Bitpoint

 

BITPoint(ビットポイント)で口座開設を行うと期間限定で3,000円分のビットコインがもらるキャンペーン実施中!

エアドロップ(airdrop)で配布されたトークンを保管するウォレットは数多くありますが、最近人気があるのがMETAMASK(メタマスク)です。メタマスクはGoogle chromeなどで使えるオンラインウォレットで、手軽に使える点が人気です。

しかしメタマスクの初期設定では、配布されたトークンを確認することはできません。Etherscanからトークン情報を取得する必要があり「せっかくエアドロップに参加したのに配布されてない!」と悩んでいる人も多いです。

この記事ではメタマスクを使って、エアドロップで配布されたトークンを確認する方法について解説します。

MetaMask(メタマスク)とは

記事の始めでも触れた通りメタマスクはWebブラウザの中で、オンラインでイーサリアムの通貨を管理できるウォレットです。

現在メタマスクに対応しているブラウザは、
・Google chrome
・Firefox
・Opera
・Bravo
の4つです。

オンライン上で仮想通貨を管理できるので、ハードウォレットのようにいちいち専用のアイテムをパソコンに繋いで操作しなくてもいいので手軽です。

メタマスク単体だとETHの送金しかできませんが、MEW(マイイーサウォレット)と連動すればトークンの送受信ができます。

トークンセールやエアドロップのプロジェクトによってはメタマスク指定で配布されるケースもあるので、アカウントを作っておくと便利です。

MetaMask(メタマスク)を使うメリット

メタマスクを利用して得られるメリットは、以下のようなものがあります。

安全にMEWと連携できる。

MEWでは利用する都度、秘密鍵の入力が必要になります。もちろんセキュリティ対策はしているものの、秘密鍵をアップロードするのは心象もよくないし面倒です。

メタマスクと連動しておけばいちいち秘密鍵を入力しなくても簡単に確認できるため、スムーズに操作できます。

メタマスク自体のセキュリティについては、アカウント復元の際に秘密鍵と合言葉が必要になります。そのため、ネットワークに接続しているホットウォレットの中でも安全面が高いです。

metamask

合言葉とはアカウント作成時に表示されるランダムな12個の英単語です。コピーしてメモファイルにペーストして、USBなどオフライン環境で保管しておきましょう。

複数の通貨を一括管理できる。

メタマスクはMEWと同様に、イーサリアムのブロックチェーンを利用した仮想通貨を一元的に保管できます。

イーサリアムベースで開発されたトークンで有名なものは、下記の銘柄があります。

・OmiseGo(OMG)
・Binance token(BNB)
・Auger(REP)
・Tron(TRX)

それ以外にも、様々なタイプのコインがイーサリアムベースで作られています。Ethetscanで確認したところ、2018年4月下旬の時点で75,286もの種類がありました。

取引所によってはTronは上場しているけど、OmiseGoは取り扱っていない。などのケースがあるので、メタマスクやMEWのように一括管理できるウォレットは重宝します。

DAppsゲームで送金ができる。

最近では「イーサクラフト」や「Cryptokitty」などのイーサリアムのブロックチェーン上のゲームが人気です。

このようなイーサリアムのDAppsゲームでは、メタマスクを経由してETHが取引されます。エアドロップ以外にもゲームを利用する人にもメタマスクは必需品です。

操作性が高い

メタマスクはオンラインウォレットのため最初にデータをダウンロードする必要もなく、ブラウザの拡張機能に追加すればすぐ利用できます。

動作も軽いのでサクサクとスピーディな操作ができ、ストレスフリーな取引が可能になります。

MetaMask(メタマスク)での登録方法

メタマスクへの登録方法は過去にご紹介した記事があるので、こちらをご確認ください。

メタマスクで配布された仮想通貨を確認する方法

エアドロップで配布されたトークンを、メタマスクを使って確認する方法を説明していきます。この記事ではGoogle Chromeを利用してご説明します。

Etherscanを利用する

まず追加したいトークンの情報をEtherscanから取得しましょう。Etherscanはイーサリアムベースのトークンの情報や取引履歴が確認できるサイトです。

ウォレットアドレスをコピペするだけでトークンが配布されたか分かるので、ウォレットにログインするなどの手間がかからないのが特徴です。複数のエアドロップに参加する場合などに便利です。

