Bitpoint

 

BITPoint(ビットポイント)で口座開設を行うと期間限定で3,000円分のビットコインがもらるキャンペーン実施中!

2017年10月27日、金融庁がICOに関する注意喚起を出しました。

【参照:金融庁ホームページ

文書の冒頭にある「トークン」という言葉。

トークンとはどのようなもので、金融庁はなぜ警告を発しているのでしょうか?

トークンはキケンなものなのでしょうか?

しかし一方でトークンには投資家を熱狂させる側面も持ち合わせています。実際、トークン市場は活気を帯びていて、現在盛んに売買されています。

ここではそんなトークンについて、基本の解説から実際にトークンを購入する方法までご紹介していきます。

トークンに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

トークンとは?

トークン(Token)は、もともと「代用貨幣」などを表す英単語です。ブロックチェーンでは、事業者が独自に設定できる通貨のことを意味します。トークンは主にICOで利用されます。

ICO

ICO(Initial Coin Offering)は、事業者は資金調達を目的とし、独自のトークンを発行します。トークン購入してもらい資金を集めます。得られた資金は、仮想通貨の開発などの事業運営に使われます。

トークンの名称は発行者ごとに異なります。企業の株式が「XX株」と呼ばれるように、トークンも「XXトークン」と呼ばれます。

(例:zaifトークン、XCPトークンなど)

トークンの種類

トークンは、資金調達を行う企業・団体の数だけ存在します。その数、数百種類以上です。

一般的にICOは、誰でも参加出来ます。株式発行のような面倒な手続きもいりませんし、特定の機関に支払う手数料もかかりません。

株式と決定的に違うのが、「発行者が独自に発行する」という点です。特定の機関を通して販売するのではなく、自社でトークンを考案して直接販売することが出来ます。ICOで販売されるトークンは、その実態を把握しづらいという側面があります。

簡単に参入出来ることから、詐欺まがいのトークンも実際に存在します。開発見込みが無いのにも関わらず資金を調達するようなケースです。

仮想通貨とトークンの違い

仮想通貨とトークンは何が違うのでしょうか?

どちらも仮想通貨の話題で投資対象にもなる。似ているようにも見えます。

違いを把握する上で大切な5つのポイントをご紹介します。

ポイント①:ブロックチェーン技術を使っている

仮想通貨、トークン共にブロックチェーン技術を使っています。仮想通貨、トークンの種類がこれだけ豊富なのは、「どのプラットフォーム(土台)を使用するか」が違うためです。

仮想通貨のビットコインとイーサリアムは、プラットフォームが違います。これと同じようにトークンも発行者によって使われるプラットフォームが違います。

token【参照:coinmarketcap トークン一覧

ポイント②:トークンには必ず発行者がいる

ビットコインは銀行のような中央管理者は不在で、特定の発行元も存在しません。ですが、トークンは資金調達を目的としていますので、必ず発行元が存在します。

トークンの流通量は発行元によって調整されます。

万が一発行元が倒産すれば、トークンの価値は無くなります。

ポイント③:トークンは「貨幣」としての価値はない

ビットコインなどの仮想通貨は、現実にモノと交換出来ます。飲食や電化製品の支払いから公共料金の支払いまで、使えるサービスはどんどん増えています。お金と同じように「貨幣」としての価値があります。

一方、トークンはモノと交換することが出来ません。また、持っているトークンを他人に送るといったことも出来ません。一般的にトークンが使えるのは、トークンを発行している発行元のサービスのみです。

ポイント④:ICOでトークンを発行できない国もある

ICOは手軽に資金調達が出来ることから、自国の資本が流出してしまうと捉える国があります。

アメリカは一部規制、中国はICO全面禁止です。中国ではICOで資金を公募することは禁止されています。

仮想通貨とトークンは性質が似ていることから、仮想通貨に規制がかかればICOにも規制がかかることが多い傾向にあります。実際、中国は仮想通貨と人民元のトレードは禁止されており、幾つかの仮想通貨取引所が閉鎖しています。

ICOでトークンを発行出来るのは、こうした規制がない国々です。

ポイント⑤:日本では、ICO(トークン)を守る法律が存在しない

2017年4月、日本で仮想通貨法が施行されました。

日本国内の仮想通貨取引所は、金融庁への届け出が必要なことが義務付けられています。日本ではいくつかの仮想通貨取引所がありますが、全て届け出を行っています。これは利用者にとっても安心できることです。

一方、ICOには規制する法律がありません。金融庁が警告を出したのはこのためです。ICOによるトークンの購入は自己責任になります。

仮想通貨と違いトークンには法律によるバックアップがありません。

トークンを購入するメリット

token

トークンは貨幣としての価値が無く、法律で守られないリスクを抱えてます。では、トークンを購入するメリットは何でしょうか?

