2015年、ダークコイン(Dark Coin)がダッシュ(DASH)に改名されました。ダッシュの通貨単位は、通貨名と同じく「DASH」です。

現在、ダッシュは仮想通貨全体の中で時価総額第12位の仮想通貨です。

【参照:coinmarketcap

日本のメディアにダッシュの話題が上ることはほとんどありません。ダッシュに投資されている方以外でしたら、「ダッシュ」の具体的なイメージが湧く方は少ないのではないでしょうか?

ですが、海外では普及が進んでいて、大変人気の仮想通貨です。本記事では、そんなダッシュの特徴から将来性まで考察していきます。

ダッシュへの投資を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ダッシュ(DASH)の特徴

ダッシュのコンセプトは、「現金に近い仮想通貨」です。現金と同じ感覚で使える仮想通貨となることを目指しています。

そのため、実際に利用するユーザーにとって有用な機能が取り入れられています。

高い匿名性

ビットコインの取引は、個人情報に紐づかないビットコインアドレスのみで行います。ビットコインアドレスは公開されていますので、特定のビットコインアドレスがどのような取引をしているのか確認することが出来ます。取引の透明性が高いと言えます。

ダッシュはビットコインとは異なって、一つ一つの送金を個別には行いません。いくつかの送金をまとめた後に、送金処理が行われます。

この仕組みは、Coinjoin(コインジョイン)と呼ばれます。

ダッシュでは、「誰が誰に送ったか」の記録は残らず、「誰がいくら送ったのか」「誰がいくら受け取ったのか」のみが分かるようになっています。

ビットコインに比べて取引の透明性は低くなりますが、その分プライバシーは守られる利点があります。

決済スピードが速い

ビットコインが決済完了まで十分以上かかるのに対し、ダッシュは即時に決済されます。

即時決済の仕組みは「InstantX」と呼ばれていて、DASHの前身であるダークコインからダッシュへ改名される際に実装されました。なお、InstantXはInstant-Sendととも言われます。

ビットコインとの違い

では、ダッシュとビットコインとの違いを細かく見ていきましょう。

【図:ビットコインとダッシュの比較】

ビットコイン同様、ダッシュのブロックチェーンはマイニングによって繋がっていきます。

合意形成アルゴリズムはPoWで、暗号化方式は「X11」と呼ばれGPUでもマイニングすることが出来ます。ビットコインに比べてマイニングの消費電力が抑えられる特徴があります。

ダッシュの公式サイトでは、マイニングにおすすめのハードウェアが紹介されています。ダッシュのマイニングに興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

【参照:ダッシュ公式サイト

また、ビットコインに比べ、ブロックサイズが2倍であることとブロック生成時間が約4分の1という特徴があります。

ブロックサイズが大きければ、一回で処理出来るデータ件数も大きくなります。ブロック生成時間が短ければ、高速でデータを処理することが出来ます。

ダッシュはビットコインに比べて、「4倍の処理速度」を持つ仮想通貨なのです。

DASHをさくっと知ろう

「DASHとは何か?」について、公式サイトで紹介動画が公開されています。

動画時間は2分以内に纏められていますので、これまでの説明を踏まえ、ぜひ参照してみてください。日本語の上、とってもシンプルで分かりやすいです!

