NEO(ネオ/ニオ)は「中国版イーサリアム」と呼ばれ、誕生した当時から期待されていました。仮想通貨ブームが少し落ち着いた今でも、粘り強く高騰を続けています。

ここで2018年4月現在の時価総額ランキングを確認してみましょう。

NEON

NEO…7位

NEON

GAS(ガス)…23位

参考:CoinGecko

NEO人気を支える1つの理由として、GASの存在が挙げられます。対応ウォレットでNEOを保管しておくだけで、配当としてGASが受け取れる独特の仕組みは魅力的です。

保管先として「GAS配当に対応する仮想通貨取引所」を選んでもよいのですが、どうしてもハッキングのリスクはつきまといます。

そこで、この記事では便利なデスクトップウォレット「NEON wallet(NEONウォレット)」について紹介します。

【この記事のポイント】
・NEON walletの機能や特徴
・NEON walletへの登録~GAS配当の受け取り方
・アップデート方法

NEON walletの特徴

NEO対応の公式ウォレットは多数ありますが、NEONwalletは「デスクトップウォレット」にあたります。ここで、NEONwalletの基本的なスペックをまとめます。

NEON walletの特徴…
対応OS:Mac OS / Windows / Linux言語:英語のみ
マイニング:不可
動作:快適(理由は後述)
その他:Ledger Nano S対応

最大の特徴は、公式認定デスクトップウォレットのなかで唯一MacOSに対応していることです。

また、動作が快適なのは「ライトウォレット」と呼ばれる仕組みを採用しているためです。これは、ブロックチェーン上のすべてのデータをダウンロードしなくても利用できるというものです。

そのため、Morpheus Walletを除く他2種のデスクトップウォレット(NEO-GUI・NEO-CLI)ではマイニングに対応していますが、NEON walletは非対応です。

機能を減らして動作を優先しているのが、NEON walletの2つめの特徴です。

最後に、20種類以上の仮想通貨管理に対応しているハードウェアウォレット「Ledger Nano S(レジャーナノS)」も、NEON walletと連携させることが出来ます。

GAS配当をもらえるウォレットとしての特徴(メリット)をまとめると、以下のようになります。

  • MacOSで使える
  • 動作が軽快
  • ハードウェアウォレット「Ledger Nano S」が使える

それでは、導入方法・使い方を解説します。

NEON walletの登録・基本操作

まずはウォレットアドレスの取得(登録)から始める必要があります。
アプリケーション導入から進めていきます。

NEOウォレットのインストール

NEON

NEO公式サイトにアクセスし、ページ上部右側のメニューの中にある“Client”(クライアント)をクリックします。

NEOが公式で推奨しているウォレットが掲載されています。

Mobile/Desktop/Web/Hardwareはそれぞれウォレットの種類を指します。「NEON wallet」はデスクトップウォレットなので、”Desktop”をクリックします。

ページが切り替わったら、次はNEON walletの”Download”へ進みます。

NEONNEON walletは複数のOSに対応しており、それぞれダウンロードファイルが異なります。OSに対応したファイル名をクリックすると、ダウンロードが始まります。
自動的にダウンロードされない場合、ブラウザの設定・セキュリティソフトの設定でダウンロードがブロックされていないか確認しましょう。

ダウンロードするファイル名…
Windows:Neon.Setup.0.2.3.Windows.exe
Mac:Neon-0.2.3.Mac.dmg

ここからはWindows10(64bit)の環境で解説します。

NEONダウンロード後、ファイルをダブルクリックするとNEON walletのインストールが始まります。デフォルトのOS設定であれば自動的にウォレットが起動しますが、起動しない場合はアプリ一覧・デスクトップのショートカットから起動しましょう。

ウォレットのメニュー画面解説・基本的な操作方法は後述します。
まずは登録します。下記画面にある“Create a New wallet”へと進みます。

NEON

任意のパスワードを入力します。フォームが2つあるので、同じパスワードを入力します。

フォーム右端にある目のマークをクリックすると、パスワードを黒丸表示/文字での表示を切り替えられます。

入力が終わったら、”Generate keys”をクリックします。

NEON

すると、QRコードが表示されている画面になります。

NEON

注意:この画面に表示されている情報をなくしたり、盗まれたりしてはいけません。

ここには、ウォレットアドレス・パスワード(先の画面で決めたもの)・暗号鍵と秘密鍵が記載されています。

“Print”ボタンを押すと、PCに接続しているプリンターから画面印刷することも出来ます。画面キャプチャの取り扱いにも注意が必要です。ハッキングのリスクを減らしたい場合、印刷した紙ベースのものを保管し・画面キャプチャは破棄しましょう。

