仮想通貨を保管するのにハードウェアウォレットが安全なのは知っているけど、そもそもどのような仕組みなのかイマイチ理解できないから買う気にならない。

このような方、多いのではないでしょうか。

取引所に資産を預けることは想像以上にリスクが高く、ハードウェアウォレットを利用するで資産を確実に守ることができます。

ここでは、ハードウェアウォレットの基礎的な仕組みと対応通貨が多いオススメのウォレットを紹介していきます。少なくても50万円以上の仮想通貨資産を持っているなら導入しておくべきですよ。

ハードウェアウォレットの仕組み

hardwarewallet

ハードウェアウォレットは見た目やWEB上から物理的に切り離すという性質がUSBメモリと似ていることから、仮想通貨を保管しておく入れ物と勘違いしている人が多いです。

しかしハードウェアウォレットには秘密鍵を暗号化したデータが入っているだけで、ハードウェアウォレット自体に仮想通貨が保存されているわけではありません。

秘密鍵とは仮想通貨を他人のウォレットに送付するときに使う署名(サイン)みたいなものです。例えば、クレジットカードで代金を支払う時に署名や暗証番号を入力することがありますが、秘密鍵はそれらと同じ役割をしています。

つまり秘密鍵が盗まれれば、あなたの全資産が犯人に盗まれてしまいます。なので秘密鍵は仮想通貨を扱う上で非常に大切なデータなのです。

ハードウォレットと取引所、WEBウォレットとの違い

「そんな重要なデータなのに今まで秘密鍵の存在すら知らなかった」

仮想通貨投資を始めて1年以上経ち、国内取引所から海外取引所、メタマスクなどのウォレットを使いこなし、何度も送受金している人でも秘密鍵の存在を知っている人はほとんどいません。

秘密鍵で署名しなければ送金できないのにも関わらずです。

なぜ今まで気にならなかったのかというと、取引所やWEBウォレットから送金するときに秘密鍵を入力しないからです。

これが意味することは「取引所やWEBウォレット運営者に秘密鍵を管理してもらっていて、送金のとき勝手に署名してくれている」ということです。逆に言ってしまえば「取引所が自分の資産をいつでも盗める状態」です。

hardwarewallet

これって、かなり重要な問題で、名前も聞いたことがない企業が行っている海外取引所とかありますよね?

そんな取引所に資産を預けるっていうことは、街中に歩いている通行人に財布を預かってもらうことと同じくらい危険なことです。

取引所が盗難にあっても保証も何もないので、自分でハッカーに盗ませといて「すみません、盗まれちゃいました」と白々しく言われるかもしれませんよ。

あなたは誰が運営しているか分からないような取引所に大事な資産を預けてませんか?

すこし話が脱線してしまいましたが、自分で資産を管理する大切さを理解して頂けたかと思います。

ハードウェアウォレットのメリット

ハードウェアウォレットのメリットは2つ

  1. 高いセキュリティを確保できる
  2. 自分で資産を管理できる

という点です。

ハードウェアウォレットは秘密鍵を暗号化して保存しているため、単純に秘密鍵をWEBと切り離すだけよりも高いセキュリティを誇ります。また他の誰でもなく自分で資産を管理できるのが強みです。

他のWEBサイトでは外出時に持ち運びしやすいのがメリットと記載されているのもありましたが、基本的にハードウェアウォレットは保管用にしておいて普段使いの仮想通貨は取引所やWEBウォレットに入れておく方がいいでしょう。

紛失や故障の原因になりますし、フリーWi-Fiに接続してウイルスに感染する恐れもありますからね。

「自分の資産を自分で安全に守れる」

これがハードウェアウォレットのメリットです。

ハードウェアウォレットのデメリット

高いセキュリティが魅力のハードウェアウォレットですが、セキュリティが高いが故のデメリットが2点あります。

  1. PINコード、リカバリーフレーズの管理が必要
  2. 価格が1万円以上する

PINコードとリカバリーフレーズについてそれぞれ解説します。

PINコード、リカバリーフレーズの管理が必要

  1. PINコード・・・ハードウェアウォレットに接続するたの4~8桁の暗証番号
  2. リカバリーフレーズ・・・ウォレットを復元するための英語の24単語

ハードウェアウォレットを購入すると付属品としてリカバリーフレーズを書き込む専用の紙が入っています。ハードウェアウォレットのモニターに表示される字を一字一句間違えないように慎重に記入して、絶対になくさないように大事に保管しておきましょう。

ハードウェアウォレットと2つのパスワードは銀行のキャッシュカードと暗証番号みたいな関係をしています。もしキャッシュカードやパスワードをなくしたとしても管理者である銀行に問い合わせて再発行することが可能です。

しかしハードウェアウォレットの場合、販売元に問い合わせても再発行や復元することはできません。管理者は自分だという意識を持って保管することが大切です。

価格が1万円以上する

これは自分が持っている資産額によって1万円が高いか安いか判断してもらえばいいと思います。

個人的には50万円くらいの資産があればハードウェアウォレットを導入したほうがいいと思います。

含み益が10万円程度ならハードウェアウォレットをわざわざ購入するよりも複数の取引所に分散して保管していた方が管理の手間が省けて楽になるでしょう。

おすすめのハードウェアウォレット2選

比較するポイントは価格、操作性、対応通貨の3ポイントですが、価格や操作性にほとんど違いがないため、対応通貨で選ぶといいでしょう。

LedgerNanoS(レジャーナノS)

レジャーナノS

LedgerNanoS(レジャーナノS)はフランスのLedger社が販売しているハードウェアウォレットです。

USBメモリのようなシンプルなデザインで25種類の仮想通貨に対応しているため使い勝手がいいハードウェアウォレットです。またXRP(リップル)に対応している唯一のハードウェアウォレットなのでリップラーから人気があります。

マイイーサーウォレット(MEW)と連携させることができるのでERC20規格トークンも保管できますよ。

TREZOR(トレザー)

トレザー

Trezor社が販売していてZaifが正規代理店となっているTrezor(トレザー)

LedgerNanoS(レジャーナノS)と1位,2位を争う人気で品切れ状態が続くこともありました。

BTC(ビットコイン)やETH(イーサリアム)といった主要通貨にしっかり対応しています。

ハードウェアウォレットは正規店で購入が安心

ハードウェアウォレットを購入するときは正規店で購入した方が安心に使えます。ウイルスを仕込まれていたり、初期設定済のハードウェアウォレットを購入させられて資産が盗まれる可能性があります。

ヤフオクやメルカリから購入しないのはもちろんですが、Amazonや楽天市場で安く売られている商品が正規店経由での販売であることが見抜けないのなら使わないほうがいいでしょう。

まとめ

取引所に預けている資産が盗まれたとしても取引所が全額保証してくれることは、ほぼありません。

10万円程度の仮想通貨資産ならハードウェアウォレットは必要ないと思いますが、50万円以上仮想通貨を所持しているなら自分の資産は自分で守るようにしておきましょう。

記事がお役に立てたらいいねしてください♪

[email protected]で最新の投資情報や限定情報を配信します

\友だち追加してもユーザー名は表示されません/

友だち追加

【登録者急増中】ビットポイントに登録で3,000円GET

bitpoint

 

登録者急上昇中のBITPoint(ビットポイン)ならリップルやイーサリアムの取引手数料が無料です!面倒な税金の計算も自動で出力可能です。

 

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

bitbank

 

 

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事