今が旬の仮想通貨取引所ランキング
国内・海外の仮想通貨取引所おすすめランキングを紹介しています。

CoinTrader(コイントレーダー)はプログラミングの知識が全くない人でも簡単にbotを運用できるサービスです。

システムトレードとよばれるこの自動取引ツールは、利益が出せる設定を一度プログラムするだけで、自分が寝ている間も稼ぎ続けてくれる優れものです。

自分でトレード戦略を立ててbotを起動させることもできますが、CoinTrader(コイントレーダー)では初めから収益をあげるための戦略が3パターン用意されているのでトレードの知識がなくても運用できます!

初月無料キャンペーン実施中なので、仮想通貨botに興味がある人はとりあえず登録してみると面白いですよ。

メンタルが弱い人ほど使うべきコイントレーダーを使うメリット

COINTRADER(コイントレーダー)

コイントレーダーは自分の代わりにコンピューターが自動で取引をしてくれる自動取引botです。

最初に決めたルール通りに機械が自動的にトレードしてくれるため、一度利益がでる仕組みを作ってしまえば勝手に収益を出し続けてくれます。

機械的に売買を行ってくれるので含み損を抱えた時の

「もう少し待ったら上がるかも・・・」

という期待や

「利益でたけど今利確するのもったいない」

といった欲望など、投資で失敗しやすい心理的な失敗を回避することができます。

自動取引botを1から運用する場合、サーバー管理やプログラムを全て自分で設定しなければなりません。

しかしコイントレーダーを利用すればbot構築のキモであるトレード戦略部分のプログラム作成に集中できます。

またコイントレーダー側で提供されている

「積立ならバリュー平均法」

「利確ならシンプルBuySell」

「ドルコスト平均法」

といった設定があるので、プログラムやトレードに関する知識が全くない人でもbotを運用することができます。

▼詳しくはこちらの動画をご覧ください▼

CoinTrader(コイントレーダー)のセキュリティは大丈夫か運営に聞いてみた

後ほど画像にて解説しますが、コイントレーダーは取引所のAPIキーを利用して注文を出します。

口座にある資金を勝手に出せないような設定のAPIキーを使うのでコイントレーダーの運営が勝手に資産を引き出すことはできません。

またサーバー内に保有されている情報は全て暗号化されて保存されます。

メールでセキュリティについて問い合わせした際も丁寧に回答してもらっています。

まずユーザー様の取引所アカウントに関する情報(技術用語ではAPIキー)は全て暗号化された上で管理されており、その情報にアクセスするサーバーもセキュアなものからしかアクセスしません。また、そもそも取引所のアカウントに関する情報は、資金の引き出しなどに関する権限を要求せず、取引履歴と注文に関するもののみとなります。

アカウントの乗っ取りなどについても、ログインの度にメール認証など(電話番号を設定頂ければ2段階認証となります)が要求されるので、安心です。

要するに資金を引き出せない設定にして2段階認証を適切に行えば大丈夫ということですね。セキュリティの他にも色々質問しましたが丁寧に対応してくれました。

コイントレーダーを実際に使ってみた結果

とりあえず最初なのでBTC-JPYペアで総注文金額10万円でためしてみることにしました。新規Botの追加からこのように設定しています。

CoinTrader

取引戦略:シンプルBuySell

取引所:bitFlayer

通貨ペア:BTC-JPY

総注文金額の上限:100,000円

一回あたりの取引金額:10,000円

CoinTrader

CoinTrader

初めから取引所に0.3BTC入っていたので計算しにくくなってしまいましたが、20分間のトレードで500円くらいの利益になっています。

『総注文金額の上限』と『1回あたりの取引金額』を調整すれば、もう少し利益を出せるようになりそうですね。

CoinTrader(コイントレーダー)のアカウント登録方法

コイントレーダーの登録方法を解説します。アカウント登録にはメールアドレスが必要になります。所要時間は3分程度で終わりますよ。

CoinTraderの公式サイトから【今すぐはじめる】をクリック

CoinTrader1

【無料新規登録はこちら】をクリック

CoinTrader

空欄にメールアドレスを記入して【登録用認証コード送信】をクリック

CoinTrader

登録したメールアドレスに記載されているURLをクリック

CoinTrader

認証コードが自動で入力されているので【メール認証】をクリック

CoinTrader

アカウント作成完了、マイページに移行します。これでアカウント作成は完了です!

CoinTrader

仮想通貨取引所との連携手順

CoinTrader(コイントレーダー)が使える取引所
現在コイントレーダーが対応している取引所は

  1. Zaif
  2. bitFlayer
  3. Binance
  4. Bitfinex

これら4つになります。

ビットフライヤーを例にとって解説

bot取引をするなら取引所のサーバーが安定していることが絶対条件です。ZaifよりもbitFlayerの方が現時点でサーバー性能がいいため、ここではbitFlayer(ビットフライヤー)で設定手順を解説していきます。

ビットフライヤーのホーム画面から【bitFlayer Lightning】をクリック

CoinTrader

画面左上部にある三本線マークをクリック

CoinTrader

【API】をクリック

 

【新しいAPIキーを追加】をクリック

 

入出金のチェックを全て外し、それ以外の項目にチェックを入れる。

CoinTrader

※入出金のチェックが外れていることを確実に確認してください。ここにチェックが入っていると第三者によって出金されてしまう可能性が高まります。

作成されたAPI KeyとAPI Secretをコイントレーダーのビットフライヤーアカウントとの連携の項目に入力して【認証キーを保存】をクリック

CoinTrader

CoinTrader

これで取引所との連携は完了しました。後は自分の戦略に合わせてボットを設定するだけです。

スマホアプリがあるから外出先でもチェック可能

CoinTrader

コイントレーダーにはアプリがあるので、外出先でもbotの取引状況やパフォーマンスを定期的にチェックできます。

仮想通貨サイトのcoinvoiceでもBITMEXでBOTを使った自動取引が解説されてます。

まとめ

CoinTrader(コイントレーダー)はプログラミングやトレードの知識がなくても自動売買取引botが運用できるサービスです。

  • 自動で稼ぐ仕組みが欲しい
  • 暴落のリスクに怯えたくない
  • プログラミングの知識をつけたい

このような人はCoinTrader(コイントレーダー)にチャレンジしてみるといいですよ。

初月無料キャンペーン中なので、興味がある方は登録してみてくださいね。

記事がお役に立てたらいいねしてください♪

[email protected]でエアドロップ情報や限定情報を流します

\友だち追加してもユーザー名は表示されません/

友だち追加

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事