画面中の”Name is account”は、ウォレットに名前を付けられる機能です。

複数のウォレットアドレスを1台のPCで管理する場合、名前をつけておくと便利に使えます。

以上でNEON walletの初期設定は終わりです。

NEONの基本操作

次に、NEON walletの基本操作を解説します。画面は戻り、起動時に表示されるメニュー画面となります。

前項の初期設定を終えたばかりのかたは、”Back”をクリックしましょう。

ウォレットにログインするには、4つの方法があります。

Login using a saved wallet:登録時に任意で決めたパスワードでログイン
Login using an encrypted key:暗号鍵でログイン
Login using a Private key:秘密鍵でログイン
Login using a Ledger:ハードウェアウォレット(レジャーナノS)でログイン

どの方法でログインしても、下の画面に移ります。

NEON

ウォレット操作中にPCを離れる場合、画面右上の電源マークを押してログアウトしておきましょう。ログインしたままにしておくと、他人に勝手に操作されてしまいます。

使用頻度が高いのは、下記メニューです。

・“Send”…NEONwalletからの送金用(送金先アドレスの入力画面)
・“Receive”…NEON walletへ入金用(自分のウォレットアドレス表示)

ここで使うウォレットアドレスは、NEO/GAS共通です。

NEON walletでGAS配当を受け取る方法

次に、GAS配当を受け取ってみましょう。まずは保有しているNEOを、仮想通貨取引所・他ウォレットからNEON walletに送金します。

前項のログイン後画面で”Receive”をクリックし、表示されたウォレットアドレス宛に保有NEOを送ります。

NEON walletにNEOが届いたのを確認したあと、”Claim 〇〇GAS”をクリックしましょう。

5分ごとに請求できるGASの金額が増えます。随時左記操作をすることで、その時点でのGAS配当を受け取ることが出来ます。

配当金額は刻々と変わります。NEO保有数から配当を予測できる下記サイトがおすすめです。

⇒NEOTOGAS

トラブルシューティング

次に、よくあるNEON walletのトラブル事例を挙げます。

オレンジ色のポップアップが出る

ウォレット使用中に

” Warning Your wallet is out of date! Please download the latest version~”

と警告されることがあります。

これは「NEON walletの新しいバージョンがある」という意味です。このポップアップが出たら、なるべく早くアップデートしましょう。

やり方はNEON walletのインストール時(リンクを貼る)と同じで、公式サイトからダウンロードページに移ります。OSに対応したダウンロードファイルを入手し、再度インストールします。

インストールできない・起動しない

NEON walletをそもそも使えない場合、2つの可能性があります。

1:ダウンロードしたファイルが対応OSのものではない
…WindowsなのにMac用のファイルをダウンロードしてしまった等

2:(Winの場合)使っているOSが32bitバージョン

NEON walletのWindows版は、64bit版のみ対応です。OSのバージョンを確認してみましょう。

スタートボタンを押し、アプリ一覧から「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」の順で進みます。

NEON

「システムとセキュリティ」から「システム」へと進みます

この画面にWindowsのバージョン情報が載っています。「64ビット~」と表示されていればNEON walletは使用できますが、32~の場合は使えません。この場合、Windows公式サイトやインストールディスクを使って、64bit版にアップデートする必要があります。

まとめ

デスクトップウォレットで安全にGAS配当をもらうなら、NEON walletがおすすめです。注意点として、

・アカウント情報(暗号鍵や秘密鍵)をなくさない/盗まれないように注意する
・(Windowsのみ)32bit版には非対応

以上があげられます。

今後はNEO系のICOやエアドロップが増えてきていますので、今のうちに作成しておくといいですよ。

line@でも1日のエアドロップ情報まとめなど流します

友だち追加

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事