ポイントを貯めながら資産運用できるロボアドバイザー「THEO+docomo(テオプラスドコモ)」をご存知ですか? 株や不動産・国債といった富裕層向けの投資商品を、ドコモ口座を通じて1万円から長期分散投資できます。

人工知能を搭載したロボアドバイザーがご自身の資産状況に合わせて投資先を選定してくれるので、今まで全く投資に興味のなかった人も、定期預金よりも簡単に・スマホのワンタップで安定資産を形成することが出来ます。

 

  • 投資は全く分からない
  • ちゃんとした金融商品に投資できるのか不安
  • そもそもロボアドバイザーって?
  • 他のTHEO+とどっちがお得?

 

こんな人に向けて、THEO+docomoの特徴・ドコモサービスに関する特典の紹介を行います。

今なら最大5,000ポイントもらえるキャンペーンに参加できます。dアカウントがあれば3分で登録できるので、気になった方は早速参加してみましょう。

THEO+docomo(テオプラスドコモ)の特徴

THEO+docomoは、ロボアドバイザー(AI)投資ができる「THEO」のドコモユーザー向けサービスです。システムや手数料体系は本家「THEO」と全く同じもので、

  • 1万円から、定期預金に積み立てる感覚で「株・不動産・国債・天然資源」に投資できる

ことが特徴です。投資したばかりだとお金が貯まる実感が少ないものの、数年単位で運用・積立をすることで利回りが上昇します。利益の再投資(複利運用)でさらに運用効率がアップし、10年・20年後のための資産形成に役立ちます。

THEOと定期預金の貯金額を比較した画像

これに加えて、dポイントを日常生活で使っている人・ドコモユーザーにこんな嬉しいメリットがあります。

THEO+docomoのドコモユーザー向け特典

①預かり資産額に合わせてdポイントがもらえる

②dカードで買い物したときの「おつり」を運用できる

③docomo口座からワンタップで運用口座に入金できる

④dアカウントと連携することで簡単に始められる

本家THEOとの最も大きな違いは、dポイントがもらえることです。

基本のポイント付与率は1万円=1ポイントですが、ドコモ回線利用者なら1万円=1.5ポイントと大幅に還元率がアップします。

docomoユーザーならTHEOを使うと通常の1.5倍もお得

THEO(テオ)に以前から興味があったドコモ回線利用者なら、THEO+docomoを利用しない手はありません。これを機に投資を始める人も、ショッピングや毎月のスマホ料金に使えるdポイントの還元は魅力的です。

初心者がうっかり見落としがちな「投資手数料(運用手数料)」の負担を減らせて、効率よく利益を得られます。

貯金が苦手な人なら「おつり積立」

投資どころか貯金すらままならないとお悩みであれば、dカードのお買い物で出る「おつり」を自動積立するサービスが便利です。

おつりの算出基準をあらかじめ決めておくことで、dカード決済額の端数(=おつり)を自動的にTHEO+docomoの運用口座に入金してくれます。

THEOのおつり積立の解説画像

 例:おつり算出基準を100円に設定し、コンビニで580円の買い物をした場合

…端数の80円が「おつり積立」の対象になる。

毎月おつり積立額を集計し、登録した銀行口座から自動引き落としが行われます。

  • 貯金口座にいれたお金に、つい手を付けてしまう
  • 食費や雑費など、あらかじめ決めた予算をいつもオーバーしてしまう

こんな人でも無理なく貯金を続けられて、貯めたお金の運用もお任せできるというメリットがあります。

そもそもTHEO(テオ)とは? 資産運用の特徴・安全性

THEO+docomoの元となるTHEO(テオ)は、富裕層のイメージが強い「株や不動産・国債への長期分散投資」をロボアドバイザーにお任せできるサービスです。

運営元は「お金のデザイン」で、ドコモ以外にもJALや全国18行の地銀と提携しています。

THEO+docomoサービス開始当初は、日経の発行するマネー雑誌でも紹介されました。

 

ロボアドバイザー「THEO(テオ)」の特徴
  • ダブルノーベル賞を受賞した「AIによる完全自動の資産運用」
  • 機関投資家も行っている最先端の投資戦略を採用
  • 最低投資額1万円・手数料1.0%を実現

安定的な資産へリスクを減らしながら投資する方法は、最低投資額が数十万円~数百万円もする「ラップ口座」や「投資信託」しかありませんでした。その上、資産ポートフォリオ(投資先リスト)を自作するか、専門家に依頼して作ってもらう必要まであったのです。

まとまった資金も学ぶ時間もない大多数の人にとっては、デメリットしか感じられません。

THEOでは資産ポートフォリオ作成~運用の一切をロボアドバイザー(AI)におまかせできます。

人間による分析や売買の手間が省けて、資産運用できる最低投資額・手数料の大幅カットに成功しました。

THEO+docomoで実際に投資している人の評判・口コミ

THEO+docomoは2018年8月からスタートしており、実際に運用成績を公開している人もいます。2018年後半に入ってからは世界経済の影響で不安定になりがちですが、1~20万円程度の少額投資家にもおおむね好評です。

 

