暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン販売所と取引所の違いとは?

これから暗号資産(仮想通貨)投資を始める方は

  • 販売所
  • 取引所

この2つが何が違うのか分からないと思います。

簡単に説明すると

販売所…手数料が高いが早く簡単に買える

取引所…安く買えるが取引に関する最低限の知識が必要

このようになっています。

ここでは暗号資産(仮想通貨)の2通りの購入方法をご紹介していきます。

 販売所と取引所の違い

暗号資産(仮想通貨)を購入する方法は、主に2種類あります。

「販売所」、「取引所」を利用する方法です。

似たような言葉ですが、両者にはどのような違いがあるのでしょうか?

1.1.販売所

販売所から直接暗号資産(仮想通貨)を購入します。

販売所の最大の特徴は、暗号資産(仮想通貨)を簡単に購入出来ることです。

下はcoincheckにおける、ビットコインの購入画面です。


購入したい暗号資産(仮想通貨)の種類を選択した後に数量を入力するだけで、簡単に購入することが出来ます。

取引所が指定する値段で、暗号資産(仮想通貨)を購入することになります。

販売所の注意点は、取引所に比べて手数料が高くなることです。暗号資産(仮想通貨)取引においては、売買にかかる手数料は見逃せないポイントです。頻繁に売買を繰り返すのであれば、販売所ではなく、取引所を使うことがおすすめです。

1.2.取引所

取引所は、株式の売買に似ています。暗号資産(仮想通貨)を買いたい、売りたい人がそれぞれ注文を出し、双方の条件が一致するときに取引が成立します

取引所での売買は、販売所に比べて手数料が割安になることが特徴です。

注意点は、売買条件が一致しなければ取引が成立しないということです。

販売所に比べて取引に時間がかかる傾向にありますので、「すぐに暗号資産(仮想通貨)が欲しい」という方は販売所を利用するのが良いでしょう。

1.3.販売所と取引所の価格差は?

販売所、取引所共に、暗号資産(仮想通貨)の値段は日々変動します。

一概に双方の価格差を断定することは出来ませんが、参考までにcoincheckでの1BTCの購入価格差で比較してみましょう。

1BTCの購入価格
販売所 111万1,300円
取引所 109万5,400円

coincheckに限らず、販売所は取引所に比べて手数料がかかるために高くなる傾向にあります。

暗号資産(仮想通貨)を投資目的で売買される方は、「安く買い、高く売る」ことが大切になりますので、基本は手数料が安い取引所を選ぶのがおすすめです。

まとめ

暗号資産(仮想通貨)を購入する際には、手数料が安い取引所を利用することがおすすめです。

ですが、手数料はじめ、使い易さ、セキュリティ、評判・口コミなど、取引所ごとに様々な違いがあります。

これから暗号資産(仮想通貨)への投資や取引を検討されている方は、色々な取引所を比較検討して自分に合った取引所を探してみましょう。

【登録者急増中】ビットポイントに登録で3,000円GET

bitpoint

 

登録者急上昇中のBITPoint(ビットポイン)ならリップルやイーサリアムの取引手数料が無料です!面倒な税金の計算も自動で出力可能です。

 

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

bitbank

 

 

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

おすすめの記事