Bitpoint

 

BITPoint(ビットポイント)で口座開設を行うと期間限定で3,000円分のビットコインがもらるキャンペーン実施中!

Coincheck(コインチェック)は、2014年8月にオープンした東京都渋谷区の仮想通貨取引所です。(会社は2012年8月28日に誕生)

2018年1月26日に起きたネム流出事件(約580億円のネムが消失)により、知られるようになった仮想通貨取引所。

2018年4月16日には、証券会社を運営しているマネックスグループ株式会社がコインチェックをグループ化しています。

この記事では、コインチェックの手数料・評判・登録方法(ネム流出事件により口座開設が停止中)をご紹介。

法人口座開設におすすめの仮想通貨取引所はこちらで紹介しています。

Coincheck(コインチェック)の特徴とメリット

スプレッド(取引手数料)がわかるアプリがある

Coincheck(コインチェック)では、スプレッド(取引手数料)がわかるシステムがあります。例えば、ビットコインやアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)のスプレットがリアルタイムでわかります。

【コインチェックのスプレッドを見る方法】
①:グーグルクロームをダウンロード(ない場合)
②:拡張機能から「仮想通貨チェッカー」を追加
③:スプレッドを表示したいコインを選ぶ

たった3つのステップでコインチェックのスプレッドが見られるでしょう。ただし、コインチェックが行っているツールではありません。利用されるユーザーは、自己責任でご利用ください。

約13種類の仮想通貨がトレードできる

海外に比べると日本の仮想通貨取引所はコインの種類が少ないでしょう。知名度のあるbitflyer(ビットフライヤー)でもビットコイン・アルトコインが6つのトータル7種類です。

コインチェックについては、約13種類の仮想通貨に対応しています。

  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. イーサリアムクラシック(ETC)
  4. ビットコインキャッシュ(BCH)
  5. ライトコイン(LTC)
  6. ネム(NEM/XEM)
  7. オーガー(REP)
  8. リスク(LSK)
  9. ジーキャッシュ(ZEC)
  10. ダッシュ(DASH)
  11. モネロ(XMR)
  12. ファクトム(FCT)
  13. リップル(ripple/XRP)

ビットコイン(Bitcoin / BTC)・イーサリアム(ETH)・ライトコイン(LTC)といったほかの仮想通貨取引所にある通貨もありますが、オーガー(Augur/REP)やファクトム(Factom)といった日本の仮想通貨取引所では珍しい仮想通貨も取り扱っているのです。

時価総額の低い通貨となりますが、数年後にはイーサリアムやリップルのような時価総額ランキングの上位に入る仮想通貨となる可能性もあるでしょう。

仮想通貨の貸出サービス

Coincheck

Coincheck(コインチェック)では、あなたの仮想通貨を貸すサービスも行われていました。

「Coincheck貸仮想通貨サービス」と呼ばれるもので、ユーザーが持っている仮想通貨をコインチェックに貸出をすると、貸した仮想通貨+銀行の利息のようなごほうびがもらえます。

Coincheckの公式ホームページによると、最大で年間の利率が5%と記載。メガバンクの普通金利が0.001%と1,000,000円の預けても約10円しか利息がありません。

銀行よりも高い利息を約束していたのがCoincheckの貸仮想通貨サービスです。

Coincheck(コインチェック)で口座開設をするには

ステップ1: 「メールアドレス」と「パスワード」を入力

Coincheck

Coincheck(コインチェック)で取引をするには、メールアドレスとパスワードを作成する必要があります。メールアドレスについては、ジーメール(Gmail)やヤフーメール(Yahoo!Mail)といった無料のメールソフトで問題ありません。

ステップ2:フェイスブックを利用した口座開設

Coincheck

Coincheck(コインチェック)では、口座開設にFacebook(フェイスブック)のアカウントが利用できます。

写真にある「Facebookで10秒で登録」といったボタンがありますよね。Coincheckのトップページでは真ん中に表示されるケースもあります。

Facebookに登録している個人情報(名前・住所・メールアドレス)を使い回しできるため、アカウントの作成がカンタンです。

ステップ3:パスワードの設定と規約への同意

Coincheck

Coincheck(コインチェック)では、法人のアカウントで仮想通貨をトレードできます。個人よりも法人にすれば、確定申告で取引にかかるパソコン・インターネット・スマートフォンの利用料(按分/利用した分のみ申請)が行いやすいでしょう。

