エアドロップによる仮想通貨の配布は、ここ数年で広く利用されるようになりました。

無料でトークンが配布されるので利用したことがなくても、気になっている人も多いのではないでしょうか。

この記事ではエアドロップで得たトークンをMy Ether Wallet(MEW)を使って確認する方法を解説いたします。

記事の前半はエアドロップを始めて利用する人に向けた内容を書いていますので、エアドロップされた通貨をMy Ether Wallet(マイイーサウォレット)で確認する方法だけを知りたい方は目次のMy ether wallet(マイイーサ―ウォレット)での確認方法をクリックしてください。

エアドロップとは

そもそもエアドロップとはどのようなシステムなのでしょうか。まずは仕組みについて説明します。

エアドロップのしくみ

エアドロップという言葉自体は広い分野で使われる単語ですが、仮想通貨においては「トークンやコインを無料で配布するシステム」を指します。

全てのトークンが無料で配布されるわけではなく、エアドロップで配布する目的は大きく分けて2つあります。

1.トークンの普及が目的のもの

ICOやトークンセールのように新規発行されるトークンの普及や、プロジェクトの知名度を上げることが目的で配布されるものがあります。

エアドロップだけ行われることもありますが、最近増えているのが新しく発行するトークンを宣伝するために配布する例です。

ICOやトークンセール開催前にマーケティングやバウンティのために行われるものや、ICOで売れ残ったトークンを配布するものもあります。

このようなマーケティングや宣伝目的のエアドロップは、SNSアカウントの登録が必要な場合が多いです。

あくまでもプロジェクトの宣伝が目的のため、ツイッターやテレグラムのSNSアカウントの登録が義務付けられるプロジェクトが多いのが特徴です。

2.配当に近いもの

一方でビットコインやイーサリアムなどの有名な仮想通貨を所有している人が、保持している通貨量に応じて新しいトークンが配布されることもあります。

宣伝というよりは配当システムに近いイメージです。エアドロップの始め方や情報の調べ方はこちらの記事を参考にしてください。

My ether wallet(マイイーサ―ウォレット)での確認方法

新規トークン発行はイーサリアムのブロックチェーン上で行われることが多く、ほとんどの場合My ether wallet(マイイーサウォレット)のアドレスがコイン付与に必要です。

取引所のウォレットアドレスが使えないことも多いので、欲しい通貨がエアドロップで配布される場合はウォレットを用意しておきましょう。

My ether wallet(マイイーサウォレット)の登録方法

My ether wallet(マイイーサウォレット)はイーサリアムだけでなく、イーサリアムベースのトークンも一括で保管できるため高い人気があります。

登録方法は下記の通りです。

1.My ether walletトップページへアクセスします。ページ上部の言語メニューから日本語を選択します。

My Ether Wallet

2.パスワードを設定します。セキュリティを高めるために、英数字記号を混ぜて20桁以上のランダムな文字列にするといいでしょう。

My Ether Wallet

3.keystoreファイルをダウンロードし、次へ進むと秘密鍵が表示されます。

My Ether Wallet

この秘密鍵は重要でウォレット利用時にも必要なので、メモ帳などにペーストしてUSB等の外部メモリに保存しておきます。秘密鍵の保存まで終わったら、ウォレットへの登録は完了です。

My Ether Wallet

4.ウォレットのロックを外し利用できるようにします。ハードウォレットなどを使ってロック解除も可能ですが、この記事内では秘密鍵を使って解除します。

My Ether Wallet

これでウォレットの残高・取引履歴などの情報を閲覧できるようになりました。

トークンの確認方法

次に、エアドロップでウォレットに配布されたトークンの確認方法を解説します。

1.My ether walletにアクセスして秘密鍵を入力してロックを解除し、ページを下にスクロールします。自分のウォレットの情報が表示されるので、ページ右側の「トークン残高」の欄にあるオレンジの「Show All Tokens」をクリックします。