ダッシュ(DASH)の価格とチャート

昨年11月から12月中旬にかけて、ダッシュの価格が高騰しました。

1DASHあたりの価格が3万円から最大約18万円まで6倍以上の値上がりを記録しました。

【参照:coincheckTradeview】

その後は価格が急落し、現在は1DASH約1万3千円前後で取引されています。

ダッシュの価格が上昇した要因は、主に下記2点の要因が重なったためと考えられています。

要因①:ブロックサイズの拡張

昨年11月はビットコインがsegwit2xの対応を見送った時期でした。丁度この時期にダッシュがブロックサイズの拡張を実施したのです。

スケーラビリティ(拡張性)を重視する投資家の資金が大量に入ってきて、値上がりの要因になったということが考えられます。

要因②:匿名性が高い通貨の認知度向上

もう一つの要因は匿名性の高さを売りにしている仮想通貨「Monero(モネロ)」、「Zcash(ジー・キャッシュ)」も同じタイミングで値上がりを見せたことです。

匿名性の高い仮想通貨が、投資対象として人気を帯びてきたことも要因とされています。

ダッシュ(DASH)の買い方・購入方法

国内の仮想通貨取引所では、coincheckでダッシュを購入することが出来ます。

ダッシュは海外で人気の通貨ということもあり、海外の多くの取引所が取り扱っています。

すでに仮想通貨の取引をされている方は、その取引所がダッシュに対応しているか確認してみましょう。また、仮想通貨への取引を検討されている方は、ぜひ一覧表を元に取引所をチェックしてみてください。

ダッシュ(DASH)の今後の将来性

値動きが激しいダッシュですが、今後はどのような値動きが予想されるのでしょうか?また、将来性はあるのでしょうか?いつかの情報を元に考察していきます。

匿名性が高いがゆえに規制対象となるリスクがある

匿名性を高めた仮想通貨は、犯罪資金のマネーロンダリングなどに悪用されるのではないかとの懸念があります。

ダッシュの取扱いが増えれば、国レベルで規制に乗り出す可能性も十分に考えられます。

一方で、取引を非公開にしたい企業などには有用な面もあります。

規制と拡張のせめぎ合いが今後も続くことが予想されます。ですが、規制情報はダッシュの価格に大きな影響を与えることが見込まれます。ダッシュへ投資をされる方は、規制情報に注視しながら行うようにしましょう。

暴落は起きにくい

ダッシュは日本ではあまりなじみのない仮想通貨ですが、海外では普及が進んでいます。

お買い物から、カード決済、仮想通貨専用のATMへの対応まで、ダッシュが使えるシーンは増えてきています。

この傾向はしばらく続くと予想されますので、急にダッシュの価値が無くなることは考えづらく、価格の暴落は起きにくい通貨であるということが言えます。

ダッシュは情報が入手しやすい

具体的な施策ではありませんが、ダッシュは様々な情報が公開されています。

公式サイトでは、「DashForum」というディスカッションスペースが用意されていますし、Yutubeでは「DashSchool」と呼ばれるダッシュの説明動画が多数アップされています。もちろん無料で、誰でも参加出来ます。

公式サイトも日本語に対応しています。ダッシュの情報は他の仮想通貨に比べて入手しやすい特徴があります。

ダッシュへ投資される方にとって、正確な情報の入手は必要不可欠です。これが日本語で入手出来ますので、信頼のおける情報を元に投資に向き合うことが出来ます。

ダッシュへの投資タイミングはもう少し先?

ダッシュの値動きは、「匿名性の高い通貨の需要」によって左右されます。

現時点では、需要が高まっているとは言い切れず、価格の上昇が見込めると考えるのは早計であると考えられます。

投機性が高い状態にありますので、ダッシュを投資対象として検討される場合、需要が高まるニュースが流れてから始めることでも遅くはありません。

まとめ

現在は値上がりの材料は乏しいですが、一気に変化する爆発力を秘めている通貨です。「匿名性の高い通貨の需要」に関連するニュースが流れれば、値が動くことが濃厚です。

暴落の可能性は低いので、ダッシュの理念に共鳴された方や応援したい方は保有を始めても良いと思います。その場合は、需要の変化が現れるまで待つ長期投資がおすすめです。

また、昨年12月の値上がりの傾向から、ダッシュ(DASH)、モネロ(Monero)、ジーキャッシュ(Zcash)の価格は連動することも考えられます。

ダッシュへ投資する際は、これらの通貨の情報も定期的に入手するようにしましょう。

記事がお役に立てたらいいねしてください♪

[email protected]でエアドロップ情報や限定情報を流します

友だち追加

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事