料
  • ログイン方法:任意のパスワード
  • Vote参加可否:可

入出金だけに特化したシンプルなアプリです。ウォレット作成後、指紋認証を設定することもできます。

自分のアドレスをQRコードに書き出す・あるいは送金先アドレスのコードを読み取るといった機能はありません。よくLISKのやりとりをするアドレスを登録しておけるので、仮想通貨取引所との資金移動に向いています。

Lisk Wallet by Freewalletをおすすめできる人…

・スマホからVoteに参加したい人
・自分の持っているウォレット/取引所口座間で頻繁に入出金を繰り返す人

Lisk Wallet by Freewallet

Lisk Wallet by Freewallet(iOS/Android)にはVote参加機能はなく、入出金に特化したスマホアプリとなります。ビットコインやイーサリアム・モネロのモバイルウォレットもリリースしているデベロッパーの製品です。

Lisk

Lisk Wallet by Freewalletの特徴…

  • 非公式ウォレット
  • 種類:モバイルウォレット(iOS/Android)
  • アプリ価格:無料
  • ログイン方法:携帯電話番号/Facebookアカウント/Googleアカウント※
  • Vote参加可否:不可
  • その他:簡易チャート機能あり

ログイン方法として記載した3種類のうちいずれかでウォレットが作成でき、Eメールアドレスによる二段階認証も設定できます。一方で、指紋認証機能はありません。

前項のLisk Wallet Sponsored by GDTに勝る点として、QRコード読み取り・作成機能がついていることが挙げられます。

Lisk Wallet by Freewalletをおすすめできる人…

・売買取引メインでLiskを保有している人(Vote参加はあまりしない)
・多数のウォレット/口座間で資金移動する人
・個人間決済にも利用する人(QRコードが利用できるため)

Lisk Paper Wallet

Lisk Paper Walletは非公式のペーパーウォレットです。Voteには参加できず、セキュリティ性を最重要視したものとなります。

Lisk

Lisk Paper Walletの特徴…

  • 非公式ウォレット
  • 種類:ペーパーウォレット
  • ログイン方法:公式サイトに秘密鍵入力(印刷または画像保存したウォレットから)
  • Vote参加可否:不可

利便性を犠牲にしており、ウォレット残高表示機能もありません。頻繁に資金移動する人には、他ウォレットとの併用をおすすめします。

Lisk Paper Walletをおすすめする人…

・セキュリティを最優先したい人
・ウォレット操作に慣れていて、長期保有用のサブウォレットを探している人

Liskおすすめウォレットのまとめ

ハードウェアウォレットはまだないものの、セキュリティに優れた多機能のウォレットが数多くリリースされています。
公式の

  • Lisk Nano Wallet
  • Lisk Hub

がほぼ全ての機能を網羅しており、操作性を含めて特におすすめできます。
デスクトップウォレット以外の種はすべて非公式ですが、入出金が多い場合・ハッキング対策をより入念にしたい場合、サブウォレットとして便利に使うことができます。

こちらでは今もっとも熱い海外仮想通貨取引所を照会しています。coinpark(コインパーク)は所持しているだけで配当が貰えるCoinpark Token(コインパーク トークン)を発行しています。

記事がお役に立てたらいいねしてください♪

[email protected]でエアドロップ情報や限定情報を流します

友だち追加

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事