主なメリットは次の3点です。

  • 投資対象として魅力的
  • サービスの支払い
  • 収益の分配

投資対象として魅力的

トークンを購入する多くの方が期待することです。

トークンの価格が上昇した時に売却することで、利益を得ることを目指します。

購入したトークンが流通し、資金調達以外の「何かと交換」する価値が付けば、トークンの価格は上がっていきます。

ICOのトークンは発行者側が安値で販売しますので、後に価値が付けば売却することで利益を得ることが出来ます。

実際、トークンの一つであるzaifトークンは、20倍以上値上がりした過去があります。1ZAIF(ZAIFとはzaifトークンの単位)あたり0.1円で取引されていたのが、2円近くまで上昇したのです。

例えば、値上がり前に10万ZAIF(1万円相当)を購入していたとすると、20倍の20万円を手にすることになります。

トークンは仮想通貨に比べて情報が少なく不明瞭な部分が多いですが、その分価格上昇の爆発力は仮想通貨以上です。この投機性が投資家を熱狂させているのです。

サービスの支払い

トークン発行元が提供しているサービスを、割引価格で受けることが出来ることがあります。

例としては、BNBトークンがあります。

BNBトークンは、中国の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」が発行しているトークンです。

Binanceでは、取引における手数料をBNBトークンで支払うと割引になるサービスを提供しています。元々Binanceは取引にかかる手数料が安いことで有名ですが、さらに割引になることもあって、BNBトークンを所持するユーザーも多数います。

収益の分配

事業の収益からトークン保持者へ、分配金として配られることもあります。

分配金の例としては、バンカートークン(BNK)があります。

「ブロックチェーン時代のための銀行」をスローガンに開発・運営を行っている、バンクエラが発行しているトークンです。

バンクエラの純利益20%をトークン保持者で分配し、受け取れます。例えば、バンクエラの収益が1,000万円だった場合、200万円が分配の対象になります。

事業が成長していけば、一定間隔で収入を得ることが出来ます。

トークン購入前に考えておきたいこと

トークンごとに提供されるサービスが異なります。トークンを購入される方は、「どんなメリットが欲しいのか」を明確にしておくことが大切です。

トークンを投資対象とする場合は、そのトークンのプラットフォームや発行元の事業内容をしっかりと分析することが必要になります。値上がりしそうなトークンは必ずと言っていいほど、お買い得をうたう宣伝が現れてきます。そのような情報は参考にしつつも、自分で判断する材料を揃えてから選ぶようにしましょう。

ICOで販売されるトークンの中には、売買を始め一切のサービスを受けられないトークンもありますので、注意が必要です。なお、ICOのトークンには「ホワイトペーパー」というトークン情報が記載された文書が添付されますので、購入前にはこちらに必ず目を通すようにしてください。

トークン情報の入手

では、実際に数百種類もあるトークン情報をどこで入手すればいいのでしょうか?また、トークンはどこで購入できるのでしょうか?

トークンを購入できるのは、主に以下の2通りです。

  • ICO実施時
  • 仮想通貨取引所(4章に記載)

人気草コイン投資とは?将来有望な草コインの選び方とおすすめ取引所

ICO実施時

ICOが実施されるときトークンを購入することが出来ます。「どのようなトークンが発行されるのか?」など、ICO情報をまとめている情報サイトはいくつかありますが、ここでは特におすすめの2つをご紹介します。

おすすめ①:TokenMarket

特徴:現在実施中のICOから、実施予定、過去に実施されたICOまで、タブで簡単に切り替えることが出来ます。

token

おすすめ②:coinschedule

特徴:ICOが一覧表示されることに加え、事業分類が表示されています。どのような事業を目的としたICOなのか、一目で確認することが出来ます。

ICOで人気のあったトークンを確認したい

ICOのトークン情報を俯瞰的に確認したい場合は、トークンの時価総額をグラフ形式で確認出来る、coinmarketcapがおすすめです。

時価総額1位のEOSトークンは、2017年7月に実施されたトークンセールの最初の5日間で1億8,500万ドル(日本円で約20億円)の資金調達に成功したことで話題になりました。

token

【参照:coinmarketcap トークン一覧

3.3.ICO中にトークンを購入するには?

