仮想通貨に対して、特に取引上の安全面への注目が高まっている現在、ハードウェアウォレットの持つ役割は一層大きなものとなっています。仮想通貨の管理手法の1つとして知られるハードウェアウォレットですが、皆さんはその性能を十分に理解し使いこなせているでしょうか?

ここでは、ハードウェアウォレットの性質や利点、使用する際の注意事項や故障時の対処法に至るまで詳しくまとめています。

ハードウェアウォレットを使用する際に必要な情報ですので、是非チェックしてくださいね。

ハードウェアウォレットの性質

ハードウェアウォレットとは、仮想通貨を専門的に管理する機能を持つ端末のことです。

オフライン環境で仮想通貨を管理する手法である「コールドストレージ」の一種と言えます。ネットから切り離して管理する為、ハッキングのリスクは極めて小さいです。

コインチェック社がハッキングを受け膨大な量の仮想通貨が流出したことは記憶に新しいですが、ハードウェアウォレットを使用していればあの様な事態に巻き込まれるリスクは殆どありません。

ハードウェアウォレットのメリット

ハードウェアウォレットのメリットは、ハッキングリスクの軽減の他にもあります。ハードウェアウォレットがあれば、自身の端末で仮想通貨を管理する為の「秘密キー」を管理できます。

仮に利用している取引所が倒産したとしても手元の「秘密キー」でウォレット内の仮想通貨の管理が可能になります。

ハードウェアウォレットのデメリット

しかし、セキュリティ性が高い代わりに管理体制が自己責任に依っていることに注意が必要です。ハードウェアウォレットを使用する際にはじめに発行することになる「秘密キー」及び「PINコード」ですが、これらを紛失してしまうと自身のウォレットにアクセス出来なくなってしまうからです。

また、ハードウェアウォレットを購入する上で注意すべき大きな点があります。それは、「対応する仮想通貨を確認しておくこと」です。

各ハードウェアウォレットは事前に定められた仮想通貨にのみ対応して使用できるので、自身が保有・取引を考えている仮想通貨との関係を確かめた上で購入するべきです。

ハードウェアウォレットの使用法

それでは実際に、ハードウェアウォレットの使用手順を紹介していきましょう。

  • 初期設定
  • 送信(他のウォレットへの送信)
  • 受信(他ウォレットからの入金)
  • 終了処理

初期設定

ハードウェアウォレットを購入後説明に沿って設定を進めていくと「PINコード」及び「リカバリーフレーズ」を設定することになります。

この2つは仮想通貨を取引する上でとても重要になってくるので、他人の目に入らないように厳重な管理が必要となります。

「PINコード」とはハードウェアウォレットを用いたアクセスの際に使用する、いわばパスワードです。これを忘れてしまうと自身のウォレット内の残高を動かせなくなってしまいます。

また「リカバリーフレーズ」とは自身のウォレットのバックアップをとる際に必要になる単語の集まりのことです。ハードウェアウォレットの紛失・故障の際にデータを復元する為に用いられます。

この2つを紛失してしまうと、自身の取引データすべてを失ってしまう危険性があります。自己責任でしっかりと管理しましょう。

その後ウォレットアプリをダウンロードし、立ち上げ完了すれば取引の準備が整います。

送信(他のウォレットへの送金)

まず、メニュー画面の「送信」ボタンをクリックし、送金画面に移行します。

それから送金金額と受け取り相手のアドレスを入力し、「送金」ボタンを押せば送金完了です。

受信(他ウォレットからの入金)

メニュー画面の「受信」ボタンをクリックします。

以後は送信処理の際と同様の手順で、受け取る金額と受け取り側のアドレスを送信側のウォレットに入力。以後は、相手が送信処理を行うことで自動的に受信される仕組みです。

終了処理

送受信の処理が終われば、ウォレットを終了させ端末からハードウェアを引き抜きます。

ハードウェアウォレットの大まかな使用の流れは以上の通りです。

初期設定や各パスワードの保管の段階で注意すべきことがいくつかありますが、取引作業自体は非常にシンプルです。また、この様に取引時のみネットに接続する為に高いセキュリティ性能を有しています。

