Bitpoint

 

BITPoint(ビットポイント)で口座開設を行うと期間限定で3,000円分のビットコインがもらるキャンペーン実施中!

2017年10月24日、ビットコインの2度目のハードフォークによってビットコインゴールドが誕生しました。

昨今のビットコイン(BTC)やビットコインキャッシュ(BCH)の人気の高まりから、「ビットコインゴールドもいずれ人気が出るのでは?」と考える方も多いと思います。

生まれて間もない通貨ですが、これまでの動向を踏まえ、ビットコインゴールドの将来性について考察していきます。

ビットコインゴールド(BTG)の特徴

ビットコインのハードフォークは2度目です。現在は、ビットコインゴールドの誕生でビットコインブランドの通貨が3つ存在しています。

ハードフォークは、ビットコインが抱えている問題解決を目的として行われます。

ビットコインキャッシュは、ビットコインの「ブロックサイズ問題」を解決するために生まれました。

では、ビットコインゴールドはどのような問題を解決するために生まれたのでしょうか?

ビットコインブランドの相違点

始めに、ビットコイン・ビットコインキャッシュとの違いを見ていきましょう。

※下記図の赤字の箇所がビットコインゴールドの特徴になります。

「ハッシュ関数」、「マイニングハードウェア」の項目は、マイニングに関連することです。

ビットコインゴールドは、①マイニング、②難易度調整に特徴があることが分かります。

ビットコインゴールドの特徴 ~①マイニング~

ビットコインゴールドは、ビットコインの「マイニング問題」を解決するために生まれました。

ビットコインのマイニングには膨大なマシンパワーが必要です。個人では到底太刀打ちできず、マイニング専用のマシンが複数台必要になります。

マイニング専用マシンは「ASIC」と呼ばれ、高性能なASICを保持しているマイナーが優位にマイニングを進められます。

下図は代表的なマイニングプールであるbitclubのマイニング施設です。このような専用施設で大量のマイニングマシンを準備することが、ビットコインのマイニングには必要不可欠になっています。

【参照:ビットクラブ公式ホームページ

本来ビットコインは、システムが人間の手を離れた「分散型」を目指した仕組みでした。ですが、現在は一部のマイナーが優位に進められる分散型とは逆の「集中型」の構図を生み出しています。

このことに疑問を持ったグループが再び分散型の理想を取り戻すべく、ビットコインゴールドを誕生させました。

ビットコインゴールドでは、ハッシュ関数にEquihashを用いていて、これはASICで計算することが出来ません。計算にはGPU(Graphics Processing Unit)を使います。

GPUを搭載したマシンであればマイニングを行えるようにしたことで、特定の組織に独占されない分散型の仕組みを目指しているのです。

ビットコインゴールドの特徴 ~②難易度調整~

難易度調整とは、マイニングの難易度を調整することです。

ビットコインでは、マイニングに10分かかるように2週間ごとに難易度が調整されます。

マイニングとはブロックチェーンのカギを見つける計算になりますが、難易度が上がるにつれて、計算に必要なマシンパワーも増えていきます。

結果、マシンパワーがある組織がマイニングを優位に進められるようになります。

ビットコインゴールドでは、「マイニングの独占」を避けるために難易度調整がブロック生成ごとに行われる仕組みを採用しています。

難易度調整を細かく行うことで、多くのマイナーに参加して欲しいとの思いがあります。

ビットコインゴールドは何が優れているのか?

注意したいのが、ビットコインゴールドはビットコインに比べて送金時間が早くなるわけではないということです。ブロックサイズやブロック生成間隔はビットコインと同じです。

1回目のハードフォークで誕生したビットコインキャッシュは、ビットコインの送金時間の短縮に貢献していますので、実際にビットコインキャッシュを利用するユーザーにもメリットがあります。企業や団体もこの点を評価し、ビットコインキャッシュは広まりを見せています。

ビットコインゴールドにメリットがあるのは、マイナーだけです。

その為、マイニングに参加する企業がビットコインゴールドに注目することは想定されますが、結局ASICと同様に、ビットコインゴールドのマイニングを優位に進められるGPUがいずれ登場するのではとの懸念の声があります。