THEO+docomoとは別に「dポイント投資」も展開しており、こちらは35万人のユーザーを獲得する好評ぶりでした。THEO+docomoでも、dポイントをドコモ口座に現金還元することで、使い道のないポイントを使った資産運用が出来ます。

こちらはTHEO+住信SBIネット銀行の評判です。

THEOのAIが投資家のプロフィールを診断し、自動的に資産運用してくれています。専門家顔負けの資産ポートフォリオが数タップで完成するのは魅力的ですね。

THEO+docomoで出来る「長期分散投資」のしくみ

THEO+docomoユーザーの平均積立額は、毎月2万円程度と非常に少額です。運用スタート時の元手も90%近くの人が30万円以下で、まとまったお金を用意している人はむしろ少ないと分かります。

THEO+docomoの利用状況

初めての投資でTHEO+docomoに10万円以上預けるつもりのかたは、ここで説明する投資先・運用方針についても知っておきましょう。

リスク理解に繋がる上、慣れてくると自分で資産ポートフォリオをカスタマイズすることも出来ます。

運用プランは231種類・11,000銘柄から

THEO+docomoの投資先は「海外ETF」です。海外ETFとは、株・不動産などの各ジャンルで複数の銘柄がパッケージ化されているもので、マーケット指数と連動するため低リスクで運用できるのがメリットです。

最初にAIによる投資家診断を行った後、この結果に応じて3つの運用方針ごとの資金バランスを決めます。それぞれの方針に合う投資先を組み合わせて、その後は毎月運用の見直しを行っています。

 

THEO(テオ)の機能別ポートフォリオ
3つの運用方針 運用方針の詳細 投資先の一例
グロース 短期間の利回りを重視

ハイリスク・ハイリターン

日本株

アメリカの割安株

新興国の成長株・大型株

インカム 長期安定的な利回りを重視

ミドルリスク・ミドルリターン

ドル建ての新興国の国債

アメリカ国債

インフレヘッジ 資産保全重視

インフレ時のリスクを軽減

原油や金などの天然資源

アメリカの不動産

インフラ関連の株

先進国の株

いずれかの投資先で損失が出たとしても、他の投資先での運用実績が埋めてくれるという仕組みです。

AIが投資家の性格や属性を診断し、231種類以上の運用プランから最適なものを選びます。投資先は86カ国・11,000銘柄を超え、数年単位の投資で利益を狙います。

他のTHEO+サービスとの比較

以前からロボアドバイザーに興味を持っていた人は、どのTHEO+が最もお得なのか把握しづらいと感じていたのではないでしょうか。

THEO+docomoを含め、特典内容を比較紹介します。

 

THEO+各サービス 特典
THEO+docomo dポイント付与

ドコモ利用者:1万円=1.5ポイント

上記以外:1万円=1ポイント

THEO+住信SBIネット銀行 月額540円のプレミアムサービスに加入すると、投資手数料の20%を「スマートプログラムポイント」で還元
THEO+JAL マイル付与

最初に1万円預けると50マイル、以降1万円=0.5ポイント

THEO+SBI証券 証券口座と連携することで本人確認を省略できる
THEO+各地方銀行

(新生銀行や福岡銀行など)

THEO運用口座への振込手数料無料

この中では、ドコモ・住信SBIネット銀行の2社が魅力的です。

住信SBIネット銀行の「スマートプログラムポイント」は、そのまま預金口座に現金還元できます。一見お得ですが、540円のサービス加入が落とし穴です。預かり資産額27万円でやっと元がとれる計算となり、この金額以下の運用だとメリットはありません。

現状では、無条件でポイントが付与されるTHEO+docomodに軍配が上がります。コンビニやショッピングモールでの決済でも使える、dポイントならではの使い道の多さも魅力的です。

THEO+docomoをおすすめできる人
  • ドコモ回線利用者
  • ドコモ発行の「dカード」を持っている人
  • dマガジン・dTVなどドコモ関連サービスを利用する人
  • ショッピングでdポイントを貯めている人
    …どこでも使えるポイントが貯まる
THEO+住信SBIネット銀行をおすすめできる人
  • 同行VISAデビットや「ミライノカード」を利用する人(ポイント還元率0.4%アップ)
    …銀行のサービスを利用しない人にとってはメリットが薄い

まとめ

ロボアドバイザー「THEO+docomo(テオプラスドコモ)」は、お金を貯めて運用しながらdポイントももらえるお得なサービスです。おつり積立を利用すると、貯金が苦手な人でもすぐ投資にチャレンジできますよ。

キャンペーン期間中に登録すると、初回投資額1万円(運用手数料100円)で200ポイントが付与されます。AIが実践する「専門家が知る最先端の投資テクニック」を体感しながら、賢く貯めてみませんか。

記事がお役に立てたらいいねしてください♪

[email protected]で最新の投資情報や限定情報を配信します

\友だち追加してもユーザー名は表示されません/

友だち追加

【登録者急増中】ビットポイントに登録で3,000円GET

bitpoint

 

登録者急上昇中のBITPoint(ビットポイン)ならリップルやイーサリアムの取引手数料が無料です!面倒な税金の計算も自動で出力可能です。

 

リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

bitbank

 

 

日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

記事がお役に立てたら
いいねしてください!

エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

おすすめの記事