ここでは、東京都千代田区にあるQUOINEX(コインエクスチェンジ)のラインナップ・メリットになる特徴・銀行振込・クイック入金のやり方・出金方法・各仮想通貨別の取引方法を解説します。

キャッシュ(QASH)という取引所独自トークンが使えるオリジナルティのある仮想通貨取引所です。

5つの仮想通貨が取引できる

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は、5種類の仮想通貨が利用できます。

  1. ビットコイン(BTC)
  2. ビットコインキャッシュ(BCH)
  3. イーサリアム(ETH)
  4. キャッシュ(QASH)
  5. リップル(XRP)

国内で人気の仮想通貨であるリップル(XRP)の売買が可能な数少ない取引所です。

またキャッシュ(QASH)はQUOINEX(コインエクスチェンジ)が発行した独自通貨で、国内ではコインエクスチェンジしか購入できません。

イーサリアムブロックチェーン上に作られたキャッシュ(QASH)は今後開発されるLIQUID(リキッド)という【流動性の高い取引所を目指す仮想通貨取引プラットフォーム】で使用されるトークンになります。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の特徴

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は、システムエラーの少ない仮想通貨取引所です。コインエクスチェンジの公式ホームページによると、アップタイムが99.95%とされています。アップタイムとは「起動時間」といった意味があります。

よって、安定したシステムをユーザーに提供しています。ただし、サードパーティ(コインエクスチェンジ以外の原因)により、トラブルが起きると公式ホームページに書かれています。

海外の仮想通貨取引所と連携

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は、海外にある15以上の仮想通貨取引所とつなげられています。

2017年12月22日には、ジブラルタル金融サービス委員会(FSC)に加盟しているジブラルタル証券取引所(GibraltarStockExchange/GSE)と提携。

ジブラルタル証券取引所の取引ツールは、コインエクスチェンジのシステムが使われています。他にも、キャッシュによる支払いサービスも提供。ヨーロッパへの進出も検討しているのです。

ハッキングされるリスクが低い

QUOINEX(コインエクスチェンジ)では、ウォレット(仮想通貨用のお財布)のマルチシグに対応しています。

マルチシグとは1つのパスワードや秘密鍵ではなく2つ以上で管理することによって、そのうちの1つがハッキングされても資産が盗まれない仕組みになっています

QUOINEX(コインエクスチェンジ)への登録方法

ではQUOINEX(コインエクスチェンジ)に登録するための方法を画像付きで解説していきます。

口座開設を行う(たった5分)

QUOINEX(コインエクスチェンジ)で口座開設を行うには、トップページ(上の写真)の「口座開設無料はこちら」をクリックしてください。

QUOINEX

口座開設ボタンを押すと「新規登録」と書かれたページになります。住んでいる場所を聞かれるので、「Japan(日本)」を選びましょう。海外に住んでいるユーザーは、自分の住んでいる国を探してください。

QUOINEX

住んでいる国を選択したら、個人情報を入力するページになります。上の写真では名前・フリガナ・生年月日・性別(男性・女性)・国籍など選んでください。

QUOINEX

連絡先を入力するページでは、郵便番号・都道府県(都道府県・市町村名・番地・マンション・ビル名)と携帯番号が必要です。

QUOINEX

次に職業を選ぶページです。学業と仕事をしているユーザーは、パート・アルバイトなど自分の雇用形態を選んでください。投資の利益があり、企業に属していない場合は自営業をチェックします。

収入については、企業からのお給料があれば「給与所得」フリーランスや自営業など自分で稼いでいれば「事業所得」を選びましょう。学生で仕送りをもらっているユーザーは、収入に入れないでください。

年収については、自分の給与を書いてください。例えば、130万円の奥さん(1,000万円の旦那さんと結婚)が口座開設をするときは、年収を130万円で登録しましょう。

QUOINEX

投資できる金額・投資する目的・FX・株式・先物など他の投資経験を記入してください。

セキュリティを強くする「2段階認証」

QUOINEX

QUOINEX(コインエクスチェンジ)に登録したら、「2段階認証」を設定しましょう。名前のとおり通常のログインに加えて2回目のチェックがあります。

メールアドレス・パスワードのログインよりもセキュリティが強くなるでしょう。ログイン後に表示されるページの右側にある(横棒の3本線)をクリック。

左下にある「2段階認証」といった文字をクリックしてください。

QUOINEX

2段階認証のボタンを押したら、初期設定は無効になっているため「2段階認証を有効にする」を押しましょう。

QUOINEX

2段階認証を有効にするボタンを押すと、2つの手順が書かれたページがあります。写真のような「QRコード」をアプリ(グーグル認証システムなど)で読み込みましょう。

あとは、表示された6つの数字を入れてください。これで2段階認証の手続きが終わります。

本人確認書類を添付

QUOINEX

QUOINEX(コインエクスチェンジ)でトレードするには「本人確認書類」が必要です。今回は日本在住で個人ユーザーのケースを紹介します。まず、1つだけで証明になる書類です。

