Bitpoint

 

BITPoint(ビットポイント)で口座開設を行うと期間限定で3,000円分のビットコインがもらるキャンペーン実施中!

「ついつい振込手続きを後回しにしてしまい、土日にトレードしたいのに取引用口座に着金するのは来週になってしまった」

ブロックチェーン技術を活用した国内初の銀行間リアルタイム送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」なら、こんな悩みを解消してくれます。

今注目されているマネータップについて、

  • 手数料・対応している銀行(おすすめの銀行も紹介)
  • システムベースになっている技術
  • 仮想通貨への影響

これらについて解説します。

Money Tap(マネータップ)が注目されている理由

10月にリリースされたマネータップ(iOS/Android)は、ブロックチェーン技術を活用した国内初の銀行間リアルタイム送金アプリです。

マネータップの特徴
  • アプリへのチャージ不要(銀行口座登録のみでOK)
  • 24時間365日送金できる
  • 送金手数料は無料

現在アプリに対応しているのは3行(住信SBIネット銀行・りそな銀行・スルガ銀行)です。実際にマネータップで住信SBI銀行→りそな銀行に送金したところ、たった2分でりそな銀行に反映されています。

Money Tapの送金方法

リリース元であるSBI Ripple Asia(SBIグループ傘下)は、以前からブロックチェーン技術を活用した送金システム一元化を目指しています。

同社が主催する「内外為替一元化コンソーシアム」には、次の3つのメガバンクを含む国内計61行が加盟しています。

内外為替一元化コンソーシアム加盟銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行

    アプリは今後、各金融機関で順次対応すると見られています。

    手数料がネックでカード決済導入に踏み切れなかった飲食店にとっては朗報です。個人間売買や、もっと身近な例だと割り勘でも便利に使えるようになります。

    Money Tapの基本情報
    利用条件 送金:アプリ初期設定+銀行口座を登録していること

    受金:マネータップに対応済みの預金口座をもっていること(アプリ不要)

    登録手数料・口座開設手数料 無料
    送金手数料(振込手数料) 無料
    送金・受金に対応する銀行 住信SBIネット銀行

    りそな銀行

    スルガ銀行

    送受金方法(現在はスマホのみ)
    • アプリ(iOS/Android)でQRコード読取
    • 口座種別・口座番号を手入力
    送金できる金額 1回につき3万円まで

    1日で計10万円まで

    登録方法解説の前に、アプリ利用におすすめの銀行・今回のリリースに関わる仮想通貨の最新情報について紹介します。

    Money Tap(マネータップ)対応の3銀行を比較

    マネータップ対応済の3行のなかで、最もおすすめなのは「住信SBIネット銀行」です。

    住信SBIネット銀行キャンペーン

    手数料無料回数・回数超過分の金額が他行を圧倒しており、以前から最も人気のあるネット銀行の1つです。

    マネータップ対応の銀行比較(2018/10時点)
    住信SBIネット銀行 りそな銀行 スルガ銀行
    口座開設方法 スマホ・PCから 店舗来店必須 スマホ・PCから
    口座開設手数料 なし 開設時に1,000円以上入金要 なし
    ATM利用手数料 入金:無料

    出金:月2~15回無料(以降一律108円)

    りそなグループ5行以外は入出金共に108~216円 入金:無料

    出金:時間外108~216円

    振込手数料

    (同行間はいずれも無料)

    1~15回無料

    (超過分は154円/1件)

    328~624円 324~648円
    提携ATM コンビニATM

    ゆうちょATM

    全国の銀行

    コンビニATM

    コンビニATM

    ゆうちょ銀行ATM

    スルガ銀行ATM

    使い道は日常生活での出金・生活費振込に留まりません。クラウドファンディングや仮想通貨投資の際、入金用口座としてもおすすめできます。

    利用イメージ(全て手数料無料)