ICO期間中は、ICOを実施している企業・団体のサイトからトークンを購入することが出来ます。

ICOの一覧を確認し、トークンを発行している企業・団体のサイトにアクセス。その後、トークンを購入していく流れになります。購入方法は企業・団体ごとに異なります。

おすすめのトークンと取引所

ICO期間中のトークン購入は、トークンを発行する企業や団体の研究が欠かせません。投資をしても成功する保証はありません。

投資家の間では「ICOへの投資の90%以上は失敗する」と言われるぐらい目利きのいる投資です。

トークンへの投資を検討されている方は、リスクを軽減するためにも、ICOではなく取引所での投資をおすすめします。

ICO期間外でも売買が出来るトークンがあり、特定の取引所で取り扱っています。取り扱われているトークンは事業が明確ですので、ICOとは違い詐欺にあう心配はほとんどありません。取引所であれば、ICO期間中に関わらずいつでも取引をすることが出来ます。

トークンを取り扱っている取引所は、「Binance」と「Zaif」です。

Binanceは自社のトークン「BNBトークン」、Zaifは自社のトークン「zaifトークン」に加えて9種類のトークンを売買することが出来ます。なお、Binanceではトークンの売買をすることは出来ません。

token

Zaifでのトークンの取扱い(9種類)

【参照:Zaif Exchange

トークン売買をするなら、Zaif一択

仮想通貨ブームにより、日本でも仮想通貨取引所の数は年々増加傾向にあります。ですが、この中でトークンの売買を取り扱っているのは、Zaifのみです。

Zaifで取り扱っているトークンは、売買以外にも交換が可能で、ICOの一つであるCOMSAで使用されるCMSトークンの購入に充てることが出来ます。

ICO以外のトークンの売買を行う場合には、Zaifで実施してくことになります。

おすすめのトークンは事業を知ることから

図は、Zaifで取り扱っているトークンの一つである「XCPトークン」のチャート図です。

token

XCPに限らず、トークンの価格は上下に大きく振れます。投資したトークンが値下がりしたといって売却してしまうと、後に値を上げるかも知れないのです。

事業の将来性を応援しながら投資するという心構えが大切です。例えば、BitCrystals(BCY)は、「Spells of Genesis」というゲーム内通貨として利用できるトークンです。ゲームが流行し、人気が広まればトークンの価値も上がります。このゲームが好きで、トークン発行元の事業に魅力を感じたのであれば投資を検討するなど、投資の軸を持つようにしましょう。

Zaifで取り扱っている9つ全てのトークンに特徴がありますが、この中でもZaifトークンは取引所自らが発行しているトークンです。今後色々な施策が期待されていますので、値上がりする可能性を秘めています。おすすめです。

実際、zaifトークンは2017年12月に入ってから大きな伸びを見せています。

zaifトークンは注目されています。

まとめ

仮想通貨市場は、今後ますます活気を帯びていくことが予想されています。

新しい仮想通貨やプラットフォームも誕生することでしょう。

誕生前には、開発資金調達のためにトークンが発行されます。

既存のトークンや将来性の高いトークンに投資することを資産形成の一つとして検討されてもよいと思います。

ただし、トークンは自己責任ということを忘れてはいけません。トークンのリスクを抑えた上で、生活資金ではなく余剰資金で行うなど、余裕をもった投資を心がけることが大切です。

【あいれこ注目】厳選おすすめICO

記事がお役に立てたらいいねしてください♪

[email protected]で最新の投資情報や限定情報を配信します

\友だち追加してもユーザー名は表示されません/

友だち追加

【登録者急増中】ビットポイントに登録で3,000円GET

bitpoint

 

登録者急上昇中のBITPoint(ビットポイン)ならリップルやイーサリアムの取引手数料が無料です!面倒な税金の計算も自動で出力可能です。

 

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

bitbank

 

 

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事