個人ではなく法人口座を開設したいユーザーは、写真の右上にある「法人の方」をクリックしてください。

ステップ4:メールアドレスをチェック

Coincheck

メールアドレスとパスワードを作成すると、Coincheckから「Emailの確認のお願い」といったメールが送られます。

メールにあるリンクをクリックして、以下のようなページが表示されると口座開設が終了です。

Coincheck(コインチェック)の本人確認書類とは

Coincheck(コインチェック)を利用するには、以下のような本人確認書類が必要です。

個人と法人口座では提出する書類が異なるため別々に解説します。

【個人用口座に使う本人確認書類とは】

  • 運転免許証(オモテ・ウラ)
  • パスポート(写真と住所のあるページ)
  • 在留カード(オモテ・ウラ)
  • 特別永住者証明書(オモテ・ウラ)
  • 運転経歴証明書(2012年4月1日よりも先の書類)
  • 住民基本台帳カード(オモテ・ウラ)
  • マイナンバー個人番号カード(オモテのみ)

なお、本人確認書類を添付するときは「あなた」と「書類」が一緒に撮影された写真を出してください。(※IDセルフィー)

法人については、写真つき証明証のみでは口座開設ができません。以下のような法人を証明する書類を提出してください。

【法人用口座に使う本人確認書類とは】

  • 法人名・口座番号のあるページの写し・
  • 登記簿の写し(6か月以内)
  • 登録者のIDセルフィー
  • 登録者の本人確認書類(運転免許証・パスポート・マイナンバーカードなど)
  • トレードを行う申込書 (取引をするユーザーと法人の社長が違う場合 )

会社を経営している経営者は、登記簿や法人用口座の写しなど用意する書類が多いです。利用できる書類の有効期限も決められています

Coincheck(コインチェック)は手数料がかかるの?

Coincheck

Coincheck(コインチェック)では、取引所・入出金・借入・スワップがあります。わかりやすく紹介するために手数料の表を使いながら解説します。

取引手数料

Coincheck(コインチェック)では、Maker(メイカー)・Taker(テイカー)といった取引手数料があります。キャンペーン中の手数料は以下のとおりです。

取引方法 手数料
Maker(メイカー) 0円
Taker(テイカー) 0円

※Maker・Takerの違い

Maker:板に注文が並べられた後に約定(やくじょう)した場合。

Taker:注文した内容が板ではわからない場合。

入出金手数料

手続きの内容 手数料
日本円での振込 無料(※1:振込手数料はかかります)
アメリカドルでの振込 25ドル(約2,691円/2018年4月21日現在)
銀行振込(海外銀行口座からの日本円振込) 2,500円(※1と同じ)
コンビニでの入金(手数料あり) 30,000円:756円

30,000円~300,000円:1,000円

クイック入金 30,000円:756円

30,000円~300,000円:1,000円

500,000円以上:入金金額×0.108% + 486 円

日本円の出金 400 円
アメリカドルの出金 2,500円

入金については日本円での銀行振込が無料です。振込手数料はかかるので、住信SBIネット銀行(月1~15回)・新生銀行(月1~10回)などのネット銀行を利用しましょう。

スワップ手数料

Coincheck(コインチェック)では、スワップ手数料がかかります。買い(ロング)・売り(ショート)により支払い額が違うため、以下の表をご覧ください。

ポジション

(新規注文・ポジションを翌日に持ち越す)

手数料
買い(ロング) 決済した金額(円) × 0.04 %
売り(ショート) 決済した金額(円) × 0.05 %

Coincheckでは、売りよりも買いのほうがスワップ手数料が少ないです。FX(外国為替証拠金取引)でも売りだと「スワップポイント」を支払う場合が多いです。

仮想通貨を利用した入金手数料

Coincheck(コインチェック)の入金手数料は、「普通」と「高速」により異なります。

入金方法 手数料
普通 無料
高速 0.002BTC(1,905円/2018年4月21日)

Coincheckでは、普通の入金なら手数料がかかりません。高速にすると日本円で約2,000円を支払います。

郵便局の速達(速く届ける)と同じで、早く入金するにはコストがかかるのです。

Coincheck(コインチェック)を使ったユーザーの評判

【Coincheckの良いコメント】

口座開設の対応がスピーディです。繁忙期により開設までの時間がかかりますが、私は約3日ほどで登録ができました。
ログイン後に行う入金からの売買も速いです。Coincheck(コインチェック)は、すぐに仮想通貨を買いたいユーザーにおすすめできます。