・エアドロップで配布されたトークンを確認する

metamask

Etherscanのトップページへアクセスし、右上の検索窓にイーサリアムのウォレットアドレスを入力してログインします。

下のような画面が表示されるのでトークンが配布されていた場合、矢印でさしたトークンの欄に残高が表示されます。

metamask

トークンの銘柄を指定したい場合は、赤丸で囲った「View Tokens」から操作できます。詳細は次の項で解説します。

MetaMask(メタマスク)での確認方法

・カスタムトークンを追加する

メタマスクに配布されたトークンを追加するためにはトークンの情報が必要です。Etherscanから銘柄を選択して、必要な情報をコピーしましょう。

metamask

トップページから「TOKENS」を選択すると、イーサリアムベースのトークン一覧が表示されます。ランキングか検索窓から追加したいトークンを探します。

ここではEOSを例に使いますが銘柄の名前をクリックすると、トークンアドレス・ティっカーなどウォレットに追加するために必要な情報が表示されます。

metamask

ERC20 Contractがトークンアドレスに相応するものなので、表示された文字列をコピーします。

次に、ブラウザに追加したメタマスクのアイコンをクリックします。下の図のような画面が表示されるので、「Token」のタブを選択します。

metamask

「TOKENS」のタブを選択して「ADD TOKEN」をクリックします。

metamask

下のように追加するトークンの情報を入力するページに切り替わるので、さきほどEtherscanでコピーしたトークンアドレスを入力します。

metamask

通常の場合、ウォレットにトークンを追加する場合はトークンアドレス・ティッカー・数量の3つが必要なのですが、メタマスクではトークンアドレスだけ入力すれば自動的にティっカーと数量が反映されます。

※中には自動反映されないトークンもあるので、その場合は3つとも手動で入力します。

「Add」ボタンをクリックしてトークンを追加します。そのままだと表示されないので、一度「SENT」に戻ってからふたたび「TOKENS」を選択すると追加されたか確認できます。

もちろんトークンは1つのアドレスで複数追加できます。トークンアドレスを入力するだけでいいので、MEWよりも使い勝手がいいと言えます。

・ベータ版も便利

metamask

メタマスクはこのようにブラウザの端に表示される仕様でした。

このままでも取引所や他のサイトを閲覧しながら操作できるため便利なのですが、先日公開されたベータ版ではより充実した機能が搭載されています。

1.新しいタブで表示される
ページ全体でメタマスクが表示されるようになったので、トークンを複数管理している人は見やすく便利になりました。

metamask

他にもウォレットの残高を全額送金できるようになったり、トークンの追加が簡単になったりと従来よりも使いやすくなったのでおすすめです。メタマスクのメニューの「Try Beta」から簡単に設定できます。

まとめ

この記事ではエアドロップで配布されたトークンを、メタマスクを使って確認する方法について解説しました。メタマスクはブラウザに追加するタイプのオンラインウォレットなので、操作もしやすく簡単にトークンを追加できるなどの利点があります。

トークンを送金する場合はMEWと同期しないといけませんが、安全性も高いのでICOやエアドロップをよく利用する人におすすめのウォレットです。

記事がお役に立てたらいいねしてください♪

[email protected]で最新の投資情報や限定情報を配信します

\友だち追加してもユーザー名は表示されません/

友だち追加

【登録者急増中】ビットポイントに登録で3,000円GET

bitpoint

 

登録者急上昇中のBITPoint(ビットポイン)ならリップルやイーサリアムの取引手数料が無料です!面倒な税金の計算も自動で出力可能です。

 

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

bitbank

 

 

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事