実際にビットコインゴールドを利用する価値がどれだけあるかは、未知数な部分があります。

ビットコインゴールドへの投資を検討されている方は、ビットコインゴールドへの投資を促すような宣伝に踊らされず、その根拠を抑えることが大切です。

ビットコインゴールド(BTG)の価格とチャート

ビットコインゴールドの価格は安定していません。

ビットコインゴールドが誕生時は、1BTGあたり360ドルの値をつけていましたが、わずか1日足らずで260ドル近くまで一気に下落しました。

【図:ビットコインゴールドの価格推移】

【参照: bittrex

下落要因は、ビットコインゴールドの運営サイトがDDoS攻撃を受け、処理が行えなくなったことが要因です。投資家達が一斉にビットコインゴールドを売りに出した為、価格が下落しました。

2018年1月7日時点では、1BTG当たり、262ドル(日本円で約2万9千円)の価格です。

現在はこれまでの最安値に近い価格です。ビットコインゴールドに将来性があるのであれば、購入する絶好のタイミングですが、多くの投資家はビットコインゴールドの将来性にあまり期待を持っていません。

将来性については、4章で記載します。

ビットコインゴールド(BTG)の買い方・購入方法

ビットコインゴールドは、残念ながら国内の主要な仮想通貨取引所では購入することは出来ません。

ビットコインゴールドは、海外の取引所でのみ購入することが出来ます。

この中で人気なのは、日本語に対応している「binance」です。

【参照:Binance公式サイト

binanceは取り扱っている通貨も豊富ですので、仮想通貨投資にはおすすめの取引所です。ビットコインゴールドの取引に興味がある方は、binanceで始めてみてはいかがでしょうか。

ビットコインゴールド(BTG)の今後の将来性

誕生して間もないビットコインゴールドです。

最新情報を入手し今後の動向をつかむには、他の仮想通貨よりハードルが上がります。

ビットコインゴールドの情報入手

ビットコインゴールドの最新情報は、ビットコインゴールドの公式Twitterか、公式サイトにより収集していくことになります。

公式Twitter

公式サイト

※BITCOIN GOLDの情報は、サイト内のBLOGページに掲載されます。

ビットコインゴールドの今後の対応方針

ビットコインゴールドの公式サイトから、「ビットコインゴールドのロードマップ」を閲覧することが出来ます。

【参照:Bitcoin Gold公式サイト

この中で将来的には、ビットコインと同様に通貨としての立場を確立し、デビットカードで使える通貨を目指す方針を示しています。

ですが、ビジョンは示されていますが、具体的な施策は公表されていません。

情報は英語

ビットコインゴールドは生まれて間もない通貨ということもあり、日本語の情報サイトは少ないのが現状です。取り扱っている取引所も全て海外ですので、最新情報の入手、取引においては英語の読解力が必須になります。この状況は今後しばらく続くと思われます。

現状は様子見が無難

現在はビットコインゴールドの情報があまりにも少なく、ビットコインゴールドの急激な価格上昇の可能性は低いと考えられます。

「ビットコインブランド」に期待して購入することは、避けることをおすすめします。

ですが、ビットコインの値上がりに影響され、実態が分からないままビットコインゴールドの購入をする投資家も少なからずいると考えられます。

一時的に値上がりしても、実態を伴わなければバブルになります。万が一、直近でビットコインゴールドが急激な値上がりを示すようなことがあれば、バブルの心配をする必要があります。バブルの波に乗るために投資対象とする場合は、裏付け情報を取った上で行うようにしましょう。

具体的な施策が示された時や、国内の取引所がビットコインゴールドの取扱いを表明してから投資対象としても、遅くはありません。

まとめ

今後のビットコインゴールドの値動きは、予測が非常に難しいです。

ですが、専門家の間では「値上がりの期待度は低い」とされている通貨でもあります。

具体的な施策や、企業が取り入れることが不透明だからです。

ビットコインゴールドは具体的な対応方針が公表されていませんので、大幅な値上がりは無いのではないかと予想します。

ビットコインゴールドを投資対象として検討される方は、ビットコインゴールドの公式サイトや公式Twitterをフォローするなど、情報収集に努めてください。

ビットコインゴールドは、仮想通貨の中でも特に投機性が高い通貨です。

ビットコインゴールドを資産形成の一部とすることを検討されている方は、余剰資金で行うことを心がけましょう。

記事がお役に立てたらいいねしてください♪

[email protected]で最新の投資情報や限定情報を配信します

\友だち追加してもユーザー名は表示されません/

友だち追加

【登録者急増中】ビットポイントに登録で3,000円GET

bitpoint

 

登録者急上昇中のBITPoint(ビットポイン)ならリップルやイーサリアムの取引手数料が無料です!面倒な税金の計算も自動で出力可能です。

 

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

bitbank

 

 

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事