取引にかかる手数料は、他社よりも高いと思いました。私のような長めの投資スタイルの場合は、お金を入れる・引き出すことがマレです。
私のようなCoincheckとの付き合い方をすれば、コストをおさえられます。スマートフォンのアプリについては、価格の高騰・暴落のチェックができる仮想通貨取引所だと思いました。
コイン歴が1年のおじさんです。いままでは株式や投資信託をちょっとだけ行っていました。私がCoincheck(コインチェック)でトレードしたのは、友だちから「オススメできる」と言われたことや国内で大きな仮想通貨取引所と知ったのがキッカケです。

Coincheckをチョイスしたワケは、リップル(Ripple / XRP)がトレードできるからです。ほかにも手数料をタダとなるイベントが長いため使いました。あとは、コマーシャルでお笑い芸人の出川哲朗さんが出ていたので、信じられる取引所だと考えたからです。

  • 口座開設後の対応が速い(繁忙期を除く)
  • スマートフォンのアプリが使いやすい
  • 手数料無料キャンペーンに期限がない

【Coincheck(コインチェック)の悪いコメント】

さまざまな仮想通貨取引所のアカウントを持っていますが、Coincheckが信用できます。Coincheckの代表取締役社長である大塚氏の書籍を拝見して口座開設を決めました。 ただし、仮想通貨の種類が海外取引所のBinance(バイナンス)に負けます。
ほかにも本人確認が終わるまでの時間がかかりすぎています。安定感もありますが、書類のチェックが遅れるのがデメリットです。

仮想通貨取引所としてはメジャーですが、他社よりもコストがかかります。
トレードが少ないユーザーは気にする必要はありませんが、スキャルピングのような取引数の多く・投資歴の長いタイプよりもはじめて取引するユーザーにピッタリです。

Coincheck(コインチェック)をアップデートして、まずは100,000円からチャレンジしようと思いました。
実際に利用した評判としては、手数料の高さにより何度もトレードができません。資金が少ないと取引をするタイミングがないのです。手数料についえても100,000円の入金で1,000円も支払いました。
すでに1%の負担を強いられています。コインの買うときも高い価格で買います。小さなプラスでは利益にならず、スキャルピングのような短い売り・買いで稼ぐのは困難です。お金のあるユーザーが稼ぎやすい仮想通貨取引所です。

Coincheck(コインチェック)の悪い評判をまとめると

  • 本人確認が遅すぎてトレードができない
  • お金の出し入れに手数料がかかる
  • 資金が少ないと利益を出しにくい(取引手数料がかかる)

口座開設がスムーズといった良い評判もありますが、本人確認が遅すぎるといったコメントもあります。仮想通貨市場が盛り上がっているタイミングでは口座開設の手続きが遅くなってしまいます。

まとめ

Coincheck(コインチェック)では、ビットコイン(Bitcoin / BTC)・イーサリアム(ETH)・ライトコイン(LTC)といった定番の仮想通貨からオーガー(Augur/REP)やファクトム(Factom)と国内の仮想通貨取引所ではめずらしいコインも取扱っています。

2018年1月26日にネム(NEM)の流出事件があり、新しく口座開設できない状態も続いています。2018年4月からは、マネックス証券などを行っているマネックスグループ株式会社の一員としてスタート。

新生Coincheckとしてユーザーが安心してトレードができる仮想通貨取引所を目指しています。今回の記事により、以下のような内容がわかりました。

  • コインチェックはスプレッドがわかる裏ワザ
  • 国内では多い約14種類のコインを扱っている
  • ユーザーが使いやすいトレード画面
  • 他社よりも手数料が高い
  • 取引手数料を無料。入出金にお金がかかる

上の内容はマネックスグループ株式会社に入る前の話です。リスタートする場合は、手数料等が変わる可能性もあります。新しく生まれ変わる新生Coincheckに期待が高まります。

記事がお役に立てたらいいねしてください♪

[email protected]で最新の投資情報や限定情報を配信します

\友だち追加してもユーザー名は表示されません/

友だち追加

【登録者急増中】ビットポイントに登録で3,000円GET

bitpoint

 

登録者急上昇中のBITPoint(ビットポイン)ならリップルやイーサリアムの取引手数料が無料です!面倒な税金の計算も自動で出力可能です。

 

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

bitbank

 

 

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事