ちなみに、ハードウェアウォレットはアップデートすることで新たな仮想通貨を入れることも可能です。ただし、1つのハードウェアウォレットで管理できる仮想通貨の種類には限界があります。

ハードウェアウォレット故障時の対処法

wallet

それではハードウェアウォレットが故障・あるいは紛失した場合、どうすればデータが復元出来るのかを見ていきましょう

データの復元方法

データの復元に関して必要になるものは2つ。新しいハードウェアウォレットと、先ほど紹介した「リカバリーフレーズ」です。まず、新しいハードウェアウォレットを起動させます。

説明に沿って初期設定を進めると、「新しいデバイスを設定しますか?」という画面が表示されます。ここで「いいえ」を選択→「設定を復元しますか?」「はい」を選択すると、単語の入力画面に移行します。ここで以前設定した単語を入力することで、新しいハードウェアウォレットでも今まで通りの取引データが利用できる、というわけです。

「リカバリーフレーズ」さえ大切に保管しておけば、データを復元するのは難しい作業ではありません。火事や地震で自身の財産ごと「リカバリーフレーズ」も消失した、ということが無い様に、複数個所での保管が望ましいです。

ところで、故障したハードウェアウォレット内のデータが新しいハードウェアウォレットでも使用できるのはなぜなのでしょうか?ハードウェアウォレットと取引データは、どの様な関係の下で管理されているのでしょうか?

ハードウェアウォレットの仕組み

結論から言うと、ハードウェアウォレットはその内部に仮想通貨を保管しているのではありません。これが別のハードウェアウォレットを用いて即座にデータを復元出来る理由です。

そもそも仮想通貨とは、ブロックチェーンという巨大なデータ群の内部で管理されているデータのことです。

その膨大な量のデータの中から、ウォレットアプリとハードウェアウォレットを用いることで自身の保有に該当する通貨を照らし出す。これが仮想通貨を運用する際の仕組みです。

ハードウェアウォレットはカギの役割をしている

すなわち、ハードウェアウォレトとはブロックチェーンという巨大な「金庫」から自身の財産を引き出すための「カギ」の役目を果たすのです。

そして、例え使用中のハードウェアウォレットが故障したとしてもそのカギの「型」(初期設定の際に用いたリカバリーフレーズ)を記録しておけば、いつでも「合いカギ」(アクセス可能な新しいハードウェアウォレット)が作成できる、というわけです。

仮想通貨においてこの「カギ」の役割を果たすもののことを「秘密キー」と呼びます。ハードウェアウォレットの自己管理とは言い換えれば、ブロックチェーンという「金庫」を開けるための「カギ」を自身で管理することに他ありません。

一方で秘密キーを外部、すなわちウェブウォレット上や取引所で管理する形態も存在します。

しかしこの形態には、何らかのトラブルで取引所が閉鎖したり外部からのハッキングでウォレットデータを盗まれてしまった場合、資産消滅のリスクがあります。

以上の理由から、ハードウェアウォレットが故障・紛失した場合でもデータの復元は容易に可能となっているのです。また例え紛失したとしても、リカバリーフレーズさえ流失しなければ自身のウォレットを悪用される心配もありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?結論としては、ハードウェアウォレトを用いた送受信のやり方は複雑なものではありません。また、故障した際でも「リカバリーフレーズ」さえ把握しておけばすぐにウォレットの利用を再開できます。ただし、「リカバリーフレーズ」と「PINコード」、これら2つの管理には細心の注意を払いましょう。

記事がお役に立てたらいいねしてください♪

[email protected]で最新の投資情報や限定情報を配信します

\友だち追加してもユーザー名は表示されません/

友だち追加

【登録者急増中】ビットポイントに登録で3,000円GET

bitpoint

 

登録者急上昇中のBITPoint(ビットポイン)ならリップルやイーサリアムの取引手数料が無料です!面倒な税金の計算も自動で出力可能です。

 

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

bitbank

 

 

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事