仮想通貨取引所のGate.io(ゲート)は中国の取引所で非常に多くの有望通貨を取り扱っています。他大手取引所に上場する前の有望通貨を事前に購入することができ、非常に便利と評判の取引所です。

この記事では仮想通貨取引所Gate.io(ゲート)についてや登録方法等に関する内容を記載いたします。

gate.io(ゲート)の取引所登録開設方法

1.ゲートの公式サイトに行きSignupまたはNEW user signupを押下
gate01

2.SignUp画面に必要事項を入力後、「Create account」を押下
パスワードとファンドパスワードは同一パスワードは使えません FUND Passwordはgate.ioから出金をしたり、通貨を購入するときに必要なパスワードです

gate02

3.登録したメールに認証用メールが送られてくるので、メール記載の認証URLをクリックする。

その後ポップアップが出てくるので、「CLOSE」を押下

gate03

ポップアップ画面

gate04

4.ログインする
gate04

2段階認証の設定

セッティング画面に移動し、Two-factor Authenticationを選択肢、Click hereを押下
gate05

QRコードを読み取り、6桁の数字とファンドパスワードを入力
gate06

Gate.ioの入出金方法

WalletsまたはCoin deposit or Coinwithdrawalを選択することで入出金が行えます。

なお、Gate.io取引所同士の送金であれば、送金手数料は無料です

gate09

取引所gate.io(ゲート)の特徴は?

ゲートの特徴をまとめると下記になります。

・有望通貨の上場が早い
・通貨上場数が非常に多い
・USDT建ての取引が多い
・ゲートの取引所登録者限定のエアドロップがある

特徴を一つずつ解説していきます。

・有望通貨の上場が早い
中華系有望通貨の上場が非常に早いです。gate.ioに上場後、大手取引所のBinanceやHoubi、OKEXに上場する流れが特徴的です。

・通貨上場数が多い
通貨を上場させる数が非常に多く、大体の有望通貨はgate.ioで取引可能です。数多くの通貨取引をしたい場合はgateの取引所開設は必須です。

上場数が多いことから、仮想通貨取引所取引高世界14位、1日31000BTCの取引高の出来高を誇る大手未満中堅以上の規模を維持できています。
※2018年4月25日現在

USDTペアの通貨でもこれだけの数が上場されています。

gate07

・USDT建ての取引が多い
gate.ioではBTC・ETH・USDT・QTUMの数多くのペアでの取引が可能です。その中でもUSDT建て通貨の取引量が圧倒的に多く、USDTを多く保有している投資家からは高く評価されています。

・ゲートの取引所登録者限定のエアドロップがある
Gate登録者限定に新規上場通貨がエアドロップされることがあります。

この点はHuobiと類似してますね。
参考記事:
>>仮想通貨取引所Huobi.pro(フオビー)とは。登録開設方法や使い方、評判などを解説

Gate.ioのスマホアプリ

ゲートにはスマートフォンアプリケーションも用意されており、スマホ環境でも簡単に取引することが可能です。

gate08

Gate.io(ゲート)の問題・懸念点

先程までは良い点(特徴)を述べましたが、問題・懸念点も解説します。

ゲートは運営会社が不明です。

Gate.ioはGate Technology Incorporatedが運営していると記載されていますが、実際に調べると企業公式ページはもちろん住所や運営者すらわかりません。

そのため、いきなり取引所自体が消える可能性も0ではありません。

有望通貨を早く仕入れるならGate.ioは開設しておきたい

この記事では、Gate.ioの特徴や問題懸念点、登録方法について開設いたしました。

Gate.ioは有望通貨の上場スピードそして取扱通貨の種類が非常に多いです。今後、有望通貨を早めに購入したい方、USDT取引が多い方は登録開設して損はない取引所です。

まずは、口座登録だけでもしてみましょう。

記事がお役に立てたらいいねしてください♪

[email protected]でエアドロップ情報や限定情報を流します

友だち追加

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事