    余裕資金:コンビニATMでネット銀行口座に随時入金

    各投資口座への入金:

    • 手数料無料回数が残っている場合
      → 銀行公式アプリから振込入金
    • 月内の無料回数を消費した場合
      → マネータップで投資口座へ送金

    住信SBIネット銀行で新規口座開設すると、3カ月間無条件でカスタマーランク2(ATM手数料5回/他行振込手数料3回まで毎月無料)となります。

    まだ利用していないかたは、これを機に利用してみましょう。口座名義人が30歳未満であれば、3ヵ月目以降もランク2以上で利用することが出来ます。

    \今なら2,000円相当のポイントが無料でもらえる

     

    ※キャッシュカードはVisaデビットカードタイプをおすすめします。

    デビットカード利用分に現金キャッシュバック出来るポイント付与され、月間3万円以上利用した場合はカスタマーランク2判定を満たすことが出来ます。

    マネータップの登録方法・使い方

    最初に、iPhone・Androidの各ストアでアプリをダウンロードしておきます。

    Money Tap

    ※iPhoneの注意点

    マネータップのロック解除はTouch ID(指紋認証)で行います。事前に「設定」→「Touch ID」で設定をオンにしておきましょう。

    最初の設定は次の順で行います。

    最初の設定手順

    ①アプリ利用登録

    ②送受金に使う銀行口座の登録

    今回は住信SBIネット銀行の口座を登録するため、事前に準備する口座情報・設定も次で解説します。

    預金口座(住信SBIネット銀行)側の準備

    住信SBIネット銀行側では、スマート認証(口座操作時の2段階認証設定)を済ませる必要があります。

    住信SBIネット銀行のスマート認証アプリ

    スマート認証の設定は、アプリインストール後に住信SBIネット銀行公式サイトへログインして行いましょう。

    スマート認証の登録方法(PC)

    「口座情報」→「お客さま情報照会・変更」→各種設定欄の「スマート認証登録状況」

    スマート認証の登録方法(スマホ)

    メニュー→「お客さま情報」→各種設定メニュー欄にある「スマート認証登録状況」

    アプリ利用登録

    マネータップ起動後「サインアップ」へ進みます。利用規約を読んだあと「同意します」にチェックを入れて「次へ」をタッチしましょう。

    Money Tap登録方法

    アカウント情報の登録を始めます。

    「アカウント名」はニックネームも登録可能ですが、送金元に表示されるため利用目的に合わせて決めましょう。

    Money Tap登録方法

    入力するユーザー情報

    ①任意のアカウント名

    ②携帯電話番号

    ③メールアドレス(PCまたはスマホ/携帯メール不可)

    ④氏名(漢字またはアルファベット)

    ⑤氏名(フリガナ)

    ⑥生年月日

    ⑦電話番号による振込許可

    …チェックを入れておくと、相手方に自分の電話番号を伝えるだけで振込してもらえるようになります。

    最後に確認をタップしましょう。入力した情報に誤りがないか確認すると、利用登録は完了です。

    ここからは、送受金に使う銀行口座の登録手続きを進めます。

    銀行口座の登録

    プルダウンから登録したい預金口座の銀行名を選びます。ここでは「住信SBIネット銀行」を選択して「決定」へ進み、口座情報を入力します。

    Money Tap銀行口座登録

    預金種別・支店名・口座番号を入力します。口座情報が分からない場合は住信SBIネット銀行の公式アプリで「ホーム」→「お客さま情報」の順で進むと確認できます。

    次の画面から、住信SBIネット銀行での操作に移ります。WEBログインID・ログインパスワードをそれぞれ入力してください・

    Money Tap初期設定

    ログイン後画面をスクロールすると「取引パスワード(口座開設書類を受け取ったときに決めた振込用パスワード)」の入力欄が表示されます。

    認証に成功すると、スマート認証アプリからの通知が表示されます。通知が出ない場合でも、左記アプリを起動してください。

    Money Tap初期設定

    スマート認証アプリで「取引の承認」を済ませた後、再びマネータップの画面に戻ってください。自動的に登録情報の確認画面へ移り、間違いがなければ「OK」をタッチします。