【本人確認書類が1つだけで良いもの】

  • 運転免許書(免許証の番号・公安のマークが見える書類)
  • 住民基本台帳カード(期限切れではないもの/名前・住所のあるページ)
  • マイナンバーカード(個人番号カード・表のみ)
  • パスポート(写真・住所が書かれたページ)

1つだけの書類は、写真つきの本人確認書類となります。上記以外を提出する場合は、以下にある2つの書類をそろえてください。

【本人確認書類が2つ必要なもの】

  • 健康保険証
  • 住民票の写し
  • 住民票記載事項証明書
  • 印鑑登録証明書

健康保険証は有効期限内の書類。住民票の写しから印鑑証明書は6か月以内に発行されたものです。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)における入金のしかた

本人確認が終わったらいよいよ入金です。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は銀行振込とクイック入金の2種類の入金方法があります。

銀行振込

QUOINEX

QUOINEX(コインエクスチェンジ)で本人確認書類を提出したら、口座に資金を入れましょう。今回は日本円による入金方法をご紹介。

最初に「入出金」と書かれたボタンをクリックしてください。左側にあるJPYを押すと、日本円による入金ができます。次に「入金情報を作成する」を押します。入金をするには、以下の項目を入力してください。

QUOINEX

【QUOINEX(コインエクスチェンジ)の入金に必要なもの】

  • 銀行名
  • 支店名
  • 口座名義
  • 口座番号

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の入金では、銀行コード(4ケタの数字)は不要です。入力したら「設定」を押してください。

QUOINEX

入金額を入力したら「送信」をクリックしましょう。下の写真にある入金用のIDが表示されます。

振込先の住信SBIネット銀行の口座番号がわかるでしょう。お金を振り込むときは「入金ID+送金したユーザーの名前」といった形にしてください。

クイック入金

QUOINEX

QUOINEX(コインエクスチェンジ)では、パソコンのみ「クイック入金」に対応しています。(アプリはできません/公式ホームページ調べ)

クイック入金をするには、入出金を押したらクイック入金を選んでください。

QUOINEX

入金する金額を入力したら、「続ける」をクリック。

QUOINEX

表示されるURL(リンク)をクリックして、クリック入金の手続き

をしましょう。手数料については、QUOINEX(コインエクスチェンジ)ではかかりません。銀行により発生する場合もあります。利用する前にチェックしてください。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の出金

自分の銀行口座に出金することが本当の利確となります。自分の資産が本当に出金できるのか少額でもいいので初めのうちに試しておくといいでしょう。

現金で出金するには

QUOINEX

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の出金は、「入出金」を押してください。出金に必要な口座名義・引き出す金額・2段階認証のコード(6ケタ)を入力しましょう。

2段階認証のコードが分からない場合は、「リクエスト」をクリック。スマートフォンであればCメールに送られます。(2段階認証用のアプリでもチェックできます。)

QUOINEX(コインエクスチェンジ)で仮想通貨を取引するには

各通貨の取引方法を確認しておきましょう。

ビットコイン

QUOINEX

今回は、QUOINEX(コインエクスチェンジ)のベーシックトレード(アドバンストレードもあります)によるビットコイン(Bitcoin / BTC)の買い方を解説します。

まずは、左下にあるBTCを押してください。右上に「BTC購入」・「BTC売却」といったページがあります。

ビットコインを買う場合は、「BTC購入」を押して、購入する数を25~100%の4つのパターンから選んでください。

「BTC購入」をクリックすると、ビットコインが購入が完了。ビットコインを売る場合も同じ手順で入力してください。注意点としては、レバレッジ取引では手数料も支払います。

イーサリアム

イーサリアム(ETH)をトレードする場合は、左下の写真にある「ETH(ダイヤモンドのようなマーク)」を押してください。

ビットコインと同じように購入額と数量を選んでください。

ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコインからハードフォーク(分裂)した仮想通貨です。購入するときは、写真左下のBCHを押してください。気をつける点は、ビットコインとロゴがそっくりです。

ビットコインキャッシュではなくビットコインを選択しないでください。ビットコインは「BTC」。ビットコインキャッシュは「BCH」で覚えてください。

リップル

リップルは国際送金の手数料を下げる仮想通貨です。「XRP(傘のようなマーク)」を選んで、ビットコインと同じ手順で購入と売却をしてください。

キャッシュ

日本ではQUOINEX(コインエクスチェンジ)だけでトレードできるキャッシュ。マイナーのため価格も68円とリーズナブルです。(2018年4月13日)

