Zaifトークン

ビットコインの価格上昇が止まり。2017年12月には、1BTCあたり約240万円に到達しました。

ひと月前は100万円台でしたので、2倍以上の値動きを記録したことになります。そんなビットコインに負けず劣らずの上昇を見せているものがあります。それが「Zaifトークン」です。

Zaifトークンは、ビットコインやイーサリアムに比べると知名度は劣ります。ですが、2017年12月に入ってから3倍以上も値上がりしています。

注目度が高まっているZaifトークン。ここではZaifトークンの基本から、その将来性についてご紹介します。Zaifトークンに興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

Zaifトークンって何?

Zaifトークンは、ビットコインのような暗号資産(仮想通貨)ではありません。ですが、どちらもブロックチェーン技術を使用していますので、技術的基盤は同じです。では、暗号資産(仮想通貨)とトークンはどこが違うのでしょうか。

トークンとは?

トークンは、もともと「記念品」や「代用貨幣」などを表す英単語です。ブロックチェーンでは、事業者が独自に設定できる通貨のことを意味します。

暗号資産(仮想通貨)とトークンの違い

暗号資産(仮想通貨)

新規のブロックチェーンで使われる基軸通貨です。ビットコインやイーサリアムなどが該当します。通貨としての性質がありますので、暗号資産(仮想通貨)とモノとの交換(お買い物など)が出来ます。また、銀行のような中央管理者は不在で、特定の発行元も存在しません。

トークン

既存のブロックチェーン技術を利用して発行されるものです。通貨としての性質はありませんので、トークンとモノとの交換は出来ません。トークンは主にのために使われます。さらにトークンは暗号資産(仮想通貨)と違い、発行元が存在します。

ICOにトークンが使われる

ICO(Initial Coin Offering)は、クラウドセールとも呼ばれます。ICOでは、事業者は資金調達を目的とし、独自のトークンを発行します。株式のようにトークンを他者に買ってもらい、資金を集めます。得られた資金は、暗号資産(仮想通貨)プラットフォームの開発など、事業者ごとの事業に使われます。

トークン購入者は、後にトークンの価値が上がることに期待して購入します。事業に期待が大きいほど、多額の資金が調達出来る仕組みになっています。

Zaifトークン

Zaifトークンは、テックビューロ社が発行した独自のトークンです。テックビューロ社は暗号資産(仮想通貨)取引所「Zaif Exchange」を運営しています。

通常、トークンはICO期間中のみでしか購入できませんが、Zaifトークンはいつでも購入することが出来ます。購入した後にも使い道があるからです。

注目の高さはICOで集まった資金額にも表れています。最近では、同社は2017年10月2日から11月6日までにICOを実施。この時にZaifトークンが使われ、日本円で100億円以上の資金調達に成功したことで話題になりました。

ICOの期間は安値でトークンを購入出来ることもあり、多くの投資家が買いに走りました。

Zaifトークンが注目される理由

テックビューロ社以外にも数多くの事業者がICOを実施し、独自のトークンを発行しています。ではなぜ、Zaifトークンがこんなにも注目されるのでしょうか?

そもそも、投資家は何に期待しているのか?

繰り返しになりますが、Zaifトークンに通貨としての性質はありません。

使い道がないのに、どうして投資家はZaifトークンを買うのでしょうか?

一番大きな理由は、売買目的です。安い時に買って高い時に売り、儲けを出すことを期待しています。

例えば、2017年5月にZaifトークンを購入して、2017年12月14日に売却した場合を考えてみます。

2017年5月時点は1ZAIF、約0.3円でした。この時に、10万ZAIF(3万円相当)購入したとします。(※ZAIFとは、Zaifトークンの単位)

2017年12月14日時点では、1ZAIF約1.5円です。10万ZAIFだと約15万円になり、約12万円の利益が出ることになります。

こうした大きな値動きをしているからこそ、Zaifトークンは多くの投資家に注目されているのです。

Zaifトークンは信用されている

しかしながら、トークンを発行している事業者を信用出来なければ、安心して購入することが出来ません。Zaifトークンの信用は、次の2点により担保されています。

・暗号資産(仮想通貨)取引所が発行している

Zaifトークンは、暗号資産(仮想通貨)取引所「Zaif Exchange」を運営するテックビューロ社が発行しています。

事業が明確だからこそ、「ICO詐欺」のような投資金が消えてなくなる心配はほとんどありません。安心して投資出来るのです。

・Zaifトークンは交換出来る

ビジネスの場へブロックチェーン導入を支援するプラットフォーム「COMSA」。COMSAプロジェクトでは、独自のトークン「CMS」を発行し、資金調達を行っています。

このCMSの購入には、主要な暗号資産(仮想通貨)であるビットコイン、イーサリアムだけでなく、Zaifトークンも使うことが出来ます。この交換出来るという価値も、投資家を安心させる要因となっています。

Zaifトークンの過去の相場・値動き

Zaifトークンは、2016年の7月に誕生しました。

2017年8月には1ZAIF2.5円まで値が上がりましたが、価格は下落傾向にありました。

Zaifトークンは下火なのか?