My Ether Wallet

2.ウォレットに送られてきたトークンの一覧が表示されます。ティッカー横の「Click to load」をクリックすると、トークンの数量が確認できます。

ethplorerで簡単に確認する

ethplorerのサイトをブックマークしておくと、いちいちウォレットにログインしなくても配布されたトークンを見れます。

ICO直後で配布まで時間がかかるときや、エアドロップで受け取るトークンの種類が多い時に重宝します。

My Ether Wallet

My eathr walletにログインすると、「トランザクション履歴」の欄に自分のethplorerアドレスがリンクしてあるので、別途ブックマークに登録しておきましょう。

カスタムトークンを追加する場合

ethplorerページの「Token Balances」に表示されているトークンを選択します。

追加したいトークンの情報が表示されるので、Contract(トークンアドレス)Symbol(ティッカー)Decimals(数量)の3つの項目をコピーしてメモ等に貼り付けておきます。

My Ether Wallet

My eathr walletにログインして「トークン残高」→「カスタムトークンを追加」からトークンを登録します。

先ほどメモしたContract/Symbol/Decimals(数量)を入力し、内容に間違いがなければ「保存する」をクリックし終了です。

※ICOのプロモーションでエアドロップが行われる場合は、運営が送るメール内にこの3つの情報が記載されているのでそれをコピペしましょう。

エアドロップ詐欺には注意

仮想通貨を配布するエアドロップの人気が高まるにつれ、悪用や詐欺も目立ってきました。本来ならば無料でトークンがもらえるはずなのに、あらゆる手を使ってユーザーの仮想通貨を奪う事例が頻発しています。

秘密鍵を要求する

「多くのトークンを付与するために」「安全に配布するために」等の文言を使って秘密鍵の開示を求められても、絶対に教えてはいけません。

お金をあげるからと言われてキャッシュカードの暗証番号を教えるようなものです。エアドロップでトークンを受け取る時に秘密鍵を求められたら、間違いなく詐欺です。

よく分からないファイルが送られてくる

悪質なものだとウイルスを仕込んだメールをユーザーに送り、情報や保有している仮想通貨を盗むケースもあります。

必要なのかよく分からないファイルがメールで送られてきたら、危険なのですぐに開けずに調べるといいでしょう。

リスクを減らすための対策

仮想通貨エアドロップ詐欺による被害はちょっと確認をするだけで大幅にリスクを減らすことができます。

情報元が正しいか確認

エアドロップ詐欺を行うサイトは公式とそっくりのデザインに作られているため、利用者が正規の情報だと信じやすい傾向があります。

URLが間違っていないか確認することも地味ですが大切な作業です。本物だったら.comで終わるところが.coや.ioに変わっていたら詐欺の可能性が高いです。

TwitterやテレグラムなどのSNSアカウントも偽物かもしれないので有名なプロジェクトなのに認証マークがついていなかったり、フォロワーが業者っぽければ詐欺かもしれません。安易に個人情報を渡さず注意しましょう。

ウォレットを定期的にスキャンする

ウイルスを仕込んだ偽物のウォレットが配布されることもあります。運営が公式にリリースしているものでも、すぐに送金などを行わないでセキュリティソフトでスキャンしてから使うと安全です

まとめ

今回エアドロップで配布されたトークンを、My ether wallet(マイイーサ―ウォレット)を使って確認する方法について説明しました。

仮想通貨をもらうと聞くと何か特別な手続きが必要なように感じますが、ウォレットを用意するだけでいいので手間と時間はかかりません。

その手軽さを逆手にとって詐欺まがいの行為も横行しているので注意しながら、お得にトークンをもらえるエアドロップを活用しましょう。

記事がお役に立てたらいいねしてください♪

[email protected]で最新の投資情報や限定情報を配信します

\友だち追加してもユーザー名は表示されません/

友だち追加

【登録者急増中】ビットポイントに登録で3,000円GET

bitpoint

 

登録者急上昇中のBITPoint(ビットポイン)ならリップルやイーサリアムの取引手数料が無料です!面倒な税金の計算も自動で出力可能です。

 

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

bitbank

 

 

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事