ビットコインと同様に金額と数量を選んだら購入・売却ボタンを教えてください。キャッシュを利用したサービスが生まれると価格が上がる可能性もあります。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の手数料

QUOINEX

取引手数料

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の取引手数料は以下のとおりです。

手数料 取引方法 ベース通貨 ノンベース通貨
取引手数料 現物 無料 約定額の0.25%
イーサリアム系
0.10%
レバレッジ取引 レバレッジ取引 1日:0.05% 1日:0.05%

入金手数料

QUOINEX(コインエクスチェンジ)に支払う手数料はありませんが、金融機関により振込手数料を支払うケースもあります。クイック入金についても同様の扱いです。

出金手数料

QUOINEX

ここでは法定通貨(日本円・ドル・ユーロ)といった現金の出金手数料を紹介します。

上の写真はQUOINEX(コインエクスチェンジ)の出金手数料です。日本円については、1500円以上の出金に500円がかかります。

アメリカドル(USD)は、15ドル(日本円で1,553円)からの出金で5ドル(日本円で約537円/2018年4月13日)ユーロ(EUR)は15ユーロ(約1,993円)の出金に5ユーロ(日本円で約663円)です。

公式ホームページを見ると、日本円を含む約9種類の通貨を出金できます。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)のユーザーによる評判は?


QUOINEX(コインエクスチェンジ)は、昔から仮想通貨も利用できる取引所でした。ビットコインとアルトコインも取り扱っているため、仮想通貨の取引をしたいユーザーに向いています。

初期のQUOINEX(コインエクスチェンジ)は、シンガポールにあるため使いずらかったです。日本でビジネスをスタートしてから、利用しやすい取引所になりました。グループ会社も大企業のため、潰れる可能性もないでしょう。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の良いところは、口座開設がわかりやすく各種手数料が無料なところです。
私のような初心者でもチャレンジしやすいのが良いでしょう。あとは日本語によるサポートがあるため、わからないところも聞きやすいです。
まったく投資を知らなくても、トレードで覚える情報が学習しやすかったです。実践するときに活用できました。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は、他社もりも手数料がリーズナブルです。ほかにも利用できる法定通貨が多いのもメリットでしょう。

私としては、安定感やトレードのスピード・銀行とのパートナシップなど点数を上げられます。もともとは、仮想通貨の取引をテストするために利用しましたが、イメージよりも優れている取引所です。

    メジャーな業者と比較すると、トレードのやり方が難しく感じました。

    使い方がわからなく質問しましたが、7日経っても連絡がありませんでした。2回目の文章を送るとQUOINEX(コインエクスチェンジ)からの返答が来ました。

    ためいきがつく、子どもでも理解できるようなメッセージを送信したら分かる答えを貰えました。社員は日本の人じゃないのかもしれないです。

    トレードするページがムズカシイですが、スピードは速かった。勝手に取引が終わったりログアウトもありませんでした。

    良い点

    • 複数の通貨ペアに対応
    • 取引手数料が安い
    • 口座開設がカンタン

    QUOINEX(コインエクスチェンジ)の最大の特徴は複数の通貨ペアに対応していることでしょう。日本円だけじゃなく、ドル、ユーロといった法定通貨との取引も可能です。

    取引可能法定通貨
    JPY、USD、EUR、AUD、HKD、SGD、CNY、PHP、INR、IDR

    悪い点

    • 取引操作が難しい

    ビットフライヤーやコインチェックと比較するとトレード方法が分かりにくいといった評判がありました。筆者も実際に利用してみましたが慣れるまで操作がしにくい印象です。

    まとめ

    QUOINEX(コインエクスチェンジ)の登録方法や手数料、評判を紹介しました。

    スピーディーな入金や取引手数料も無料(例外あり)のため、コストを気にしないでトレードができます。

    ウォレットのマルチシグなど複数のパスワードも設定できるため、コインチェックのようなハッキングされるリスクも少ないでしょう。

    QUOINEX(コインエクスチェンジ)はセキュリティにこだわりたいユーザーもおすすめです。

    記事がお役に立てたらいいねしてください♪

    [email protected]で最新の投資情報や限定情報を配信します

    \友だち追加してもユーザー名は表示されません/

    友だち追加

    【登録者急増中】ビットポイントに登録で3,000円GET

    bitpoint

     

    登録者急上昇中のBITPoint(ビットポイン)ならリップルやイーサリアムの取引手数料が無料です!面倒な税金の計算も自動で出力可能です。

     

    リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

    bitbank

     

     

    日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

    記事がお役に立てたら
    いいねしてください!

    エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

    おすすめの記事