    これでマネータップの初期設定は完了です。

    操作方法・送金方法(実際の送金時間も紹介)

    マネータップの使い方はシンプルです。送金する際はホーム画面中央下の円マークを、受金する際は自分のQRコードを表示して相手に読み取ってもらうだけです。Money Tap操作方法

    操作手順

    ①設定メニュー

    ②送受金履歴表示

    ③送金メニュー(送金方法の選択)

    …送金はQRコード読取の他、口座情報の手入力・電話番号(相手方が設定している場合のみ)でも可能です。

    ④登録した送金先を表示

    送金方法について、記事冒頭で行った「住信SBIネット銀行→りそな銀行」を例に紹介します。

    Money Tap操作方法

    金額を入力した後に煩雑な認証作業が出てこないので、初めてでも迷わず送金できます。送金後に受付完了メールが届くので、確認しましょう。

    技術提供したRipple(リップル/XRP)の最新情報

    マネータップの開発に深く関与しているのが、仮想通貨の一種Ripple(リップル/XRP)です。アプリの送金システムにはリップルの銀行間ネットワーク“xCurrent”が利用されています。

    これに影響されたのか、リップルは9月半ばに2倍近く値段を上げており(38円→64円)、以降小幅な値動きをしています。

    Money Tapとリップルの関係

    引用:bitbank(ビットバンク)

    先行してスペインのメガバンクでもRippleテクノロジーを使ったモバイル決済サービスを始めており、世界中の銀行でリップルの送金実験が行われています。マネータップがXRP送金に対応する可能性は十分考えられます。

    リップル購入におすすめの仮想通貨取引所

    国内ではBitpoint(ビットポイント)・bitbank(ビットバンク)でリップルを取り扱っています。どちらも住信SBIネット銀行からの即時入金に対応しており、銀行公式アプリ・マネータップの両方を活用できます。

    各仮想通貨取引所の登録方法は、こちらの記事でも解説しています。

    bitbankTrade(ビットバンクトレード)の登録・口座開設方法|仮想通貨取引所

    BITPoint(ビットポイント)の登録・口座開設方法|仮想通貨取引所

    まとめ

    ここでは SBI Ripple Asia株式会社のMoney Tap(マネータップ)の登録方法や使い方を解説しました。

    簡単な利用登録で24時間365日送金することができる「Money Tap(マネータップ)」は、日常生活での決済・投資の資金移動のどちらにも最適なアプリです。

    すでに都市銀行を含む3つの銀行で利用できますが、このうち住信SBIネット銀行がおすすめをおすすめします。

    住信SBIネット銀行のおすすめポイント
    • ATM手数料・振込手数料の無料回数が圧倒的に多い
    • 複数の仮想通貨取引所で入金用口座として使える

    技術提供した仮想通貨Ripple(リップル/XRP)も大きく値上げしているので、投資先としてチェックしておきましょう。

    記事がお役に立てたらいいねしてください♪

    [email protected]で最新の投資情報や限定情報を配信します

    \友だち追加してもユーザー名は表示されません/

    友だち追加

    【登録者急増中】ビットポイントに登録で3,000円GET

    bitpoint

     

    登録者急上昇中のBITPoint(ビットポイン)ならリップルやイーサリアムの取引手数料が無料です!面倒な税金の計算も自動で出力可能です。

     

    リップルを買うならbitbank(ビットバンク)

    bitbank

     

     

    日本で人気のアルトコイン、リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)が絶対オススメ!手数料無料で取引できるのはbitbank。

    記事がお役に立てたら
    いいねしてください!

    エアドロップ情報だけでなく、Facebook限定の情報などを公開します

    おすすめの記事