Zaifトークンは「0.5円の壁」と言われるほど、1ZAIFあたり0.5円付近の相場を繰り返していました。Zaifトークンは下火になったと見られていました。ところが、2017年12月に入ってから、Zaifトークンが右肩上がりの上昇を見せているのです。

zaiftoken

Zaifトークンの値動きに影響すること

Zaifトークンに限ったことではありませんが、トークン価格の上下には必ず原因や予兆があります。Zaifトークンを投資目的や資産形成に役立てたい方にとっては、これらを抑えておくことが大切です。次章で詳しくご紹介します。

COMSAの公式ホームページ上で、今後のZaifトークンの動きが発表されています。

  • ロックアップ予定数:22.5億ZAIF(発行総数の25%に相当)。
  • ロックアップ期間:2018年12月末日まで。
  • 2017年11月末まで、公開監査できるよう、宣言したアドレスに相当数を移動。
  • 2018年01月中旬まで、エスクローのマルチシグ署名者を確定。
  • 2018年01月末まで、NEMプロトコル上のトークンへの変換ツールを提供開始。
  • 2018年02月中旬まで、ロックアップ分を、NEMプロトコルへ移行
  • 2018年02月末まで、ロックアップ分を、マルチシグのエスクローアカウントへ移動。

【参照:COMSA公式ホームページ

ロックアップ

ロックアップを簡単に説明すると、「売らない約束をする」ことです。

Zaifトークンの流通量が減少することになりますので、価値が上がりやすくなります。一般的には価格の上昇要因になります。

NEMプロトコルへの移行

「プロトコル」とは日本語で「規約」を意味します。NEMプロトコル移行すると、NEM規約に準拠したサービスでZaifトークンを取り扱えるようになります。

移行する目的は、Zaifトークンの用途を拡大するためです。NEMプロトコルで動作する様々なサービスにおいて、Zaifトークンが使えるようになります。

サービスが拡大されれば、Zaifトークンを欲しがる人が増えることが予想されますので、価格の上昇要因になります。

新しい使い道が増える可能性

現在、ZaifトークンはCMSトークンとの交換しか出来ません。ですが、Zaifトークンで受けられるサービスが増えれば、当然ながらZaifトークンを欲しがる人も増えます。

実際、Zaifトークンが最高値を記録したのは「CMSトークンとの交換が出来る」と発表された時です。

Zaifトークンの使い道が増えれば、程度の差はあれ、価格が上昇することが見込まれます。

Zaifトークンには将来性がある

ロックアップ、NEMプロトコルへの移行、新しい使い道が増える・・これらは全てZaifトークンの価格を押し上げる要因になります。

現在緩やかな値動きを見せているのは、ビットコインを始めとした暗号資産(仮想通貨)の値動きが大々的に報道されていることが大きいと考えられます。

暗号資産(仮想通貨)の過熱が落ち着き、トークンに注目が集まるようになった時こそバブルの始まりと予想する声もあります。その時、Zaifトークンがどのような値動きになるか大変注目されます。

Zaifトークン価格の下落も考えておくこと

暗号資産(仮想通貨)と違い、Zaifトークンには発行者がいます。万が一、Zaif Exchangeがハッキングなどの被害を受けて閉鎖するような事態に陥れば、Zaifトークンの価値は一気に下がります。このようなリスクは常に念頭に入れておく必要があります。

Zaifトークンはどこで買える?

Zaifトークンは、「Zaif Exchange」でのみ購入することが出来ます。

Zaif以外にもビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)の取引が出来ます。取引手数料も安いので、暗号資産(仮想通貨)取引に興味がある方は押さえておきたい取引所の一つです。

メールアドレスだけで無料会員登録が出来ますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

スマートフォン用のアプリもあります。アプリをダウンロードすれば、スマホでZaifトークンの取引が簡単に出来ます。

下火と考えられていたZaifトークンの価格は、緩やかな上昇を続けています。一時の1ZAIF2.5円以上の値が付くかどうかの判断は難しいところですが、Zaifトークンは今以上に価値が上がる可能性を秘めています。

ですが、現在の暗号資産(仮想通貨)市場は投機市場であることを忘れてはいけません。価値を上げる可能性もありますが、その逆もあり得ます。

余剰資金で行うことを前提に、気になる方はZaifトークンの保有を検討してみてはいかがでしょうか。

【あいれこ注目】厳選おすすめICO

【登録者急増中】ビットポイントに登録で3,000円GET

bitpoint

 

登録者急上昇中のBITPoint(ビットポイン)ならリップルやイーサリアムの取引手数料が無料です!面倒な税金の計算も自動で出力可能です。

 

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

bitbank

 

 

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

おすすめの記事